はじめてでもできる漆喰塗りDIY-漆喰の塗り方

家のリフォームというと大げさですが、壁に漆喰を自分で塗るDIYは安くて気軽にできます。塗り方自体は慣れが必要ですが簡単です。できる範囲で、少しずつ進めていけばよいのです。部屋が新しくなって気分一新です。ここでは簡単にできる漆喰の塗り方を紹介します。

目次

  1. はじめに DIYの楽しみ
  2. 漆喰とは
  3. 漆喰塗りDIYの準備
  4. 簡単にできる漆喰の塗り方
  5. 後片付け
  6. まとめ DIYでリフォーム

はじめに DIYの楽しみ

近ごろ、漆喰を自分で塗って部屋をリフォームする漆喰塗りDIYが人気です。漆喰の塗り方DIY教室なども開催されています。

これは、インターネットの発達により、漆喰などの材料や工具などが容易に購入できるようになってきたことの影響もあります。

身近になった漆喰塗りDIYについて漆喰の選び方から塗り方までご紹介します。

漆喰とは

漆喰ってどんなもの?

漆喰というのは、消石灰に布海苔(ふのり)や角叉(つのまた)などの海藻と麻糸などの繊維を加えて、水でよく練り合わせたものです。砂や粘土を加えることもあります。

日本独特の塗り壁材料で、壁や天井などを塗るために使われます。

強いアルカリ性を示すので、手袋をつけるなど取り扱いに注意しましょう。

漆喰のメリットとデメリット

漆喰のメリット

漆喰は、日本独特の塗り壁材料で、白さを長く維持できます。古くなっても紙やすりでこすれば汚れは消えます。また、上塗りも簡単にできます。

火に強く臭いません。脱臭効果もしたいされ、トイレの壁を漆喰で塗ることで、トイレの消臭剤が要らなくなったという話があります。

湿度を調節する機能もあります。季節によって湿度が変わらず、自然な空調で快適に生活できます。

シックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドを吸着して分解します。

純粋な漆喰は、自然の原料で作られており、目がチカチカする、鼻水、のどの乾燥、吐き気、頭痛、湿疹(しっしん)といったシックハウス症候群の症状は出ません。

このように漆喰は、日本の環境に適した住宅材料なのです。お城の城壁に使われていることからもその信頼性の高さがうかがえます。

漆喰のデメリット

漆喰自体は、密度が高く重いです。

また、塗るにはそれなりの技術が必要です。しかし、最近はいろいろな便利な工具があるので、大規模でなければ、難易度は低いです。

適切な漆喰塗り工事をしないとすぐに痛んできます。屋根では雨漏りの原因になります。特に、下塗りなどをいい加減にすると、劣化が進みやすくなります。

上手に調整された漆喰を使わないと、ひび割れなどが生じます。最近はすでに、すぐ濡れる状態になった製品が販売されていますから、それを使いましょう。

漆喰塗りDIYの準備

漆喰の購入のところでも説明しますが、この記事では初心者向けに、すでに練られている練り済み漆喰を使うという前提で説明します。

漆喰塗りDIYの作業計画

漆喰を塗る場所を決めよう

まず、どこに漆喰を塗りたいか、塗る場所を決めます。

家全体、ある部屋、壁、天井など、塗りたい場所を決めてください。

はじめての場合は、最初から無理はせずに、一部屋だけリフォームするのがよいです。かかる時間も費用もそう多くないですし、リフォーム中に他の部屋を使うことができます。

漆喰を塗りたい壁や天井の材質を調べよう

漆喰を塗りたい壁や天井の材質が、合板や化粧合板、ベニヤ、ペンキ塗装面、モルタル、コンクリート、ブロック、タイル面の場合には、下地作りが必要です。仕上げ用以外に、下地用の漆喰が必要です。

塗りたい壁や天井の材質が、ビニールクロス、古壁、石膏ボードの場合には、下地作りはしなくてもよいです。仕上げ用の漆喰だけ購入します。

漆喰を塗る面積を調べよう

準備する漆喰の量を決めるために。漆喰を塗る部分の面積を調べます。難しい計算は、専門書を参照してください。

漆喰を塗る面積は、「壁面積は、床面積の2倍」「壁と天井両方なら、床面積の3倍」が目安です。

4.5畳の部屋なら、壁面積は9畳です。もちろん、大きな窓がある場合には、その分を引く必要がありますが、漆喰を購入する場合には、最大でもこれくらい、という感じで購入したほうが安心です。

具体的なスケジュールを立てる

ひとりで塗れる量はどれくらい?

ひとりで塗れる量は、初心者で1日8時間作業するとして、20㎡程度です。慣れてくると40㎡くらい塗ることができます。小さな範囲なら手で塗る塗り方もおすすめです。

1畳は3.3㎡ですから、1日で6畳ちょっとの壁や天井を塗ることができます。普通床は塗りません。

6畳の部屋なら、塗る面積は床面積の2倍で大体12畳です。6畳の部屋の壁なら2日で、壁と天井なら3日かかります。

スケジュールを決めるために調べておくこと

具体的な漆喰塗りのスケジュールを決めるためには、塗る面積、作業できる人数、下地処理が必要かどうか、どんな道具が必要かを調べておきます。

作業人数が多いと塗る作業は早くなります。しかし、塗ったら乾燥させなければならないので、人数が多いから、全行程を1日で済ませるということはできません。

道具については、後に項目を立てて説明します。

実際の漆喰塗りスケジュール

先にも説明しましたが、6畳の部屋なら、塗る面積はおよそ12畳分です。

まず、漆喰や道具の準備が終わっているとすると、ほこりや汚れを取る下地づくりと塗りたくない場所をマスクする養生に1日かかります。

したがって、塗り作業に2日用意した方がよいです。もちろん、助っ人がいるなら1日でも塗れます。

塗ったら乾かさなければならないで、下塗りをする日と仕上げ塗りする日は別の日にします。

ひとりで6畳の部屋の壁に漆喰を塗る場合で下塗りがある場合のスケジュールは次の様になります。

1日目:下地づくりと養生

2日目3日目:下塗り

3日目4日目:仕上げ塗りと後片付け

どんな漆喰を買えば良いか

漆喰には、自分で水などを加えて練るタイプとすでに練ってあってすぐに使えるようになっているタイプがあります。

練るタイプの漆喰が向いている人

自分で塗るタイプの漆喰は、塗る範囲がひろく、必要な量の漆喰が多い人です。

家族や友人などにも手伝ってもらって、一度に大量に塗ろうという用途に向いています。

漆喰を練るには、パワーミキサーという漆喰を練る工具と大きなバケツなどの入れ物が必要です。

練り済みですぐに塗れるタイプの漆喰

趣味のDIYや小規模のリフォームの場合には、すでに練ってありすぐに塗れるタイプの漆喰を使った方がよいです。

日本プラスター株式会社の「漆喰うまーくヌレール」という商品がとても有名でロングセラーです。

http://www.umakunureru.com/

下塗り用と仕上げ用があり、バケツのような入れ物に入っています。5kgと18kgがあり、仕上げようには700gのチューブタイプもあります。

Amazonで調べると18kgが仕上げようも下塗り用も12000円ほど、5kgの仕上げ用が4500円ほどです。いろは、白色とクリーム色などのカラーバリエーションも豊富です。

うまーくヌレールは、ビニールクロスや古壁・石膏ボードなどほとんどの下地には仕上げ用を使います。下地が合板、化粧合板、ペンキ塗装面、モルタル・コンクリート・ブロック・タイル面の場合には下塗り用を使います。

使う量の目安は、1㎜の塗り厚で、床面積6畳の場合、壁面積12畳で18㎏+5kgです。

床面積4.5畳で、壁面積9畳の場合は、18kgでせす。

床面積105畳で、壁面積20畳の場合は、18kg+18kgです。

日本ブラスターのホームページールは、塗り方などの情報も多く使いやすい製品です。しかし、他製品に比べて少し割高な感じがします。他製品でもこの目安でお店に相談して購入すればよいでしょう。

他社製品では、ロイヤル通販のオリジナル練り済み漆喰があります。ネットで検索してみましょう。4kgの畳2畳分で2500円くらいです。外壁用もあります。

漆喰を買うときの注意

漆喰を買うとき、特に通販の場合には、色に注意しましょう。単なる白なら問題は少ないですが、クリーム色、アイボリーなど、ブラウザの画面上の色と異なることがあります。

ホームセンターなどショップで買う場合には、見本が置いてありますから、見本を見て、自分が塗りたい色であることを確認してから購入して下さい。

漆喰塗りの道具を準備しよう

すべての道具が必要なわけではありません。塗る場所や面積、仕上げなどによって必要なものをそろえましょう。

小規模な漆喰塗りなら、道具も少ないので、自前で揃えてもよいです。しかし、友人などにも頼んで、広い場所を一気に塗りたい場合には、道具も人ずん分だけ必要になりますから、場合によって連絡しましょう。

「漆喰塗り 道具 レンタル」で検索すれば業者が見つかります。

また、漆喰塗りDIY道具一式の左官セット販売をしているショップもあります。

こて

漆喰を塗るときに使用します。先がとがっている「剣先こて」で20センチ程度の長さのものが使いやすいです。

ゴム手袋

こてを使って漆喰を塗るのではなく、直接手で漆喰を塗る塗り方をするさいに使います。

ひしゃく、おたま

練り済み漆喰を盛り板へ移すのに使います。

バケツ

使った道具をすぐに洗うために水を貯めておきます。盛り板が入る大きさだと道具が洗いやすくて便利です。

ミキサー

漆喰を練ったり、練り済みの漆喰に水を入れて薄めて使い場合につかうかくはん機です。練り済みの漆喰を使う場合には、普通は使わなくてもよいです。

マスキングテープ、養生テープ

養生で、塗るところと塗らないところの境目に貼る専用のテープです。塗りたくないところ広いときはビニールシート付きの養生テープを使います。

盛り板

漆喰を塗るときに、塗る漆喰を乗せておく板です。盛り板に盛られた漆喰をこてで取って塗ります。

その他

床に漆喰がポタポタ落ちないようにするブルーシートや脚立なども状況に応じて必要です。

漆喰は、アルカリ性なので、マスクやメガネを着用して作業した方がよいです。

塗り方によっては、下地処理用のガードシーラーを塗るローラー、刷毛(はけ)、金属へらなどもあると便利です。その他、床などを汚さないようにするために新聞紙なども用意しましょう。

ケースバイケースで塗り方も変わります。この記事を最後まで読んでから、自分の状況に応じた材料や道具をそろえてください。

簡単にできる漆喰の塗り方

実際の漆喰塗りの塗り方を説明します。ここでは、下塗りと仕上げ塗りと2回塗る方法で説明しています。

下塗りはしない場合もありますし、仕上げ塗りは1回の塗りでは満足な結果にならず、仕上げ塗りを2回する場合もあります。

下地づくり

下地作りというのは、漆喰を塗る壁の状態をよくして、漆喰の塗れ具合をよくするために行います。

汚れを取り、穴を埋め、壁紙やビニールクロスを剥がし、きれいにします。また、場合によっては、ガードシーラーという下地処理剤をローラーで塗ります。元の壁の汚れなどによる、染みやアクが漆喰を塗った後に出てこないようにするためです。

漆喰の中には、壁のビニールクロスに直接上塗りできる製品もあります。漆喰を買うときに確認してください。

養生

養生(ようじょう)というのは、漆喰がついてはいけないところ、塗りたくないところ、塗る面にあるスイッチや窓、柱などにマスキングテープなどでマスクすることです。

養生は慎重に厳重に行う必要があります。この作業の手を抜くと仕上がりが汚くなります。

漆喰は乾くとかちかちになります、服についたら選択しても取れません。

漆喰は塗る作業をしているときに床に落ちることもありますから、床に塗らないのなら、床もブルーシートを引いてテープで留めるなどの養生が必要です。

窓や扉の枠、電源スイッチなど、漆喰を塗りたくない場所は、かならず養生してください。

下塗り

下塗りは1度目の漆喰塗りです。

下塗りは、1度目の漆喰塗りです。

下塗り用の漆喰で下塗りをするか、仕上げ用の漆喰で下塗りをするかは、下地によります。

例えば、うまーくヌレールの場合は、ビニールクロスや古壁・石膏ボードなどほとんどの下地には仕上げ用を使います。下地が合板、化粧合板、ペンキ塗装面、モルタル・コンクリート・ブロック・タイル面の場合には下塗り用を使います。

また、専用の下塗り剤も販売されています。

下塗りの漆喰の塗り方

盛り板に漆喰を適量移します。

こてで押し上げるように盛り板の漆喰をこてにつけます。

下地が透ける程度に押し付けながら薄く塗ります。

こてをあまり壁とは垂直くして塗ると、きれいにぬれません。下塗りには仕上げ塗りの練習の意味もありますから、この段階でよく練習してください。

乾かして、アクが出なければ、仕上げ塗りをします。

アクというのは、漆喰を塗ってから、下地からしみだしてきた黄ばみのことです。ガードシーラーを塗らなかった場合にアクが出てくることがあります。

アクが出てしまったら

アクが出た場合は、ケースバイケースですが、とにかく、2、3日の間放置して、完全に乾燥させます。

そして、もう一度、漆喰を塗ります。

それでも、アクが出るようならガードシーラーを塗って、漆喰を塗ります。

アクがでなかったら、下塗りは完成です。

仕上げ塗り

仕上げ塗りの塗り方

仕上げ塗りは、仕上げ用の漆喰を使います。

漆喰の塗り方は、下塗りの場合とほとんど同じです。

盛り板に漆喰を適量移します。

こてで押し上げるように盛り板の漆喰をこてにつけます。

押し付けながら、今度は厚く0.8㎜から1㎜程度の厚みで塗ります。

デザインを工夫しよう

こての当て方や動かし方など塗り方を工夫して、模様を描くこともできますし、ビニール手袋をつけて、手で書いていくこともできます。

おはじきを埋め込んだり、塗った記念に手形をつけたり、アイデア満載でいろいろ楽しめます。

漆喰に接している部分の養生を取る

漆喰が完全に乾いてしまうと、養生のテープやシートをはがすときに、必要な部分の漆喰も割れてしまいます。

漆喰が生乾きの状態で、漆喰に接している部分の養生を取り外してください。

養生テープをはがす際に、漆喰が浮いてきたら、こてを当てておさえながらはがします。

後片付け

漆喰に接していない床や窓などの養生をとる

塗り壁に接していない部分にある養生を取り外して処分します。

道具を洗って片づける

漆喰塗りに使った道具を放置して、漆喰が固まってしまうと、簡単には取れません。

柔らかい間に、洗って乾かし、片づけてください。

ただし、服については、漆喰が完全に乾いて固くなったほうが、取れやすいです。

お疲れ様でした。これで、漆喰塗りDIYは終了です。

まとめ DIYでリフォーム

漆喰塗りは奥深く、記事がうまくまとまったかどうかか心配です。

より詳しく漆喰の塗り方を見てみたい人は、Youtubeで「漆喰の塗り方」で検索すれば動画が見つかります。

アメリカでは、男が家の修理やリフォームをDIIYするのは普通のことになっています。日本ではまだまだですが、体が元気なら、ぜひトライしてください。

仲間を呼んでわいわい作業して、漆喰塗りが終わった後の新しい部屋などでのビールやコーヒーは格別です。

「漆喰・塗り方」に関連する記事

「漆喰・塗り方」についてさらに知りたい方へ

  • お墓の文字をペンキで補修するには?自分でできる簡単な方法を紹介!

    お墓の文字をペンキで補修するには?自分でできる簡単な方法を紹介!

    あなたのお墓にも文字部分は何らかの色のペンキが使われているはずです。しかし、お墓はほとんどの場合屋外にあり、常に風雨の影響を受けやすいことからその文字部分のペンキもいつかは補修が必要という状況になります。そこで今回はお墓のペンキの補修の方法をご紹介します。

  • 意外なお墓事情!お墓の文字って何色にする?金!?赤!?

    意外なお墓事情!お墓の文字って何色にする?金!?赤!?

    突然ですがお墓の文字の色って、見比べてみたことはありますか?お墓参りで何気なく目にしているお墓の文字、実は地域差があり年々デザイン性も豊かになっているのです。これからお墓を建てる方も、改めて文字の色や書体を考えてみてはいかがでしょうか。

  • 水彩画の筆の種類とおすすめの商品は?

    水彩画の筆の種類とおすすめの商品は?

    水彩画は小学校や中学校でやったという方が多いのではないでしょうか。簡単なようで奥が深い水彩画は、筆や紙によって表情が変わります。今回は水彩画の筆や描き方など、水彩画について紹介していきます。

  • 【壁墓地】とは?新しい墓地の形を紹介します

    【壁墓地】とは?新しい墓地の形を紹介します

    価値観も多様化している現代社会では、葬儀やお墓の在り方についても多様な考えがみられます。そのような中、最近新しいお墓の形として出現してきているのが壁にお墓を作る壁墓地と呼ばれるものです。一体壁墓地にはどのような特徴があり、出現の背景には何があるのでしょうか?

  • 初めてでも簡単!ハンドメイドルアーの作り方

    初めてでも簡単!ハンドメイドルアーの作り方

    釣具店にルアーを見に来たけど、気に入ったものが見つからない…そんな時は自分でデザインしたハンドメイドルアーを手作りしてみたらいかかでしょうか。材料も近所のお店で手に入るものばかりです。さあ、手作りしたハンドメイドルアーを持って釣りに出かけましょう!

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

関連する記事

「漆喰・塗り方」についてさらに知りたい方へ

お墓の文字をペンキで補修するには?自分でできる簡単な方法を紹介!のサムネイル画像

お墓の文字をペンキで補修するには?自分でできる簡単な方法を紹介!

意外なお墓事情!お墓の文字って何色にする?金!?赤!?のサムネイル画像

意外なお墓事情!お墓の文字って何色にする?金!?赤!?

水彩画の筆の種類とおすすめの商品は?のサムネイル画像

水彩画の筆の種類とおすすめの商品は?

【壁墓地】とは?新しい墓地の形を紹介しますのサムネイル画像

【壁墓地】とは?新しい墓地の形を紹介します

初めてでも簡単!ハンドメイドルアーの作り方のサムネイル画像

初めてでも簡単!ハンドメイドルアーの作り方

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

老後に人気な趣味5選!楽しみながら健康を維持できる方法を紹介!のサムネイル画像

老後に人気な趣味5選!楽しみながら健康を維持できる方法を紹介!

1
趣味を見つける方法にお困りの方必読!趣味で充実のシニアライフ!のサムネイル画像

趣味を見つける方法にお困りの方必読!趣味で充実のシニアライフ!

2
40代で始めるオススメの趣味は?インドアとアウトドアの趣味!のサムネイル画像

40代で始めるオススメの趣味は?インドアとアウトドアの趣味!

3
老後の趣味に最適なアウトドアを厳選して3つ紹介します!のサムネイル画像

老後の趣味に最適なアウトドアを厳選して3つ紹介します!

4

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと