葬儀でのナレーションの例文をご紹介!司会は誰がやるかなども解説

近年多く見受けられるようになった「葬儀のナレーション」は、故人との思い出をあざやかによみがえらせてくれます。今回の終活ねっとでは「葬儀のナレーション」について、いますぐに活用できる例文を中心に、例文を参考にナレーションのポイントなどもあわせて紹介していきます。

目次

  1. 葬儀のナレーションの例文について
  2. 葬儀の司会ナレーションは誰がやる?
  3. 葬儀のナレーションのポイント
  4. 葬儀のナレーションの例文
  5. 葬儀のナレーションの例文に関するまとめ

葬儀のナレーションの例文について

葬儀

そもそも「葬儀のナレーション」は、ご存知でしょうか?

「ナレーション」とは物語を語ることであり、物語を「朗読」することです。
また、広告用語としてはテレビコマーシャルの広告メッセージのことも、「ナレーション」と言います。

では、葬儀のナレーションには、どのような役割があるのでしょうか?
葬儀のナレーションの一番の役割は、故人の物語を朗読することです。

ナレーションの例文はたくさんありますが、故人の物語は、例文で補うことはできません。
そこで、ナレーターがまず最初に行うのは、遺族から思い出のエピソードを聞きだすことです。
近親者はもちろん、会社の方やお友達からお話を集め、印象深い事柄をピックアップしていきます。
そうしてまとめられた文章を、葬儀の場で朗読するといった内容になります。

そこで今回の終活ねっとでは葬儀のナレーションについて、誰にお願いするかから始まって、具体的な例文を中心に詳しく説明していきます。

今回ご紹介する内容は以下の通りです。

  • ナレーションは、誰にお願いする?
  • ナレーションのポイントとは?
  • ナレーションの具体的な例文のご紹介

葬儀のナレーションが、どのような形で執り行われているかを、知る機会は多くはありません。
今回ご紹介する内容が少しでも葬儀のことでお悩みの皆さんのお力になれれば幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

終活ねっとでは東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積もりやいざという時の為に電話対応も無料で承っております。
ぜひご利用ください。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀の司会ナレーションは誰がやる?

葬儀

葬儀の司会ナレーションは、葬儀社からの紹介による、プロの方が担当されることが一般的です。
故人の交友関係によっては、お知り合いの方や親族が担当する場合もあります。

どちらにしても、葬儀という厳かな場面を託す相手です。
遺族の方が、「この人なら」と思える方にお願いするのが一番です。

葬儀のナレーションのポイント

人々

葬儀のナレーションには、いくつかの注意すべきポイントがあります。
ここからは葬儀のナレーションのポイントを詳しく紹介していきます。

言葉遣い

葬儀のナレーションに限らず、葬儀や通夜の席、あるいは弔電などにおいて、さまざまな場面で気をつけたいのは忌み言葉です。

忌み言葉とは、不幸が続くことを連想させる言葉のことです。
この項では、忌み言葉の種類を紹介します。

また、宗教によっては使わないように気をつけたい言葉もあります

  • 忌み言葉

    重ね言葉 ⇒ 重ね重ね、次々、再三、くれぐれも、かえずがえすも、他
    繰り返すことを連想させる言葉 ⇒ 再び、引き続き、次に、また、なお、追って、他
    直接的な表現 ⇒ 死亡、死去、御存命中、急死、生きる、他
    縁起の悪い数字 ⇒ 四と九

  • 宗教において気をつけたいこと

    仏教では、成仏できないことを連想させるような言葉に気をつけましょう。
    例 ⇒ 浮かばれない、迷う、他

    神式やキリスト教では、仏教用語をひかえるように気をつけましょう。
    例 ⇒ 成仏、冥福、供養、往生、他

難しい漢字や人名にはふりがなを振っておく

「葬儀のナレーション」に限らず、名前の読み間違いはとても失礼なことです。
最近はキラキラネームの影響で読み方が難しく、間違えられることに寛大な方もいらっしゃいます。
しかし、冠婚葬祭の席でマイクに通しておこなう葬儀のナレーションでは気をつけるべきでしょう。
また、マイクに通される声ですから、漢字の読み間違いにも気をつけましょう

難しい漢字や人名には、事前にふりがなを振っておくことで、本番でも安心して読みあげることができます。

厳かな雰囲気でナレーションする

葬儀のナレーションで一番重要なのは、ご遺族の悲しみから立ち直っていく道程を妨げないことです。
そのため、悲しみをあおるような表現は慎み、伝えるべき内容をシンプルに伝える必要があります。

死別直後のご遺族は、さまざまな感情の中で、かろうじてその場にいらっしゃいます。
悲しみのために、普段とは違う状態の方たちが大勢いらっしゃることを想定して、なじみのある言葉でゆっくりと、たっぷりと間をとり、やわらかく語りかけましょう

それだけで、葬儀の品格は上がり、厳かな雰囲気を保つことができます。

故人の紹介ナレーションのポイント

葬儀のナレーションを作るうえで重要になるのは、故人に関するエピソードです。

色々な例文を参考にするのはかまいませんが、例文そのままでは他人事のようになってしまいます。
印象的なエピソードこそが葬儀のナレーションの要になります。

そのため、ご遺族の方たちから、情報を頂く必要があります。
事前に確認しておきたい情報は、以下のようになっています。

  • 故人の人柄や性格
  • 故人のお仕事
  • 故人が好きだったこと
  • 故人のご家族について
  • 故人との印象的な思い出

たくさんのエピソードを知るためにも、喪主様だけではなく他の方からも聞くようにしましょう。
とはいえ、葬儀という日常にはない状況です。
お聞きする際にも、充分な気づかいのもとで質問するようにしましょう。

葬儀のナレーションの例文

人々

葬儀のナレーションの多くは、司会進行も兼ねて執り行われます。

葬儀は現在、家族葬や無宗教葬、音楽葬や樹木葬など様々な形式がありますが、流れそのものにそれほど違いはありません。
どんな宗派、葬儀形態でも、一般的な流れがあります。
そのため、ナレーションの例文も、たくさんあります。

今回は数あるナレーションの例文のなかから、開式前⇒開式⇒閉式の順にご紹介します。

どんな宗派どんな葬儀形態でも使用される可能性が高く、応用しやすい葬儀のナレーションの例文を選びましたので、参考にしてください。

開式前の例文

開始10分前くらいに、開式の案内をアナウンスします。

間もなく故____様の葬儀並びに告別式を開式いたします。
ご参列の方々は式場にお入りになり、ご着席のうえお待ちください。

着席の頃合いを見計らい、開式前に進行予定時刻をアナウンスします。

故____様の葬儀並びに告別式の予定を、ご案内申し上げます。
__時__分開式、会葬者の方々によるご焼香は__時__分頃、
閉式は__時__分頃、出棺のお時間は__時__分頃を予定しております。

開式の例文

開式のあいさつに、作成済みの葬儀のナレーションを組み込みます。

平成__年__月__日、
ひとつの尊い命が、人生の幕を閉じられました。
いつかはこの日が来ると覚悟していても、やはり別れは辛く、ご遺族の悲しみはひといりでございましょう。

ここに作成済みの葬儀のナレーションを組み込みます。
下記は実際に読まれたことのある例文になります。

ご家族様に、__様との思い出を伺いました。

奥様は、末期の癌だと診断された後の、家族で行った一泊二日の旅行が印象に残っているとおっしゃっておりました。
ご子息様は、子供の頃のキャッチボールの感触が、今も残っているとおっしゃっております。

優しそうで、自然な表情の__様を見ておりますと、幸せな思い出がよみがえってくるのではないでしょうか。
ご縁ある方々に見送られ、__様もきっと喜んでいらっしゃることでしょう。
お元気だった頃のお姿を思い出しながら、残されたお時間を心を込めてお過ごしください。

ここに必要であれば、年齢、宗旨、菩提寺のご紹介を組み込ます。
以下は、宗旨と菩提寺の紹介を組み込んだ例文になります。

本日は__宗___派___寺、御住職を御導師にお迎えし、故_____様葬送の儀、程なく開式でございます。

補足として、参列者様への動作に関するご案内の例文も、紹介します。
短いセンテンスで、はっきりとお伝えしましょう。

・ご一同、ご起立ください。
・ご一同、ご着席ください。
・ただいまより皆様の焼香に入ります。
・係員の案内により、前から順にお願い申し上げます。
・終わりましたらお席に戻り着席してお待ちください。

閉式の例文

参列に対する感謝を忘れずに、結びの言葉をお伝えします。

以上をもちまして、故____様の葬儀、並びに告別式をとどこおりなく終了致しました。
ご多忙中にもかかわらず長時間のご参列、誠にありがとうございました。

葬儀のナレーションの例文に関するまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか?
今回終活ねっとでは、葬儀のナレーションについて詳しく紹介してきました。
葬儀のナレーションについて、もう一度、大切なポイントを確認しておきましょう。

  • 葬儀のナレーションはご遺族が「この人なら」と思える方にお願いします。
  • 葬儀のナレーションのポイントは、故人と参列者とのエピソードです。
  • 葬儀のナレーションで気をつけるべきは「忌み言葉」と故人の「宗派」です。
  • 葬儀のナレーションは「開式前」⇒「開式」⇒「閉式」で進められます。

葬儀のナレーションは、家族しか知らなかったことや、会社の方しか知らなかったことなどを共有できる数少ない方法のひとつです。
また、大切な家族とのお別れに打ちひしがれる遺族に変わって、遺族からのメッセージを伝えるという役割も含んでいます。

今回ご紹介した内容が少しでも葬儀のことでお悩みの皆さんのお力になれれば幸いです。

また、終活ねっとでは葬儀のナレーションに関する記事以外にも、葬儀の費用相場を葬儀形式別に詳しく解説した記事も掲載しています。
ぜひそちらもご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

「葬儀・ナレーション・例」に関連する記事

  • 葬儀の種類を【全て】紹介します!家族葬・直葬などのサムネイル画像

    葬儀の種類を【全て】紹介します!家族葬・直葬など

    家族葬や直葬など様々な種類の葬儀を聞いたことはありませんか?自分たちはどの葬儀をすればいいのかわからないですよね?この記事で全ての種類の葬儀の特徴や違いを説明いたします。ご自身がどの葬儀を選択すればいいのか必ずわかるはずです!

  • 死亡から葬儀までの手順とは?遺体搬送や枕経から葬儀の準備も解説のサムネイル画像

    死亡から葬儀までの手順とは?遺体搬送や枕経から葬儀の準備も解説

    突然やってくる遺族との別れ。気が動転してしまうことでしょ。悲しみに暮れることでしょ。しかし亡くなったらすぐに葬儀をしなければなりません。葬儀が行われるまでの手順を知っていますか?今回は来た時に慌てなくてすむよう葬儀までの手順を紹介していきます。

  • 葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説のサムネイル画像

    葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説

    この記事では、葬儀のマナーの中でも特にネクタイの色や結び方などの常識について書いていきたいと思います。また、例えば葬儀の際のネクタイの色や結び方など常識とされているものがなぜそうなのかという点にも注目していきたいと思います。

  • 葬儀日程の決め方とは?年末年始の関係や日程を知らせる方法も解説のサムネイル画像

    葬儀日程の決め方とは?年末年始の関係や日程を知らせる方法も解説

    身近な人が亡くなった時、多くの日本人は仏教の作法に則って葬儀を執り行うことと思います。実際に葬儀を行うことになったとき、どう日程を決めればよいのでしょう。この記事では、葬儀日程を決めるうえで押さえておくべき項目を紹介しております。

  • 葬儀にふさわしいバッグの選び方を解説!のサムネイル画像

    葬儀にふさわしいバッグの選び方を解説!

    葬儀に参列される際、髪型や服装、身に着けるアクセサリー、持っていくバックなども様々な決まり事があります。中でもバックは最も目立つアイテムの1つです。この記事では、葬儀にふさわしいバックの選び方のポイントを紹介します。

  • 葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介のサムネイル画像

    葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介

    故人とのお別れの時間を過ごすご葬儀の場で、故人を偲び、ご遺族と悲しみを分かち合う時。その場に合う装いはとても大切です。しかし、大切だからとアクセサリーで身を飾るのは相応しくない場です。今回は、ご葬儀の場で失礼にならないアクセサリーの身に着け方をご紹介します。

  • 葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめのサムネイル画像

    葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめ

    近親者が亡くなった場合、社会人の常識として自分や故人が所属する会社へ連絡を行います。連絡を受けた会社側は、葬儀への参列などについて社内規則に沿って対応を行います。これら葬儀に関する一連の流れの中で、双方が注意すべき点をまとめました。

  • 葬儀後にやらなければならない5つの手続きのサムネイル画像

    葬儀後にやらなければならない5つの手続き

    お葬式が終わっても、残されたご家族にはたくさんのやらなければならない葬儀後の手続きがあります。葬儀後の手続きをしっかり行うことで、数十万円以上ものお金を手にできるという場合もあります。

  • 葬儀の受付は誰がやる?受付の準備方法や具体的なマナーまで解説のサムネイル画像

    葬儀の受付は誰がやる?受付の準備方法や具体的なマナーまで解説

    葬儀の受付を任されたら、どのようなマナーを守ればいいのでしょうか。葬儀の受付を行う機会自体、人生の中でそう多くはなく、それ故に実際、どのように振舞うべきか分からない方は多いと思います。その為、今回は葬儀の受付を行う際のマナーを紹介したいと思います。

  • お葬式は、何を基準にどんな場所を選べばいいのかのサムネイル画像

    お葬式は、何を基準にどんな場所を選べばいいのか

    現在は、故人や家族の想いや事情に合わせたお葬式をさまざまな場所で執り行うことができます。何人くらいの人に来てもらい、どんな形式と流れで故人を送るかにより場所の選び方は変わってきます。いざというとき、何を基準にどんな場所を選べばいいのかを考えてみましょう。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

    葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・ナレーション・例」についてさらに知りたい方へ

葬儀の種類を【全て】紹介します!家族葬・直葬などのサムネイル画像

葬儀の種類を【全て】紹介します!家族葬・直葬など

死亡から葬儀までの手順とは?遺体搬送や枕経から葬儀の準備も解説のサムネイル画像

死亡から葬儀までの手順とは?遺体搬送や枕経から葬儀の準備も解説

葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説のサムネイル画像

葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説

葬儀日程の決め方とは?年末年始の関係や日程を知らせる方法も解説のサムネイル画像

葬儀日程の決め方とは?年末年始の関係や日程を知らせる方法も解説

葬儀にふさわしいバッグの選び方を解説!のサムネイル画像

葬儀にふさわしいバッグの選び方を解説!

葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介のサムネイル画像

葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介

葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめのサムネイル画像

葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめ

葬儀後にやらなければならない5つの手続きのサムネイル画像

葬儀後にやらなければならない5つの手続き

葬儀の受付は誰がやる?受付の準備方法や具体的なマナーまで解説のサムネイル画像

葬儀の受付は誰がやる?受付の準備方法や具体的なマナーまで解説

お葬式は、何を基準にどんな場所を選べばいいのかのサムネイル画像

お葬式は、何を基準にどんな場所を選べばいいのか

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

6

関連する記事

「葬儀・ナレーション・例」についてさらに知りたい方へ

葬儀の種類を【全て】紹介します!家族葬・直葬などのサムネイル画像

葬儀の種類を【全て】紹介します!家族葬・直葬など

死亡から葬儀までの手順とは?遺体搬送や枕経から葬儀の準備も解説のサムネイル画像

死亡から葬儀までの手順とは?遺体搬送や枕経から葬儀の準備も解説

葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説のサムネイル画像

葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説

葬儀日程の決め方とは?年末年始の関係や日程を知らせる方法も解説のサムネイル画像

葬儀日程の決め方とは?年末年始の関係や日程を知らせる方法も解説

葬儀にふさわしいバッグの選び方を解説!のサムネイル画像

葬儀にふさわしいバッグの選び方を解説!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと