御朱印帳袋、必要?どのような袋がいいの?

御朱印集めをするために御朱印帳を購入しようとすると、一緒に袋が売られていることが多いです。この御朱印帳袋、購入したほうがいいのでしょうか。またどういう意味があるのでしょうか。ここでは、御朱印帳袋の種類とおすすめのタイプをまとめてみました。

目次

  1. 御朱印帳に袋は必要?
  2. 御朱印帳袋の歴史
  3. 御朱印帳袋のタイプ
  4. 御朱印帳袋はどこで手に入れる?作る?
  5. 御朱印帳袋は役に立つ!

御朱印帳に袋は必要?

御朱印帳を購入しようと思って寺社に行くと、共布で作られた袋が別売りされていることがあります。御朱印帳袋なのですが、別売りされている、ということは必要なのだろうか、と考えてしまいますね。

今回は御朱印帳袋とはどのようなものなのか、また必要なのか、ということに迫ってみたいと思います。

御朱印帳袋の歴史

御朱印帳袋というのは、比較的最近になって見られるようになったアイテムの一つです。特にいわゆる「御朱印ガール」が増えてきたことで、御朱印帳そのものも多様化してきたのと同時に、共布のものなどが増え、御朱印帳をおしゃれに持ち歩くアイテムとして広がりました。

では、御朱印帳袋のもとは何かというと、「山谷袋」と呼ばれる、巡礼者が持つ袋だったと言われます。この山谷袋は頭陀袋とも呼ばれ、ろうそくや線香といった巡礼に必要なアイテムをひとまとめにして入れるものでした。御朱印帳単独で入れるものではなかったのです。

一方、御朱印帳だけを入れる、と言う意味で使われていたのは、ふつうのビニールの袋などでした。汚れや雨などの水濡れを防ぐために袋にいれて持ち歩くというための袋だったのです。それが前述のようにおしゃれなタイプのものにかわり、現在に至っています。

御朱印帳袋のタイプ

御朱印帳袋は、極端に言うと「御朱印帳がきちんとしまえればいい」ということになります。したがっていろいろなタイプが作られています。

巾着型タイプ

一般的に「御朱印帳袋」として売っているのはこのタイプが多いです。大きさもさまざまあり、小さな御朱印帳が一冊入る程度のものから、複数冊入れても大丈夫な大きさのものまであります。

あまり大きいと邪魔になるかもしれませんが、ある程度の大きさがあるものをおすすめします。というのは、巾着型のタイプは紐を引き絞るため、ギリギリの大きさだと御朱印帳の角が傷みやすくなるという欠点があるからです。

また、御朱印帳ですが、多くの場合は神社用、寺院用の2冊に分けていると思います。そうすると、御朱印をいただくために持ち歩くとき、2冊が一緒の袋に入っていた方が効率がいいからです。
神社に行ったら寺院用のものしか持っていなかった、神社にいくつもりで出かけたら近くに寺院があることに気がついたので、ついでに御朱印をいただきたい、ということもあるので、出かけるときは可能ならば両方を持ち歩くことをおすすめします。

袱紗型タイプ

袱紗の形になっていて、ふたをあけて出し入れするタイプです。巾着型のタイプに比べてフォーマルな印象になります。巾着型に比べて中の御朱印帳を取りだしやすいのもメリットです。

一方、巾着型タイプなどに比べて値段が張るというのが残念なところかもしれません。また、御朱印帳にピッタリサイズで作られていることが多いので、複数を一緒に持ち歩くのはもちろん、ちょっとサイズがずれると入らないというのが欠点かもしれません。

その他(ポーチ、バッグ型タイプなど)

寺社などではあまり販売されていませんが、ポーチやバッグの形になっている御朱印帳袋というのもあります。多くの場合は袋に持ち手がついたような形になっていて、それだけを持って出かけられるような感じです。

御朱印帳袋はどこで手に入れる?作る?

では、御朱印帳袋は、どこで手に入れたらいいのでしょうか。

御朱印帳袋は寺社などで御朱印帳とともに販売されています。多くの場合は御朱印帳と共布で作られています。複数のデザインがあることが多いので、その中で気に入ったものを選ぶといいですね。
また、寺社の場合、大祭や式年遷宮などの行事があるときに、限定デザインのものを出すことがあります。最近はネットなどで情報が集められることもあって、販売が始まるとあっという間に頒布終了になることもあるとか。もしタイミングがあうなら、狙ってみるのもいいかもしれません。

また、ネットや文具店など、御朱印帳を販売しているところで袋も売っています。こちらも共布のタイプや単独のタイプなどいろいろありますので、好きなものを選ぶといいと思います。御朱印帳と一緒に購入しない場合は大きさを間違えないように、サイズを測るなどしておくといいですね。

また袋は自分で作ることもできます。巾着型の袋ならば子どもの時に家庭科の授業で作ったことがある、という方も多いでしょう。腕に自信のある方は挑戦してみてください。

御朱印帳袋は役に立つ!

ということで御朱印帳袋について説明してきたのですが、では、最初の疑問「御朱印帳袋は必要?」に対する解答をします。

答えは「やはり必要」ということになります。一番の理由は「御朱印帳を守るため」ということになります。

御朱印帳は持ち歩くため、どうしても汚れやすくなります。かばんなどに入れて持ち歩いているうちに表面がこすれてきたり、角が傷んできたりすると、せっかくのきれいな御朱印帳がもったいないですよね。

一番困るのは突然の雨に当たった時です。かばんの中まで汚れてしまうことはめったにないとはいうものの、御朱印帳は紙と布、糸でできていますから、水濡れには強くありません。御朱印帳の中には防水のビニールカバーがついているものもありますが、やはり保護することを考えて袋をつけることをおすすめします。お気に入りの御朱印帳と袋で、楽しく御朱印集めができるといいですね。

「御朱印帳・袋」に関連する記事

  • おすすめの御朱印帳は?サイズに違いはあるの?のサムネイル画像

    おすすめの御朱印帳は?サイズに違いはあるの?

    御朱印集めは近年、運気アップの御利益があるとして人気が出てきました。ここでは友達におすすめされたなどでこれから御朱印集めを始める方のために、必要となる御朱印帳についてまとめています。どのような御朱印帳がおすすめなのか、参考になれば幸いです。

  • 御朱印って何?御朱印に関する基礎知識や御朱印帳の種類なども!のサムネイル画像

    御朱印って何?御朱印に関する基礎知識や御朱印帳の種類なども!

    御朱印とはなんのことなのか説明できますか?時々耳にするけどなんなのかよくわかっていないという方もいらっしゃると思います。今回はそんな御朱印に関する様々なことについて紹介しますので、御朱印のことをまだしっかり説明できないという方はぜひ読んで見てください!

  • ご紹介します、京都の愛らしくて可愛い御朱印帳!のサムネイル画像

    ご紹介します、京都の愛らしくて可愛い御朱印帳!

    近年、御朱印ブームでよく雑誌やTVでも取り上げられています。御朱印をいただくための御朱印帳も種類が様々。古都の趣ある京都には、可愛い・渋い・シンプルなもの、寺・神社オリジナルなどたくさんの御朱印帳があります。今日は、京都の可愛い御朱印帳をいくつかご紹介します。

  • 御朱印帳は神社と寺とで違うもの?マナーについて解説のサムネイル画像

    御朱印帳は神社と寺とで違うもの?マナーについて解説

    御朱印集めをするようになると、「御朱印帳は神社とお寺で分けなくてはならない」と聞くことがあります。御朱印帳は神社と寺とで違うものなのでしょうか。今回は御朱印帳を分けるべきかどうか、調べてみました。

  • 京都で御朱印めぐりをしよう!おすすめの寺社をご紹介!のサムネイル画像

    京都で御朱印めぐりをしよう!おすすめの寺社をご紹介!

    最近人気の御朱印、皆さんはもういただいたことがありますか?せっかく京都に来たからには、寺社をめぐって御朱印をいただいてみて下さい。この記事では、京都で御朱印がいただけるおすすめの寺社を厳選してご紹介します。

  • 御朱印帳の使い方や蛇腹の種類をわかりやすくご紹介!のサムネイル画像

    御朱印帳の使い方や蛇腹の種類をわかりやすくご紹介!

    御朱印帳って何でしょう?御朱印帳の意味や使い方をわかりやすくご紹介します。さらに御朱印帳の形は蛇腹のタイプしかないの?そのような疑問を解決します。

  • 社会現象になったパワースポット巡り。人気の理由は御朱印にあり?のサムネイル画像

    社会現象になったパワースポット巡り。人気の理由は御朱印にあり?

    御朱印とはお寺や神社に行く参拝者に向けた印章の事を言います。御朱印を記帳する専門の帳面もありこれを御朱印帳と呼んでいます。現代社会において人気を博している御朱印。若者女子達に大人気です。

  • 神奈川で御朱印巡りをしよう!おすすめの神社を紹介のサムネイル画像

    神奈川で御朱印巡りをしよう!おすすめの神社を紹介

    近年、各寺社で頂ける「御朱印」の人気が高まっています。ここでは、神奈川の寺社で貰える御朱印をご紹介します。神奈川の御朱印を集めたい方、これから御朱印巡りを始めたい方にも必見!あわせて御朱印の貰い方、気をつけたいマナーなども参考にしてみて下さい。

  • 【都内】可愛い御朱印帳をご紹介します!【京都】のサムネイル画像

    【都内】可愛い御朱印帳をご紹介します!【京都】

    大切な御朱印を残してくれる御朱印帳、せっかくなら可愛いものを準備しておきませんか?この記事では、東京・京都の寺社で授与されている可愛い御朱印帳をご紹介します!

  • 取り外しやすい御朱印帳カバーの作り方をご案内!のサムネイル画像

    取り外しやすい御朱印帳カバーの作り方をご案内!

    2分で作れるビニールカバー!ボンドで作る布カバー!縫って作るカバーなど。御朱印を頂く時に「カバーは取り外して下さい」と言われる事があります。そんな時便利な御朱印帳カバーの作り方をご紹介。通販ではおすすめの御朱印帳カバー&便利グッズをご案内します。

この記事に関するキーワード

ランキング

シェアする

関連する記事

「御朱印帳・袋」についてさらに知りたい方へ

おすすめの御朱印帳は?サイズに違いはあるの?のサムネイル画像

おすすめの御朱印帳は?サイズに違いはあるの?

御朱印って何?御朱印に関する基礎知識や御朱印帳の種類なども!のサムネイル画像

御朱印って何?御朱印に関する基礎知識や御朱印帳の種類なども!

ご紹介します、京都の愛らしくて可愛い御朱印帳!のサムネイル画像

ご紹介します、京都の愛らしくて可愛い御朱印帳!

御朱印帳は神社と寺とで違うもの?マナーについて解説のサムネイル画像

御朱印帳は神社と寺とで違うもの?マナーについて解説

京都で御朱印めぐりをしよう!おすすめの寺社をご紹介!のサムネイル画像

京都で御朱印めぐりをしよう!おすすめの寺社をご紹介!

御朱印帳の使い方や蛇腹の種類をわかりやすくご紹介!のサムネイル画像

御朱印帳の使い方や蛇腹の種類をわかりやすくご紹介!

社会現象になったパワースポット巡り。人気の理由は御朱印にあり?のサムネイル画像

社会現象になったパワースポット巡り。人気の理由は御朱印にあり?

神奈川で御朱印巡りをしよう!おすすめの神社を紹介のサムネイル画像

神奈川で御朱印巡りをしよう!おすすめの神社を紹介

【都内】可愛い御朱印帳をご紹介します!【京都】のサムネイル画像

【都内】可愛い御朱印帳をご紹介します!【京都】

御朱印帳の使い方や蛇腹の種類をわかりやすくご紹介!のサムネイル画像

御朱印帳の使い方や蛇腹の種類をわかりやすくご紹介!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!のサムネイル画像

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!

1
神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!のサムネイル画像

神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!

2
年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!のサムネイル画像

年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!

3
神社と寺の違いって?それぞれの定義や参拝方法・建物の違いを解説のサムネイル画像

神社と寺の違いって?それぞれの定義や参拝方法・建物の違いを解説

4
年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!のサムネイル画像

年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!

5

関連する記事

「御朱印帳・袋」についてさらに知りたい方へ

おすすめの御朱印帳は?サイズに違いはあるの?のサムネイル画像

おすすめの御朱印帳は?サイズに違いはあるの?

御朱印って何?御朱印に関する基礎知識や御朱印帳の種類なども!のサムネイル画像

御朱印って何?御朱印に関する基礎知識や御朱印帳の種類なども!

ご紹介します、京都の愛らしくて可愛い御朱印帳!のサムネイル画像

ご紹介します、京都の愛らしくて可愛い御朱印帳!

御朱印帳は神社と寺とで違うもの?マナーについて解説のサムネイル画像

御朱印帳は神社と寺とで違うもの?マナーについて解説

京都で御朱印めぐりをしよう!おすすめの寺社をご紹介!のサムネイル画像

京都で御朱印めぐりをしよう!おすすめの寺社をご紹介!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと