立派な沖縄のお墓・亀甲墓ってどういうもの?

沖縄には、とても大きく立派な亀甲墓(かめこうばか・きっこうばか)というものがあります。この亀甲墓には、どのような歴史があるのでしょうか。本州の人には馴染みのない亀甲墓を通して、うちなーんちゅ(沖縄県民)のご先祖様を大切にする気持ちをご紹介します。

目次

  1. 沖縄の埋葬の歴史
  2. 亀甲墓とは?
  3. 亀甲墓の歴史
  4. 亀甲墓の構造
  5. 沖縄のお墓参り
  6. あの世での生活も安泰

沖縄の埋葬の歴史

沖縄では古来、天然の洞窟や岩陰に遺体を運んで風葬にする習慣がありました。遺体が風化すると、親族がきれいに洗骨を行い、遺骨を「厨子甕(ずしがめ)」に納骨します。厨子甕は洗骨後の遺骨を丸ごと納めるものなので、本州の骨壺よりも大きい造りになっていました。

このような埋葬の風習から、一定期間遺体を安置できる大きな敷地を確保する必要がありました。そこで最初に登場したとされるのが「掘込墓」というお墓です。斜面や岩盤に人工的に横穴を掘り、その入口を石積みや漆喰で塞ぐ形式のものでした。
16世紀になると、掘込墓の正面をさらに切石で装飾した「破風墓(はふばか)」と呼ばれる家型のお墓が登場します。三角屋根の側面に山形につけられた板を「破風」ということから、この名が付けられました。台風が多い沖縄で墓室を守るために、破風が雨・風を防ぐ役割を果たしているのです。

亀甲墓

亀甲墓とは?

亀甲墓は、破風墓を真似て造られたもので、正面屋根の部分を亀の甲羅状に装飾したものです。
形が亀の甲羅に似ているところから、そう名づけられたといわれています。
しかし、この亀甲墓には別の謂れもあり、実は女性の子宮を模したものだという説があります。お墓の入り口を産道と見立てて全体を見ると、確かに子宮の形という感じもします。「人は母の胎内から生まれ、死ぬとまた帰ってゆく」という「母体回帰」の思想からくるものといわれています。

亀甲墓の歴史

亀甲墓は17世紀後半から建てられ始めました。王朝時代の亀甲墓と破風墓は、王族のみ造ることが許された貴重なお墓でした。
その形は、中国南部の唐墓から伝わったと考えられており、台湾や福建省にも良く似た形式のお墓があります。沖縄県では本島中南部に多くの亀甲墓が建てられました。
1879年の廃藩置県以後、庶民でも亀甲墓を建てることができるようになります。そして明治中期から昭和初期にかけて、その数が増えていきました。
しかし、第2次世界大戦により多くの亀甲墓が被害を受けます。戦時中は防空壕がわりに利用されていたこともあったのですが、時には軍事施設と誤認されて爆撃されることも…。沖縄戦の被害と、戦後の米軍による命令で、那覇市首里にあった多くの亀甲墓は失われてしまいます。

亀甲墓の構造

亀甲墓は、斜面を掘り込んで基室が造られ、お墓全体は地中に埋まり、表面と入り口が地表に露出したものが一般的のようです。しかし、中には全体が地面の上に出ているものも見ることができます。
初期の亀甲墓は、穴を掘ってから石を積み、亀甲の形が造られていましたが、戦後はコンクリート製のものも増えました。しかし、現在はコンクリート製の亀甲墓の風化が進み、石製への建て替えが増加しています。
お墓正面には、カガンイシ(鏡石)、シミイシ(隅石)、スディイシ(袖石)といった装飾があります。内部の出入り口に近いところには、シルヒラシと呼ばれる棺を置くスペースを設けます。大きいお墓だと4畳以上の広さがあり、奥には石の段を作って、お骨を納めます。
古い時代に作られた亀甲墓は、入り口付近に祭祀を行うための墓庭があり、周囲は石垣の柵で囲まれています。墓庭に親族が集う光景は、現在の沖縄でもよく見られる光景です。中には、お墓の前が屋根付きの広場のようになっていて、雨天でも雨に濡れずにお参りできるよう造られているものもあります。
沖縄では「門中墓」という一族で所有するお墓が多くみられます。

沖縄のお墓参り

うちなーんちゅは、亀甲墓にどのようにお参りしているのでしょうか。
お墓参りの時期が本州とは少々違うようです。

十六日(ジュールクニチ)

旧暦1月16日に行われる先祖供養のお祭り。「あの世のお正月」と言われており、お供え物をしてウチカビを焼いてお参りします。
ウチカビとは「打ち紙」と書くもので、言わば「あの世のお金」。燃やすことでご先祖様へ送金するのです。主に藁を原料としていて、黄土色の紙の全面に銭型が打ちつけられています。

清明祭(シーミー)

中国から伝わった「二十四節気」の一つで、4月下旬~5月頃までに行われる祖先供養の行事。
シーミーは親戚が一同に会し、基本的には墓前で行われます。重箱に詰めたごちそうや果物、お菓子、お花などをお供えし、お線香をあげ、ウチカビも焼きます。その後、墓前で皆揃ってごちそうを頂くのです。
ご先祖様やお墓の土地の神様に感謝し、親戚同士が久しぶりに再会できる賑やかな行事となっています。
本来であればシーミーの入り(新暦4月5日頃)から2週間以内に行われますが、混雑回避や親類の都合を考え、日にちをずらす事もあります。

七夕(旧暦7月7日)

お盆を前に「もうすぐお盆です。お迎えする準備が出来ています」とご先祖様に伝えるためのお参り。この日は、お花やお酒、お茶、線香をお供えします。草刈りや伐採も行い、墓周辺のお掃除もしてお盆の準備をするのです。

旧盆(旧暦の7月13日~15日)

沖縄では旧暦の7月13日~15日にお盆の行事を行います。一部の地域では本州のように初日にお墓参りをしてご先祖様を迎えに行くところもありますが、基本的にはそれぞれの家の仏壇だけにお供えをして3日間を過ごすようです。最終日にはウチカビを焼いてご先祖様を見送ります。
旧盆には地域ごとにエイサーという踊りも披露されます。

お彼岸

本州と同じ様に、彼岸の期間内に仏壇とお墓をきれいにしてお参りします。
仏壇に餅やごちそう、お酒をお供えし、ウチカビを焼きます。
ただ、沖縄ではお彼岸にお墓参りに行く方は少ないようです。家によっては「お彼岸にお墓参りに行くと不吉」などという解釈があるとか…。

あの世での生活も安泰

うちなーんちゅのご先祖様たちは、立派なお墓の下、子孫から大切にされていることを感じます。ウチカビを焼くなど、あの世での生活も心配してくれる子孫たち。「ご先祖様がいるからこそ、今の自分たちがいる」沖縄の人たちは、そういう思いをしっかりと受け継いでいるのでしょう。

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとではお墓を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

「亀甲・墓」に関連する記事

「亀甲・墓」についてさらに知りたい方へ

  • 沖縄のお墓はなぜ大きいの?知っておきたい現代事情も説明します!

    沖縄のお墓はなぜ大きいの?知っておきたい現代事情も説明します!

    初めて沖縄を訪れた人は、沖縄のお墓が大きいことに驚かされることでしょう。沖縄は歴史や風土に育まれた独特の文化があり、そこにお墓の大きい理由もあります。今回はお墓の大きい理由と現代のお墓事情を中心に解説いたします。

  • 風土色を感じる、沖縄独自のお墓のデザインとは?

    風土色を感じる、沖縄独自のお墓のデザインとは?

    沖縄には本州とは違って独自の文化を持っています。その中のひとつ、沖縄のお墓も、独自の形、考え方を元にしていて、中には文化財として指定されていたり、観光の名所となっているほど貴重なお墓もあるほどです。独自のデザインや風習などをご紹介いたします。

  • 沖縄のお墓の形についてその種類や特徴、現在のお墓事情まで全て解説

    沖縄のお墓の形についてその種類や特徴、現在のお墓事情まで全て解説

    日本列島の中でも比較的南に位置する沖縄は、お墓の形や特徴も非常に独特です。その外見を見るだけでも非常にエキゾチックで、国内にいながらも外国に旅行に行くような気持ちになります。このような沖縄のお墓の形は歴史的にどう変化し、現在どうなっているのでしょうか?

  • 沖縄のお墓についてその特徴や種類、最近の事情などを解説します

    沖縄のお墓についてその特徴や種類、最近の事情などを解説します

    日本でも南の方に位置する地域である沖縄。歴史的に本州などとはまた別の独特の文化が花開いたこともあり、お墓の形も、またそこに見られる特徴も本州とは異なっており、沖縄以外の地域の人々でも関心を寄せる人が少なくありません。今回はそんな沖縄のお墓について見ていきます。

  • 日本に屋根付きのお墓があるって本当?歴史や背景も紹介!

    日本に屋根付きのお墓があるって本当?歴史や背景も紹介!

    日本のお墓といえば、屋根のない雨ざらしの状態で建っているというイメージを抱く方が非常に多いでしょう。しかし、実は日本には屋根の付いたお墓というものが存在します。日本で屋根付きのお墓が作られるようになった背景や歴史を一緒に探究していきましょう。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • 樹木葬の費用ってどれくらい?料金相場や人気の墓地・霊園を紹介!

    樹木葬の費用ってどれくらい?料金相場や人気の墓地・霊園を紹介!

    近年樹木葬を選ぶ人が増えてきています。自然葬の一種である樹木葬はその名の通り自然に還ることのできる埋葬方法ですが、費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用がどれくらいなのか、おすすめの樹木葬ができる墓地・霊園とともに解説していきます。

    1
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    2
  • お墓の費用に関する全てを解説!費用の相場・内訳や購入のコツも紹介

    お墓の費用に関する全てを解説!費用の相場・内訳や購入のコツも紹介

    お墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか。今回終活ねっとでは、お墓の値段について費用の内訳から購入のコツまでお墓の費用に関する全てを解説します。ぜひ最後までご覧になってください。

    3
  • お墓の購入時の注意点は?購入前に気を付けるべきポイントとは

    お墓の購入時の注意点は?購入前に気を付けるべきポイントとは

    終活がブームになっていて早めにお墓を購入するという方も増えてきています。しかし、お墓を購入する際に気を付けるべき注意点というのはあるのでしょうか?もし、あるとすればどのような点に気を配ればよいのでしょうか?今回は、お墓を購入する際の注意点について見ていきます。

    4
  • 永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

    永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

    ご自身やご家族が亡くなった後の供養について考えたことはありますか? 先祖のお墓に納骨する方が大多数ですが、近年は「永代供養」という供養方法を選ぶ方が増えてきています。今回は永代供養の費用や相場などご紹介します。永代供養の料金を損しないように参考にして下さい。

    5

シェアする

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと