60歳の定年後の充実した生活にむけて今のうちに準備しよう!

60歳とは、仕事をしている人にとっては定年退職をする人生の大きな節目の時期になります。仕事で疲れた時に60歳の定年退職後は何もせずに家でゆっくりのんびり過ごしたいと思いますが、実際には定年後はどういった生活を送るのがいいのかということについてご紹介します。

目次

  1. 60歳定年後の充実した老後を過ごすために
  2. 60歳定年後の再就職
  3. 60歳定年後の年金
  4. 60歳定年後の趣味
  5. まとめ

60歳定年後の充実した老後を過ごすために

60歳の定年で仕事が終わってやっと一安心して家でのんびりできると定年後の生活を楽しみにしている人も多いかと思いますが、じつは仕事をしていた時は何もしないで家でゆっくりごろごろ過ごせたらどんなに幸せかと思っていても、実際に定年後にそういった生活をしてみると思った以上に早く飽きてしまい、生きがいを感じない生活に嫌気がさしてしまうこともあります。せっかくの定年後の老後の生活は充実したいものにしたいと思うのは当然のことです。そこで今回は、60歳定年後の充実した老後を過ごすために必要なポイントをいくつかご紹介します。

人々

生きがいを見つけるということが大切

まず、60歳の定年を迎えて仕事をしなくなると家に引きこもりがちになってしまう高齢者がいます。特に、今まで仕事一筋で生きてきた人ほど仕事というやりがいがなくなってしまったことで、ご近所さんとのお付えき合いも希薄な場合が多いので、外に出る機会が少なくなってしまいます。そして家に引きこもりがちになると気分が落ち込んでいき、体力も落ちてしまうことで余計に外に出る気持ちがなくなってしまいます。そして、うつになってしまう人もいるようです。ですので、定年を迎えた後の老後の生活を充実させたものにしたいのであれば、自分にあった新たな生きがいを作るということが重要なポイントになってきます。

60歳定年後の再就職

60歳で定年を迎えて仕事を定年退職したものの、新たな生きがいを見つけられそうにないという人には、再就職をおすすめします。これによって、仕事が生きがいになりますし仕事がきっかけで外に出る機会も増えるので、定年退職前と変わらないパワフルさを保つことができます。ですので、もしまだ働ける体力がある、若い者には負けないという気合がある人は再就職をおすすめします。

少子高齢化対策にも貢献できる

定年を迎えた人が、再度働くということには収入が増えることや生きがいになるということだけではなく、今や深刻な社会問題となっている少子高齢化への対策にもなるのでおすすめです。少子高齢化では、若い世代が少なくなることから働き手が少なくなり、日本経済の成長が停滞する恐れがあり現在政府や企業、そして自治体ではシニア層の再就職を少子高齢化の対策法として力を入れているという状況があります。ですので、働くことで社会に貢献することもできるのです。

ただし、働き方に注意!

ただし、年金の支給額が少なくなってしまうこともありますし、給料も現役で働いていたころに比べるとフルタイムで働いていても減額されてしまうこともあるので、注意が必要です。60歳で定年を迎えた人の再就職には損をしないために働き方に注意する必要があります。

正社員ではなくパートで働く

先ほどもご紹介した通り、正社員で再就職が叶っても収入を増やしすぎると年金の支給額に影響が出てきてしまいますし、そもそも給料も半減してしまうといったケースが多いので、定年後の再就職は正社員ではなくパートととして働くことをおすすめします。

厚生年金に加入しなければ正社員でも可

ただし、正社員であっても厚生年金に加入しなければ損はありません。大き目の企業だと厚生年金の加入は義務化されていますので、中小企業などであれば加入する必要がないこともあるのでチャンスです。

60歳定年後の年金

保険・相続

60歳で定年を迎えると仕事を退職したということだけではなくさまざまな生活の変化があります。その1つとしてあげられる変化は、年金が支給されるということです。ここでは年金についての話をご紹介します。

年金の支給額とは

年金の支給額は人によって異なります。それは、それぞれ年金の納付状況が違う場合や、年金の種類によっても計算の仕方が異なるためです。

国民年金

まず、国民年金は加入期間に応じて支給額が変わるシステムです。40年間納付した場合だと満額支給されます。納付期間が40年未満だった場合にはその分少なくなります。またもう1つの年金である厚生年金に加入している期間は国民年金に加入していると考えられます。

厚生年金

厚生年金は加入期間とその加入期間中の報酬額によって支給額も変わります。報酬が高かった人ほはり多くの厚生年金保険料を支払っていることから、年金の支給金額も大きくなる傾向にあります。

先ほど年金の話をしましたが、近年では定年後に経済的な不安を抱えてしまうシニア層が増えてきている傾向にあるようです。まだ定年退職後の身体が動くうちであれば再就職をして収入を増やしてそれを生活費にあてることや、貯蓄にするということもできますが年を取るにつれて体も老いていくことから働くことが困難になってしまいます。さらに、老後の心配を子どもにさせないようにと思うのであれば将来的に有料老人ホームの利用なども検討する機会があり、それにかかる費用も自分で工面できるようにしておけば、子どもに気を使う必要がなくなります。できることなら年金だけには頼らずに事前に貯蓄があると心強いです。

貯蓄の方法

貯蓄に関しては長い期間、コツコツ貯めていくということが大切です。ですが、もう60歳になってしまったから貯蓄ができないというわけではありません。たとえば、買い物の際に出た小銭のおつりなどは貯金に回すというような1回ずつは少額だけれども、コツコツ貯めていけばまさに塵も積もれば山となるという状態になります。最もおすすめなのが、100円玉貯金や500円玉貯金など貯蓄する硬貨の金額をあらかじめ決めておくと計算しやすいので貯蓄の成果がわかりやすくなるので、貯蓄をつづけることができます。

終活のためもお金は必要

近年高齢者の間でブームとなっている「終活」ですが、自分の希望する葬儀の方法などお墓などの希望がある場合にはそれにもお金が必要です。これも自分できめんするためには年金だけでは心もとないので貯金が必要です。

60歳定年後の趣味

人々

60歳で定年を迎えた後の生きがいを見つけるということでいままで挑戦したことがないものに挑戦することや、新たな趣味を発掘することでそれが生きがいとなって新たな人脈もできることから充実した老後を過ごすことができるきっかけをつくることができるようになります。

サークルに参加してみる

地域のサークルなどに参加してみることが新たな趣味を見つけるきっかけになるし、新たな仲間を見つけることができるのでおすすめです。さらに、これで身体を動かすサークルなどであれば健康面でもプラスの効果があるのでいいと思います。テニスやゲートボール、ダンスやエクササイズ、ハイキングなどその地域によってさまざまなサークルがあると思いますので、自分にあったサークルを見つけて参加してみてください。いきいきとしている人は年をとってもとても魅力的な人に見えます。

まとめ

定年後の生活は希望もあれば不安もあるかと思います。人生での大きな変化には不安がつきものですがそれを楽しむことができる心の余裕を持てるように事前に準備しておくことが大切です。

「60歳・定年」に関連する記事

  • 定年後に人気な仕事って一体なに?給料や選び方を解説!のサムネイル画像

    定年後に人気な仕事って一体なに?給料や選び方を解説!

    現在の日本は高齢化社会と呼ばれていますが、定年後も仕事をしたい方は多くいらっしゃるようです。ここでは定年後の仕事についてどんな種類があるのか紹介していきます。

  • 定年後の再就職は必要?再就職の攻略法を解説のサムネイル画像

    定年後の再就職は必要?再就職の攻略法を解説

    近々、定年を迎え再就職をお考えの方や定年後、再就職をお探しの方もいらっしゃるでしょう。定年後んおの再就職の事情を追ってみました。

  • 定年後の日々の生活費はどのように賄えば良いのか?年金で足りる?のサムネイル画像

    定年後の日々の生活費はどのように賄えば良いのか?年金で足りる?

    会社を定年後も日々の生活費は、かかります。会社の定年後も容赦なく、現役時代と同様に光熱費や税金、保険料、その他諸々かかる費用は待ってはくれません。この生活費をどう賄っていけばよいのか、その方法を探ってみましょう。

  • 50歳独身女性はこれから!年金や貯金など生き方のアドバイスのサムネイル画像

    50歳独身女性はこれから!年金や貯金など生き方のアドバイス

    平成27年国税調査における抽出集計結果の年齢階層別、配偶関係別比率によると、50代女性で独身の割合は約23%となっています。つまり、4人に1人に近い割合で、50代女性は独身だということになります。50歳女性がこれからの生き方ついて考えたいと思います。

  • 今知っておきたい!今後の高齢者の雇用についてのサムネイル画像

    今知っておきたい!今後の高齢者の雇用について

    今の日本は少子高齢化という深刻な社会問題を抱えている状況です。少子高齢化では高齢者が多くなることから働く世代の人口が減少が懸念されています。現在対策として高齢者でも雇用する企業も増えてきています。そこで今回は、今知っておきたい高齢者の雇用についてご紹介します。

  • 定年年齢 定年制度がどのように推移していったのかのサムネイル画像

    定年年齢 定年制度がどのように推移していったのか

    昭和の時代は55歳という年齢で定年を迎えるのが、当たり前でした。1986年高年齢者雇用安定法で60歳定年を努力義務化になり、60歳という年齢で定年を迎えるのが一般的となりました。2013年とうとう65歳までの雇用延長の義務化となり、定年が大きく変わりました。

  • これから知っておきたい老後のための60歳の再就職とはのサムネイル画像

    これから知っておきたい老後のための60歳の再就職とは

    60歳で再就職と聞くだけで肉体的にも精神的にも疲れそうだなと感じる人も多いかと思いますが、60歳で再就職をするという人も珍しくない世の中になっています。なぜ、60歳で再就職をするのか、そし再就職が成功するためのコツなどをご紹介します。

  • 65歳で定年後生きがいとしての趣味と経済のサムネイル画像

    65歳で定年後生きがいとしての趣味と経済

    定年後65歳を過ぎ人生の残りは、今や平均的には20年に近づこうとしています。この様な中で無為な時間を過ごすことは65歳からの人生の最後にもったいない限りです。健康で心豊かな定年後の年金生活を楽しみましょう。

  • 老後に残しておきたい貯金。今どきの日本の平均額のサムネイル画像

    老後に残しておきたい貯金。今どきの日本の平均額

    日本は医学の進歩や食生活の向上で、平均寿命が伸び、高齢でも働く人が増えてきています。年金支給年齢がもっと引き上げられるという話も聞きます。では老後に残しておかなければいけない貯金は平均いくらあればいいのでしょうか?老後に必要な貯金の話をします。

  • 定年後は第二の人生の幕開け!これからの生活を楽しく生きる!のサムネイル画像

    定年後は第二の人生の幕開け!これからの生活を楽しく生きる!

    定年後は終わりではなく始まりです。これからの生活を楽しく生きるために考えておきたいこと、心得ておきたいことをまとめます。定年後の生活をわがままに生きましょう!

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!のサムネイル画像

    終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

    終活のことを調べた時にエンディングノートという言葉を目にする方も多いのではないでしょうか?エンディングノートとはいったい何のことでしょう。そこでこの記事では、終活に使うエンディングノートの意味と書き方などをご紹介します。

    1
  • 20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とはのサムネイル画像

    20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

    近年よく耳にするようになった「終活」という言葉。20代から終活を始めるという人もいるのです。20代から終活を始める意義とは何なのでしょうか?どのような内容にすればよいのでしょうか?20代からの終活について考えてみましょう。

    2
  • 終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!のサムネイル画像

    終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

    今、終活で話題になっている墓友と言う言葉をご存知ですか。墓友とは、さまざまな事情から一人でお墓に入る予定の人が集まり、永代供養墓などに一緒に入る友達のことを言います。仲の良い友達とお墓に入ることは終活でお墓を考えるとき、新しい形態と言えるでしょう。

    3
  • 今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!のサムネイル画像

    今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

    最近では終活準備を行う方が多くなってきています。自分も終活準備を行いたいと思っているけど何から始めたらよいかわからないという方もおられることでしょう。そこで終活で何を準備すればよいのかなどを詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

    4
  • 終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介しますのサムネイル画像

    終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

    終活という言葉は定着したものの、ご自分の終活の取り組みは何から始めればよいのか?迷ってしまう方は多いかもしれません。そんな時におすすめなのが終活セミナーです。この記事では終活セミナーの内容や主な開催団体について詳しく紹介します。

    5

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「60歳・定年」についてさらに知りたい方へ

定年後に人気な仕事って一体なに?給料や選び方を解説!のサムネイル画像

定年後に人気な仕事って一体なに?給料や選び方を解説!

定年後の再就職は必要?再就職の攻略法を解説のサムネイル画像

定年後の再就職は必要?再就職の攻略法を解説

定年後の日々の生活費はどのように賄えば良いのか?年金で足りる?のサムネイル画像

定年後の日々の生活費はどのように賄えば良いのか?年金で足りる?

50歳独身女性はこれから!年金や貯金など生き方のアドバイスのサムネイル画像

50歳独身女性はこれから!年金や貯金など生き方のアドバイス

今知っておきたい!今後の高齢者の雇用についてのサムネイル画像

今知っておきたい!今後の高齢者の雇用について

定年年齢 定年制度がどのように推移していったのかのサムネイル画像

定年年齢 定年制度がどのように推移していったのか

これから知っておきたい老後のための60歳の再就職とはのサムネイル画像

これから知っておきたい老後のための60歳の再就職とは

65歳で定年後生きがいとしての趣味と経済のサムネイル画像

65歳で定年後生きがいとしての趣味と経済

老後に残しておきたい貯金。今どきの日本の平均額のサムネイル画像

老後に残しておきたい貯金。今どきの日本の平均額

定年後は第二の人生の幕開け!これからの生活を楽しく生きる!のサムネイル画像

定年後は第二の人生の幕開け!これからの生活を楽しく生きる!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!のサムネイル画像

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

1
20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とはのサムネイル画像

20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

2
終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!のサムネイル画像

終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

3
今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!のサムネイル画像

今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

4
終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介しますのサムネイル画像

終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

5

関連する記事

「60歳・定年」についてさらに知りたい方へ

定年後に人気な仕事って一体なに?給料や選び方を解説!のサムネイル画像

定年後に人気な仕事って一体なに?給料や選び方を解説!

定年後の再就職は必要?再就職の攻略法を解説のサムネイル画像

定年後の再就職は必要?再就職の攻略法を解説

定年後の日々の生活費はどのように賄えば良いのか?年金で足りる?のサムネイル画像

定年後の日々の生活費はどのように賄えば良いのか?年金で足りる?

50歳独身女性はこれから!年金や貯金など生き方のアドバイスのサムネイル画像

50歳独身女性はこれから!年金や貯金など生き方のアドバイス

今知っておきたい!今後の高齢者の雇用についてのサムネイル画像

今知っておきたい!今後の高齢者の雇用について

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと