幻の魚を釣る!釣るのが難しいと言われる石鯛釣りの基本

海には様々な魚がいますが、その中でも釣りが難しいと言われているのが石鯛です。この石鯛釣りついて紹介します。

目次

  1. 石鯛ってどんな魚?
  2. 石鯛釣りって難しい?
  3. 石鯛釣りの仕掛けではワイヤーを使う
  4. 石鯛釣りに使う餌の種類
  5. 石鯛釣りに最適な時期とは
  6. 石鯛の釣り方
  7. 石鯛釣りを紹介したブログや動画
  8. おわりに
  9. 終活の専門家に相談してみよう

石鯛ってどんな魚?

石鯛と言えば7本の縞模様が特徴的な魚です。
この特徴的な縞は、幼魚ほど鮮明で、成長するにつれてこの横縞も不鮮明になっていきます。
成魚になると50センチ程度まで成長し、大きいものになると70センチにも達します。
この石鯛は、各地域によって様々な呼び名で呼ばれているようです。
シマダイ、サンバソウ、ウミバス、クロクチ、クサネイオなど様々な呼び名があり、この他にも多くの呼び名が存在します。

食性は肉食性で、エビやカニなどの甲殻類から、貝類やウニなどを食べます。
くちばしのような頑丈なあごで、サザエなどの貝殻もかみ砕くほどの強い力があると言われています。
食べても美味しい魚で、刺身や塩焼き、煮つけやアラ汁など、色々な食べ方が楽しめます。
この特徴的な魚である石鯛の基本的な釣り方について紹介していきます。

石鯛釣りって難しい?

釣りをする人の中には、石鯛を釣るのは難しい、幻の魚といったイメージを持っている人もいます。
石鯛が釣りが難しいと言われる理由の一つがアタリです。
肉食の魚なのですが、エサを見つけて一気に食べるのではなく、初めは小さなアタリがいくつかあり、そのアタリも徐々に強くなり、最後には大きなアタリとなっていきます。

この特徴的なアタリが石鯛釣り初心者では判断が難しいため、石鯛釣りは難しいといったイメージが定着しているようです。
石鯛はエサを食べるまでに異常がないかを確認するといった慎重に捕食する魚です。
この性格を理解した上での釣りをすることで、石鯛の釣果につながります。

石鯛は、岩礁地帯に生息しているといったイメージがありますが、意外に身近な釣り場にも生息しています。
成長するとエサとなる貝などが多くいる岩礁地帯に移動するのですが、幼魚の時には近くにある磯や堤防などにも生息しています。
アタリさえ分かるようになれば、大物の石鯛を釣ることも夢ではありません。

石鯛釣りの仕掛けではワイヤーを使う

石鯛の仕掛けで特徴的なのが、ハリスにはワイヤーを使用するという点です。
石鯛はサザエの貝殻を砕くほどの強靭なあごをもっているため、通常の糸では簡単に切られてしまいます。
そのため、石鯛釣りではハリスにはワイヤーを使用します。
自分で仕掛けを作ることも可能ですが、市販されている仕掛けなら手軽に使用することができます。

OWNER(オーナー) 遠投石鯛ワイヤー仕掛 15号
OWNER(オーナー) 遠投石鯛ワイヤー仕掛 15号

商品価格¥933

石鯛釣り専用の仕掛け。

この商品を購入

石鯛釣りに使う餌の種類

うに

石鯛は仕掛けも特徴がありますが、エサも他の魚とは全く違ってきます。定番となっているのがウニです。
ウニを餌として使うといっても、人が食べるような中身を付けるわけではありません。
トゲが長いガンガゼなどのウニはある程度トゲをカットし、殻がついた状態で使用します。
その他にも、サザエや赤貝、ヤドカリなどを餌として使います。
これらの餌を見ると、普段している釣りとは全く違うと感じるのではないでしょうか。

しかし、これらの餌は成魚の石鯛釣りの場合です。
堤防などから石鯛を狙う場合には、この使う餌も違ってきます。
成魚になれば、ウニやサザエなどが多く生息する岩礁地帯に移動するのですが、まだ小さい頃は、身近な堤防などで群れて生息しています。
そのため、普段使用しているような餌でも石鯛を釣ることができます。

小さいといっても、20~30センチ程度の大きさの石鯛が堤防から釣れることもあります。
この時に使う餌としては、オキアミやシラサエビ、カメジャコなどの、エビがおすすめです。
一般的によく釣りに使われるイソメやゴカイなどでも、15センチ程度の石鯛なら釣れることもあるようです。

石鯛釣りに最適な時期とは

石鯛釣りの時期は、各地域によって異なりますが、4~6月、9~11月が釣りやすい時期と言われています。
石鯛釣りでは水温が重要です。
石鯛にとって最適な水温が18~24℃とされ、この水温が安定している時期や釣り場が高い釣果が期待できるようです。

石鯛の釣り方

石鯛釣りでは、いくつかの釣り方があります。
比較的水深が浅い釣り場では「遠投釣り」が一般的で、急に深くなっているような釣り場では「タナ釣り」、船からでは「かかり釣り」で石鯛を狙います。

石鯛釣りを紹介したブログや動画

もっと石鯛のことを知りたい、石鯛の魅力を知りたいと考えている人は、実際に石鯛釣りをしている人のブログを見ることをおすすめします。
どのような場所で、どのような釣りをしているのか、釣れた石鯛の大きさなど、石鯛の魅力を知ることができます。

また、動画などを確認すると、どのような釣りをしたらいいのかを分かりやすく確認することができます。石鯛釣りを紹介したブログや動画が多くあり、ぜひ参考にして、石鯛釣りの勉強に役立てましょう。

おわりに

いかがでしたか?石鯛は見た目も特徴的ですが、釣りの仕掛けや使う餌も特徴的です。普段している釣り方では釣るのが難しいことからも、幻の魚と呼ばれるのもうなずけます。しかし、この石鯛は、岩礁地帯に行かなくても、堤防などでも狙うことができる魚です。今までとは違う魚を狙いたいと考えている人は、この釣るのが難しいと言われる石鯛釣りに挑戦してみてはいかがでしょうか。

終活の専門家に相談してみよう

「身近な人が亡くなったらどうしたらいいの?」「終活とは具体的にどんなことをしたらいいの?」「誰か詳しい人に直接相談したい!」と思われる方もいらっしゃると思います。
終活ねっとを運営するにあたり、【お墓・葬儀・仏壇・介護・相続・保険・遺品整理】などなど様々な分野の専門家の方に協力していただいております。
また、それぞれの専門家の方が

  • どのような事をなさっているのか?
  • どんな想いでお仕事をなさっているのか?
  • どのような特徴があるのか?

などを、記事形式で紹介しております。

専門家のページはこちらから

シェアする

「石鯛・釣り」に関連する記事

「石鯛・釣り」についてさらに知りたい方へ

大物は1メートル以上!シーバスの釣り方についてのサムネイル画像

大物は1メートル以上!シーバスの釣り方について

岸からの釣りは手軽に楽しめるのですが、なかなか大物は釣れません。しかし、岸からでも釣り方によって

お祝いにはぴったりの鯛!真鯛釣りのポイントや仕掛けのサムネイル画像

お祝いにはぴったりの鯛!真鯛釣りのポイントや仕掛け

日本のお祝い事では欠かせない鯛。特別なお祝い事には、自分の仕掛けで釣り上げた真鯛をプレゼントして

手軽に楽しめる!川釣りの仕掛けや糸の結び方を紹介!のサムネイル画像

手軽に楽しめる!川釣りの仕掛けや糸の結び方を紹介!

川釣りは淡水で手軽に楽しめる釣りです。釣れる魚はヤマメや、ナマズ、アユなど海ほどではないとはいえ

ルアーで魚を釣る!初心者のための海でのルアー釣りのサムネイル画像

ルアーで魚を釣る!初心者のための海でのルアー釣り

海釣りでは餌釣りをする人は多いのですが、ルアー釣りも人気を集めています。今までルアーを使ったこと

手軽に楽しむならこの釣り!初心者でも楽しめるヘチ釣りとはのサムネイル画像

手軽に楽しむならこの釣り!初心者でも楽しめるヘチ釣りとは

釣り初心者の人の中にはヘチ釣りをいう言葉を初めて聞いたという人もいるのではないでしょうか。ヘチ釣

ランキング

よく読まれている記事です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと