京都にある応仁の乱にゆかりの場所はこちら

応仁の乱と言えば日本人なら誰でも知っている、日本の歴史を変えた重大な事件です。しかし、この戦い扱ったドラマや小説は意外と少なく、戦いの様子や激戦の場所などを知っている人は少ないのではないでしょうか。ここでは、応仁の乱にゆかりの場所を紹介します。

目次

  1. 応仁の乱とは
  2. 慈照寺(銀閣寺)
  3. 龍安寺
  4. 南禅寺
  5. 相国寺
  6. まとめ

応仁の乱とは

困った人々

応仁の乱の時代

戦国時代が始まるきっかけされ、学校の教科書に必ず載っている応仁の乱ですが、この時代を扱った
ドラマや小説は少なく、当事者や戦いが起こった場所などは以外と知られていないのではないでしょうか。応仁の乱は、日本全国から兵士が京都に集まり、約10年に渡る戦いによって京都の町を焼き尽くしました。さらに、この戦いによって多くの有力者が没落し、日本全国の武将達が戦う戦国時代のきっかけとなりました。

応仁の乱の経緯

応仁の乱は、応仁元年(1467年)から文明9年(1477年)までの約10年間に渡って、主に京都を中心とした近畿周辺で戦われました。この戦いの中心となったのは、京都の街。東軍を率いる細川勝元は、本陣を室町幕府の将軍家のいた花の御所とし、対する西軍の山名宗全は、花の御所の西側にあった自分の屋敷を本陣としました。


そして、その周囲を固めた両軍が有力者の屋敷周辺など市内各所で戦いを繰り広げます。戦いの際に町に火がかけられ、その結果京都の町は焼野原となりました。

京都に残る応仁の乱の名残の場所

歴史的な遺産が多く残る京都ですから、今から約500年前に起きた応仁の乱の痕跡も市内各所に残されています。そういった遺跡を探す散策も楽しいかもしれません。また、応仁の乱には当時の多くの有力者が参加しました。ここでは、そうした有力者ゆかりの観光スポットを紹介します。

慈照寺(銀閣寺)

室町幕府第8代将軍足利義政

応仁の乱の原因は、足利幕府将軍家の跡継ぎ問題をはじめ、有力者の跡継ぎ問題や主導権争いなどが複雑に絡んでいました。そのうち足利幕府将軍家の跡継ぎ問題のきっかけを作ったのが、第8代将軍足利義政です。政治をおろそかにし、世の中が戦い困っている時代に庭園造りに没頭し、室町幕府崩壊の原因を作った人物との評価が一般的です。

東山文化の象徴の場所

歴史的には評価が低い将軍ですが、室町時代後期に栄えた東山文化を作った文化人でした。そして東山文化の象徴とも言えるのが慈照寺にある銀閣寺です。なお、慈照寺が建てられたのは応仁の乱が終った直後で、当初は足利義政の東山山荘として造営が始まりました。造営工事は8年に及んだそうです。そして、足利義政が亡くなると、その菩提を弔うためにお寺に変更されました。


足利義政が造営した銀閣寺ですが、ここには足利義政のお墓はありません。足利義政のお墓がある場所は、足利義満が建てた相国寺です。

慈照寺の基本情報

慈照寺の基本情報

【住所】 京都府京都市左京区銀閣寺町2
【TEL】 075-771-5725
【アクセス】 市バス 銀閣寺前下車 徒歩約5分
【拝観時間】 8:30~17:00
【参拝料】 大人500円

龍安寺

応仁の乱の大将、細川勝元の墓

応仁の乱は、細川勝元を大将とする東軍16万人と、山名宗全を対象とする西軍12万人とが11年に渡って戦いました。そして、大将の細川勝元と山名宗全とが相次いで亡くなったことで、戦いは自然消滅します。この東軍大将だった細川勝元の墓の場所は、石庭で有名な龍安寺になります。

石庭で有名な龍安寺とは

龍安寺は、京都市右京区にある臨済宗のお寺です。応仁の乱で東軍の大将だった細川勝元が宝徳2年(1450年)に創建したお寺で、枯山水の方丈庭園「石庭」のあるお寺として知られています。創建当時の建物は応仁の乱で焼失しますが、その後再建されました。また、今ある本堂は江戸時代の火事で焼失した後に、塔頭の西源院から移築したもので、重要文化財に指定されています。

龍安寺の基本情報

【場所】 〒616-8001 京都市右京区龍安寺御陵下町13
【TEL】 075-463-2216
【アクセス】 京福電鉄の龍安寺駅で下車、徒歩7分
【拝観時間】 3月1日~11月30日 8:00~17:00、12月1日~2月末日 8:30~16:30
【拝観料】 大人500円

南禅寺

応仁の乱の大将、山名宗全の墓

一方、西軍の大将だった山名宗全の墓は、京都市左京区の南禅寺に隣接する真乗院にあります。亡くなったのは応仁の乱の終盤文明5年(1473年)で、享年70才歳だったそうです。応仁の乱の最中に本陣を攻め込まれた時は、老齢ながら刀をとって戦ったという記録もあり、激情にかられる好戦的な性格で、西軍からは赤入道というあだ名で呼ばれていました。

南禅寺とは

紅葉でも有名な南禅寺は、京都市左京区南禅寺福地町にある臨済宗、南禅寺派の大本山です。京都五山および鎌倉五山の上におかれる別格扱いの寺院とされ、境内全域が国の史跡に指定されています。さらに南禅寺の周囲には、幾つもの別院・塔頭があり、その1つの金地院の庭園「鶴亀の庭」は、特別名勝に指定されています。


応仁の乱で西軍の大将を務めた山名宗全の墓のある真乗院は、そんな塔頭の1つで、山名氏の菩提寺となっていました。

南禅寺の基本情報

【住所】 〒606-8435 京都府京都市左京区南禅寺福地町
【TEL】 075-771-0365
【アクセス】 地下鉄東西線の蹴上駅下車、徒歩10分
【拝観時間】 12月1日~2月28日 8:40~16:30、3月1日~11月30日 8:40~17:00
【拝観料】 大人500円

相国寺

応仁の乱の激戦の場所

京都御所のすぐ北側にある相国寺は、応仁の乱の際に細川方が陣地としたことで、激戦地の1つとなりました。この戦いにより相国寺の伽藍は消失し、両軍とも多くの死傷者を出したそうです。以後、膠着状態にあり、戦いの中心は京都の町から地方に移っていくことになりました。

相国寺とは

相国寺は、明徳3年(1392年)に室町幕府3代将軍・足利義満が、足利将軍家の邸宅(花の御所)の隣りに建てたお寺です。創建してからこれまでに、応仁の乱をはじめ多くの戦いや火事で伽藍が焼失し、再建を繰り返してきました。今見れるの古い建物の多くは安土桃山時代から江戸時代に再建されたもので、中でも慶長10年(1605年)に建てられた法堂は重要文化財に指定されています。


なお、相国寺の境内には応仁の乱を示す史跡などはありません。しかし、相国寺の北側にある上御霊神社の境内には、「応仁の乱勃発の地」の石碑が建っています。この場所が応仁の乱の激戦地だったことを示す証の1つです。

相国寺の基本情報

【住所】 〒602-0898 京都府京都市上京区 今出川通烏丸東入
【TEL】 075-231-0301
【アクセス】 地下鉄今出川駅で下車、徒歩約8分
【拝観時間】 10:00~16:00
【拝観料】 境内は自由に拝観可

まとめ

応仁の乱にゆかりの京都の観光スポットの紹介でしたがいかがだったでしょうか。京都の街を焼き尽くし、戦国時代のきっかけを作った応仁の乱。社会の教科書に必ず載っている日本人なら誰でも知っている戦いですが、ドラマや小説で取り上げられることが少ないことから、よく知らない人が多いのではないでしょうか。ここで紹介した応仁の乱にゆかりの観光地などを訪ねて、ぜひ、興味を広げてみてください。

「応仁の乱・場所」に関連する記事

「応仁の乱・場所」についてさらに知りたい方へ

  • 京都、銀閣寺についての歴史をまとめました!のサムネイル画像

    京都、銀閣寺についての歴史をまとめました!

    今回は、銀閣寺の歴史についてです。金閣寺の方が観光としては有名ですが、銀閣寺もぜひ足を運んで頂きたい素敵なところです。では、歴史から見ていきましょう。

  • 金閣寺と銀閣寺の歴史・場所・違い・建てた人などをを紹介。のサムネイル画像

    金閣寺と銀閣寺の歴史・場所・違い・建てた人などをを紹介。

    京都にある観光スポット「金閣寺」「銀閣寺」は一度は訪れたことがあるという方が多いのではないでしょうか?今回は人気観光スポット金閣寺、銀閣寺の魅力をお伝えします。

  • 世界遺産 金閣寺 その金色の後ろにあるもののサムネイル画像

    世界遺産 金閣寺 その金色の後ろにあるもの

    世界遺産に登録された金閣寺。庭園の素晴らしさや金色(こんじき)に輝く金閣は見れば見るほど惹きつけられますが、金閣寺は庭園とキンキンキラキラだけなのでしょうか。世界遺産 金閣寺の金色以外の凄いところ、結構忘れていませんか。

  • 京都でも最も格式が高い、南禅寺の拝観料、拝観時間は?のサムネイル画像

    京都でも最も格式が高い、南禅寺の拝観料、拝観時間は?

    寺社が多い京都でも、最も格式が高いとされる南禅寺。こちらではそんな南禅寺について色々調べてみました。南禅寺の拝観料、拝観時間はもちろん、近くのオススメスポットも。また期間限定でライトアップされる夜間拝観の時間、拝観料についてもまとめてみました。

  • 盛り塩を置く場所が正しければ運気がアップする?のサムネイル画像

    盛り塩を置く場所が正しければ運気がアップする?

    盛り塩とは、家庭の玄関やトイレなどの水回り付近に盛る塩のことをさします。この盛り塩には、厄除け・魔除け・邪気払い・招貴人(チャンスを与える人を招く)の意味を持つとされています。そこで、開運につながる正しい盛り塩のやり方をご紹介いたします。

  • お墓の場所がわからない場合の対処法まとめのサムネイル画像

    お墓の場所がわからない場合の対処法まとめ

    お墓参りの時、自分がお参りしようとしているお墓の場所がわからない…となってしまった経験はありませんか?。お墓の場所がわからない場合、どうしたらよいのでしょうか?今回は、意外と困るお墓の場所を忘れてしまったときの対処法をご紹介いたします。

  • 神棚を買ったら読みましょう!神棚の設置場所などについてのサムネイル画像

    神棚を買ったら読みましょう!神棚の設置場所などについて

    神棚をどの場所に設置したらいいか迷った方必見!神棚の設置場所には暗黙のルールがあります。ルールを知って心置きなく家の安全と繁栄を祈願しましょう!

  • 霊園や費用など知っておく安心!お墓の場所の選び方を解説!のサムネイル画像

    霊園や費用など知っておく安心!お墓の場所の選び方を解説!

    お墓の場所について考えたことはありますか?どのような場所に建てるのがよいのか、費用はどれほどなのか、その選び方のポイントを詳しく解説していきます。お墓の場所の選び方を知ることで、もしものときのために備えておきましょう。

  • 神棚を置くにはどんな場所に置くのがいいのかのサムネイル画像

    神棚を置くにはどんな場所に置くのがいいのか

    神棚は身近な神様です。 ですが、どの場所に置いたらいいのか、どう飾ったらいいのか分からないことも多くあります。 神棚の祀る場所のポイントをまとめました。

  • お墓の場所の選び方や、場所がわからないときの探し方・聞き方のサムネイル画像

    お墓の場所の選び方や、場所がわからないときの探し方・聞き方

    お墓を選ぶときに最優先するのは、場所です。お墓の場所を決めるのは、故人の自宅もしくは実家からのアクセスしやすい場所を決める方がほとんどです。宗派、価格、など他の条件をも加味しつつ、お墓の場所をどこに設けるかを最優先としてみましょう。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

関連する記事

「応仁の乱・場所」についてさらに知りたい方へ

京都、銀閣寺についての歴史をまとめました!のサムネイル画像

京都、銀閣寺についての歴史をまとめました!

金閣寺と銀閣寺の歴史・場所・違い・建てた人などをを紹介。のサムネイル画像

金閣寺と銀閣寺の歴史・場所・違い・建てた人などをを紹介。

世界遺産 金閣寺 その金色の後ろにあるもののサムネイル画像

世界遺産 金閣寺 その金色の後ろにあるもの

京都でも最も格式が高い、南禅寺の拝観料、拝観時間は?のサムネイル画像

京都でも最も格式が高い、南禅寺の拝観料、拝観時間は?

お墓の場所の選び方や、場所がわからないときの探し方・聞き方のサムネイル画像

お墓の場所の選び方や、場所がわからないときの探し方・聞き方

お墓のどの場所に納骨すればいいの?カロートって何?のサムネイル画像

お墓のどの場所に納骨すればいいの?カロートって何?

神棚を置くにはどんな場所に置くのがいいのかのサムネイル画像

神棚を置くにはどんな場所に置くのがいいのか

神棚を買ったら読みましょう!神棚の設置場所などについてのサムネイル画像

神棚を買ったら読みましょう!神棚の設置場所などについて

樹木葬は決められた場所でしかできない?!樹木葬について解説しますのサムネイル画像

樹木葬は決められた場所でしかできない?!樹木葬について解説します

納骨堂の場所について選び方やおすすめの納骨堂をまとめました!のサムネイル画像

納骨堂の場所について選び方やおすすめの納骨堂をまとめました!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えますのサムネイル画像

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えます

1
水引アクセサリーの簡単な作り方!和服にも合う結び方を紹介!のサムネイル画像

水引アクセサリーの簡単な作り方!和服にも合う結び方を紹介!

2
礼服のポケットのふたとポケットチーフについて紹介します。のサムネイル画像

礼服のポケットのふたとポケットチーフについて紹介します。

3
お参りとお詣りの意味の違い~神社は?お寺は?のサムネイル画像

お参りとお詣りの意味の違い~神社は?お寺は?

4

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと