気になる!織田信長のお墓はどこ?なぜ複数あるの?

天才武将と言われた織田信長。本能寺の変でこの世を去ることになった織田信長ですがその織田信長のお墓はどこにあるのでしょう。複数お墓があると言われているのはなぜなのでしょうか。今から織田信長の死にまつわる話とお墓をご紹介していきます!

目次

  1. 織田信長の最後
  2. 織田信長の遺体はどこへ
  3. 織田信長の墓 高野山
  4. 織田信長 大徳寺総見院
  5. 織田信長の供養搭 妙心寺
  6. 織田信長のお墓やゆかりの地
  7. 織田信長のお墓についてまとめ
  8. 終活の専門家に相談してみよう

織田信長の最後

織田信長

歴史の教科書にも必ず出てくる人物ですし、昔から本やテレビ、などさまざまなところで織田信長は取り上げられています。最近では人気俳優が織田信長を主役としたドラマを演じ、さらに好評のため映画化までされたことで若い世代の方からも人気が高まってきています。若い世代の方の中でも歴史に興味を持つ方も増え、少し前には「歴女」なんていう言葉も流行りましたよね。有名な武将のゆかりのある地を訪問したり、お墓詣りをしたりされる方も増えています。そのなかでもやはり織田信長は圧倒的な人気のある武将の1人です。この織田信長についていまからご紹介していきます。

本能寺の変で敗れた織田信長

鳴かぬなら殺してしまえほととぎす
の俳句からも分かるように織田信長は無口で非情とも言われてます。戦も政治も天才と言われ、強く突っ走るリーダーという印象が強いですが、その一方で新しいものが好き、人が好き、という一面も持ち合わせている、なんとも言えない魅力を持った人物です。
1534年5月愛知県に生まれた織田信長は1582年49歳でこの世を去ります。豪華絢爛の安土城を建てたのは亡くなる6年前のことでした。 
織田信長は本能寺の変で明智光秀に謀反を起こされ、京都の本能寺で自害したというのはあまりにも有名な話ですよね。当時の最強とされた武田軍を倒し天下統一まであと一歩のところで天才武将と呼ばれた織田信長は敗れてしまいました。 

織田信長の遺体はどこへ

49歳の志半ばにて閉じられた織田信長の生涯。本能寺跡の石碑には織田信長を偲ぶ言葉が書かれています。この織田信長が自害した本能寺は現在地の寺町御池ではなく、中京区小川通蛸薬師元本能寺町になっています。これは豊臣秀吉によって場所移動されました。

織田信長は本能寺の居間で自ら火を放ち、自害したとなっていますが、織田信長の遺体は見つかっていません。そのため各地で織田信長を供養した墓が多く存在します。

では織田信長を供養している墓を今からご紹介していきますね。

織田信長の墓 高野山

高野山「奥の院」には有名な戦国武将の墓が点在しています。この奥の院は奥行きだけでも2kmあり、かなり広い場所となっています。あの謀反を起こされた明智光秀や、石田三成、伊達政宗、武田信玄、徳川家、といった名ある武将たちのお墓がここにはあります。もちろん織田信長のお墓もあります。

織田信長のお墓はメイン通りにはありませんのでご注意を。豊臣家のお墓のすぐ近くにあります。織田信長はいまも変わらず人気が高く、供養のお供え物が絶えることがないようです。

高野山のお墓へ行くときの注意点

さきほども書きましたが高野山「奥野院」は奥行きが2kmもある広大な土地の中にお墓が点在しています。織田信長のお墓までも道のりがあります。石畳や砂利道が多いのでハイヒールなどでは疲れますし、転倒でもしたら危険です。できればスニーカーなど歩きやすい靴で行くとよいでしょう。また標高が高い高野山ですので寒さ対策は忘れず、上着などをもっていくと良いでしょう。

織田信長 大徳寺総見院

大徳寺総見院は、豊臣秀吉が本能寺の変に倒れた織田信長の追善菩提のために建立したものとなっています。

寺の名前は織田信長の戒名である「総見院殿贈大相国一品泰厳大居士」に由来しています。本能寺の変で、信長の遺体が発見されなかったため秀吉は信長の木像を2体造り1体を火葬、1体を総見院の本堂に安置したと言われています。

墓所には帰蝶(濃姫)や織田信長の子息、息女など多くの墓が並んでいます。1度は訪れたい場所ですね。 所在地は大徳寺 総見院 京都市北区大徳寺町59。京都駅から車で約30分です。また京都だと車よりもバスを利用される方が多いかとおもいますが、バスでアクセス可能です。

織田信長の供養搭 妙心寺

妙心寺

織田信長の供養塔が京都、妙心寺玉鳳院にもあります。この妙心寺玉鳳院は妙心寺発祥の地であり山内で最も神聖な場所とされています。

織田信長のお墓やゆかりの地

織田信長の墓所や供養塔はまだまだ他にも多くあります。たとえば、大阪の南宋寺。こちらは織田信長のお墓の他にも徳川家康や千利休の墓もあります。静岡県の本門寺では、織田信長の最後となった本能寺で信長の首がひそかに持ち出され柊の木の下に埋められたという伝説と共に信長首塚が残されています。他にも愛知県の興時寺では最も知られている織田信長の肖像画が収められていることでも有名です。

織田信長のお墓についてまとめ

いかがでしたでしょうか。織田信長の死、そして墓はなぜ複数あるのか?や織田信長のお墓やゆかりの地をご紹介してきました。今もなお根強い人気の織田信長。歴史に詳しくなればなるほど織田信長の魅力に惹かれていく方も多いのではないでしょうか。今回ご紹介したように各地でその織田信長を供養した墓が多く存在しています。

終活の専門家に相談してみよう

「身近な人が亡くなったらどうしたらいいの?」「終活とは具体的にどんなことをしたらいいの?」「誰か詳しい人に直接相談したい!」と思われる方もいらっしゃると思います。
終活ねっとを運営するにあたり、【お墓・葬儀・仏壇・介護・相続・保険・遺品整理】などなど様々な分野の専門家の方に協力していただいております。
また、それぞれの専門家の方が

  • どのような事をなさっているのか?
  • どんな想いでお仕事をなさっているのか?
  • どのような特徴があるのか?

などを、記事形式で紹介しております。

専門家のページはこちらから

シェアする

「織田信長・墓」に関連する記事

「織田信長・墓」についてさらに知りたい方へ

  • 織田信長-本能寺の変の謎、本当の黒幕は一体誰なのか

    織田信長-本能寺の変の謎、本当の黒幕は一体誰なのか

    多くの人が知っている戦国武将、織田信長。しかし、織田信長は全国統一を目の前に、明智光秀に裏切られてしまい、自害します。そして、これを本能寺の変と言います。この本能寺の変には多くの謎があります。そのことについて書いていこうと思います。

    1
  • 「英雄」織田信長が後世の歴史に与えた影響と衝撃

    「英雄」織田信長が後世の歴史に与えた影響と衝撃

    戦国時代に限らず、日本の歴史を語る上では欠かせない人物の一人である織田信長。その生き様は多くの人の共感と感動を呼び、今日ではドラマにゲームといったメディアにも登場し、更なるファンを集めています。そんな織田信長が後世の歴史に大きな影響を与えた出来事を紹介します。

    2
  • 戦国時代を終わらせ天下統一を行った織田信長の身長はどれだけ?

    戦国時代を終わらせ天下統一を行った織田信長の身長はどれだけ?

    長引いた戦国の世を終わらせ、天下を統一し、やがて300年も続く江戸時代の礎となった戦国武将の織田信長。彼の身長はどれだけだったのか謎ですが、歴史の本を紐解いて織田信長の身長の秘密に迫って見ましょう。

    3
  • 戦国歴史ロマン、織田信長ゆかりの神社仏閣めぐり

    戦国歴史ロマン、織田信長ゆかりの神社仏閣めぐり

    織田信長は現在の愛知県名古屋市にある「那古野城もしくは勝幡城」で生まれたとされています。その信長の天下統一への人生の中で深く関わりのある神社仏閣をご紹介いたします。地方ごとにまとめていますので、信長ゆかりの神社仏閣めぐり旅行などに参考にしていただけます。

    4
  • 織田信長と明智光秀の出会い。出会わなければ、日本は変わっていた?

    織田信長と明智光秀の出会い。出会わなければ、日本は変わっていた?

    織田信長・明智光秀と言えば、本能寺の変を思い浮かべる方が多いです。織田信長の家臣だった明智光秀が謀反を起こす。信長の命令を無視し、本能寺に向かって、信長を討ち取った…。2人はどういう風に出会ったのか。光秀は何故、信長の家臣になったのでしょう。

    5

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと