どうして浦島太郎はおじいさんになったのか?玉手箱の秘密

有名な昔話のひとつ「浦島太郎」。浦島太郎は最後に玉手箱でおじいさんになってしまいます。亀を助けた浦島太郎という青年がどうして老人にされたのでしょうか。乙姫が渡した玉手箱にはどんな意味がこめられていたのでしょうか。

目次

  1. 浦島太郎のおはなし
  2. 浦島太郎と亀
  3. 乙姫は玉手箱をなぜ渡したの?
  4. 浦島太郎はなぜ玉手箱を開けた?
  5. まとめ

浦島太郎のおはなし

昔ある海ぞいの村に浦島太郎という漁師の若者がおりました。
浦島太郎は日々釣った魚を村で売って年老いた母親と二人で細々と暮らしていました。
ある日浦島太郎が海岸を歩いていると、なにやら子供たちが集まっています。
見ると、海辺に打ち上げられた亀を蹴ったりほり投げたり、散々に苛めているのでした。
浦島太郎は子供たちから亀を助けました。
亀は浦島太郎にいかにも感謝してる様子で、何度も振り返り振り返り、海へ帰っていきました。
数日後、浦島太郎が舟に乗って魚を釣っていると「浦島さん、浦島さん」ふなばたから話しかけるものがあります。

見ると、この間助けた亀でした。「お礼に竜宮城に案内しますから甲羅に乗ってください。面白いところですよ」と竜宮城へ招待すると言いました。
浦島太郎は喜び、亀の甲羅に乗って海に潜りずんずん進んでいきます。やがて海の底に立派な宮殿のような建物が見えてきました。
建物の入り口には、魚たちに囲まれてそれは美しいお姫さまが浦島太郎を待っていました。
お姫さまはお礼をするといって、浦島太郎をもてなしました。
ご馳走が用意され、鯛やヒラメが舞いを踊ります。それはもうこの世のものとは思えない美味しい食事と、面白い見世物。浦島太郎は時のたつのも忘れ、大喜びでした。
ところが何日かして、浦島太郎は村に残してきた母親が心配になってきました。今ごろ捨てられたと思って泣きわめいているのではないかと、胸が痛くなってきました。

浦島太郎は自宅へ帰ることを告げると、お姫さまは
「そうですか。いつまでもここにいてほしいのですが、仕方ありません。お土産にこの玉手箱を持っていってください。ただし、けして開けてはなりません」と言って玉手箱を渡しました。
浦島太郎は、開けちゃダメなら最初から渡さなきゃいいのにとちょっと変に感じながらも、また亀の甲羅に乗って帰っていきました。
村に着いた浦島太郎は驚きました。村の様子がすっかり変わっていたのです。家々や市場の並びも変わっており、道行く人も知らない顔ばかりです。
自分の家があった場所にもう家はなく、母もおらず、草が生い茂っていました。通りかかった人に聞いてみると、「浦島?俺のじいさんの代にそんな人がいたらしいがの」ということでした。
浦島太郎はほんの3日間竜宮城にいたつもりでしたが、地上では100年以上の月日が流れていたのでした。

浦島太郎は途方に暮れ、力なくうなだれていましたが、竜宮城を去るときにお姫さまがくれた玉手箱のことを思い出しました。「この玉手箱を開ければ、何かわかるかもしれない」
浦島太郎がなかばヤケクソで玉手箱を開けますと、ブワーーと白い煙が噴出します。すると、浦島太郎の髪の毛は真っ白になり、肌は見る見る艶を失い、腰がぐーぅと曲がり、たちまち浦島太郎はおじいさんになってしまいました。

上記のお話を皆さん知っていますよね。
でも、気になる点ありませんか?乙姫が開けてはいけない玉手箱を渡す意味はあったのか。
亀は、竜宮城と陸の世界の年数の経ち方が違うことを知っていたのか。
もし乙姫と亀は知っていたのなら、なぜ竜宮城に案内したのか・・。

浦島太郎と亀

「亀を助けた」話が有名ですが、実は他の話も語り継がれているんです。

現存最古の文献は、『日本書紀』雄略天皇22年7月条の記事ですが、浦島は「浦島子」と呼ばれています。
浦島は、亀を助けるのではなく釣り上げています。しかも、その亀が舟の上で女に変身しているのです。その女の美しさに魅入られた浦島子は、女を妻にして一緒に異境(竜宮城ではなく蓬莱山)に行くことになっています。

『丹後国風土記逸文』では、
浦島太郎が釣り上げた亀が美しい女性に変身し、自分は仙女だと名乗って浦島を誘惑します。女の美しさに魅了された浦島はその誘惑に応じてしまうのです。

『万葉集』に見える浦島の歌では、亀は登場しません。
釣りに夢中になっていた浦島太郎が、海神の女と邂逅し、結婚して海神の世界に行くのです。

↑ここまでのお話は「太郎」という名前は記載されていなかったんです。

中世の『御伽草子』あたりからは浦島は太郎という名が付与され、その行き先は竜宮城という名称で呼ばれるようになります。
亀を釣った浦島太郎は、長寿のめでたい動物なので海に返してやります。すると翌日、船が難破して漂流してきたという美しい女が浦島太郎のもとへやって来て、故郷まで送ってくれと言って泣くのです。太郎は女に同情して送って行くことになるわけです。

このようなお話から、亀が乙姫だった説が語られているんですね。
それもそれで、良いお話だと思いますね。

乙姫は玉手箱をなぜ渡したの?

浦島太郎の話はかなり多くの異説があるのは、亀の話でお分かりになりましたよね。最後も
・おじいさんになった浦島太郎が両親のお墓にたどり着くもの。
・鶴になって亀の化身である乙姫と結婚するもの。
など終わり方も違っています。その中で玉手箱について説明されているものもあります。

玉手箱の中身は何?

浦島太郎は地上にいるときに比べて遥かに多くの時間を竜宮で過ごします。
しかし、その時間はなくなったわけではなく玉手箱に貯まっていきました。
その玉手箱を開けてしまうとそれまで貯まった時間が一辺に浦島太郎に戻ってしまいます。
しかしその時間(玉手箱)は元々浦島太郎のものなので乙姫は浦島太郎に返さなければならなかったのです。

「鶴になって」という話では、乙姫は浦島太郎がきっと箱を開けてしまうだろうと考えて浦島太郎が鶴に化身するようにします。
1万年生きる鶴にとっては数百年などわずかの時間に過ぎず、乙姫と浦島太郎は幸せにくらしましたとさ。という終わりになっています。

どのお話でも乙姫が浦島太郎を想っていたことが伝わってきます。竜宮城に案内したことで失った時間を玉手箱につめて返していたのですから。
玉手箱の中身は「浦島太郎の失った時間」だったんですね。奥が深いです。

浦島太郎はなぜ玉手箱を開けた?

?

「開けないでくださいね」と言われていましたよね。なのになぜ開けたのか。
それは浦島太郎の心情が読み取れるなと思います。私たちが知っている童話では、地上の世界に戻った時には母親もおらず家も消えていました。その上、知り合いもいない。
途方に暮れてしまいますよね。寂しいですよね。もうどうにでもなれ!と思いますよね。
約束を守らなかったのではなく、守れなかったのでしょうね。

まとめ

「浦島太郎」は、楽しい時間と引き換えに大切なものを失いました。
きっと私たちの生活でも同じことがあるのではないでしょうか。でも、人間は欲張りなものです。
楽しいことも、充実した毎日も手に入れたいものです。失うと分かっていたら・・
何だか考えさせられますね。

「浦島太郎・玉手箱」に関連する記事

  • 浦島太郎の真実 この物語は一体何を伝えたいのかのサムネイル画像

    浦島太郎の真実 この物語は一体何を伝えたいのか

    浦島太郎の物語は有名で、桃太郎や金太郎などとCMでのキャラクターとして使われるほど、一般に知られています。このお話の真実はどうでしょうか。浦島太郎の話は不思議が一杯詰まっています。その不思議な謎の真実に迫ってみたいと思います。

  • 浦島太郎伝説が、謎と言われている原因はズバリこれ!!のサムネイル画像

    浦島太郎伝説が、謎と言われている原因はズバリこれ!!

    国内でも、浦島太郎伝説の地は数多く存在しています。しかし、ご存知のお話にそっくりな内容が実は海外にもあります。日本に伝わり、日本人らしいお話に多少脚色されていたのではないかという説と、実話のお話が、脚色されて生まれたお話という説。それでは、浦島太郎伝説をご紹介

  • 誰でも知っている、懐かしい日本昔話の一覧のサムネイル画像

    誰でも知っている、懐かしい日本昔話の一覧

    知ってるようで知らない?あの有名な日本昔話の生い立ち一覧、家族構成は?、あの童謡思い出せる?。日本昔話を私なりにいくつか一覧にしてみました。

  • 夏の短歌にぴったりな歌をご存知だったりしますか?のサムネイル画像

    夏の短歌にぴったりな歌をご存知だったりしますか?

    夏にぴったりの短歌をご紹介しています!皆さんにはぜひ興味を持ってみていただきたいです。自分が思っていること感じていることが詠われているかもしれません。夏の短歌を探してみてくださいね。

  • 意外と知られていない金太郎のあらすじ:最後に彼はどうなった?のサムネイル画像

    意外と知られていない金太郎のあらすじ:最後に彼はどうなった?

    桃太郎や浦島太郎と同じくらい知名度のある昔話の主人公の金太郎。しかし、その金太郎のあらすじは意外と知られていません。おそらく最初の方の足柄の山に住み、クマと力比べをしたところは知られているはずです。今回はそんな金太郎のあらすじを追っていきたいと思います。

  • 有名人が眠る多磨霊園について、有名人や霊園の特徴を解説します!のサムネイル画像

    有名人が眠る多磨霊園について、有名人や霊園の特徴を解説します!

    有名人が眠ることで有名な多磨霊園は、終活中の方以外でもご存知の方は多いのではないでしょうか。多磨霊園には、どんな方々が眠っていらっしゃるのでしょうか。今回は、多摩霊園に眠る有名人(芸能人や著名人)の紹介とともに、多磨霊園の特徴についてもお話していきます。

  • 「だっちゃ」だけじゃない!宮城県の方言をまとめましたのサムネイル画像

    「だっちゃ」だけじゃない!宮城県の方言をまとめました

    宮城県の方言といえば、うる星やつらのラムちゃんが使う「だっちゃ」が有名ですよね。また、「~んだ」のズーズー弁も宮城県の方言の一つ。しかし、それ以外にも宮城県には沢山の方言があります。これから宮城県に行く予定のある方は、是非予習してみては?

  • 宮城県で人気の墓地霊園ランキング6選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    宮城県で人気の墓地霊園ランキング6選!お墓の値段相場・資料請求

    宮城県で人気の霊園・墓地・お墓7選をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、宮城県にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や宮城県のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

  • 浦島太郎の真実 この物語は一体何を伝えたいのかのサムネイル画像

    浦島太郎の真実 この物語は一体何を伝えたいのか

    浦島太郎の物語は有名で、桃太郎や金太郎などとCMでのキャラクターとして使われるほど、一般に知られています。このお話の真実はどうでしょうか。浦島太郎の話は不思議が一杯詰まっています。その不思議な謎の真実に迫ってみたいと思います。

  • 浦島太郎伝説が、謎と言われている原因はズバリこれ!!のサムネイル画像

    浦島太郎伝説が、謎と言われている原因はズバリこれ!!

    国内でも、浦島太郎伝説の地は数多く存在しています。しかし、ご存知のお話にそっくりな内容が実は海外にもあります。日本に伝わり、日本人らしいお話に多少脚色されていたのではないかという説と、実話のお話が、脚色されて生まれたお話という説。それでは、浦島太郎伝説をご紹介

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!のサムネイル画像

    神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!

    初詣や合格祈願、七五三など私たちは人生の中で神社に参拝しに行く機会を多く持ちます。このため、幼いころから何とはなしに神社に参拝する際の作法は知ることになりますが、作法の中には誤解されているものも多いです。今回は神社参拝の正しい作法について徹底解説していきます。

    1
  • 2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!のサムネイル画像

    2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!

    早いもので、年の瀬を意識する時期になりました。 そろそろ年賀状のことを考えはじめるのではないでしょうか? 今回の記事では「年賀状を出す時期」についてご紹介します。 年賀状はいつから販売され、いつからいつまで投函できるのか? 期間や寒中見舞いなどについても解説します。

    2
  • 年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!のサムネイル画像

    年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!

    毎年、年の瀬になると気がかりになるのが年賀状ですよね。いつまでに出せば元旦に届くのか、郵便局での販売期間はいつまでなのかなど気になることはたくさんあります。今回の記事では年賀状と寒中見舞いの違いや保管期間など、年賀状に関する疑問をすべて解説します。

    3
  • 神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!のサムネイル画像

    神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!

    神社にお参りしたときには、ほとんどの方がお賽銭を入れますよね。では、お賽銭としてどのくらいの金額を用意すればいいのでしょうか?今回の記事では、気になる神社のお賽銭の金額相場やお賽銭の起源、参拝のマナーなど様々な疑問にお答えします。

    4
  • 年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!のサムネイル画像

    年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!

    年賀状にはどんなことを書けばよいのでしょうか?正しい書き方を知っていますか?今回は年賀状の正しい書き方についてご紹介していきます。このような方はこのような書き方、というように、立場別に見ていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

    5

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「浦島太郎・玉手箱」についてさらに知りたい方へ

浦島太郎の真実 この物語は一体何を伝えたいのかのサムネイル画像

浦島太郎の真実 この物語は一体何を伝えたいのか

浦島太郎伝説が、謎と言われている原因はズバリこれ!!のサムネイル画像

浦島太郎伝説が、謎と言われている原因はズバリこれ!!

誰でも知っている、懐かしい日本昔話の一覧のサムネイル画像

誰でも知っている、懐かしい日本昔話の一覧

夏の短歌にぴったりな歌をご存知だったりしますか?のサムネイル画像

夏の短歌にぴったりな歌をご存知だったりしますか?

意外と知られていない金太郎のあらすじ:最後に彼はどうなった?のサムネイル画像

意外と知られていない金太郎のあらすじ:最後に彼はどうなった?

有名人が眠る多磨霊園について、有名人や霊園の特徴を解説します!のサムネイル画像

有名人が眠る多磨霊園について、有名人や霊園の特徴を解説します!

「だっちゃ」だけじゃない!宮城県の方言をまとめましたのサムネイル画像

「だっちゃ」だけじゃない!宮城県の方言をまとめました

宮城県で人気の墓地霊園ランキング6選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

宮城県で人気の墓地霊園ランキング6選!お墓の値段相場・資料請求

浦島太郎伝説が、謎と言われている原因はズバリこれ!!のサムネイル画像

浦島太郎伝説が、謎と言われている原因はズバリこれ!!

浦島太郎の真実 この物語は一体何を伝えたいのかのサムネイル画像

浦島太郎の真実 この物語は一体何を伝えたいのか

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!のサムネイル画像

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!

1
2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!のサムネイル画像

2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!

2
年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!のサムネイル画像

年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!

3
神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!のサムネイル画像

神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!

4
年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!のサムネイル画像

年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!

5

関連する記事

「浦島太郎・玉手箱」についてさらに知りたい方へ

浦島太郎の真実 この物語は一体何を伝えたいのかのサムネイル画像

浦島太郎の真実 この物語は一体何を伝えたいのか

浦島太郎伝説が、謎と言われている原因はズバリこれ!!のサムネイル画像

浦島太郎伝説が、謎と言われている原因はズバリこれ!!

誰でも知っている、懐かしい日本昔話の一覧のサムネイル画像

誰でも知っている、懐かしい日本昔話の一覧

夏の短歌にぴったりな歌をご存知だったりしますか?のサムネイル画像

夏の短歌にぴったりな歌をご存知だったりしますか?

意外と知られていない金太郎のあらすじ:最後に彼はどうなった?のサムネイル画像

意外と知られていない金太郎のあらすじ:最後に彼はどうなった?

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと