俳句作りの参考に!~【4月の季語】特集~

春めく季節の4月。新しい年度の変わり目に俳句作りにもより力が入る季節です。そんな4月に使える季語をご紹介します。4月の俳句作りの基本となる季語を知りましょう。

目次

  1. 4月の季語ってどんなもの?
  2. 4月はやっぱり新年度!
  3. 卯月の意味とは
  4. 実はあまり知らない4月の行事
  5. 4月の季語?と疑いたくなる生き物
  6. 4月は花の季語多し
  7. 4月こそ俳句の季節

4月の季語ってどんなもの?

さくら

4月と言えば、いよいよ春を迎える時期ですよね。新生活や新学期のはじまる時期でもありますし、とても過ごしやすい季節としても人気があるのが4月です。俳句作りには季語が欠かせませんが、4月の季語にはとても日本らしいものが多いことをご存知でしょうか。

4月はやっぱり新年度!

4月とは一体どのような時期なのでしょうかと改まって考えたとき、やっぱり出てくるのは新年度が始まるということではないでしょうか。この4月特有の新年度の情景にも季語はたくさん存在しています。例えば、入学式や入社式。新社会人や桜なんていう言葉も立派な季語として用いることができるようですよ。

新年度の様子をまずしっかりとイメージしておくことで、親近感のある俳句作りに役立ってくるのではないでしょうか。そしてこれと同じくらい4月の基本事項を知っておくことも大切です。

卯月の意味とは

卯月という言葉をご存知でしょうか。普段中々耳にすることは少ない言葉ですが、日本での旧暦の4月の呼び名ですね。今でも新暦の4月の別の名前として使われていますね。この卯月には春らしい由来が隠されているようですよ。

仮説はたくさん存在していますが、最有力仮説は「卯の花月(うのはなづき)」つまり、卯の花が咲く月という意味の言葉を省略したものではないかというの仮説のようです。ですが、卯月という名前の由来は別にあって、卯月に咲く花であるから卯の花と呼ぶようになったのではないかと考える仮説もあるようです。

これらの「卯の花月」以外の仮説もあり、「卯月」つまり十二支の4番目が卯であることから来ているのではないかとする仮説や、「種月(うづき)」つまり稲の苗を植える月であることからきているのではないかとする仮説や、ほかにも「植月(うゑつき)」「田植苗月(たうなへづき)」「苗植月(なへうゑづき)」からきているのではないかとする仮説などが様々あるようです。

実はあまり知らない4月の行事

4月といえば代表的な行事は入学式くらいだと思う方が多いと思います。しかし、実は4月には意外に行事があることをご存知でしょうか。

1日「エイプリルフール」
4日「(俗に)オカマの日」ひなまつり(女の子の祭)とこどもの日(男の子の祭)の間にあるからだそうです。
8日「花まつり」
3月22日から4月25日の間の日曜「復活祭」キリスト教文化圏各国の年中行事です。数年に1度3月になるとされています。国や地域によっては、多少の異なりがあるようです。
25日「解放記念日」イタリアの年中行事です。
日付不定「ペサハ」イスラエルおよびユダヤ教徒の年中行事です。
4月29日「昭和の日」
4月末から翌月初旬まで続く休日の多い週「ゴールデンウイーク」

花まつりなどはあまり意識したりしないですよね。このような行事にも着目するのも大切ではないでしょうか。

4月の季語?と疑いたくなる生き物

4月の生き物といえば蝶々や小鳥じゃないかなと思う方はたくさんいるでしょう。今回は、えぇ!と疑いたくなるような意外な4月の生き物をご紹介します。季語として用いてみると面白そうですよ。

いそぎんちゃく

水族館などでよく目にするイソギンチャク。独特の形と動きは水族館の名わき役として一役かっていますよね。魚の隠れ家ともされています。

いそぎんちゃく

岩の上などに定着して生活するれっきとした生き物ですね。イソギンチャクといえば特徴的で最も目立つのが触手ですね。この触手、普段は口盤という部分の周りに沿ったかたちで並んでいます。これが放射状に広がっているのが普段の姿ですね。この触手は敵などに触れたときに縮まり、強く刺激されると口盤の部分までも縮めるんですよ。こうなるとてっぺんがすぼまった形になって中々みることのできない形になるそうです。この状態はそっとしておけば、また元通りに触手を伸ばすようになるそうです。

海の中の情景を変わった視点で表現したい方にお勧めの季語ですね。

鮑(あわび)

高級食材として人気を博しているあわび。実はこのあわびは4月の季語でもあることをご存知でしたでしょうか。

あわび

アワビは高級食材として扱われていますが、好物の方も多いのではないでしょうか。特徴的なのはやっぱりコリコリした歯ざわりですよね。代表的な食べ方としては刺身や水貝、酒蒸しにしたりステーキや粥などにして食べるのも美味しいですよね。磯焼きにして食べる地方もあり、地方によってまちまちであるようです。

ちょっと高貴な印象の俳句を目指す場合には、季語として用いることを検討してみるのも良いですね。

4月は花の季語多し

4月といえば春本番。つまりは花々が綺麗に咲き始める季節なんですね。そのためか、4月には花に関係した季語が多く存在します。

石南花(しゃくなげ)

きれいな花で有名なシャクナゲ。ピンクで複雑なつくりの花はよくスケッチやスナップの対象にもなるような春の代表花でしょう。

しゃくなげ

日本的かつやや華奢な印象を目指す場合には、有効な季語かもしれません。可憐な印象も与えられそうですね。

チューリップ

春の花として代表的なものがチューリップではないでしょうか。童謡にも登場するように、国民の誰もが知っている春の花ですね。

チューリップ

とてもカラフルな花であるので、花畑を表現するのによく使われているようです。

4月こそ俳句の季節

たんぽぽ

幾つかの季語をご紹介しましたが、おススメは自分の目で季語を探すことかもしれません。というのも、とても過ごしやすい温かい季節ですから散歩に出かけやすく、公園や道端に季語となるものがたくさん見られるからです。4月こそ俳句作りに力が入るかもしれませんね。

「4月・季語」に関連する記事

「4月・季語」についてさらに知りたい方へ

俳句作りの参考に!~【3月の季語】特集~のサムネイル画像

俳句作りの参考に!~【3月の季語】特集~

俳句作りを趣味にしている方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。俳句作りの基本となるのが季

俳句作りの参考に!~【8月の季語】特集~のサムネイル画像

俳句作りの参考に!~【8月の季語】特集~

夏真っ盛りの8月。暑い夏だからこそ頭を冷やして俳句作りなんていうのも良いですね。俳句作りには季語

俳句作りの参考に!~【7月の季語】特集~のサムネイル画像

俳句作りの参考に!~【7月の季語】特集~

俳句作りを趣味にしている方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。俳句作りの基本となるのが季

俳句作りの参考に!~【11月の季語】特集~のサムネイル画像

俳句作りの参考に!~【11月の季語】特集~

俳句作りを趣味にしている方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。俳句作りの基本となるのが季

俳句作りの参考に!~【5月の季語】特集~のサムネイル画像

俳句作りの参考に!~【5月の季語】特集~

俳句作りを趣味にしている方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。俳句作りの基本となるのが季

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと