【空海の名言集】辛い時、空海の言葉は心にググッと浸み込んでくる。

空海は日本で真言宗の開祖、密教の導入をした人として有名です。死後醍醐天皇から「弘法大使」の名を貰い、今でも親しまれる存在です。書に関しても、とても高い評価をされていて、「三筆の書」の中の一人です。空海の言葉は、心が苦しい時にホッとする言葉がたくさんあります。

目次

  1. 空海の一生を簡単に振り返る
  2. 輪廻転生を匂わせる空海の言葉
  3. 自分と他人を比較するな、空海の言葉
  4. 「すべては自分が引き寄せている」と教え
  5. 苦しんだ分、学びがある
  6. 空海の言葉のまとめ

空海の一生を簡単に振り返る

高野山

空海は、どのような人生を歩んできたのでしょうか?宝亀5年(774)に讃岐地方の名門に生まれ、何不自由なく暮らしています。勉強もよくできて今で言う大学に進みますが、学業が無意味だと感じている時に、一人の僧と出会い、大学を中退します。

そうして仏門に入り修行に励んでいきます。当時の名前を「無空」「教海」「如空」と改めながら、やがて具足戒を受け空海と改名します。「わが心空の如く、わが心海の如く」の心境から空海と名付けたと言います。

こうして31歳の時に、幸運にも中国(唐)に渡り、密教を勉強して日本に持ち帰ってきます。中国では「梵語、インド仏教」などを学び、日本で最初にサンスクリット語を理解した人になりました。こうして43歳の頃、高野山に密教の聖地として開創します。

その後もいろいろな偉業を残し、今なお、空海の教えは受け継がれています。そんな空海の残した言葉を振り返ってみましょう。きっと魂を揺さぶる言葉があります。

輪廻転生を匂わせる空海の言葉

「生まれ生まれ生まれ生まれて生の始めに暗く、死に死に死に死んで死の終わりに冥し」とても有名な空海の名言です。何度も生まれ、何度も死に、それを繰り返したが、生まれる理由もわからず、死んだ後の事も覚えていないと言うことを嘆いています。

約1200年前に空海も、生きる意味を最後まで考えたと言うことです。どうして生まれてきたのか、なぜ死にゆくのか、そして何度も繰り返す生と死には、どんな意味があるのか?そう悩み苦しんだのですね。結局のところ全く分からないということです。

自分と他人を比較するな、空海の言葉

「嫉妬の心は彼岸(ひが)より生ず。平等を得ればすなわち嫉妬を離る」と言う言葉を空海は残しています。自分も人も平等であると悟れば嫉妬の心も、ねたみも、怒りも消えると言っています。自分と他人を区別すると、比較した感情から嫉妬心が湧き起ると言うことです。

自分にないものを持っている人を妬む心は、相手と自分を比較しなければ生まれない感情です。相手が幸せなら私も幸せと思うことで、私たちは平等と言う感覚で過ごせば、妬みはなくなると説いています。

「すべては自分が引き寄せている」と教え

空海の言葉に「心暗きときは、即ち遇(あ)うところことごとく禍(わざわい)なり」がある。心暗きとは、心が病んでいていることです。そんな時は災いばかりに遭遇すると言う意味です。自分で不運を引き寄せているので心をポジテブにしようと促しています。

心ひとつで人生は楽しくなる空海の言葉

「周りの環境は、心の状態によって変わる。心が暗いと何を見ても楽しくない。静かで落ち着いた環境にいれば、心も自然と穏やかになる」これも空海の言葉で、心が暗いと人生は楽しくない。心を落ち着かせれば、穏やかになれると言う意味です。

不運から脱出するための、空海の言葉

「毒箭(どくぜん)を抜かずして、空しく来処を問う」毒矢が体に刺さっているのに、誰がこんなことをしたのか犯人探しをしている間に毒が体中に回って死に至ると言う意味ですが、これを人生に例えると、こういう解釈になります。

自分を苦しめているのは何か、自分が不運に見舞われているのは何が原因か、そんなことを考えているより、前に進めと促しています。心が不運に囚われたままでは何も解決はしないし、成長もありえないのです。それよりも不運を振り払い前進するのみです。

人は苦しい時に、自分以外の者のせいで不運に見舞われたと嘆きたくなります。しかし、そんな考え方をしていてるのは暇人だからだとも空海は言っています。成功する人はそこから脱出する術を考え、前を向いているので人のせいにしている暇はないのです。

この世の地獄も天国も、みな心が決めている

「知らず自心の天・獄たることを、あに悟らんや唯心の禍災を除くことを」この空海の言葉は、この世で起きた苦楽は最初から無いことと同じ事である。すべては心が決めていると言う意味です。どう捉えるかで災いを呼んだり、幸せになったりしていると言う意味です。

苦しんだ分、学びがある

「荒廃は必ずその人による。人の昇沈は必ずその道の学び方にある」壊れゆくものは、すべて人の手によるが、人の苦楽には学びがあるとの教えです。空海は他の名言で、その場面に遭遇した時には、その状況の中に、身を置いて学べと言う意味の言葉もあります。

与えられた状況を心がどう捉えるかで、今後の流れは大きく変わるということです。「道理に迷って苦しむのも、自分の中にある仏に目覚めて正しく励むのも、みな自分の決心次第である。」がまさにそういうことになります。

空海の言葉のまとめ

空海がどんな苦労をして人生を歩んできたのか垣間見える気がしませんか?いつの時代も人は同じことで悩み、苦しみ、答えを出そうともがいている、そんな気がしてきます。最初に書いたように、生まれて来て、生きる意味はどこに答えがあるのでしょうか。

「空海・言葉」に関連する記事

「空海・言葉」についてさらに知りたい方へ

  • 空海の人生の順に、ゆかりのあるお寺をご紹介していますのサムネイル画像

    空海の人生の順に、ゆかりのあるお寺をご紹介しています

    空海はにゆかりのあるお寺は、国内にたくさんあります。なかでも、高野山は、有名な空海の聖地となっています。それ以外にも、空海と密教に関するお寺は多数存在しています。そしての弘法大使としてもが数々のお寺があります。空海の歴史を辿りながら、お寺をご紹介していきます。

  • 真言宗の弘法大師空海が唐から持ち帰ったとされるお経とは?のサムネイル画像

    真言宗の弘法大師空海が唐から持ち帰ったとされるお経とは?

    真言宗・高野山といえば、弘法大師空海で有名なお山です。平安時代に、時を同じくして「比叡山の最澄」と当時の中国の唐の時代に海を渡り、僅かな年月で「真言密教」の全てのお経を持ち帰ったとされる天才僧の空海。その空海が持ち帰ったとされる真言宗のお経とは?

  • 最澄の開いた天台宗・空海の開いた真言宗の違いとはのサムネイル画像

    最澄の開いた天台宗・空海の開いた真言宗の違いとは

    遣唐使として同時期に海を渡った最澄と空海。最澄は法華経ほか密教の一部をわずか6ヶ月で日本に持ち帰り、天台宗の延暦寺を開き、空海は1年8ヶ月間唐に滞在し、密教の全てを恵果和尚より授かり帰国、高野山に真言宗の寺を開き、このように同時期に天台宗と真言宗が出来ました。

  • 天台宗・真言宗を開いた最澄と空海の違いを比較します。のサムネイル画像

    天台宗・真言宗を開いた最澄と空海の違いを比較します。

    飛鳥時代、仏教が伝来しました。伝来後、奈良仏教と朝廷は対立しました。朝廷は仏教廃止も視野に入れていました。ここで最澄と空海が登場しました。彼らは遣唐使として仏教を学び、奈良仏教と論争しました。そして最澄は比叡山に天台宗を、空海は高野山に真言宗を開きました。

  • 悟りを開いたブッダの言葉は、心に鐘がなるように響くのサムネイル画像

    悟りを開いたブッダの言葉は、心に鐘がなるように響く

    ブッダの言葉には、魔法のような力があります。読むと耳に痛い言葉や、「なるほど」と納得する言葉があります。ブッダは歴史的にも有名な人で、映画やドラマ、アニメにまでその物語が語り継がれています。しかし、ブッダの言葉はあまり知られていませんね。そんな名言をご紹介。

  • 真言宗の大切なお経【般若心経】の意味とは!?のサムネイル画像

    真言宗の大切なお経【般若心経】の意味とは!?

    ほとんどの宗派で【般若心経】が読まれていますが、真言宗もその一つです。このお経はとても有名で、短くてなじみのあるものですが、この数百数十文字のお経にはどのようなことが書かれ、どんな意味があるのでしょうか?真言宗のことと共に、お経の意味も見てみましょう

  • 世界遺産高野山のお墓に関するすべてを解説しますのサムネイル画像

    世界遺産高野山のお墓に関するすべてを解説します

    高野山は、9世紀初めに空海が唐から伝えた真言宗の総本山で、現在世界遺産に登録されています。その高野山の金剛峯寺は豊臣秀吉が建立し、奥の院の参道には誰もが知っている戦国武将のお墓だけでなく、皇室や公家などのお墓も数多く建ち並んでいます。高野山のお墓を紹介します。

  • 20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とはのサムネイル画像

    20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

    近年よく耳にするようになった「終活」という言葉。20代から終活を始めるという人もいるのです。20代から終活を始める意義とは何なのでしょうか?どのような内容にすればよいのでしょうか?20代からの終活について考えてみましょう。

  • いろはの意味とは?いろは歌に秘められた日本の文化と歴史のサムネイル画像

    いろはの意味とは?いろは歌に秘められた日本の文化と歴史

    「いろはにほへと」は古くから伝わる馴染みの深い、いろは歌と言われていますが、込められた意味を知っている人はどれだけいるのでしょう?そこで今回は、日本の文化として親しまれていながら、意外と知られていない「いろは歌」に秘められた、深い意味をご紹介します。

  • 正しい作法は3回が基本!真言宗におけるお焼香のやり方のまとめのサムネイル画像

    正しい作法は3回が基本!真言宗におけるお焼香のやり方のまとめ

    お焼香のやり方が宗派によって違うのをご存知でしょうか。では、真言宗は他の宗派と違いがあるのでしょうか。同じ仏教でも宗派によって葬儀のやり方は少しづつ違います。それと同じようにお焼香のやり方にも違いがあります。ここでは、真言宗のお焼香について解説します。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

関連する記事

「空海・言葉」についてさらに知りたい方へ

空海の人生の順に、ゆかりのあるお寺をご紹介していますのサムネイル画像

空海の人生の順に、ゆかりのあるお寺をご紹介しています

真言宗の弘法大師空海が唐から持ち帰ったとされるお経とは?のサムネイル画像

真言宗の弘法大師空海が唐から持ち帰ったとされるお経とは?

最澄の開いた天台宗・空海の開いた真言宗の違いとはのサムネイル画像

最澄の開いた天台宗・空海の開いた真言宗の違いとは

天台宗・真言宗を開いた最澄と空海の違いを比較します。のサムネイル画像

天台宗・真言宗を開いた最澄と空海の違いを比較します。

悟りを開いたブッダの言葉は、心に鐘がなるように響くのサムネイル画像

悟りを開いたブッダの言葉は、心に鐘がなるように響く

真言宗の大切なお経【般若心経】の意味とは!?のサムネイル画像

真言宗の大切なお経【般若心経】の意味とは!?

世界遺産高野山のお墓に関するすべてを解説しますのサムネイル画像

世界遺産高野山のお墓に関するすべてを解説します

20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とはのサムネイル画像

20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

いろはの意味とは?いろは歌に秘められた日本の文化と歴史のサムネイル画像

いろはの意味とは?いろは歌に秘められた日本の文化と歴史

正しい作法は3回が基本!真言宗におけるお焼香のやり方のまとめのサムネイル画像

正しい作法は3回が基本!真言宗におけるお焼香のやり方のまとめ

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えますのサムネイル画像

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えます

1
水引アクセサリーの簡単な作り方!和服にも合う結び方を紹介!のサムネイル画像

水引アクセサリーの簡単な作り方!和服にも合う結び方を紹介!

2
礼服のポケットのふたとポケットチーフについて紹介します。のサムネイル画像

礼服のポケットのふたとポケットチーフについて紹介します。

3
お参りとお詣りの意味の違い~神社は?お寺は?のサムネイル画像

お参りとお詣りの意味の違い~神社は?お寺は?

4

関連する記事

「空海・言葉」についてさらに知りたい方へ

空海の人生の順に、ゆかりのあるお寺をご紹介していますのサムネイル画像

空海の人生の順に、ゆかりのあるお寺をご紹介しています

真言宗の弘法大師空海が唐から持ち帰ったとされるお経とは?のサムネイル画像

真言宗の弘法大師空海が唐から持ち帰ったとされるお経とは?

最澄の開いた天台宗・空海の開いた真言宗の違いとはのサムネイル画像

最澄の開いた天台宗・空海の開いた真言宗の違いとは

天台宗・真言宗を開いた最澄と空海の違いを比較します。のサムネイル画像

天台宗・真言宗を開いた最澄と空海の違いを比較します。

悟りを開いたブッダの言葉は、心に鐘がなるように響くのサムネイル画像

悟りを開いたブッダの言葉は、心に鐘がなるように響く

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと