バイオリンでは出せない音色。ビオラの魅力

ビオラという楽器をご存知でしょうか。誰もが知っているバイオリンとチェロ。その間にいてバイオリンと同じような恰好で弾かれているのがビオラです。実は奥深い音色と役割を持ったこの楽器。アマチュアビオラ弾きがバイオリンとの違いとその魅力をご紹介いたします。

目次

  1. ビオラはバイオリンとどこが違うの?
  2. ビオラの音域と役割
  3. ビオラの歴史
  4. バイオリンじゃないビオラが主役の曲
  5. ビオラの演奏家(ビオリスト)
  6. ビオラにまつわる雑学あれこれ
  7. ビオラの魅力まとめ

ビオラはバイオリンとどこが違うの?

バイオリンとの違いは大きさ

簡単に言ってしまえばビオラはバイオリンのサイズ違いです。ただ、バイオリンは胴体の部分がほぼ350mmで統一されているのに対し、ビオラには決まった大きさがありません。
出回っているもので385mm~435mmまであり、奏者がそれぞれの体格や音色の好みに合わせて選択するのです。たったの10-20mm違うだけでも音色や音量、弾き方もだいぶ変わるので自分に合ったものとの出会いは非常に貴重です。

分数楽器と弓の違い

バイオリンには子供用として分数楽器(1/16~3/4)がありますが、ビオラにはありません。幼少からビオラをする子はいないので、プロの方はほぼバイオリンからの転向です(まれに大人からビオラで始められたプロの方もいらっしゃいます)。
弓はバイオリンが74cmでビオラは72cm、重さは60gと70gで見た目はあまり変わらないですが、互いに違う弓で弾くと音がつぶれたり鳴りきらなかったりします。

ビオラの音域と役割

ビオラの音域はバイオリンより5度低い

1度はド→レというピアノで言う白鍵の一つ隣の音のことです。バイオリンの弦はG(ソ)D(レ)A(ラ)E(ミ)で調弦されているのに対し、ビオラはその5度ずつ低いC(ド)G(ソ)D(レ)A(ラ)となります。
歌声でいうとソプラノとアルトの位置関係ですね。

ビオラの音色

ビオラは大きなバイオリン、小さなチェロと揶揄されることもありますが、音色はその二つとは全く違う独特の響きを持っています。バイオリンのような細くて輝かしい音ではなく、中音域の幅をゆっくりと鼻にかかったような渋い音色でじんわり響き渡っていく感じです。オーケストラでは目立ちませんが、これがソロになると全く違う力強さが出てきます。下記の演奏を一度聞いてみてください。

このビオラカルテットの音色はビオラがただ他の楽器の伴奏するだけで終わるものではない、素晴らしい楽器であることを教えてくれます。

オーケストラにおけるビオラの役割

旋律を引くことが多いバイオリン、チェロに対し、ビオラはひたすら「内声部」を担当します。
ビオラがなくても何の曲なのかはわかりますが、”何かが物足りない”という感じになってしまうのです。旋律に寄り添ったり立体感をもたせるような動きをして、曲に厚みと奥行きを感じさせる役割をします。演奏会ではバイオリンに目が奪われがちですが、一度ビオラの動きに注目してみると面白いかもしれません。

ビオラはここにいます!

では、オーケストラの配置ではどこにいるのでしょうか。
下に示したのはバイオリンが両端に来るドイツ式の一例ですが、ビオラ(viola)とチェロ(Cello)の逆配置も多くみられます。学校の教科書に掲載されている現代(アメリカ)式では第一バイオリン、第二バイオリン、ビオラ、チェロと大きいもの順で並びます。これは指揮者や楽団の好みや演奏曲によって変わってきます。

ビオラの歴史

16~18世紀の楽器で、今でも割と聞くことがある「ビオラ・ダ・ガンバ」(足つきビオラ)という古楽器がありますが、形は似ていてもこれが祖先ではありません。16世紀ごろ「ビオラ」というのは広義で「擦弦楽器の総称」でした。ですから「ビオラ・●●」という名前の楽器がたくさんあるのですが、その中で「ビオラ・ダ・ブラッチョ(腕のビオラ)」というものが現在のバイオリン、ビオラ、チェロの原形となっています。

バイオリンじゃないビオラが主役の曲

おすすめはこの曲

バイオリンの曲は無数にありますが、ビオラ曲は数えられるほどしかない上に、なかなか演奏されない=知られることがないというのが残念です。バイオリンとビオラの2重奏でもモーツアルトやベートベンで有名なものがありますが、なんといっても名曲の一つはモーツアルトの「バイオリンとビオラのための協奏交響曲」でしょう。

その他に生演奏でも聞く機会が高い曲は

・ブラームス「ビオラソナタ第1番ヘ短調」「ビオラソナタ第2番ホ長調」
・ショスタコーヴィチ「ビオラソナタ」
・テレマン「ビオラ協奏曲」
・ヨハン・クリスチャン・バッハ「ビオラ協奏曲」
・ブランデンブルク協奏曲第6番
・シューマン「おとぎの絵本」ビオラのための4つの小品

あたりでしょうか。ブラームスのビオラソナタはもともとクラリネット用でしたが、作曲家自身でビオラ用に編曲されたものです。チェロの曲をビオラで演奏することも多いです。この曲以外にもビオラの独奏などが演奏される際はぜひ、会場に足を運んで独特の「ビオラの音色」を堪能してください。

ビオラの演奏家(ビオリスト)

有名なバイオリニストはクラシックに興味があまりない方でも一人二人は思いつくと思いますが、「有名なビオリスト」は?と聞かれて答えられる方は街角にはほとんどいらっしゃらないでしょう。

既述しましたが、プロのビオリストのほとんどは元バイオリン弾きです。そしてどこかの時点でビオラに転向されるわけですが、その鞍替えの理由を調べるのも面白いかもしれません。中には「練習時間がバイオリンより少なくてすみそう」という理由だった方もいらっしゃるようです。

ビオラにまつわる雑学あれこれ

ビオラの記譜

ビオラの楽譜は下記のような「B」に似ているハ音(アルト)記号で書かれています。
読み方はピアノで使われるト音記号の1度上になるのですが、ビオラ弾きは初めにこの記号で書かれた音符を読むのに苦労します。

ビオラ冗句

1992年あたりで一気に広まったビオラ冗句。もともとビオラを自嘲的に皮肉った海外で出回っていたものが訳されて日本でも広まったようですが、最近は「今はそんなことないよね」という風に捉えられるようになった感もあります。上手なビオラ奏者が知られるようになり、楽器自体も多少人気がでてきたおかげでしょうか。気になる方は検索してみてください。筆者も最初は大笑いしたものです。

最近のビオラの話題

ビオラのソリストが増えてきたのも嬉しいことですが、なんとあの「みんなのうた」でもビオラの歌が作られています。槇原敬之さんの作詞作曲で、ビオラの特徴をうまく表現されているとてもいい歌です。

東京都響のビオラ奏者、須田祥子さんが「SDA48」というビオラアンサンブルグループを主宰され、ご活躍されています。

ビオラの魅力まとめ

オーケストラではなかなか目立たないビオラの魅力が少しでもわかっていただけたでしょうか。
演奏会ではバイオリンや管楽器が上手なのはすぐにわかりますが、周りに合わせる役割の大きいビオラがよく響いていて、ほどよく主張できているオーケストラはとても聞きごたえがあるはずです。
今度聴きに行かれる演奏会ではぜひ、ビオラにご注目ください!

「バイオリン・ビオラ」に関連する記事

「バイオリン・ビオラ」についてさらに知りたい方へ

  • 練習方法や場所!バイオリンについての知識紹介します!のサムネイル画像

    練習方法や場所!バイオリンについての知識紹介します!

    バイオリンを始めようと思っても練習方法や練習場所などいくつか悩む部分が出てくると思います。この記事ではバイオリンの歴史を始めマンションや夜の時間帯でもバイオリン練習ができる方法などを紹介していきたいと思います。

  • 趣味におすすめ!弦楽器の種類と始め方についてのサムネイル画像

    趣味におすすめ!弦楽器の種類と始め方について

    弦楽器と聞いてすぐ思い浮かぶのはギターやバイオリンではないですか?弦楽器にも色々な種類があります。今回は弦楽器の種類と趣味で弦楽器を始める方に役立つ情報をご紹介します。

  • ウクレレプレーヤーにおすすめ!簡単な曲をご紹介!のサムネイル画像

    ウクレレプレーヤーにおすすめ!簡単な曲をご紹介!

    老後の趣味として、ウクレレをはじめた方におすすめの簡単な曲を紹介します。ウクレレは南国のイメージがありますよね。実は他のジャンルの曲もウクレレで演奏することができます。南国の曲から、あの有名な曲まで簡単にできる曲を紹介します。

  • ウクレレの初心者必見!オススメの曲はあるのか?のサムネイル画像

    ウクレレの初心者必見!オススメの曲はあるのか?

    ウクレレ初心者に向けて、準備しておくことや良い練習方法や曲を紹介していきます。あくまで初心者に向けての記事なので、基礎的な内容になります。曲や練習方法も具体的に載せているわけではありませんが、ウクレレをこれから始める初心者にとってためになる記事だとおもいます。

  • 伝統的な和楽器の種類とその歴史についての紹介のサムネイル画像

    伝統的な和楽器の種類とその歴史についての紹介

    日本には神事の際などに用いられた様々な種類の和楽器が古くから歴史によって伝えられています。それらには奏でる音色だけでなく和楽器そのものにも歴史や意味が込められています。それら和楽器の種類と魅力を紹介します。

  • あこがれのウクレレソロデビューがしたい!おすすめの曲はこちらのサムネイル画像

    あこがれのウクレレソロデビューがしたい!おすすめの曲はこちら

    ウクレレってソロで弾いたことありますか?そもそも見たことありますか?南国風の明るい独特な音色を聴くと自分も引いてみたいって思ってしまいますよね。今回はソロで弾けるウクレレのおすすめ曲などをご紹介したいと思います。

  • 練習方法や場所!バイオリンについての知識紹介します!のサムネイル画像

    練習方法や場所!バイオリンについての知識紹介します!

    バイオリンを始めようと思っても練習方法や練習場所などいくつか悩む部分が出てくると思います。この記事ではバイオリンの歴史を始めマンションや夜の時間帯でもバイオリン練習ができる方法などを紹介していきたいと思います。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

関連する記事

「バイオリン・ビオラ」についてさらに知りたい方へ

練習方法や場所!バイオリンについての知識紹介します!のサムネイル画像

練習方法や場所!バイオリンについての知識紹介します!

趣味におすすめ!弦楽器の種類と始め方についてのサムネイル画像

趣味におすすめ!弦楽器の種類と始め方について

ウクレレプレーヤーにおすすめ!簡単な曲をご紹介!のサムネイル画像

ウクレレプレーヤーにおすすめ!簡単な曲をご紹介!

ウクレレの初心者必見!オススメの曲はあるのか?のサムネイル画像

ウクレレの初心者必見!オススメの曲はあるのか?

伝統的な和楽器の種類とその歴史についての紹介のサムネイル画像

伝統的な和楽器の種類とその歴史についての紹介

あこがれのウクレレソロデビューがしたい!おすすめの曲はこちらのサムネイル画像

あこがれのウクレレソロデビューがしたい!おすすめの曲はこちら

練習方法や場所!バイオリンについての知識紹介します!のサムネイル画像

練習方法や場所!バイオリンについての知識紹介します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

老後に人気な趣味5選!楽しみながら健康を維持できる方法を紹介!のサムネイル画像

老後に人気な趣味5選!楽しみながら健康を維持できる方法を紹介!

1
40代で始めるオススメの趣味は?インドアとアウトドアの趣味!のサムネイル画像

40代で始めるオススメの趣味は?インドアとアウトドアの趣味!

2
老後の趣味に最適なアウトドアを厳選して3つ紹介します!のサムネイル画像

老後の趣味に最適なアウトドアを厳選して3つ紹介します!

3

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと