お経にはどんな種類がある?よく聞くお経、その種類をご紹介します

お葬式や結婚式、あるいは初詣や厄除け、法事など、私たちの生活の中で自然と溶け込んでいるお経。でも、正直何を言っているのかよく分かりませんよね。数え切れないほどあるお経の種類、ここではその主な種類とその教えについてご紹介いたします。

目次

  1. 仏教とは
  2. 釈迦の生涯
  3. お経ってなに? その種類は?
  4. 膨大にあるお経の種類
  5. お経とその種類 まとめ

仏教とは

仏教

仏教のお経やその種類について知るためには、そもそも仏教とは何なのか、新ためて見ておきましょう。

お経やその種類に元になる仏教とは、世界三大宗教(仏教・キリスト教・イスラム教)の一つで、今からおよそ2500年前(紀元前5~4世紀)に、ゴータマ・シッダールタ(釈迦)の思想や言動が中心になって生まれました。

要するに、2,500年も前にインド近くの地で生まれたお釈迦様が教えてくれたのが仏教となるわけですね。仏教の仏は「仏陀(ブッダ)」からきているのはご承知の通りです。

釈迦の生涯

釈迦の本名は「ゴータマ・シッダールタ」といいます。ですので、「釈迦」というのは名前ではなくて出身部族が釈迦族だったのでそこからきている。
生まれたのは紀元前566年というからはるか大昔。ヒマラヤ山脈の麓の迦毘羅城の王子として生まれたのです。

釈迦は16歳で結婚し男の子を授かりましたが、29歳で出家したのです。親の大反対を押し切って。
お城を出る時にまつわる有名な伝説がありますね。「四門遊観(しもんゆうかん)」の伝説といわれています。

城外に東門から出る時老人の姿を、南門から出る時病人の姿を、西門から出る時死人の姿を見て、人間の逃れられない「苦」を目の当たりにして釈迦は悩みました。最後に北門から出る時毅然として修行に励む出家僧の姿を見て、煩悩の世界を脱し悟りの境地に到達する事を決意したのです。

この話はとても有名ですね。ここから釈迦の修行が始まるのです。

それではここからはお経とは何か?を見ていきましょう。

お経ってなに? その種類は?

葬儀

お経とは早い話、お釈迦様の教え!

お経とは、最初は釈迦様の教えを口伝で伝えたものを、ずっと後になって弟子が誰でも読めるようにまとめたものをさします。(とはいえ、実際には「誰でも読める」というのは難しいところですが・・)だから、初めのうちはお経のように書いたものはなく、ただ口伝えだった!

お経の種類(どのくらいある?)

お経はインドの経典が中国を経由して日本に伝わりました。日本国内のお経の種類は、俗に八万四千などとも言われていますが、正確な数はわかっていません。

要は数え切れないほどあるといっても過言ではありませんね。ですので、その中でも代表的なお経を、分かりやすくするために体系だててご紹介していきましょう。

◆お経を内容別に分けると、「三蔵」すたわち「律蔵」という僧団規則・道徳・生活様相などをまとめたもの、「経蔵」という釈迦の教えをまとめたもの、「論蔵」という、律蔵と経蔵の注釈や解釈を集めたものから構成されています。
ぼう
(ここで「豆知識」をひとつ)
『西遊記』で登場する玄奘三蔵法師の三蔵は、この三蔵を知り尽くした高僧の敬称なんですね。ぜひ覚えておきましょう。

次に、お経の書かれている言語別に見てみると、インドのサンスクリット語をそのまま漢字に音写した「陀羅尼」と、「漢字に訳されたお経」、「日本語で書かれている和讃」の3種類があります。

◆お経を教義別に分けると、小乗仏教の「小乗経典」、大乗仏教の「大乗経典」、密教の「密教経典」の3つに分けることができます。

◆ここで、小乗と大乗の違いについても簡単に触れておきましょう。
小乗仏教のお経は、釈迦入滅後に十大弟子と500人の弟子によって口伝されたもので、文章化されたのは数百年後です。大乗仏教は後世の仏教徒によって後に作られたものです。
小乗仏教はスリランカやミャンマーといった東南アジア方面へ、大乗仏教は中国 → 朝鮮 → 日本へと伝わりました。

◆小乗仏教と大乗仏教
仏教はお釈迦さまに始まるわけですが、そのお釈迦様の教えは原始仏教と呼ばれ、厳しい修行を乗り越えた者だけが悟りを開けるとされたもので、要はお坊さんたち限定の宗教でした。
ですので、一般大衆には関係のない話してした。

しかし、お釈迦様が亡くなってずうっと経ったのち、一般大衆でも煩悩の世界、俗的な世界(此岸といいます)から悟りの世界(彼岸といいます)、安らぎ・極楽浄土の世界に行けると変ったのです。
つまり、大勢が大きな船に乗って此岸(こっちの岸)から彼岸(あっちに岸)に渡るので、大乗といわれるようになったのです。

それに対して、仏教のはじめのころは、苦しく厳しい修行に耐えるお坊さんという少人数の人たちだけが此岸から彼岸へ渡れるとしたので小乗と後になってからいわれたのです。

◆さて、仏教の基本的な所を少し学んだところでいよいよお経の種類とは、どんなものがありどんなことを教えてくれるのか見ていきましょう。

膨大にあるお経の種類

誰でもが聞いたことのある般若心経

概要

正式名を「摩訶般若波羅蜜多心経」または「般若波羅蜜多心経」といいます。「般若」とは智慧を、「波羅蜜多」とは「智慧で彼岸に渡る(さとりを開く)」ことを意味し、「すべての人々を彼岸へ渡らせる」と説いた大乗仏教をはじめて宣言した経典です。

日本で一般的にいう「般若心経」は玄奘訳のもので、玄奘が訳した全600巻から成る「大般若経」の中から、そのエッセンスを簡潔にまとめたものです。ほかに般若訳、鳩摩羅什訳、法月訳、法咸訳など七種の訳本があります。 推古天皇の時代の609年にもたらされたサンスクリット語の般若心経が、日本最古のものとして法隆寺に残っています。

ここで「サンスクリット語」の一例をこの般若心経の中から見てみましょう
般若心経の一番最後に出てくる一節に
「ぎゃーてー ぎゃーてー はーらーぎゃーてー はらそーぎゃーて ぼーじーそわか」とありますね。

ここは本来はサンスクリット語で
「ガテー ガテー パーラガテー パーラサンガテー ボーディースヴァッハー」なんです。
お釈迦様の生の声を体で感じられるような気がしますね。

宗派

天台宗 真言宗 浄土宗 禅宗

教え

・初詣なんかに真言宗のお寺に行ったりすると厄除けの儀式の最中によく聞くので皆さんも良くご存じではないでしょうか?

しかし般若心経は真言密教だけではなく浄土宗や禅宗などでもよく使われるのですね。
般若心経は、「色即是空、空即是色」の一節で有名で、深遠なる「空」の境地を説いたものです。

それまで小乗仏教がこだわり、説いてきた煩悩克服の教えに対して、「一切こだわるな」と教えています。煩悩を克服しようと執着する心を捨て、こだわりのない心を持ったなら、おのずと「空」の境地が開けてくる。

これこそが真理であり、一切の苦しみから解き放たれる道であると教えています。
小乗仏教の教えの対極にあって、しかも出家僧だけでなく、全ての人々に向かって説かれたことから、革新的な経典であり、大乗仏教の根本経典となっています。

阿含経

概要

数千におよぶ経典の総称で、「長阿含経」「中阿含経」「雑阿含経」「別訳雑阿含経」「増一阿含経」などがあります。

教え

「長阿含経」には、須弥山と呼ばれる仏教の世界観が描かれています。

法華経

概要

代表的な大乗経典で、正式名は「妙法蓮華経」、日本で最初に講じたのは聖徳太子です。

漢訳では、鳩摩羅什の訳のものが最も多く用いられました。全八巻二十八品からなり、大きく分けて「迹門」と「本門」の二つに分けられ、さらに序文・正宗分・流通分の三部に分けて解釈されることから二門六段といいます。「迹門」は釈迦が久遠(永遠不滅)の仏であるという実体を明らかにする以前の教えで、「本門」は釈迦が久遠の仏であることを教え、この教えを信じ、実践する者に至福への道が明らかにされています。

宗派

天台宗 日蓮宗

日蓮聖人が大切にしたお経の中のお経「法華経」には、どのような人でも全て平等に「仏の心」(仏性)が備わっていると説いてあります。それは、人だけではありません。動物も植物も大地も、全ての生きとし生けるものに「仏の心」はあるのです。その全ての仏さまに感謝し、手を合わせるのが、お題目=「南無妙法蓮華経」の世界です。

教え

「方便品」(ほうべんぽん)
あらゆる事物の成り立ちについて、縁起の法則を詳しく述べ、だがこれさえも、究極の真理ではなく、人々を救いに導く方便(手段)であるとしています。
「自我偈」(じがげ)
釈迦の「久遠の成仏」を説いたものとして、「法華経」の真髄とされる如来寿量品第十六のなかでも特に重要な部分です。
「観音経」
観世音菩薩の名前を唱えるだけで、どんな災厄からも救われるという現世利益を説いています。もとは単独の経典でしたが、後に法華経に組み入れられました。

華厳経

概要

法を説く「法華経」に対して「華厳経」は仏を説いたお経で、華厳宗の根本経典です。

宗派

華厳宗

教え

毘盧遮那仏について書かれた経典で、釈迦が菩提樹の下でさとりを開いたときの、そのままの境地を説いたものとして非常に尊重されています。
ちなみに毘盧遮那仏で最も有名な仏像は「かの奈良の大仏様」ですね。

無量寿経(浄土三部経)

概要

序・本論・結語の三部四章からなり、経が長いことから「大経」とも呼ばれます。

宗派

浄土宗 浄土真宗 時宗

教え

法蔵菩薩が一切衆生を救済するため仏陀となることを志し、その本願(誓い)として四十八願をたてます。長い修行をへて、すべての誓願を成就させた法蔵菩薩は阿弥陀如来となり、荘厳なる西方極楽浄土が出現します。そして極楽往生を願う人々に称名念仏を説いています。

観無量寿経(浄土三部経)

概要

略して「観経」とも呼ばれます。

宗派

浄土宗 浄土真宗 時宗 天台宗

教え

ドラマチックな王位継承をめぐる骨肉の争いをベースにして、極楽往生するための具体的、実践的な方法論を詳しく説いています。

阿弥陀経(浄土三部経)

概要

浄土三部教のなかでもっとも短いため、「小無量寿経」「小経」とも呼ばれます。現在、浄土系各宗派の法事などでよく読誦される経典です。簡潔、コンパクトにまとめてあります。

宗派

浄土宗 浄土真宗 時宗

教え

極楽浄土の荘厳な様子や、極楽浄土へ往生する方法を説いています。

大日経

概要

正式には「大毘盧遮那成仏神変加持経」といい、正純密教成立以前の呪術的儀礼、瞑想法などを仏教思想のなかに取り込み、成仏のために行法として位置づけ、体系化した最初の経典です。

宗派

真言宗

教え

宇宙の真理を体現する法身仏である大日如来が、菩薩の代表である金剛薩たの質問に答えるという形式で書かれています。全七巻のうち第一巻は「悟りという仏の智恵とは何か」について語る理論編で、第二巻以降では、胎蔵曼荼羅の描き方など密教の儀礼が解説される実践編になっています。

金剛頂経

概要

一般的には「金剛頂一切如来真実摂大乗現証大教王経」三巻のことを指します。「金剛頂経」は智恵の世界、金剛界を明らかにしています。

宗派

真言宗 天台宗

教え

大日如来が一切義成就菩薩(釈迦)の質問に対して、悟りの内容とその悟りを得るための方法を説明するという形式で書かれ、全体が非常に実践的にできており、これが「金剛頂経」の大きな特徴となっています。

維摩経(ゆいまきょう)

初期の大乗経典の代表作です。
維摩という東インドの商都の人物を設定し、病気になった維摩と、釈尊の指示で彼を見舞う文殊菩薩との問答が戯曲的に書かれています。

勝鬘経(しょうまんぎょう)

中期の大乗仏教のなかで如来蔵思想(全ての衆生が仏となる可能性がある)を説く代表的な経典であり、王妃という在家の女性を主人公とする経典として知られています。

法句経(ほっくきょう)

仏教聖典のなかで最も親しまれているものの一つで、「人生の指針となるような言葉」という意味で、釈尊のすべての教えのなかから、人生の指針を集めたものです。「経集」と同じく最古の経典といわれています。
釈迦が平易な言葉とわかりやすい比喩をまじえて、悟りを得るための実践方法を説いています。釈迦の実体験をもとに語られており、理論ではない真実の教えを知ることができます。

経集

仏教聖典のなかで最も古くから成立したもので、釈迦の言葉にもっとも近い詩句の集成となっています。きわめて素朴で、「現代に生きる釈尊言行録」の性格を帯びています。釈迦の言葉が、より原形の近い形で記されており、釈迦の教えを学ぶにあたっては、決してはずしてはならない重要な経典です。

正信念仏偈(正信偈)

親鸞聖人の著書「教行信証」の最後に出てくるもので、「教行信証」のエッセンスともいわれます。蓮如は、この「正信偈」を和讃とともに印刷して門徒にひろめ、日常の拝読用に制定しました。阿弥陀仏のみ心と釈尊の教えが示されたもの(依経段)と、三国の七高僧に関するもの(依釈段)とに分かれます。前半部分は、「無量寿経」に説かれている阿弥陀仏の本願、つまり、人々をひとり残らず救うということを信じて、念仏を唱えることがどんなに素晴らしく、広大な教えかを宣言しています。後半部分では、この教えを伝承したインド、中国、日本の高僧の功績を取り上げ、そのひとつひとつを讃えています。

修証義

正しくは「曹洞教会修証義」といいます。修は修行、証は悟り、義は意義を表します。在家信者と僧侶のための「曹洞宗教化の標準書」と呼ばれ、法要・葬儀・施食会などで読経されます。

人間に生まれたこと、仏の教えに出会えたことを尊いものだと知ること、自分の罪を懺悔すること(懺悔滅罪)、戒めを受けて菩提心を起こすこと(受戒入位)、貪りを捨てて人のために尽くし、他人の喜びを自分の喜びとすること(発願利生)、そして仏の恩に報いること(行持報恩)を説いています。

大悲心陀羅尼

「千手千限観自在菩薩広大円満無礙大悲心陀羅尼経」のなかに含まれている長い陀羅尼を独立させたもので、正しくは「千手千限観自在菩薩広大円満無礙大悲心陀羅尼」といいます。

真言宗や禅宗で古くから重用され、さかんに読誦されたお経の一つで、観世音菩薩の内証の功徳を説いた根本咒です。特に観世音菩薩を本尊とする臨済宗では重要なものとされ、朝課、晩課、祖師忌、在家亡者回向に読誦されています。

千手千眼観音が、一切の衆生を苦悩から救済する誓願功徳は、自由自在で広大であるということを讃えています。

白隠禅師坐禅和讃

臨済宗中興の祖、白隠が著した名作で、禅の原理を説いています。涅槃経の「一切衆生悉有仏性」をもとにして、すべての衆生は生まれながら仏性をそなえているという、大乗仏教の基本を説き、氷のように固まったこだわりを溶かしてしまえば無我となり、融通無碍の自己の姿がそのまま仏であると教えています。

理趣経

「金剛頂経」十八会のなかの第六会の経典で、「大楽金剛不空真実三摩耶経 般若波羅蜜多理趣品」というのが正式名です。真言宗で日々読誦されています。仏の境界から見ると、人間の生命活動は金剛のごとく堅固であり、空しくないとされるが、これをさらに「大楽」(絶対の安楽の境地)としました。

さらに、煩悩を正面から救い、煩悩を否定することなく、人間はありのままの姿から即身成仏できるという考え方を説いています。
即身成仏となられた空海はこの理趣経そのものですね。

円頓章(えんどんしょう)

天台智顗の述作である「摩訶止観」の真髄を、わずか133文字の短文にまとめたもので、天台宗ではお経と同様に唱えられています。

円頓とは、人々が初めて仏道を志す心である初発心がそのまま究竟(実相)にいたる縁になっていることで、初発心から存在するすべてのものが、相依相関の縁起というかかわりであるがままに存在していることを、宗教的認識によってみずから観法していくことを説いています。

四十二章経

釈尊が「修行の道も、やり過ぎても疲れるだけで、かえって心悩む結果となる。ほどほど「中」が何より大切である」と説いた「中道」の一節で知られています。

涅槃経

原始経典の「小乗涅槃経」と、大乗経典の「大乗涅槃経」とに大別されますが、いずれも正式名は「大般涅槃経」です。

「小乗涅槃経」
小乗仏教の教えである「この世の執着を断ち、煩悩を捨て去ること」がどんなに重要かを説いています。

「大乗涅槃経」
釈迦の涅槃(入滅)は、あくまでも仏の教えを説くための方便として説かれています。釈迦は何度も何度も生まれ変わり、いつの時代でもどこにでもいて、常に人々を導いてくれる、尊くありがたい存在であることを説いています。さらに「一切衆生悉有仏性」(全ての衆生は仏となる可能性がある)を主張しています。

弥勒経

弥勒六部経を総称して「弥勒経」と呼びます。
「弥勒上生経」では、弥勒菩薩が12年後に命終して兜率天宮に生まれ、56億万年の間、諸天を教化し、昼夜6時に説法することを明らかにしています。

金光明経

聖武天皇の時代に護国経典として全国に頒布され、この経典に基づいて全国に国分寺の建立を発願されたと伝えられています。

お経とその種類 まとめ

お経

いかがでしたでしょうか?
仏教とは何か?から始まって、お釈迦様のこと、そして俗に八万四千などとも言われているお経の種類。はっきりしたことは分からないにしても、途方もない数のお経の種類。気が遠くなるようです。

お釈迦様の弟子たちがお釈迦様の死後、途方もない時間と労力をかけて作り上げてきたもの。それだけでも、お経というもののありがたさ尊さが分かるというものですね。

「お経・種類」に関連する記事

「お経・種類」についてさらに知りたい方へ

南無阿弥陀仏の意味は?浄土真宗のお経のお話のサムネイル画像

南無阿弥陀仏の意味は?浄土真宗のお経のお話

浄土宗系、浄土真宗系で、「南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏……」と、僧侶のあげるお経に合わせ、仏壇の前

法華経は正しくは「妙法蓮華経」というお経です。のサムネイル画像

法華経は正しくは「妙法蓮華経」というお経です。

法華経といえば「日蓮」と頭に浮かぶほど、法華経といえば「日蓮」を思い浮かべる方もいるかもしれませ

真言宗の弘法大師空海が唐から持ち帰ったとされるお経とは?のサムネイル画像

真言宗の弘法大師空海が唐から持ち帰ったとされるお経とは?

真言宗・高野山といえば、弘法大師空海で有名なお山です。平安時代に、時を同じくして「比叡山の最澄」

真言宗の大切なお経の一つである【般若心経】の意味とは!?のサムネイル画像

真言宗の大切なお経の一つである【般若心経】の意味とは!?

ほとんどの宗派で【般若心経】が読まれていますが、真言宗もその一つです。このお経はとても有名で、短

お墓参りでお経をあげるときの注意点やお布施料などを解説しますのサムネイル画像

お墓参りでお経をあげるときの注意点やお布施料などを解説します

一般のお墓であればお盆やお彼岸の時などに定期的にお墓参りをする際に必ずお経をあげることが多いでし

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

関連する記事

「お経・種類」についてさらに知りたい方へ

南無阿弥陀仏の意味は?浄土真宗のお経のお話のサムネイル画像

南無阿弥陀仏の意味は?浄土真宗のお経のお話

法華経は正しくは「妙法蓮華経」というお経です。のサムネイル画像

法華経は正しくは「妙法蓮華経」というお経です。

真言宗の弘法大師空海が唐から持ち帰ったとされるお経とは?のサムネイル画像

真言宗の弘法大師空海が唐から持ち帰ったとされるお経とは?

真言宗の大切なお経の一つである【般若心経】の意味とは!?のサムネイル画像

真言宗の大切なお経の一つである【般若心経】の意味とは!?

お墓参りでお経をあげるときの注意点やお布施料などを解説しますのサムネイル画像

お墓参りでお経をあげるときの注意点やお布施料などを解説します

人気のキーワードの記事一覧

終活

ランキング

よく読まれている記事です

数珠の意味~略式数珠と本式数珠の意味と違いのサムネイル画像

数珠の意味~略式数珠と本式数珠の意味と違い

1
なぜお盆になるとなすときゅうりが飾られるの?のサムネイル画像

なぜお盆になるとなすときゅうりが飾られるの?

2
健康にも良い!カラオケで大きな声でお経をよみましょうのサムネイル画像

健康にも良い!カラオケで大きな声でお経をよみましょう

3
これであなたも精神修行してみませんか!?心を鍛えようのサムネイル画像

これであなたも精神修行してみませんか!?心を鍛えよう

4
真言宗の大切なお経の一つである【般若心経】の意味とは!?のサムネイル画像

真言宗の大切なお経の一つである【般若心経】の意味とは!?

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと