香典袋の正しい書き方とは?表書きや名前、中袋の書き方をご紹介!

香典袋の正しい書き方をご存知ですか?葬儀の際に必ず持っていく香典ですが、様々なマナーがあり、疑問や不安を抱いている方も多いと思います。今回はその中で香典袋の書き方について、表書きや名前、中袋に書く金額や住所氏名などの事を中心に解説していきます。

目次

  1. 香典袋はどう書けばよいの?
  2. 香典袋には何を書くか
  3. 香典袋の表書きと名前の書き方
  4. 香典袋の内袋・中袋の書き方
  5. 香典袋は何を使って書くか
  6. 香典に関するその他のマナー
  7. 香典袋の書き方についてまとめ

香典袋はどう書けばよいの?

葬儀

親しい方や知人の訃報を受けたら、すぐにでもお別れの挨拶に駆け付けたい気持ちでいっぱいになりますよね。
しかし、いざ葬儀に参列するとなると、普段慣れないマナーやルールがたくさんあって疑問や不安がある方も多いと思います。

中でもご遺族に渡す香典はお金ということもあり、お悩みの方も多いかと思います。
香典とは人が亡くなった時にお香を送る習慣が、お香の代わりとしてお金を渡すようになったものですが、香典袋の書き方ひとつでも様々なマナーがあってなかなかわかりづらいです。
ここでは香典に関する疑問の中で、香典袋の書き方についてわかりやすくご紹介していこうと思います。

今回終活ねっとでは、香典袋の書き方について

  • 香典袋に何を書く必要があるのか
  • 表書きや名前はどう書けばよいか
  • 中袋に書く金額や住所氏名の書き方
  • 香典袋を書くときに気を付けたいこと
  • 香典に関する金額や渡し方などのマナー

以上の流れで解説していきます。

香典袋の書き方について解説した後、金額相場や渡し方などについてもご紹介します。
香典に関する疑問をお持ちの方や香典を出そうとしているけどどうしたら良いかわからない人など、ぜひ最後までお読みいただき、香典に関する理解を深めていただけると幸いです。

香典袋には何を書くか

困った人々

香典を出すことになって香典袋を買ってきたけど、そもそも香典袋に何を書けば良いのかわからないという人もいるのではないでしょうか?

まず、香典袋に書くこととして挙げられるのは表書きです。
お祝い事の時に渡すご祝儀袋でもこの表書きは書きますが、香典の場合はご不幸の時に渡すものなので、使うべき表書きが異なります。

そして、香典の中袋に書くのが香典を出した人の名前や住所、金額です。
日本では香典を受け取った後、ご遺族が香典返しをする風習がありますが、この際にこれらのことがわからないと、香典返しをするご遺族が困ってしまうためです。

香典袋の表書きと名前の書き方

葬儀

香典袋の表側には、表書きと名前を書きます。
表書きは水引の上側の真ん中に、名前は水引の下の中心に書くこととされていますが、表書きと名前に関するマナーはそれだけではありません。

表書きの書き方

表書きは、その昔、人に贈り物をするときに、その内容を示すものとして付けられていた目録が簡略化されたものといわれています。
最近では、この表書きがあらかじめ印刷されている香典袋が多く販売されていますが、表書きが印刷されてない香典袋には自分で記入する必要があります

実はこの表書きが故人の宗教や渡す時期によって変わるのをご存知ですか?
ここではそんな表書きの違いについて解説していきます。
表書きが印刷されている香典袋を買うときにも参考にしてみてください。

故人の宗教による違い

故人の宗教によって表書きは変わります
宗教によってはタブーとされている表書きもあるので、失礼とならないよう気を付けたいところです。

仏教

仏教の場合、御霊前御香典御香料と書かれます。
基本的に仏教では四十九日の忌明け法要までは、御霊(みたま)となってこの世にいらっしゃると考えられています。
その為、通夜・葬儀・告別式では御霊前と書かれることが多くなっていますが、御香典や御香料でも問題ありません。

また、香典袋は黒白または銀一色の水引の物を選びましょう。
不幸が二度と起こらないようにという意味から、結びきりの水引が使われます。

浄土真宗

仏教でも浄土真宗では、人が亡くなると即刻浄土に召されて仏になると考えられています。
そのため御霊という考え方はなく、御霊前と書くことはマナー違反となってしまいます。
御仏前と書くようにしましょう。

神式(神道)

神式では、御榊料御玉串料神饌料と書きます。
御霊前と書くことはできますが、ご神前に捧げるものとなり、仏ではありませんので御仏前とは書けません。

また、水引は黒白か銀もしくは白一色のものを選んで下さい。
香典袋を選ぶ際には、蓮の絵が書かれている香典袋は仏教用になりますので選ばないように注意しましょう。

キリスト教

表書きの書き方は、キリスト教式の場合、2つの宗派によって変わるのでそれぞれ見ていきましょう。
まず、カトリック(カソリック)の場合、御花料、お花料や御ミサ料と書きます
また、御霊前を使用しても問題ありません。
キリスト教ではお香を焚きませんので、御香典とは書けません。
また、仏にもなりませんので御仏前とも書いてはいけないので注意しましょう。

プロテスタントの場合、御花料やお花料、献花料、忌慰料と書きます
注意したいのは、プロテスタントでは御霊は異教の偶像崇拝とされていますので御霊前は不適切となり失礼に当たるという点です。

キリスト教の宗派は葬儀が行われる教会名から宗派を調べることができるので事前に調べておきましょう。

また、一般的に香典袋は水引のない、キリスト教用の物を使います。
ただし御霊前を使用する際は、黒白もしくは銀一色の結びきりの水引で白無地の香典袋を使用しましょう。

無宗教または故人の宗教がわからない場合

日本ではいかなる宗教も信仰していないという方は少なくありませんし、そもそも故人の宗教がわからないという場合もあると思います。
表書きは御霊前と書くのが良いとされますが、浄土真宗やプロテスタントの場合はタブーとされてしまうので注意が必要です。

また、それらの場合は香典袋は多くの宗教・宗派で使用できる白色のものを使用し、水引は黒白または銀一色の結びきりのものを使用しましょう。

四十九日を過ぎると表書きが変わる

浄土真宗以外の仏教では四十九日になると故人が成仏すると考えられているため、表書きは御仏前となります。
最近では、四十九日法要を四十九日前の土日などに行うこともありますが、その場合でも御仏前とするのが一般的です。

表書きの書き方については以下の記事でさらに詳しく解説しています。

こちらも読まれています

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

香典袋の名前の書き方

次に香典袋の表面に書くく名前の書き方について見ていきます。
夫婦で香典を出したり、会社の同僚など有志一同で香典を出すことも増えているので、その際の書き方についても解説していきます。

個人で香典を出す場合

個人で香典を出す際は、香典袋の水引の下の真ん中に会葬者の氏名を書きます
誰がこの香典を出したかがご遺族にわかりやすいように、フルネームで書いてください。

また、上司などの代理で香典を出すときは上司の名前の左横に代と書きます。

会社や学校などの有志の連名で出す場合

会社の同僚や学校のPTAなど、有志の連名で香典を出す場合も少なくないと思います。
これらの場合、人数などによって書き方が変わります。

3人以内とき

連名で香典を出す場合でも3人以内の場合は、1人の時と同じように香典袋の表側に名前を書くことができます。
一番目上の人が真ん中にくるようにし、左へ順にフルネームを書いていきましょう。
真ん中より右には名前を書きませんので注意してください。

4人以上のとき

4名以上で連名で出す場合は名前を連ねるのではなく、〇〇一同と書きます。
その際、表書きとは別に、便箋などの別紙に全員分の氏名・住所・入れた金額を記入し、お金と一緒に中袋へ入れましょう。

会社名・法人名・代表者名で書くとき

基本的に会社名だけで書くことはありませんが、そのような場合には代表取締役名をフルネームで書き、右横に小さめに会社名・法人名と役職名を書きましょう

代表者名で書く場合は真ん中に代表者名を書きます。
そしてその左下に外一同と書き、右側に会社名を添えましょう。
また、人数がわかるように外〇名とする方法もあります。

夫婦連名で出す場合

夫婦で葬儀や法事に参列する場合や、故人が夫婦でお付き合いのあった方だった時などに夫婦連名で香典を出すことがありますが、この際名前はどのように書けばよいのでしょうか?

夫婦で参列するとき

夫婦で参列する場合は通常、夫の名前だけを書きます
しかし、夫婦ともに参列し、なおかつ故人と夫婦ともに特に親しかった場合などは2人の名前を書きます。
その場合は夫の苗字・名前を中央に書いた後、妻の下の名前のみを夫の名前の左側に書くようにしましょう。

夫の代わりに妻が参列する時

夫の代わりに妻が参列する際は、真ん中に夫の名前を書き左横に小さく「内」と記しましょう
なお、同じ代理での参列であっても、先ほど説明した上司の代わりの場合は内は使用しません。

香典を連名で出すときの名前の書き方については以下の記事も参考にしてみてください。

こちらも読まれています

香典袋の名前を連名でどう書く?金額の書き方についても紹介します

お通夜や告別式に参列する際には、一般的に香典を包んだ香典袋を準備します。香典袋を準備するとき、名前を連名で書いていいのか迷ってしまったという経験はありませんか?。今回は香典における連名について、香典のマナーや具体的な書き方についてご紹介いたします。

香典袋の内袋・中袋の書き方

葬儀

香典袋には中袋や内袋と言うお金を入れる封筒がついていることが多いです。
中袋にはご遺族が香典返しをするときの参考となる、金額や住所氏名を記入します。
これらが書かれていないと、ご遺族に余計な気遣いをさせてしまうこともあるので必ず記入するようにしましょう。

金額の書き方

中袋の表側には包んだ金額を記入しますが、いくつか気を付けたいことがあります。

旧字体の漢数字(大字)を使う

縦書きの場合は、中袋の左下に漢数字で書きましょう。
一般的に簡単に改ざん出来ないように漢数字は旧漢字(大字)で書きます
大字の書き方を表にすると以下のようになります。

算用数字 漢数字 大字
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
100
1000 仟・阡
10000

また、円は大字では圓と書き、数字の前に金をつけます。
金○○圓也といった感じで也を付けることもありますが、必ず付けなければいけないわけではありません。

横書きの場合

横書きの場合は、中袋の右下にアラビア数字で書きます
最近の香典袋には、金額を書く欄が中袋に横書き用に印刷されているものがありますが、その場合もアラビア数字で金額を書きます。

香典袋に記入する金額については以下の記事も参考にしてみてください。

こちらも読まれています

香典の金額は漢字で書くべき?香典のお金に関するマナーをご紹介!

香典を用意する際にはいろいろと書くべき項目がありますが、中でも難解なのが金額の書き方です。漢字で書いてよいのか、ただの数字で書いてよいのかに悩む方も多いでしょう。実際のところ、香典に包んだ金額は漢字で書くべきなのでしょうか?

裏側には住所氏名

会葬者の住所や氏名は、中袋の裏側の左下に書くのが一般的です。
表書きの下に書く名前と同じように3名以内の場合は並べて書きますが、4人以上の時は中袋の中に入れる別紙に記入します。

中袋がない場合

包む金額によっては水引が印刷された封筒タイプの香典袋を使うことがあります。
封筒タイプの香典袋の場合、中袋がついていないことが多いです。
また、袋が2重になっている=不幸が重なるという考え方から、中袋を使用しない地域もあります。

このように中袋なしの場合は、香典袋の裏側に氏名と住所、金額を書きます
3名以上の連名となるときは代表者のみ書き、それぞれの住所氏名は別紙に書いて香典袋に入れましょう。

こちらも読まれています

香典袋の内袋の正しい書き方とは?お札の入れ方やふくさもご紹介

知っている方の葬儀に出かける際に必ずといってよいほど持参するものの1つが香典袋です。香典袋といえば外側ばかり気になりますが、実は中に入っている内袋にも書き方など気を配る点があります。今回は香典袋のマナーの中でも内袋の書き方について見ていきましょう。

香典袋は何を使って書くか

葬儀

ここまで香典袋の書き方について見てきましたが、そもそも香典袋はどんなものを使って書けばよいのでしょうか?
墨を使って筆で書かなくてはならないのかと不安に思う人もいるのと思います。
ここではそんな疑問を解決していきます。

原則薄墨で書く

香典袋は原則薄い墨で書きます
これには「涙がこぼれ落ちて墨が薄まってしまった」「突然の訃報に墨を濃くすることが出来なかった」という意味があり、お悔やみの気持ちを表します。

現在は弔事用の薄墨の筆ぺンが売られているので、自分で墨を用意して筆で書かなくても問題ありません。
だだし、中袋に書くことは受付の方やご遺族にわかりやすいように、通常の濃い墨の筆ペンや黒のインクのペンで記入するのが一般的です。

こちらも読まれています

香典は薄墨で書く必要があるの?意味や理由、書くときの注意点を紹介

葬儀で必ず持参する香典ですが、当然ながら表書きなどを墨で書くのが作法です。そして葬儀の場合は薄墨を使って書く必要があります。普通の墨ではなく薄墨を使って書く理由や意味とはどのようなものなのでしょうか?今回は香典を薄墨で書く意味などについて見ていきます。

ボールペンやサインペンで書いてもよいか

筆ペンや毛筆が用意できない場合には、香典袋にペンで書いても良いのでしょうか。
訃報というのは突然やって来るものですから、急なことどうしても用意できない、という場合にはサインペンでも問題ありませんが、インクは黒色を使用して下さい
しかし、この場合でもボールペンや鉛筆では失礼に当たる為、使用しないようにしましょう。

香典に関するその他のマナー

葬儀

金額相場や香典袋の選び方、包み方や渡し方など、香典には書き方以外にも様々なマナーがあります。
ここでは簡単に解説しますが、詳しく知りたい方は各段落でご紹介する記事を参考にしてみてください。

香典の金額相場

香典の金額相場は故人との関係性や法要によって変わります
一般的に親族の場合は1万円~10万円で故人との血縁関係が近いほど高額になります。
また、知人や同僚などの場合は5千円~1万円ほどが目安とされています。
香典は高額過ぎても香典返しなどご遺族の負担になってしまうことがあるので、相場を把握しておくことは大切です。

詳しくは以下の記事を参考にしてください。

こちらも読まれています

香典の金額相場を関係別・法要別に紹介!書き方や入れ方マナーも解説

香典はいくら包めばいいのでしょうか?お葬式や法要に参列する際に必要になる香典ですが、故人との関係性や法要によって金額の相場が変わり、いくら包めばよいのか悩んでいる人も多いと思います。今回は香典の金額相場を香典の書き方・入れ方等のマナーも併せて解説いたします。

香典袋の種類と選び方について

今回香典袋の書き方の中でもいくつか説明しましたが、香典袋は宗教や包む金額によって、水引や表書きが変わります
宗教によってはタブーとされているものや、金額に見合わない香典袋を使ってしまうと失礼となってしまうこともあるため香典袋の種類は知っておくと良いでしょう。

香典袋の種類について詳しくは以下の記事を参考にしてください。

こちらも読まれています

香典袋の選び方って?宗教・金額・法事の種類ごとに分けて解説!

香典を持参する際には必ず香典袋に入れることになりますが、その種類はいろいろあるように見えるため選び方で悩む方も多いでしょう。今回は香典を包むために使う香典袋の選び方を、宗教・金額・法事の種類ごとに見ていきます。

香典の包み方・お札の入れ方

結婚祝いなどでは祝儀袋を袱紗(袱紗)という布で包みますが、香典も同様に袱紗で包みます。
香典の場合不祝儀袋となるため、袱紗は寒色系かつ無地のものを使いましょう。

香典袋にお札を入れるときは肖像のある方が裏に来るようにし、上下をそろえて中袋に入れます。
また、2枚・6枚など偶数や4枚・9枚など縁起が悪いとされている枚数は避けましょう
新札を使うのもマナー違反とされています。

香典の包み方やお札の入れ方についてさらに詳しく知りたい方は以下の記事も参考にしてみてください。

こちらも読まれています

香典袋の包み方はどうする?表書きや袱紗(ふくさ)についても解説

お葬式の際、香典袋の包み方や表書きのマナー、袱紗の使い方など、知っているようで実は自信が無かったりしませんか?いざという時に、迷わない正しい香典袋の包み方について詳しく解説します。袱紗の包み方や使い方などもスマートに出来ると、一層品格が上がります。

香典を渡すタイミング・渡し方

香典を渡すタイミングは通夜や葬儀に参列した時です。
基本的にはどちらで渡しても大丈夫ですが、地域の風習によって決まっている場合もあります。
いずれにせよ、どちらかで渡せば問題ありませんが、2回以上渡してしまうと「不幸が重なる」という意味でマナー違反になってしまうので注意が必要です。

また、香典を渡すときは袱紗に包んで持参し、渡すときに袱紗から出すようにしましょう。
相手から見て香典袋が正面向きになるように渡しますが、渡す際にお悔やみの言葉を一言添えても良いでしょう。

香典の渡し方についてさらに詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

こちらも読まれています

香典を渡すタイミングはいつ?渡し方や注意点も含め解説します!

香典を渡す機会というものはそうそう頻繁にあるものではありません。しかし、香典を渡すタイミングや渡し方などについては、常識として身につけておきたいマナーがあります。そこで今回は、香典を渡すタイミングについて、渡し方や注意点も含めて詳しく解説いたします。

香典袋の書き方についてまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか?
今回終活ねっとでは香典袋の書き方について以下の流れで解説してきました。

  • 香典袋には表書きと名前のほか、ご遺族か香典返しをするときにわかりやすいよう金額や住所氏名を書く。
  • 香典袋の表書きは宗教や渡す時期によって変わる、故人が無宗教だったり、宗教がわからない場合は御霊前が使えるが浄土真宗やプロテスタントではタブーとされているため注意が必要。
  • 人数によって名前の書き方も変わり、個人の場合や連名の場合など、いくつかのパターンに分けられる。
  • 中袋には表に金額、裏に住所氏名を記入するが、金額は旧字体の漢数字である大字で書く。
  • 香典は薄墨で書くのが原則とされているが、筆ペンなどを用意できない場合はサインペンを使っても良い。
    ボールペン、鉛筆は避けたい。
  • 香典には書き方以外にも金額相場やお札の入れ方、渡し方などのマナーがあり、ご遺族の失礼にならないためにも把握しておきたい。

葬儀に参列する際に必ず持参する香典。
だからこそ、様々なルールはありますが故人の考えを尊重し、お互いに素敵な最後のお別れをするため、ご遺族に必要以上に負担をかけないためにも最低限のマナーは知っておきたいものです。

最後までご覧頂きありがとうございました。

「香典袋・書き方」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

    葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「香典袋・書き方」についてさらに知りたい方へ

宗派ごとに過去帳の書き方を紹介。表紙や戒名の書き方のサムネイル画像

宗派ごとに過去帳の書き方を紹介。表紙や戒名の書き方

後悔しないように知っておきたい!正しいクーリングオフの書き方!のサムネイル画像

後悔しないように知っておきたい!正しいクーリングオフの書き方!

円満な退職のためにースマートな退職願いの書き方のサムネイル画像

円満な退職のためにースマートな退職願いの書き方

いざという時に困らない、不祝儀袋の書き方のサムネイル画像

いざという時に困らない、不祝儀袋の書き方

香典袋の表書きは御霊前?御仏前?会社名や夫婦連名はどう書くの?のサムネイル画像

香典袋の表書きは御霊前?御仏前?会社名や夫婦連名はどう書くの?

香典袋のマナーをお教えします 〜書き方から金額まで〜のサムネイル画像

香典袋のマナーをお教えします 〜書き方から金額まで〜

これさえ押さえておけば安心な退職届けの書き方をご紹介します。のサムネイル画像

これさえ押さえておけば安心な退職届けの書き方をご紹介します。

真心を込めたお別れの言葉~弔辞の書き方について~のサムネイル画像

真心を込めたお別れの言葉~弔辞の書き方について~

納骨式の香典袋の【表書きの書き方】や【金額の相場】を解説のサムネイル画像

納骨式の香典袋の【表書きの書き方】や【金額の相場】を解説

塔婆料ってなに?塔婆料の封筒の書き方について紹介しますのサムネイル画像

塔婆料ってなに?塔婆料の封筒の書き方について紹介します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

6

関連する記事

「香典袋・書き方」についてさらに知りたい方へ

宗派ごとに過去帳の書き方を紹介。表紙や戒名の書き方のサムネイル画像

宗派ごとに過去帳の書き方を紹介。表紙や戒名の書き方

後悔しないように知っておきたい!正しいクーリングオフの書き方!のサムネイル画像

後悔しないように知っておきたい!正しいクーリングオフの書き方!

円満な退職のためにースマートな退職願いの書き方のサムネイル画像

円満な退職のためにースマートな退職願いの書き方

いざという時に困らない、不祝儀袋の書き方のサムネイル画像

いざという時に困らない、不祝儀袋の書き方

香典袋の表書きは御霊前?御仏前?会社名や夫婦連名はどう書くの?のサムネイル画像

香典袋の表書きは御霊前?御仏前?会社名や夫婦連名はどう書くの?

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと