独身高齢者の現状 孤独死しないために必要なこと

おひとり様という言葉が流行ったように、現代では生涯独身を貫いても後ろ指を指されない1つの生き方として確立しています。独身高齢者を目指すか夫婦で過ごすか、今後の人生設計する人に今回は独身高齢者の現状と積極的に孤独死しないための方法について送ります。

目次

  1. 独身高齢者の現状
  2. 独身高齢者は不幸?
  3. 孤独死とは
  4. 孤独死しないためには?
  5. 独身高齢者でも幸せに生きるには
  6. 終活の専門家に相談してみよう

独身高齢者の現状

人々

厚生労働省による調査によると平成27年で65歳以上の独身者は約5000万人と言われています。内訳は男性約1800万人、女性約3700万人となっており女性の方が独身数で言えば圧倒的に多い傾向にあります。平均寿命も女性の方が長いことから、今後は男女共に独身高齢者数は増加していくことが予測されます。

そして2020年には老夫婦数よりも独身高齢者世帯の方が上回るともされています。これは離婚数の増加や、パートナーが病気による死別したり、施設へ転居となるといった背景があり独身高齢者数が増えると考えられます。

独身高齢者は不幸?

人々

独身高齢者のワードを聞くと「孤独死」「1人では生活できない」といったまるで不幸と言いたいような答えを出したがる人がいます。1人身というだけで苦労する、さて本当にそうでしょうか。

寂しいだろうから結婚する、病気の時に助けがないのは困る、誰にも看取られず死ぬのは寂しい、迷惑を掛けたくないといった何かを防ぐ予防的考えとは逆に、身元引受人や家財処理業者の契約を生前に済ませ、あとは自己責任のもと生涯を全うしようという安楽的な考えもできます。前者の考えをする人が多い中、後者を選べないのは、人脈の貧しさや自身の健康状態への不安、経済的な問題、過度な依存感情が大きく関与していると考えられます。これらをクリアしている独身高齢者は少なからずおり、悠々自適に独身の余生を楽しんでいるようです。

ちなみに幸福度には健康、趣味やスポーツなど活動レベル、経済状況が密に関係しているといわれています。独身でも健康でそれなりに友達が居て、趣味もある。そして経済的にも自立しており1人で暮らすには困らない程度のお金もある。さてこれは不幸でしょうか。安楽・予防的どちらの考え方にせよ、おひとり様生活が孤独で悲しいものという方程式が当てはまらなくなります。

先ほどにも触れたとおり、何かあった時の不安を基に人生設計している人は孤独死に対し危機感を感じ、頭を抱える人が多いかと思います。考えを変えればそれは寂しい生き方ではないでしょうか。おひとり様という生き方ができることは案外幸せなことなのかもしれません。

孤独死とは

「孤独死」と聞くとネガティブであってはならないような感覚を感じる方も少なくないかと思います。

この言葉を聞くと、突然死によって1人で静かに死ぬことや死後の始末で他人に迷惑をかけることを心配して、ますます孤独死を避けたいと思うかと思います。また誰にも看取られず死んでしまうことが寂しいと思う人も少なくないかと思います。

孤独死しないためには?

孤独死を避けるには、今からできることから始めておくことが大事で、いくつか書いていきたいと思います。

資産形成術を勉強する

勤労している時から経済的に自立しておくことは非常に大事です。貯蓄だけでなく、投資方法についても学ぶことは将来役に立つことでしょう。金利を理解し、世界と日本の関係や動向を理解・行動に移せるセンスを養っておくことは必要です。

自炊する

今は外食している方でも、定年後は今までの資産を切り崩す、資産を使って殖やす生活になり資産が底をつかないように生きることになります。下手な出費はできないですから毎日外食何ていう生活も難しくなります。今のうちから自分のご飯は自分で作れるようにしておいたほうがいいでしょう。

コミュニティや趣味をつくる

ソーシャルメディアを使い知人をつくることは難しくなくなりました。また顔を見せずに雑談もできますから積極的にコミュニケーションできる場を確立させておくと将来活きた人脈もできてくるかとおもいます。そうした中で1人でできる趣味や、友人とできる趣味を作っておくと余生も良いものになるかとおもいます。

健康に気をつける

健康はお金で買えないものです。また日頃の生活の成績表であり、病気にかかって良いことはありません。自分で予防できる病気にならずに生き抜くことは経済的、精神的に将来必要です。

独身高齢者でも幸せに生きるには

ここまで独身高齢者の現状と考え方、孤独死しないためにできることを書いてきました。生涯独身がいいと思っているけど、まだ不安がある人はぜひ参考にしてみてください。

終活の専門家に相談してみよう

「身近な人が亡くなったらどうしたらいいの?」「終活とは具体的にどんなことをしたらいいの?」「誰か詳しい人に直接相談したい!」と思われる方もいらっしゃると思います。
終活ねっとを運営するにあたり、【お墓・葬儀・仏壇・介護・相続・保険・遺品整理】などなど様々な分野の専門家の方に協力していただいております。
また、それぞれの専門家の方が

  • どのような事をなさっているのか?
  • どんな想いでお仕事をなさっているのか?
  • どのような特徴があるのか?

などを、記事形式で紹介しております。

専門家のページはこちらから

シェアする

「独身・高齢者」に関連する記事

「独身・高齢者」についてさらに知りたい方へ

一生独身でも幸せ?そのメリットとデメリットとは?のサムネイル画像

一生独身でも幸せ?そのメリットとデメリットとは?

日本では、一生独身の方が今後増加してくると予想されています。ここでは、一生独身でいようとしている

生涯独身でいる女性が、覚悟しておくべきこととは…のサムネイル画像

生涯独身でいる女性が、覚悟しておくべきこととは…

未婚の女性が増えています。生涯独身でいることは、配偶者となる相手を一生もたないということ。ひいて

結婚だけが幸せじゃない!独身にもメリットはあるんだ!!のサムネイル画像

結婚だけが幸せじゃない!独身にもメリットはあるんだ!!

独身だと「結婚はしないの~?」と聞かれることありませんか?結婚=幸せだと思われがち、結婚していな

生涯独身でも楽しい人生を送るために知っておきたいポイントとはのサムネイル画像

生涯独身でも楽しい人生を送るために知っておきたいポイントとは

若い世代でも中年層でも結婚願望が低い人が多いので年をとっても独身でいるという人は珍しくなく、生涯

孤独死したらお墓には入れるの?生前から出来る準備を紹介しますのサムネイル画像

孤独死したらお墓には入れるの?生前から出来る準備を紹介します

社会的に問題になっているものはいろいろとありますが、その中でも終活にまつわるものに孤独死がありま

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • 終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

    終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

    終活のことを調べた時にエンディングノートという言葉を目にする方も多いのではないでしょうか?エンディングノートとはいったい何のことでしょう。そこでこの記事では、終活に使うエンディングノートの意味と書き方などをご紹介します。

    1
  • 20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

    20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

    近年よく耳にするようになった「終活」という言葉。20代から終活を始めるという人もいるのです。20代から終活を始める意義とは何なのでしょうか?どのような内容にすればよいのでしょうか?20代からの終活について考えてみましょう。

    2
  • 終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

    終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

    今、終活で話題になっている墓友と言う言葉をご存知ですか。墓友とは、さまざまな事情から一人でお墓に入る予定の人が集まり、永代供養墓などに一緒に入る友達のことを言います。仲の良い友達とお墓に入ることは終活でお墓を考えるとき、新しい形態と言えるでしょう。

    3
  • 今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

    今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

    最近では終活準備を行う方が多くなってきています。自分も終活準備を行いたいと思っているけど何から始めたらよいかわからないという方もおられることでしょう。そこで終活で何を準備すればよいのかなどを詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

    4
  • 終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

    終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

    終活という言葉は定着したものの、ご自分の終活の取り組みは何から始めればよいのか?迷ってしまう方は多いかもしれません。そんな時におすすめなのが終活セミナーです。この記事では終活セミナーの内容や主な開催団体について詳しく紹介します。

    5
このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと