77歳の喜寿の祝い方、色々と紹介させて頂きます

喜寿とは、満年齢77歳を迎える事です。そして喜寿祝いとはそれを祝う事ですが、一生に一度という事も有り、どういった祝い方が良いかは判断に迷いますよね。その為、この記事では喜寿の祝い方について紹介させて頂きます。

目次

  1. 喜寿とは一体何か
  2. 喜寿を祝う時期
  3. 様々な喜寿の祝い方
  4. できれば手紙や花束もプレゼント
  5. 終わりに

喜寿とは一体何か

喜寿とは、満77歳を迎える事であり、喜寿祝いとは、その長寿を祝福する事です。医療の技術が発達していて、尚且つ人生80年と言われる現代では77歳と言えばまだまだ若い、というイメージこそ有りますが、昔は還暦、いわば満年齢で60歳まで生きる事すら難しかったのです。例えば第二次世界大戦の前、いわゆる戦前には、今では治るような病気の中にも、当時は治せなかったものが数多くありましたし、戦争の渦中で亡くなってしまう人々も大勢いました。
それらの事を勘案すると、77歳まで生きてきた、という事は大変ありがたく、そして喜ばしい事なのです。当記事では、喜寿の祝い方について取り上げていきますので、参考になればと思います。

喜寿を祝う時期

喜寿を祝う時期は、77歳の誕生日の前後で有る事が一般的ではありますが、必ずしもその時期を選定する必要は有りません。基本的には自由であり、その選択肢は豊富です。
ただ、どういった方法をとるかによってスケジュールの取り方は変わっていきます。それこそ、盛大に大人数で喜寿祝いをするのであれば、なるべく多くの人達が空くような日を候補にする必要性が出てきます。
また、大切なのは喜寿を迎える相手御本人の意向です。どの時期にやるかは、相手としっかりと相談しておく必要が有ります。

様々な喜寿の祝い方

喜寿の祝い方には、様々な方法が有ります。どういった祝い方をするかに特には制限は有りません。具体的には、以下のような祝い方が挙げられます。

贈り物をプレゼントする祝い方

贈り物を直接、喜寿祝いとしてプレゼントするやり方です。パーティー等と違って、特にメンバーのスケジュール確保等の必要がなく、すぐに用意出来るのが大きなメリットです。

贈り物の品はどういったものにするか

喜寿祝いに贈り物をする、といってもその選択肢は膨大です。そこで本項では、どういったものが候補に挙がるかについて以下に挙げていきます。

食べ物・飲み物を贈り物とする祝い方

喜寿の祝い方の一つとして、食べ物・飲み物を贈る事も候補に入ります。その際、有名なお店の菓子折等をギフトにするのも良いですが、相手が普段から欲しがっているものや好きなものをプレゼントするとより一層喜んでもらえます。

肉

旅行をプレゼントする祝い方

相手が家族等、身近な人である場合には、旅行をプレゼントする、という祝い方も候補に挙げられます。相手が自分だけで旅行を楽しみたい、という場合には1人旅用のプランや費用をプレゼントし、みんなで集まって旅行がしたい、という場合にはメンバーを集めて旅行をします。この際、喜寿を迎える相手御本人の旅費はメンバーで奢るようにします。
行きたい場所については、極力相手の意向を踏まえ、行きたい場所に行かせてあげるようにします。ただ、相手がもしあなたに任せてくれる、という場合はこの限りではありません。

パーティーをプレゼントする祝い方

パーティーによる祝い方も選択肢に挙げられます。
会場は、相手御本人の家で行う、いわゆるホームパーティー形式と、ホテルや旅館、料亭等の施設を借りて行う形式等が有ります。前者については、会場の予約の必要がない事と、会場代がかからない為コストが安くあがるのが利点です。後者はコストはかかりますが、広い会場や高級な料理等、レベルの高いサービスの恩恵を受けられるのが大きなメリットです。また、後者の場合には、あらかじめ施設の評判やサービスレベルについて調べておくと確実性が上げられます。
規模に関しては、身近な人だけでやる方法と、大人数で思い切り盛大に行う方法とが有ります。前者はスケジュールの確保が容易である事が大きなメリットです。後者はスケジュール確保が難しくなりますが、それを補ってとても賑やかなパーティーになります。
どのやり方による祝い方にもメリットは有り、何を選ぶべきか悩むところですが、相手御本人にどういった方法が良いかをしっかりと相談して、それに合わせれば間違いが無くなります。

できれば手紙や花束もプレゼント

必ずしも必要では有りませんが、手紙や花束を喜寿祝のプレゼントに添付する、等の方法で相手にあげる事もオススメです。
手紙によって、今までの感謝の気持ちを相手にダイレクトに伝える事ができます。この機会に今まで言えなかったような事を手紙に綴る、というやり方も有効です。
花束も、贈り物に添える事で、喜寿祝いの特別感を出す事が出来ます。

終わりに

以上、ここまで喜寿の祝い方について紹介させて頂きました。色々と選択肢は有りますが、喜寿を迎える相手御本人と相談してそれに合ったものを提供すれば確実性が上がります。この記事が喜寿祝いの成功に役立てば大変幸いです。

「喜寿・祝い方」に関連する記事

「喜寿・祝い方」についてさらに知りたい方へ

  • 喜寿祝いの贈り物は、どうすればいいでしょうか?

    喜寿祝いの贈り物は、どうすればいいでしょうか?

    満年齢で77歳を迎える事を喜寿と言い、喜寿祝いとはそれを祝う事を指します。その際に贈り物をする事になりますが、喜寿祝いは一生に一度のものであるため、判断に迷ってしまう事も有ります。当記事が、喜寿祝いの贈り物の選定に役立てば幸いに存じます。

  • もう迷わない、喜寿のプレゼントはこれ! 贈るマナーと準備を解説

    もう迷わない、喜寿のプレゼントはこれ! 贈るマナーと準備を解説

    喜寿は77歳の節目の祝い。長寿祝いの意味、プレゼントのアイデアから、マナー、プレゼントをいただいた時のお返しまで。しっかりと踏まえて喜寿祝いの準備を解説。

  • 77歳の長寿祝いは喜寿!由来やお祝いの作法はあるの?

    77歳の長寿祝いは喜寿!由来やお祝いの作法はあるの?

    数え年で77歳をお祝いする喜寿。本人や周囲が長寿を実感し始めるのもこの時期だと言われていますね。一生に一度のこと、喜ばれる楽しいお祝いにしたいもの。この記事では、喜寿祝いの由来や一般的なお祝いの仕方についてまとめています。

  • 77歳を迎えた人に贈るプレゼントにはどんなものがある?

    77歳を迎えた人に贈るプレゼントにはどんなものがある?

    日本で77歳を迎える、という事は、喜寿を迎えるという点で特別性が有ります。その為、77歳のプレゼントには普段渡すものよりも気合を入れたいものです。当記事では、77歳を迎えた人にどんなプレゼントをあげればいいか等について、まとめました。

  • 60歳のプレゼントって一体何を贈ればいいのでしょうか?

    60歳のプレゼントって一体何を贈ればいいのでしょうか?

    60歳を迎える事は還暦と言い、我が国では特別な意味を持ちます。還暦を迎えるのは一生に一度であるため、プレゼントには何を贈ればいいのかは判断に迷うものです。当記事では、60歳のプレゼントにはいったい何をプレゼントすれば良いのかについて取り上げていきます。

ランキング

よく読まれている記事です

  • 終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

    終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

    終活のことを調べた時にエンディングノートという言葉を目にする方も多いのではないでしょうか?エンディングノートとはいったい何のことでしょう。そこでこの記事では、終活に使うエンディングノートの意味と書き方などをご紹介します。

    1
  • 20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

    20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

    近年よく耳にするようになった「終活」という言葉。20代から終活を始めるという人もいるのです。20代から終活を始める意義とは何なのでしょうか?どのような内容にすればよいのでしょうか?20代からの終活について考えてみましょう。

    2
  • 終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

    終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

    今、終活で話題になっている墓友と言う言葉をご存知ですか。墓友とは、さまざまな事情から一人でお墓に入る予定の人が集まり、永代供養墓などに一緒に入る友達のことを言います。仲の良い友達とお墓に入ることは終活でお墓を考えるとき、新しい形態と言えるでしょう。

    3
  • 今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

    今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

    最近では終活準備を行う方が多くなってきています。自分も終活準備を行いたいと思っているけど何から始めたらよいかわからないという方もおられることでしょう。そこで終活で何を準備すればよいのかなどを詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

    4
  • 終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

    終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

    終活という言葉は定着したものの、ご自分の終活の取り組みは何から始めればよいのか?迷ってしまう方は多いかもしれません。そんな時におすすめなのが終活セミナーです。この記事では終活セミナーの内容や主な開催団体について詳しく紹介します。

    5

シェアする

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと