慌てないために知っておきたい!初盆の流れと準備するもの

初盆は、故人の死後、四十九日が明けてから初めて迎えるお盆のことです。初めてお迎えするため、僧侶や親族、知人を招いて盛大に法要を行うことが多く、準備も例年とは異なります。そこで、今回は初盆を迎える前に知っておきたい、初盆の準備や流れについてご紹介します。

目次

  1. 初盆とは?
  2. 初盆の流れと準備
  3. 初盆のスケジュール
  4. 初盆で準備する基本の3つの物品
  5. まとめ

初盆とは?

お盆は亡くなった人が年に一度遺族のもとに帰ってくると考えられているので、故人や先祖の霊を祀るための行事です。特に初盆は、初めてお迎えするために毎年行っているお盆の準備などに加えて、あらかじめ準備しなければならい物や行事の流れなどをきちんと把握しておくと良いでしょう。

初盆の行う時期

初盆は故人の死後、四十九日明けてからのお盆です。そのため、四十九日が明ける前にお盆がくれば、その方の初盆はその年ではなく翌年になります。

初盆の時期は地域によって異なります。
東京や一部の地域では「新盆」と言われ7月13日~16日になります。
一方、いわゆるお盆と言われている時期は、「旧盆」であり8月13日~8月16日とされています。

初盆の流れと準備

お墓

まず、初盆を行うまでに必要な流れと準備しておくことをご紹介します。

①初盆を行う日時と場所を決める

地域に合ったお盆の期間である7月13日~7月16日または8月13日~8月16日の期間中に行います。できるだけ親族や故人と親しい方などが集まりやすい日を選ぶと良いでしょう。

場所は、初盆の法要を自宅で行う仏前盆供養にするのか、故人の墓前で行う墓前盆供養にするのかを決めましょう。

②僧侶や参加者への連絡

初盆の日程は、僧侶と招待する方へ遅くても1ヶ月前までには連絡しましょう。
お盆の時期は法要が重なるため僧侶への連絡は早めのほうが安心です。法要の予約の際には会食への参加の可否も聞いておくと良いですね。

招待する方への連絡は、料理やお返しの準備もあるので電話や往復はがきなどで参加の可否を確認します。

③会食の場所と手配

法要後に会食を予定している場合は自宅で行うのか、お店で行うのかによって準備も異なります。
・自宅の場合は、料理を自分たちで用意するのか、仕出しなどのお弁当を頼むのか決めます。
・お店で会食をする場合は、会食の目的を告げ予約を取ると料理の内容などもスムーズに決めることができます(伊勢海老や鯛などのおめでたい料理は避けます)。

いずれも、故人の思い出話に花を咲かせて偲ぶことができる場所を手配すると良いですね。

④返礼品の準備

初盆に参加してくれた方へのお礼です。2000円~3000円程度の菓子折りやお茶・ミニタオルなど一般的な法要での返礼品で大丈夫です。故人を偲ぶためにも生前好きだった品物などにするのも良いでしょう。

⑤僧侶へのお礼(お布施・御膳料・お車代)

お布施
僧侶に法要をお願いした場合、お布施を用意しなければいけません。新盆の場合は3万円~5万円程度が相場となります。

御膳料
僧侶が会食に参加しない場合は御膳料の用意が必要になります御膳料は食事の程度によっても変わりますが5,000円~2万円程度です。

お車代
お車代は法要を行う場所にもよりますが、1万円程度用意しておくと良いでしょう。
お布施を渡すときは直接手渡しするのではなく、盆などに乗せて渡すようにしましょう。

初盆のスケジュール

困った人々

12日 各種物品の購入・準備  

初盆の行事で必要な物品はきちんと揃っていることを確認しましょう。精霊棚の組立・盆提灯・精霊馬の準備などは前日までには終わらせておくと慌てずに済みます。

13日 迎え火

迎え火(家に迎える日)となります。
午前中は精霊棚の飾り付けやお供え物などをして、故人の霊を迎える準備をします。
お墓参のお参りや掃除もしておきましょう。夕方には、故人を迎える迎え火を焚きます。実際に火を焚くことができない場合は盆提灯に火を灯し迎え火とします。

14.15日 初盆の法要とお墓参り

14日~15日の間に初盆の法要とお墓参りを行います。
この期間に初盆の法要を行い、故人の供養を行います。この期間は故人の霊が帰ってきているので、お供え物や水などは毎日交換し、火を絶やさないようにしましょう。

16日 送り火

お送り火(家から送る日)です。
送り火は夕方に行い故人の霊を見送ります。この時、使用した白提灯を一緒に燃やす場合もあります。また、地域によって風習も異なり「精霊流し」や「灯篭流し」を行なう地域もあります

初盆で準備する基本の3つの物品

初盆で準備する物品は、地方や風習、宗派によって異なります。ここでは一般的に準備するとされる3つの物品をご紹介します。

①精霊棚(しょうりょうだな)

精霊棚は盆棚とも呼ばれます。お盆の時期にだけ用意する、故人や先祖の霊を迎えるための特別な棚です。お盆では仏壇の前にこの精霊棚を作り、仏壇から取り出した位牌やお供えなものなどを置きます。必要となる材料は地域や宗派などによって異なりますが、仏具店などではセットになっているものがあるので購入すると簡単に準備ができます。

②精霊馬(しょうりょううま)

精霊馬は故人や先祖の霊を迎えるために必要なお供え物で、お盆といえば、精霊馬をイメージする人が多いいと思います。割り箸などでキュウリとナスに足をつけて馬や牛に見立て精霊棚に飾ります。 故人や先祖を早くお迎えし、帰りはゆっくり帰ってもらうという意味があります。

③盆提灯

盆提灯は、故人や先祖の霊が迷わず家にたどり着けるように灯しておく提灯のことです。
(ちなみに、ほおずきを飾るのも盆提灯と同じ意味があります)
盆提灯には、2種類あり、初盆用は「白提灯」を使用します。もうひとつの「絵柄の入った提灯」は初盆以降に使用します。

盆提灯は親族が購入するのが習わしとなっていましたが、住宅事情なども考慮して「御提灯代」として渡し、盆提灯を1つだけ用意する家庭が多くなっています。
初盆で使用した白提灯は、送り火で燃やすのが一般的ですが、は送り火ができない場合はお寺で供養してもらいます。お寺に確認しておくとよいでしょう。

地域や風習・宗派によって異なる

地域や風習・宗派によって初盆の準備は違ってきます。
浄土真宗は、精霊棚や精霊馬、迎え火・送り火などの飾りつけはしません。人は亡くなったあと阿弥陀如来の計らいで成仏すると考えられているので、お盆に霊が家に帰ってくるという考えがないためです。
その他の宗派もお供えや飾りつけが異なりますので、故人の初盆を行う地域の風習や宗派の行事の流れや準備を確認することをおすすめします。

まとめ

お墓

いかがでしたでしょうか?
初盆の準備は、初めての事なのでわからないことも多く大変だと思います。慌てないためにも前もって準備を行いましょう。

故人を偲び、思い出話に花を咲かせ、いつまでも忘れない良い法要になるとよいですね。

「初盆・準備」に関連する記事

「初盆・準備」についてさらに知りたい方へ

  • 初盆のお墓参りに必要な準備や服装について詳しくご紹介します!

    初盆のお墓参りに必要な準備や服装について詳しくご紹介します!

    身内の方が亡くなった後に初めて迎えるのが初盆です。初盆の際にはお墓参りと法要を執り行いますが、お盆の時期に初めて故人を偲ぶひと時を持つため、どのような準備が必要なのかがわからないという方も多いでしょう。初盆のお墓参りの準備や作法などを一緒に見ていきましょう。

  • 初盆の供養、何をしたら良いの?基本をおさらいします。

    初盆の供養、何をしたら良いの?基本をおさらいします。

    夏になるとやってくるお盆のシーズン。その中でも初盆は、故人が初めて迎えるお盆なので、手厚く供養するのが慣わしです。けれども、初盆を経験している方は少なく、どうように供養をすべきかわからない方も多いことでしょう。今回は、初盆の供養の仕方をおさらいします。

  • 初盆の準備はどうしたら良い?お供えとお参りの仕方について

    初盆の準備はどうしたら良い?お供えとお参りの仕方について

    ご家族の方が亡くなって四十九日の法要が済んだ後、初めての夏に行うのが初盆です。初盆の仕方は、通常のお盆よりも手厚くお迎えするのが慣わしです。事前の準備も必要ですので、直前に困らないように、今から初盆の仕方を学んでみませんか?

  • 永代供養でも初盆・新盆の儀礼は必要なのか?

    永代供養でも初盆・新盆の儀礼は必要なのか?

    初盆は故人の御霊(みたま)が初めて家に帰ってくる大切な期間です。でも、お墓の管理と供養をお任せする永代供養にした場合に、初盆の法要は行うべきでしょうか。今回は永代供養と初盆についての疑問を解決していきます。

  • 初盆の祭壇、どんなものを準備する?宗派ごとの飾り方を紹介!

    初盆の祭壇、どんなものを準備する?宗派ごとの飾り方を紹介!

    初盆とは、故人の四十九日法要を終えて最初のお盆を指します。毎年のお盆よりも特に手厚くお迎えするのが、初盆の慣わしです。初盆の祭壇はどんなものを準備したら良いのでしょうか?直前に困らないように、宗派ごとの祭壇の飾り方の違いをご紹介します。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「初盆・準備」についてさらに知りたい方へ

初盆のお墓参りに必要な準備や服装について詳しくご紹介します!のサムネイル画像

初盆のお墓参りに必要な準備や服装について詳しくご紹介します!

初盆の供養、何をしたら良いの?基本をおさらいします。のサムネイル画像

初盆の供養、何をしたら良いの?基本をおさらいします。

初盆の準備はどうしたら良い?お供えとお参りの仕方についてのサムネイル画像

初盆の準備はどうしたら良い?お供えとお参りの仕方について

永代供養でも初盆・新盆の儀礼は必要なのか?のサムネイル画像

永代供養でも初盆・新盆の儀礼は必要なのか?

初盆の祭壇、どんなものを準備する?宗派ごとの飾り方を紹介!のサムネイル画像

初盆の祭壇、どんなものを準備する?宗派ごとの飾り方を紹介!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと