我が国の誇り、海外も認める日本人の親切さとは?

今なお世界中で評価されている日本人の親切さ。それは我が国の誇りでもあります。この記事では日本人の親切とは一体何かを調べます。

目次

  1. 日本人の親切さとは?
  2. 日本人が親切だと思える場面
  3. 外国人からの評価
  4. 中国や韓国も賞賛する優しさ
  5. 日本人の親切さをまとめる

日本人の親切さとは?

人々

なぜ親切なのか?

日本人は親切であるイメージがありますが、それは「助けてくれ」と頼まれた時の対応が優しいからです。
日本人は外国人と違って、困っている人を自ら手を差し伸べて助けることは少ないです。
しかし、助けを頼まれたら、親切に対応してくれます。
しかもその親切度は自ら積極的に手を差し伸べる人よりも高いです。

義務感である可能性も

日本人はよく真面目で道徳的で、義務感がある人たちだとよく言われています。
日本では「周りの空気に合わせる」という暗黙のルールがありますよね。
そのルールのように、困った人を手を差し伸べることも美徳かもしれません。

日本人が親切だと思える場面

人々

道案内をしてくれる

よく出る場面が、道案内のシーンです。
例えば、ある人気観光地に来た留学生外国人が道に迷ったとします。
その外国人は観光地に来るのは初めてなので、まずどこに行けばいいのか分かりません。
しかも地図をもっておらず、途方に暮れてしまいます。
そこで日本人に助けを頼みます。
日本人は外国人に観光地がある場所まで丁寧に案内してくれます。

財布を落とした時の対応が優しい

次によく取り上げられるのが、財布のシーンです。
よく観光地に行くと「財布無くした」とあせりますよね。
そのときに、日本人は財布を無くした人を慰めようと、お金やお土産をくれます。
このような素晴らしい対応は他の国ではありません。

お店での対応

日本の店のサービスは非常に質が高いのが特徴です。
挨拶も非常に丁寧なので、外国人も安心してサービスを受けることができます。
これも一種の外国人に対する親切とも言えます。
外国ではハングリー精神が強い人が多いので、客の方に配慮が行き届かないことが多いです。

外国人からの評価

日本人の親切は外国人にも評価が高いです。
この評価の背景には4つの理由があります。

人の物を盗んだりしない

これは言うまでもないことですが、日本人の常識になっています。
日本には昔から「人が持っているものは決して盗んではいけない」というルールがあります。
このルールはいわば、日本の秩序と道徳を守るためにあるのです。
つまり、「同調性」に匹敵するほどの大事なことです。
外国では落とした財布を盗まれた例が後を絶ちません。
しかし、日本人はそういう規律に反するようなことはしません。
なので、持ち主が財布を落とした時にその人の元へ戻すことができます。
この親切こそ外国人が日本を高く評価する理由の一つです。

非常に礼儀正しい

日本人は親切で礼儀正しい人が多いです。
これも日本人の美徳でもあり常識です。
しかも上品なので、外国人も自然と打ち解けられます。
日本人の子供たちにもこのような美徳が行き届いています。
この礼儀正しさは外国人にとって憧れの証です。

インフラ設備が整っている

日本のインフラ整備は隅々まで施されています。
水道しかり、高速道路しかり、鉄道しかり。
なので、外国のように生活がしにくくなったりすることはめったにありません。
つまり、外国人でも快適に暮らしていけます。

治安が非常に良い

日本では外国では多発しているテロや戦争、そういったものがほとんど起きません。
また、戦争を促進する武器や兵器の持ち込みは禁止されています。
なので、日本の治安は他の国と比べて非常に良いです。
多くの日本人が親切なのも、そういう平和な状況から来ているかも知れません。
多くの外国人が日本を評価する最大の根拠とも言えます。

中国や韓国も賞賛する優しさ

最近は中国人や韓国人の観光客も来ていますが、日本人の親切さを実際に体感した人も出ています。

人々

現地に行って日本人の親切に触れ合う

観光客の中には、道案内などで手助けしてもらった経験を持つ人がいます。
中には、マナーや身振り手ぶりを教えてもらった人もいます。
中国や韓国とはまた違った文化や風習が楽しめますからね。
このような経験から日本はいい国だということが実感できます。

実は元々日本が好きであることも

実は日本に行く前から、日本人が好きである中国人や韓国人もたくさんいます。
例えば、日本のアニメ文化が好きなタイプがいます。
韓国人や中国人の中には、実は日本の文化が好き人が存在します。
そういう個性を持った人も社会には存在するのです。

両国友好になる可能性も

日本人の親切さは中国と韓国の友好の懸け橋となっています。
友好と聞こえてもピンと来ないですが、実は大きな力を持っています。
日本植民地時代には、日本が台湾に対して穏健な統治をしたと言われています。
これだけの恩を受ければ、もちろん支えたいという気持ちが芽生えます。
日本人の親切さに触れる中国人や韓国人はこれから増えていきます。
この優しさこそ、両国を支えていくでしょう。

日本人の親切さをまとめる

日本人の親切についてここまで紹介しました。
人の親切さに触れた人々はどんな人でも心が温かくなれます。
この優しさは決して忘れてはいけない大切な宝物です。

シェアする

「日本人・親切」に関連する記事

  • 意外と知らない神社の教え「神道」ってなに?のサムネイル画像

    意外と知らない神社の教え「神道」ってなに?

    もっとも日本で有名な宗教は仏教だと思います。しかし、仏教はお寺の教え。実は日本には「神道」と呼ばれる神社の教えがあるのです。神社の教えである神道がどのようなものか紹介します。

  • 世界から見た日本の宗教観とは。寛容な姿勢には驚きの声のサムネイル画像

    世界から見た日本の宗教観とは。寛容な姿勢には驚きの声

    筆者が住むカリブは完全に「宗教」といえばクリスチャン。ここにいる他の先進国の人々も大体クリスチャン。そんな彼らがもつ日本への興味は全く尽きません。そんな彼らが持つ、日本の「宗教」に対する姿勢への反応とは。そして皆が一番驚く日本の習慣とは。少しまとめてみました。

  • 世界から見た日本の風習に対する感想って面白いかも!?のサムネイル画像

    世界から見た日本の風習に対する感想って面白いかも!?

    日本では当たり前の風習が、海外旅行では通じない。逆に、日本に来た外国人も、日本の風習に驚きを隠せないことがあります。外国に人におかしいと思われる風習ってどんなことかな。外国人から見た不思議な日本の風習をご紹介いたします。日本人には、不思議な事ではないけどね。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!のサムネイル画像

    神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!

    初詣や合格祈願、七五三など私たちは人生の中で神社に参拝しに行く機会を多く持ちます。このため、幼いころから何とはなしに神社に参拝する際の作法は知ることになりますが、作法の中には誤解されているものも多いです。今回は神社参拝の正しい作法について徹底解説していきます。

    1
  • 2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!のサムネイル画像

    2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!

    早いもので、年の瀬を意識する時期になりました。 そろそろ年賀状のことを考えはじめるのではないでしょうか? 今回の記事では「年賀状を出す時期」についてご紹介します。 年賀状はいつから販売され、いつからいつまで投函できるのか? 期間や寒中見舞いなどについても解説します。

    2
  • 年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!のサムネイル画像

    年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!

    毎年、年の瀬になると気がかりになるのが年賀状ですよね。いつまでに出せば元旦に届くのか、郵便局での販売期間はいつまでなのかなど気になることはたくさんあります。今回の記事では年賀状と寒中見舞いの違いや保管期間など、年賀状に関する疑問をすべて解説します。

    3
  • 神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!のサムネイル画像

    神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!

    神社にお参りしたときには、ほとんどの方がお賽銭を入れますよね。では、お賽銭としてどのくらいの金額を用意すればいいのでしょうか?今回の記事では、気になる神社のお賽銭の金額相場やお賽銭の起源、参拝のマナーなど様々な疑問にお答えします。

    4
  • 年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!のサムネイル画像

    年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!

    年賀状にはどんなことを書けばよいのでしょうか?正しい書き方を知っていますか?今回は年賀状の正しい書き方についてご紹介していきます。このような方はこのような書き方、というように、立場別に見ていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

    5

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと