初心者でもわかる!投げ釣り専用リールの選び方

釣りには欠かせないのがリール。これから投げ釣りを始めようという方のために投げ釣り専用リールの選び方を紹介します。

目次

  1. 投げ釣りがしたい!
  2. そもそも投げ釣りとは
  3. 投げ釣り用竿の選び方
  4. 投げ釣りにおけるリールの選び方
  5. 投げ釣りのオススメ釣り場
  6. 最後に、投げ釣りの注意点

投げ釣りがしたい!

人々の趣味として、昔から変わらない人気の釣り。
中でも投げ釣りは初心者にとって最も始めやすい釣りの一つでしょう。
ここでは投げ釣りの魅力やリールの選び方を紹介していきます。

そもそも投げ釣りとは

釣りには仕掛けが必要です。
釣る場所や狙う魚、季節など様々な要素によって仕掛けを変え、魚釣りに挑むのです。
投げ釣りとは仕掛けに組み込んだおもりの重さを使って仕掛けを遠くまで投げ、ひたすらアタリが来るまで待ち、魚が掛かったら釣り上げる、というものです。

投げ釣りにおいては、竿を複数並べて置いて待つことが基本となります。
その方が魚との遭遇率が上がるという理由からです。
手で持ったままですと竿1本が限界ですので、三脚などを使用して竿を置いて待つのが投げ釣りなんですね。
必然的に狙うのは底になりますので投げ釣りのターゲットとしては海底付近を泳いでいる魚ということになります。

投げ釣り用竿の選び方

投げ釣りを行う際の釣り竿の選び方としては、2メートル程度のものを選ぶと良いでしょう。
長すぎると扱うのが大変ですし、短すぎると仕掛けを投げても遠くまで飛ばない、という事態になります。
仕掛けを投げる際竿を大きく振りますので、硬めのものを選ぶと良いでしょう。
柔らかいものですと投げにくく、また破損の恐れもあります。

投げ釣りにおけるリールの選び方

投げ釣りにはリールが必須アイテムです。
しかしこれから投げ釣りを始めようという人はどのリールを選んで良いかわからないと思いますのでリールの選び方を紹介していきます。

リール選び:ドラグありかなしか

投げ釣り用のリールにはドラグ付きのものとドラグが付いていないものとあります。
そもそもドラグとはなんでしょうか。
釣りの用語辞典にはこのように記載されています。

引く力が強い魚の場合はドラグが必要ということですね。
投げ釣りにおいても狙うターゲットによってドラグ付きのリールが必要なのかが変わってきます。
キスやカレイなどをターゲットにするならばドラグなしの投げ釣り用リールを使用しますが、真鯛やコロダイなどの大物をターゲットにするならば高性能のドラグが付いたリールが必要です。

リール選び:替えスプール付きがオススメ

釣りに使用する糸(ライン)にはPEラインやナイロンラインなどの種類が複数あります。
リールにラインを巻きつける部分のことをスプールと呼びます。
釣りにおいて、天候や環境は切っても切れない重要な要素となります。

いつもはPEラインを使用しているが、風の強い日にナイロンラインを使用したい、など状況に応じて異なるラインを使用したい場面もあるかと思います。
そういったときに、替えのスプールがついていると簡単にラインを変えることができます。
投げ釣り用のリールは基本的にサイズが大きくなっていますし、釣り竿も複数あることから竿ごとにスペアリールを用意するのは大変です。
シマノやダイワのリールには1万円台のものから替えスプールがついているので要チェックです。

リール選び:重量に関して

先ほどの項でも少し触れましたが、投げ釣り用のリールはサイズが大きくなっています。
中級機でも650g程度ありますので釣り竿にセットすると1kg近くなってしまいます。
ですので投げ釣り用のリールを購入する際は、なるべく軽量のものを選ぶといいでしょう。
軽いものだと400g程度のものもあるそうです。

投げ釣りのオススメ釣り場

投げ釣りは、基本的に底が荒くない場所で行います。
底を攻める釣り方になりますので、岩場など根掛かりが発生してしまう場所ではやりにくいし、毎回根掛かりになっていては仕掛けをどれだけ準備しても足りません。
ですので投げ釣りを行うオススメの釣り場としては、砂浜や砂浜が近い漁港などがオススメです。
テトラポットなどのある場所だと、タコやガシラなど何かに隠れていることが多い魚も狙えます。
また河川の河口付近は底が砂地である場合が多いのでそういったポイントも狙い目です。
ハゼやセイゴなど、河口付近に生息している魚が特に狙いやすいです。

最後に、投げ釣りの注意点

もしあなたがこれから投げ釣りを始めようという方であれば初めて行う際は、可能であれば投げ釣り経験者と同行することをオススメします。
投げ釣りはおもりを使って力一杯仕掛けを遠くまで投げますので、うまく投げられないと危険です。
前に投げたつもりがてんで違う方向に飛んでしまって周囲にいた人にぶつかってしまった、ではシャレになりません。

釣り

投げ釣りには、ターゲットを絞らないのであればシーズンを選ばず一年中何かしらの魚が釣れるという魅力もあります。
何より自分で釣った魚を調理して食べるのは本当に美味しいし趣味としてやりがいがあります。
焦らず、自分のペースで投げ釣りを楽しみましょう。

「投げ釣り・リール」に関連する記事

「投げ釣り・リール」についてさらに知りたい方へ

  • カレイ釣り解説!ブラーを使った仕掛けを紹介します。のサムネイル画像

    カレイ釣り解説!ブラーを使った仕掛けを紹介します。

    カレイは代表的な食用魚です。釣りにおいても、防波堤や砂浜での投げ釣りで人気です。カレイ釣りの記事は既にいくつかありますので、今回はブラー釣りをご紹介します。ブラー釣りの仕掛けは簡単で、ルアーとほぼ同じ仕掛けで済んでしまいます。それでは紹介していきましょう。

  • ルアーで魚を釣る!初心者のための海でのルアー釣りのサムネイル画像

    ルアーで魚を釣る!初心者のための海でのルアー釣り

    海釣りでは餌釣りをする人は多いのですが、ルアー釣りも人気を集めています。今までルアーを使ったことがない人にとって、どうやって使ったらいいのかと不安を感じている人もいるのではないでしょうか。そこで、初心者でも楽しめる海でのルアー釣りを紹介します。

  • 手軽に楽しめる!川釣りの仕掛けや糸の結び方を紹介!のサムネイル画像

    手軽に楽しめる!川釣りの仕掛けや糸の結び方を紹介!

    川釣りは淡水で手軽に楽しめる釣りです。釣れる魚はヤマメや、ナマズ、アユなど海ほどではないとはいえ、様々な魚を釣ることができますし、仕掛けもいろんな種類のものがあります。ここでは、川釣りの仕掛けの種類や糸の結び方などをお伝えします。

  • 船釣りをするときにどのような竿を選んだらいいの?のサムネイル画像

    船釣りをするときにどのような竿を選んだらいいの?

    この記事では、船釣りを始めたいと思っている海釣り初心者の皆さんに向けて、釣り全般のこと、船釣りで乗る釣り船のこと、竿や竿に取り付けるリールなどの必要な道具、などなどについて、”わかりやすく”を心がけて紹介します。

  • 大物は1メートル以上!シーバスの釣り方についてのサムネイル画像

    大物は1メートル以上!シーバスの釣り方について

    岸からの釣りは手軽に楽しめるのですが、なかなか大物は釣れません。しかし、岸からでも釣り方によってシーバスが狙えます。ここではシーバスの釣り方について紹介します。

  • 手軽に楽しむならこの釣り!初心者でも楽しめるヘチ釣りとはのサムネイル画像

    手軽に楽しむならこの釣り!初心者でも楽しめるヘチ釣りとは

    釣り初心者の人の中にはヘチ釣りをいう言葉を初めて聞いたという人もいるのではないでしょうか。ヘチ釣りは初心者でも手軽に楽しめ、ぜひ試してほしい釣り方です。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと