空海の人生の順に、ゆかりのあるお寺をご紹介しています

空海はにゆかりのあるお寺は、国内にたくさんあります。なかでも、高野山は、有名な空海の聖地となっています。それ以外にも、空海と密教に関するお寺は多数存在しています。そしての弘法大使としてもが数々のお寺があります。空海の歴史を辿りながら、お寺をご紹介していきます。

目次

  1. 空海誕生の地、四国総本山善通寺
  2. 空海が仏門に入るきっかけの寺
  3. 若かりし頃の空海、太龍寺で難行
  4. 空海が夢のお告げで大日経を発見した寺
  5. 唐から戻った空海に関わる、九州の寺院
  6. 長岡京市の大慈山乙訓寺
  7. 高野山に戻り、金剛峯寺建立の空海

空海誕生の地、四国総本山善通寺

香川県善通寺市にあります。この地は、空海が誕生した地で有名です。空海が生まれた時には建立されていない状態で、後に長安の青龍寺を模して建立したと言われています。地元の豪族であった空海の父から土地を寄与されて建立しています。

神童と呼ばれる空海の幼少時代

子供のころから勉強が学べる環境に育ち、漢の書籍、儒教や文学や歴史を学び、かなり知識に優れた少年時代でした。勉強を教えてくれる人にも恵まれ、元気いっぱいの子に育っていきます。

四国七十三番札所の出釈迦寺・奥の院

7才頃に捨身ケ獄に登って、「 仏門に入り多くの人を救いたい、この願いが叶わないなら自分の命を捨てる」と自ら身投げをした時、釈迦如来と天女が現れ、その身を助けたという伝説があります。15歳の時に奈良に渡り、さらに仏教を学びます。

空海が仏門に入るきっかけの寺

奈良市にある大安寺です。「ここに一人の沙門あり。余に虚空蔵求聞持法をしめす」と、空海の著書「三教指帰」の中で記されているお寺になります。空海が、ここのお寺の層となるために出家をしたと伝わっています。お寺としては、「がん封じ」で有名なお寺です。

若かりし頃の空海、太龍寺で難行

四国八十八箇所霊場第二十一番札所の太龍寺です。空海が19歳の頃にここで100日間の難行をしたと伝わっています。虚空蔵求聞持法で、真言を百万回唱える難行をしても悟りが得られず、谷へ身を投げようとしたことを三教指帰にて告白しています。

空海が夢のお告げで大日経を発見した寺

奈良県橿原市久米町にある「久米寺」です。空海は、この寺の東の塔で「密教の根本経典」大日経を見つけます。しかし、梵語などがあまり理解できずに、唐へ渡る決心をします。この時すでに、不思議な流れに包まれている空海でした。難破しそうな船でも生き残る体験をしています。

空海の「夢のお告げ伝説」あれこれ

空海は、夢のお告げをよく見た事になっています。特に有名なのは、夢による開湯伝説です。温泉です。温泉の伝説はたくさんありますが、中でも弘法大師空海によって温泉をみつけて開湯したと言うお話が全国で約20か所あります。

空海が諸国を回って、夢によるお告げで温泉が出たと言うお話がたくさん残っています。「山形あつみ温泉」「和歌山竜神温泉」「山口の湯免温泉」などが夢のお告げで出た温泉です。他にも、杖を突いたら温泉が湧き出た伝説も多数あります。

唐から戻った空海に関わる、九州の寺院

唐から戻り、空海はいろいろとトラブルに巻き込まれます。朝廷から帰京の許しが出なかったのです。大宰府で足止めになった空海ですが、ここから彼の密教歴史が動き始めます。

帰郷の許しが出るまで滞在した観世音寺

朝廷から帰国の許しが出ない理由は、留学僧として最澄と共に唐へ渡った時、国費留学ではなく、私費留学だったため、格下の僧扱いで、20年間帰国することは許されない状態でした。しかし僅か2年数ヶ月で空海は帰国した事が理由とされる。許されるまで観世音寺に滞在。

福岡の東長寺は空海の願いが込められた名前

空海が唐より帰国した時、最初に開山した密教寺院として有名です。唐より持ち帰った仏像や経本・仏具を治めたお寺です。密教が、東へ伸びていき、長く伝わるようにとの願いが込められて「東長寺」と名付けられました。空海が創建した最初の霊場。自作の仏像もあります。

九州八十八ヶ所霊場巡りで、空海の追体験

東長寺を一番札所として、鎮国寺を八十八番札所に定めており、唐での修業を88か所巡ることで空海と同じ修業をしたことにする巡礼めぐりができるようになっています。

長岡京市の大慈山乙訓寺

空海に、最澄が会いに来られて、密教伝授を願いでて、了解したとされるお寺です。日本の仏教が大きく変わることになった出会いの場として有名なお寺です。このお寺は、聖徳太子が作ったとされています。

高野山に戻り、金剛峯寺建立の空海

嵯峨天皇から高野山の土地を賜り、建立したと言います。若い頃に修行したこの地に対して、空海には特別な思いがあったと言われています。と言っても、山中で建築にも、大変苦労を要したこととなりますが、一念の思いで成し遂げ、現在にも続いております。

金剛峯寺建立の、もう一つの伝説

どこかに良い土地はないかと探している時に、黒白2匹の犬を連れた狩場明神と出会い、犬の後について行けと言われ、奈良県に来たところ、土地の神である丹生明神が現れて、高野山の土地を賜ったと言う伝説䌂あります。今でもお二方の明神様を神として祀っています。

金剛峯寺では多くの弟子を持ち、大きな仏教を広めていくこととなっています。その仏教は今でも多くの人に親しまれ、各地で弘法大使様ゆかりのお寺でお祭りなどが催されています。

空海とお寺のまとめ

空海の人生に合わせて、お寺のご紹介をいたしましたが、いかがでしょうか。もし機会があれば、是非とも空海の人生を尋ねてみてください。

「空海・寺」に関連する記事

「空海・寺」についてさらに知りたい方へ

  • 最澄の開いた天台宗・空海の開いた真言宗の違いとはのサムネイル画像

    最澄の開いた天台宗・空海の開いた真言宗の違いとは

    遣唐使として同時期に海を渡った最澄と空海。最澄は法華経ほか密教の一部をわずか6ヶ月で日本に持ち帰り、天台宗の延暦寺を開き、空海は1年8ヶ月間唐に滞在し、密教の全てを恵果和尚より授かり帰国、高野山に真言宗の寺を開き、このように同時期に天台宗と真言宗が出来ました。

  • 【空海の名言集】辛い時、空海の言葉は心にググッと浸み込んでくる。のサムネイル画像

    【空海の名言集】辛い時、空海の言葉は心にググッと浸み込んでくる。

    空海は日本で真言宗の開祖、密教の導入をした人として有名です。死後醍醐天皇から「弘法大使」の名を貰い、今でも親しまれる存在です。書に関しても、とても高い評価をされていて、「三筆の書」の中の一人です。空海の言葉は、心が苦しい時にホッとする言葉がたくさんあります。

  • 真言宗の弘法大師空海が唐から持ち帰ったとされるお経とは?のサムネイル画像

    真言宗の弘法大師空海が唐から持ち帰ったとされるお経とは?

    真言宗・高野山といえば、弘法大師空海で有名なお山です。平安時代に、時を同じくして「比叡山の最澄」と当時の中国の唐の時代に海を渡り、僅かな年月で「真言密教」の全てのお経を持ち帰ったとされる天才僧の空海。その空海が持ち帰ったとされる真言宗のお経とは?

  • 天台宗・真言宗を開いた最澄と空海の違いを比較します。のサムネイル画像

    天台宗・真言宗を開いた最澄と空海の違いを比較します。

    飛鳥時代、仏教が伝来しました。伝来後、奈良仏教と朝廷は対立しました。朝廷は仏教廃止も視野に入れていました。ここで最澄と空海が登場しました。彼らは遣唐使として仏教を学び、奈良仏教と論争しました。そして最澄は比叡山に天台宗を、空海は高野山に真言宗を開きました。

  • 世界遺産高野山のお墓に関するすべてを解説しますのサムネイル画像

    世界遺産高野山のお墓に関するすべてを解説します

    高野山は、9世紀初めに空海が唐から伝えた真言宗の総本山で、現在世界遺産に登録されています。その高野山の金剛峯寺は豊臣秀吉が建立し、奥の院の参道には誰もが知っている戦国武将のお墓だけでなく、皇室や公家などのお墓も数多く建ち並んでいます。高野山のお墓を紹介します。

  • 正しい作法は3回が基本!真言宗におけるお焼香のやり方のまとめのサムネイル画像

    正しい作法は3回が基本!真言宗におけるお焼香のやり方のまとめ

    お焼香のやり方が宗派によって違うのをご存知でしょうか。では、真言宗は他の宗派と違いがあるのでしょうか。同じ仏教でも宗派によって葬儀のやり方は少しづつ違います。それと同じようにお焼香のやり方にも違いがあります。ここでは、真言宗のお焼香について解説します。

  • 善通寺でやってもらえる永代供養についてわかりやすく解説!のサムネイル画像

    善通寺でやってもらえる永代供養についてわかりやすく解説!

    香川県にある善通寺は真言宗のお寺として有名ですが、境内に納骨永代供養塔を建設し、永代供養をしてもらえるお寺としても知られています。 善通寺では宗派が違っても永代供養をしてもらえるのか気になる人のために、善通寺の永代供養を解説します。

  • いろはの意味とは?いろは歌に秘められた日本の文化と歴史のサムネイル画像

    いろはの意味とは?いろは歌に秘められた日本の文化と歴史

    「いろはにほへと」は古くから伝わる馴染みの深い、いろは歌と言われていますが、込められた意味を知っている人はどれだけいるのでしょう?そこで今回は、日本の文化として親しまれていながら、意外と知られていない「いろは歌」に秘められた、深い意味をご紹介します。

  • 天台宗で大切にされているお経について調べてみました。のサムネイル画像

    天台宗で大切にされているお経について調べてみました。

    平安時代、遣唐使船で海を渡り、当時の唐に新しいお経を求めて渡った最澄、その最澄が唐から持ち帰った天台宗のお経にはどのようなお経があるのでしょう。また天台宗で唱えられるお経にはどのようなお経があるか調べてみました。

  • 最強パワーの言霊、不動明王のご真言で開運する極意のサムネイル画像

    最強パワーの言霊、不動明王のご真言で開運する極意

    不動明王のご真言とは、お参りする時に唱える言葉です。密教からきているご真言はマントラとも言われています。サンスクリット語の訳語です。そして、不動明王の真言は強力なパワーを持っている言霊なのです。勝手に真言を唱えても災い起こりません。安心して唱えてください。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

関連する記事

「空海・寺」についてさらに知りたい方へ

最澄の開いた天台宗・空海の開いた真言宗の違いとはのサムネイル画像

最澄の開いた天台宗・空海の開いた真言宗の違いとは

【空海の名言集】辛い時、空海の言葉は心にググッと浸み込んでくる。のサムネイル画像

【空海の名言集】辛い時、空海の言葉は心にググッと浸み込んでくる。

真言宗の弘法大師空海が唐から持ち帰ったとされるお経とは?のサムネイル画像

真言宗の弘法大師空海が唐から持ち帰ったとされるお経とは?

天台宗・真言宗を開いた最澄と空海の違いを比較します。のサムネイル画像

天台宗・真言宗を開いた最澄と空海の違いを比較します。

世界遺産高野山のお墓に関するすべてを解説しますのサムネイル画像

世界遺産高野山のお墓に関するすべてを解説します

正しい作法は3回が基本!真言宗におけるお焼香のやり方のまとめのサムネイル画像

正しい作法は3回が基本!真言宗におけるお焼香のやり方のまとめ

善通寺でやってもらえる永代供養についてわかりやすく解説!のサムネイル画像

善通寺でやってもらえる永代供養についてわかりやすく解説!

いろはの意味とは?いろは歌に秘められた日本の文化と歴史のサムネイル画像

いろはの意味とは?いろは歌に秘められた日本の文化と歴史

天台宗で大切にされているお経について調べてみました。のサムネイル画像

天台宗で大切にされているお経について調べてみました。

最強パワーの言霊、不動明王のご真言で開運する極意のサムネイル画像

最強パワーの言霊、不動明王のご真言で開運する極意

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えますのサムネイル画像

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えます

1
水引アクセサリーの簡単な作り方!和服にも合う結び方を紹介!のサムネイル画像

水引アクセサリーの簡単な作り方!和服にも合う結び方を紹介!

2
礼服のポケットのふたとポケットチーフについて紹介します。のサムネイル画像

礼服のポケットのふたとポケットチーフについて紹介します。

3
お参りとお詣りの意味の違い~神社は?お寺は?のサムネイル画像

お参りとお詣りの意味の違い~神社は?お寺は?

4

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと