定年後に人気な仕事って一体なに?給料や選び方を解説!

現在の日本は高齢化社会と呼ばれていますが、定年後も仕事をしたい方は多くいらっしゃるようです。ここでは定年後の仕事についてどんな種類があるのか紹介していきます。

目次

  1. 動く限りは働きたい!定年後の仕事のニーズ
  2. 定年後もサラリーマンの仕事!年収は減?
  3. 定年後に起業も?資格をとったり準備も…
  4. 定年後におすすめのアルバイト!
  5. 選択肢は多い定年後の仕事

動く限りは働きたい!定年後の仕事のニーズ

定年後も働きたいという方はニュースでもよく見かけますが、2016年には年金受給抑制の法案が成立するなどもあり、年金だけでは不安だと、そのニーズはますます増えていくような気配すらあります。
実際、60歳以上の高齢者の方が働いている姿もよく見かけます。
では、定年後に働こうと考えた場合、どのような仕事があるのでしょう?

定年後もサラリーマンの仕事!年収は減?

サラリーマンの方は定年後も続けてサラリーマンとして働くことができる可能性も高いです。
ただ、年金の受給額が減額される場合もありますので、そのあたりは注意をする必要があります。

同じ会社に再雇用も

60歳の定年後に65歳までの再雇用を実施している会社が最近では増えているようです。
もちろん定年がない会社もあるでしょうが、それは別として現在働いている会社で再雇用として続けて働くことも可能です。
しかし、再雇用は新たな雇用契約となるため、今までの仕事とは業務が別になったり、何より年収が半減してしまうこともあると考えられます。

また65歳からどうするのかという問題点もあります。

いっそ転職という手も?

今の仕事がもう嫌な場合など再雇用されたくないならば、いっそのこと転職を探してみるのもいいかもしれません。
ハローワークで定年後の方の仕事の紹介や人脈からのつてなど転職を探す方法はいろいろとあります。
そこで、自分のスタイルに合わせた仕事を選ぶのもいいかもしれません。

ただ、やはり定年前と年収が減ることも考えなければならないでしょう。

定年後に起業も?資格をとったり準備も…

定年後にお店を開きたいといった夢を持つ方も多いでしょう。
また、サラリーマン時代より年収が増える可能性もあります。

どのような業種にするか…

定年後に起業するといっても、何をするかが考えものです。
飲食店にするのか、会社を設立するのか、選択肢は様々ですが、起業するならば、金銭面など自分の状況に合わせた起業をすべきかもしれません。

準備が重要!

仕事が士業など資格の必要な業種の場合、定年前から資格を取得するなどの準備が重要になります。
もちろん資格試験を受ける必要があるのですが、公務員などは行政書士の資格を無試験で取得できる場合もあるので、下調べはしておくべきでしょう。
またレストランを開きたい場合は、調理学校に通う必要があるかもしれません。

しかし、それ以前に開業資金の問題などもありますので、定年後に起業したい場合は何にせよ定年前から準備を進めておく必要があるのではないでしょうか。

定年後におすすめのアルバイト!

定年後はフルタイムや自営業は体力的に不安で、趣味や余暇を大切にしつつ少しの収入で仕事をしたいと思われる方もいらっしゃるでしょう。
そのような方のためにおすすめのアルバイトを紹介します。

定番と言えそうな警備員!

定年後の仕事として、定番とも言えそうなアルバイトがこの警備員です。
皆さんもショッピングモールなどで警備員として働いている高齢者の方をよく見かけるのではないでしょうか?
警備員は主に施設警備員と交通警備員がありますが、おすすめは施設警備員です。
交通警備員は道路工事の状況により、仕事が不規則になりがちの問題があるからです。

警備員は監視や誘導が主なので負担が多い業務ではなく、高齢者の方も多いために職場での話題も合うと思われますので、一番おすすめの定年後の仕事かもしれません。

運転好きな方はスクールバスの運転手も

運転をする仕事に就きたい方はスクールバスの運転手もおすすめです。
大型の免許などの準備が必要な場合はありますが、これも高齢者で働いている方をよく見る仕事です。
幼稚園や保育園などの児童の送り迎えが主な業務になりますが、子どもが好きな方なら楽しく仕事できるかと考えられます。

体力に自信がある方は清掃員も

高齢者の仕事としては体に負担がかかりますが、清掃員もおすすめと言えます。
必要な資格もなく、求められる需要もビルや公園など数多くあるので、高齢者にも就きやすいアルバイトの一つです。
体力に自信がある方にはおすすめの仕事です。

シルバー人材センターの利用

定年後に仕事ができるシルバー人材センターとは市区町村単位に置かれている高齢者の生きがいや活性化のための組織です。
自分のライフスタイルや経験や知識に合わせた仕事を紹介してもらえ、地域の活性化にも貢献できます。
一定の収入の保証はないので、上記のアルバイトよりも収入の面では劣るかもしれませんが、地域とのつながりを大切にして生きがいにしたい方にはぜひおすすめです。

選択肢は多い定年後の仕事

老夫婦

いかがでしたでしょうか?
定年後にできる仕事も上記のように選択肢は多いと見受けられますが、自分のスタイルに合わせた仕事を選択することが大切だと考えられます。
それにより、定年後が新たな充実した人生の出発点=終活になるのではないでしょうか。

シェアする

「定年後・仕事」に関連する記事

  • 65歳以上の雇用が増加?高齢者になっても働かなければならない?のサムネイル画像

    65歳以上の雇用が増加?高齢者になっても働かなければならない?

    65歳以上の雇用される人が、働く理由は様々です。働くことが好きな人もいますし、やりがいや生きがいを求めて働く人もいます。また65歳以上から支給される公的な年金で足りない分を補うために仕事をしている人もいます。こうした雇用の実情を見ていきたいと思います。

  • 定年後の再就職は必要?再就職の攻略法を解説のサムネイル画像

    定年後の再就職は必要?再就職の攻略法を解説

    近々、定年を迎え再就職をお考えの方や定年後、再就職をお探しの方もいらっしゃるでしょう。定年後んおの再就職の事情を追ってみました。

  • 定年後の日々の生活費はどのように賄えば良いのか?年金で足りる?のサムネイル画像

    定年後の日々の生活費はどのように賄えば良いのか?年金で足りる?

    会社を定年後も日々の生活費は、かかります。会社の定年後も容赦なく、現役時代と同様に光熱費や税金、保険料、その他諸々かかる費用は待ってはくれません。この生活費をどう賄っていけばよいのか、その方法を探ってみましょう。

  • 今知っておきたい!今後の高齢者の雇用についてのサムネイル画像

    今知っておきたい!今後の高齢者の雇用について

    今の日本は少子高齢化という深刻な社会問題を抱えている状況です。少子高齢化では高齢者が多くなることから働く世代の人口が減少が懸念されています。現在対策として高齢者でも雇用する企業も増えてきています。そこで今回は、今知っておきたい高齢者の雇用についてご紹介します。

  • 定年年齢 定年制度がどのように推移していったのかのサムネイル画像

    定年年齢 定年制度がどのように推移していったのか

    昭和の時代は55歳という年齢で定年を迎えるのが、当たり前でした。1986年高年齢者雇用安定法で60歳定年を努力義務化になり、60歳という年齢で定年を迎えるのが一般的となりました。2013年とうとう65歳までの雇用延長の義務化となり、定年が大きく変わりました。

  • 定年後の働き方 再雇用制度と再就職制度を考えるのサムネイル画像

    定年後の働き方 再雇用制度と再就職制度を考える

    定年後も健康上の不安もないし、働きたいと思っている人とも少なくないでしょう。定年後の働き方として考えられるのは、再雇用と再就職です。定年後も同じ職場で、自分のやってきたことを続けてしたいと思っていたら、再雇用制度を利用するべきなのでしょうか?

  • 定年後、アクティブな生き方を選択しませんか?のサムネイル画像

    定年後、アクティブな生き方を選択しませんか?

    定年後の生き方として、「アクティブな生き方」と「パッシブな生き方」の2つがあります。定年後は、「アクティブ(かつ多少ラグジュアリー)な生き方が良いでしょう」という考えのもと定年後の生き方を考えます。

  • 65歳で定年後生きがいとしての趣味と経済のサムネイル画像

    65歳で定年後生きがいとしての趣味と経済

    定年後65歳を過ぎ人生の残りは、今や平均的には20年に近づこうとしています。この様な中で無為な時間を過ごすことは65歳からの人生の最後にもったいない限りです。健康で心豊かな定年後の年金生活を楽しみましょう。

  • 60歳の定年後の充実した生活にむけて今のうちに準備しよう!のサムネイル画像

    60歳の定年後の充実した生活にむけて今のうちに準備しよう!

    60歳とは、仕事をしている人にとっては定年退職をする人生の大きな節目の時期になります。仕事で疲れた時に60歳の定年退職後は何もせずに家でゆっくりのんびり過ごしたいと思いますが、実際には定年後はどういった生活を送るのがいいのかということについてご紹介します。

  • お世話になった人たちに感謝して 定年退職の挨拶の方法とはのサムネイル画像

    お世話になった人たちに感謝して 定年退職の挨拶の方法とは

    定年退職を迎える年齢になると気になってくるのが定年退職の挨拶の方法です。1度しかない定年退職ですので、後悔しないようにしっかりお世話になった人たちに挨拶をしたいと思うことは当然のことです。そこで今回は、定年退職の挨拶の方法についてご紹介します。

この記事に関するキーワード

ランキング

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「定年後・仕事」についてさらに知りたい方へ

65歳以上の雇用が増加?高齢者になっても働かなければならない?のサムネイル画像

65歳以上の雇用が増加?高齢者になっても働かなければならない?

定年後の再就職は必要?再就職の攻略法を解説のサムネイル画像

定年後の再就職は必要?再就職の攻略法を解説

定年後の日々の生活費はどのように賄えば良いのか?年金で足りる?のサムネイル画像

定年後の日々の生活費はどのように賄えば良いのか?年金で足りる?

今知っておきたい!今後の高齢者の雇用についてのサムネイル画像

今知っておきたい!今後の高齢者の雇用について

定年年齢 定年制度がどのように推移していったのかのサムネイル画像

定年年齢 定年制度がどのように推移していったのか

定年後の働き方 再雇用制度と再就職制度を考えるのサムネイル画像

定年後の働き方 再雇用制度と再就職制度を考える

定年後、アクティブな生き方を選択しませんか?のサムネイル画像

定年後、アクティブな生き方を選択しませんか?

65歳で定年後生きがいとしての趣味と経済のサムネイル画像

65歳で定年後生きがいとしての趣味と経済

60歳の定年後の充実した生活にむけて今のうちに準備しよう!のサムネイル画像

60歳の定年後の充実した生活にむけて今のうちに準備しよう!

お世話になった人たちに感謝して 定年退職の挨拶の方法とはのサムネイル画像

お世話になった人たちに感謝して 定年退職の挨拶の方法とは

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!のサムネイル画像

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

1
終活は20代でも始めるべき?20代から行う終活の意義・内容を解説のサムネイル画像

終活は20代でも始めるべき?20代から行う終活の意義・内容を解説

2
終活で今話題の墓友ってどんな友達?墓友を探す方法や注意点も紹介!のサムネイル画像

終活で今話題の墓友ってどんな友達?墓友を探す方法や注意点も紹介!

3
終活で最期に向けて準備をしよう!終活で行うべきことや注意点を解説のサムネイル画像

終活で最期に向けて準備をしよう!終活で行うべきことや注意点を解説

4
終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介しますのサムネイル画像

終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

5

関連する記事

「定年後・仕事」についてさらに知りたい方へ

65歳以上の雇用が増加?高齢者になっても働かなければならない?のサムネイル画像

65歳以上の雇用が増加?高齢者になっても働かなければならない?

定年後の再就職は必要?再就職の攻略法を解説のサムネイル画像

定年後の再就職は必要?再就職の攻略法を解説

定年後の日々の生活費はどのように賄えば良いのか?年金で足りる?のサムネイル画像

定年後の日々の生活費はどのように賄えば良いのか?年金で足りる?

今知っておきたい!今後の高齢者の雇用についてのサムネイル画像

今知っておきたい!今後の高齢者の雇用について

定年年齢 定年制度がどのように推移していったのかのサムネイル画像

定年年齢 定年制度がどのように推移していったのか

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと