会社の人に包む香典の相場は?上司・同僚・部下の場合に分けて解説!

会社勤めをしていると、会社関係の方に香典を包むことがあります。贈り手の年齢や亡くなった方との関係性によって香典の金額が変わることをご存知でしょうか?今回は会社の人に包む香典の金額相場や香典袋の書き方について詳しく解説します。

目次

  1. 会社の人に包む香典について
  2. 会社の人に包む香典の金額相場
  3. 連名で香典を包む場合
  4. 会社関係の香典の書き方
  5. 会社から香典を頂いた場合のお礼・お返し
  6. 会社の人に包む香典についてのまとめ

会社の人に包む香典について

お金

会社に勤めていると、会社関係の方の訃報を受けて香典を包むことがあります。

贈り手の年齢や亡くなった方との関係性によって包む金額は異なりますが、いくら包めばいいか迷ってしまう方は多いのではないでしょうか?
また、香典袋の書き方にも決まりがありますので気を付けたいところです。

今回終活ねっとでは、会社の人に包む香典の金額相場を紹介した上で、香典袋の書き方と注意点や、会社から香典をいただいた時のお返しについてもご紹介していきます。

  • 会社の人に香典を包む際の金額相場はいくら?
  • 連名で香典を包む際の集め方は?
  • 会社関係の香典の書き方は?
  • 会社から香典を頂いたときのお返しはどうすればいい?

以上の項目を軸に解説を進めます。

ぜひ最後までご覧いただき、会社の方に香典を包む際の参考にしていただければ幸いです。

終活ねっとでは東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積もりやいざという時の為に電話対応も無料で承っています。

ぜひご利用ください。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

会社の人に包む香典の金額相場

困った人々

まず、就業規則に慶弔規定などがある場合は、それに基づいて香典の金額を決めます。
香典の出し方についても,会社で決められた出し方がある場合がありますので、上司に確認しておく方が安心です。

次に、会社の規定とは関係なく個人的に香典を包む場合です。
この場合は贈り手の年齢や、亡くなった方とのお付き合いの深さによって金額が変わります

会社の就業規則で金額が決められていれば迷うことはありませんが、個人的に香典を包むとなるといくら包めばよいか悩む方も多いのではないでしょうか?

あまりに高い金額を包むと、香典返しの兼ね合いもありご遺族の方を困らせてしまいます。
また、上司より高い金額を包んでしまうのも避けたいですよね。

ここでは、一般的な香典の金額相場をご紹介します。

上司・同僚・部下

亡くなった方が会社の上司・同僚・部下の場合の香典の金額の相場はこのようになっています。

  • 贈り手が20代

    5000円

  • 贈り手が30代

    5000円~1万円

  • 贈り手が40代以降

    1万円~

となります。
亡くなった方が上司や先輩でも部下でも金額相場は変わりません。

30代以降は、亡くなった方との親交の深さや仕事でお世話になった度合いによって上に書いた金額の範囲内でいくら包むかは個人差があります。
ただ、一般的には5000円~1万円が相場となっているようです。

上司・同僚・部下の親

次に、亡くなった方が会社の上司・同僚・部下の親の場合です。

会社の親・同僚・部下の親が亡くなられた場合は一般的に3000円~1万円が金額相場となっています。
こちらもご本人が亡くなられた時と同様に、贈り手の年齢によって違いがありますのでご紹介します。

  • 贈り手が20代

    3000円~5000円

  • 贈り手が30代

    3000円~1万円

  • 贈り手が40代以降

    亡くなった方が上司の親の場合、5000円~1万円
    亡くなった方が上司の同僚・部下の親の場合、3000円~1万円

上司・同僚・部下の親族

次は会社の上司・同僚・部下の親族が亡くなった場合です。
親族といっても上司・部下・同僚と同居の親族であったり、遠縁の親戚であったりと関係性は様々です。

「〇親等までは香典を包む」などと決まっていればわかりやすいのですが、そのような明確な決まりはありません。
同じ会社内でも、違う部署や普段あまり親交のない場合は、かえって相手に気を遣わせてしまうため香典を包まない方もいます。

一般的には直属の上司や部下、同じ部署内の同僚の親族が亡くなった際には香典を包むことが多いようです。

金額の目安は会社の上司・同僚・部下の親が亡くなった時と同じく3000円~1万円程度です。
実際には贈り手が20代だと3000円、30代だと5000円の方が多いようです。

取引先の関係者

取引先の会社の方が亡くなった場合の香典の金額相場はいくらでしょうか?
香典の相場は、

  • 取引先の社長

    3万円

  • 取引先の社長の親族

    1万円

  • 取引先の担当者

    1万円

となっています。

中には、お世話になった取引先の社長が亡くなった場合は10万円包む方もいるようです。
また、取引先の社長でも、社長の親族でも、担当者でも金額は一律5000円というケースもあります。

取引先の関係者の方の訃報を聞いた際は、まずご自身の会社の上司に相談されてみる方がよさそうです。

連名で香典を包む場合

お金

ここまでは個人で香典を包む際の金額相場についてご紹介しましたが、「〇〇一同」という形で連名で包むこともあります。

どのような場合に連名で出すのか決められているわけではありませんが、一般的に個人の香典の金額が2000円以下だと連名で包むことが多いようです。
反対に、1人当たり3000円以上の場合は個人名で出すことが多くなっています。

集め方

集め方は、全員同じ金額で割り勘にして集める場合と、有志を募る方法があります。

全員まとめて割り勘にする

香典を出す際、会社の上司よりも高い金額を包むことは避けたいですが、いくら包むかというのを上司に聞くのはなかなか難しいものです。
このように金額に悩む方は多いので、会社での地位や役職に関わらず全員同じ金額で集めることがあります。

全員まとめて割り勘にする場合は、合計金額を決めてから人数で割るか、1人ずつが包む金額を決めてから合計金額を合わせるかのどちらかになります。

有志を募る

香典はあくまでご遺族の葬儀にかかる金銭的な負担を軽減する相互扶助の意味合いでお渡しするものなので、厚意でお渡しするものです。
会社の人と連名で出すからといって強制的に出さないといけないものではありません。

有志を募って香典を預かる場合は口頭やメールなどでその旨を伝えると良いでしょう。
メールで伝えるときは、

例文 ○○様のご葬儀に際して、「有志」としてお香典を集めることとなりました。
ご賛同いただける方は、○○課○○までお申し出ください。

このように簡潔にまとめるとメールを受け取った方もわかりやすいですよね。

なお、有志を募って香典を集めた場合、1人1人金額が異なることがあります。
誰がいくら包んだのかわからなくなると、後に香典袋に名前と書く際に困ってしまいます。
有志一同で香典を集める際はその都度名前と金額をわかるように記しておくと安心です。

金額相場

香典を連名で出す際に、いくら包むべきかはっきりとした金額は決められていません。

1人当たり1000円だと10人から集めれば1万円ですし、集める人数が多いと5万円以上となることもあります。

先ほどもお伝えした通り、1人当たり3000円以上包む場合は個人で出すことが多いので、連名の場合の金額相場は1人当たり1000円~2000円程度となります。

大人数から集めると端数が出てくることもありますが、なるべくキリの良い数字で揃えます。
ただ、合計額は4や9など縁起の悪い数字にならないように気を付けましょう。

また、多くの人から香典を集めると全て千円札で集まることがあります。
そのままお渡しすると、後日ご遺族の方が香典を集計するのに手間がかかってしまいます。

中に入れるお札はできるだけシンプルにしてお渡しするのがマナーです。

こちらも読まれています

香典を有志一同で包む場合の相場は?金額相場や香典袋の書き方を解説

故人の葬儀に際して有志一同で香典を準備することもあるでしょう。特に会社の部署や趣味仲間などでせめて故人を悼む気持ちを示したいという場合には、有志一同で香典を包むのはおすすめの方法です。そこで問題となるのが金額相場ですが、いくらほど包めばよいのでしょうか?

会社関係の香典の書き方

葬儀

香典で包むお金と香典袋の用意ができたら、次は香典袋に自分の名前や金額を書きます。

まずは外袋の書き方ですが、香典袋の水引の下、中央にフルネームで名前を書きます。
普通の筆ペンで書いてもマナー違反というわけではありませんが、一般的には薄墨の筆で書きます。

そして、中袋には金額と名前、住所を書きます。
中袋の表面の中央に金額を書き、裏面の左側に住所と名前を書きます。

金額は旧字体の漢数字で書くのがよいとされていますが、略式でも構いません。
金額の前には「金」、金額の後には「也」をつけます。

この「也」は、かつて日本で「〇円〇銭〇厘」という単位で金銭の授受が行われていたときに、円以降の金額を書き換えないために使われていました。
そのため、昔は書くことがマナーとされていましたが、最近では円以降の単位はほとんど使いませんのでつけなくてもよいとされています。

実際の金額の書き方は、以下のようになります。

  • 3000円

    「金参阡圓(也)」、略式では「金三千円(也)」

  • 5000円

    「金伍阡圓(也)」、略式では「金五千円(也)」

  • 1万円

    「金壱萬圓(也)」、略式では「金一万円(也)」

  • 3万円

    「金参萬圓(也)」、略式では「金三万円(也)」

  • 10万円

    「金壱拾萬圓(也)」、略式では「金十万円(也)」

香典の書き方については、個人で出す場合や会社から出す場合、連名で出す場合でそれぞれ違う点がありますので詳しく解説していきます。

個人で出す場合

個人で香典を出す場合は、水引の下、中央に自分の名前を書きます。

自分の勤める会社の上司・同僚・部下やその方の親族が亡くなった場合は、会社や部署名を書かず名前だけ書く場合が多いようです。

亡くなられたのが取引先の方など、ご遺族の方に故人との関係性がわかりづらい場合は会社名や部署名も書く方が親切です。

中袋の裏面には、自分の住所と名前を書きます。

会社から出す場合

会社から香典を出すときには、会社名ではなく代表者名を書きます。
会社名で香典を出すことはあまりありません。

個人で香典を出すときと同様、代表者名だけだと故人との関係性がわかりにくいので、代表者名の右上には名前よりも少し小さい字で会社名を書いておきます。

取引先の方やその関係者が亡くなった場合はもちろん、自分の会社の上司・同僚・部下が亡くなったときも会社名は書くようにしましょう。

中袋には会社の所在地と会社名、代表者名を書きます。

上司や同僚の代理の場合

何らかの理由で争議に参列することができず、ほかの人に代理を頼むことがあります。
上司や同僚の代理で香典を持参する場合は、上司や同僚の名前の左下に「代」と小さく書きます

中袋に書くのは、代理の人ではなく外袋に書く人の名前と住所です。

連名の場合

連名で香典を出す場合は、一つの香典袋にまとめてお金を入れます
水引の下に書く名前は、人数によって書き方が異なります。

また、中袋の書き方も個人で香典を出す場合とは違う点があります。

連名で香典を出すときの名前の書き方や中袋の書き方もみていきましょう。

3名までの連名

2名までの連名の場合は水引の下にバランスよく収まるように名前を書き、名前の右上に名前よりも小さい字で会社名を書きます。
役職の高い方の名前を右に書きます。

3名で連名で香典を出す場合は、まず1人の名前を水引の下、中央に書いたらその左右両脇に1名ずつ名前を書きます
2名のときと同様に、名前は役職の高い人が一番右で、一番左に役職が低い人の名前を書きます。


会社の同僚と連名で香典を出す場合など、特に上下関係がない場合は五十音順で名前を書くことが多いようです。

中袋の裏面には3名分の住所と名前を書きますが、書くスペースは限られているので筆だと字が潰れて読みにくくなることがあります。
ですので、3名の住所と名前のみボールペンやサインペンで書いても失礼にはあたりません。

4名以上の連名

連名で名前を書くのは一般的に3名までです。
4名以上の連名で出す場合は名前は書かず、水引の下、中央に「○○一同」「○○有志」と書きます。

代表者のみ

4名以上の連名で香典を出すときに、代表者名のみを書くこともあります
そのときに書くのは会社の代表者名ではなく、連名で出す方の代表者の名前ですのでご注意ください。

連名で出す方の中で一番役職の高い方の名前を書くのがいいでしょう。
この場合の書き方は水引の下、中央に代表者の名前を書き、その左下に「他一同」と書きます。

4名以上の連名の場合、中袋には代表者の住所、名前のみを書きます。
代表者の名前の下には「◯◯他」と書きます。
代表者以外の名前と住所は別紙で一覧表にして同封します。

その他の注意点

香典の書き方にはほかにもいくつか注意点があります

  • 香典袋に書く住所は縦書き

    基本的に香典袋は縦長なので、住所に限らず金額や外袋に書く名前も縦書きで書くことが一般的とされています。
    まれに横書きで書くこともありますが、この場合は金額の横書きで書きます。

  • 宗派によって表書きが違う

    仏式や神式であれば「御霊前」、浄土真宗は「御仏前」、キリスト教は「御花料」など、宗派によって使える表書きが違います。

  • 書き間違えても修正はできない

    もし香典袋に書く文字や数字を書き間違えてしまった場合は、修正テープなどは使わず新しい香典袋に再度書き直しましょう。
    内袋に書いた住所を少し間違えた程度であれば、場合によっては定規で二重線を引いて使うこともありますが、念のために予備の香典袋を用意しておくことをおすすめします。

香典の書き方や注意点については、こちらの記事でさらに詳しくご紹介しています。
よろしければこちらも合わせてご覧ください。

こちらも読まれています

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

会社から香典を頂いた場合のお礼・お返し

人々

ここまでは香典を出す際のマナーや注意点などをご紹介してきました。

では反対に、身内に不幸が起こってしまい会社から香典をいただいた場合のお礼やお返しはどうすればいいかについてもご紹介します。

会社の慶弔規定で頂いた場合

会社の慶弔規定でいただいた場合は、その香典は経費から出ているので香典返し不要とされているケースが多くなっています。
不安な場合は会社の総務部の担当者に確認してみましょう。

しかし、中小企業などでは、場合によっては会社名のない代表者の個人名となっていることがあります。
これは社長個人の意思で香典を出したことが考えられるので、通常通り香典返しをしておくことをおすすめします。

社員の連名でいただいた場合

会社の方から連名で香典をいただいた場合は、1人ひとりの香典の金額は1000円~2000円程度と少額であることが多いので、お返しは必要ないというケースもあります。

しかし、葬儀などで数日間会社を休んだため、お詫びのお礼の気持ちを込めてお返しをする方がほとんどです。
その場合は、忌引き休暇後に個包装のお菓子などを持参すると良いでしょう。

取引先や個人名義でいただいた場合

取引先の関係者や会社の方から個人名義で香典をいただいた場合は、いただいた香典の半額を目安に香典返しをします。

忌引き休暇明けに香典返しの品物を手渡しする場合は、役職の高い方から順にお渡しします。
葬儀へ参列してくださったことへのお礼と合わせて、忌引き休暇をいただいたお礼もお伝えしましょう。

会社の人に包む香典についてのまとめ

人々

今回終活ねっとでは、会社の人に包む香典についてご紹介してきました。

会社の人に香典を包む際には、亡くなった方との関係性やご自身の年齢によって金額相場が違うことや、香典袋の書き方にも個人か連名かによって大きな違いがあることがわかりましたね。

では、今回の内容を以下にまとめます。

  • 会社の人に包む香典の金額相場は、亡くなった方が会社の上司・同僚・部下の場合、贈り手の年齢が20代だと5000円、30代だと5000円~1万円、40代以降は1万円からが相場となっている。
  • 亡くなった方が会社の上司・同僚・部下の親や親族の場合は、贈り手が20代だと3000円~5000円、30代だと3000円~1万円、40代以降は3000円~1万円が金額相場である。
  • 取引先の関係者が亡くなった場合の香典の金額相場は、取引先の社長が亡くなった場合は3万円、社長の親族だと1万円、取引先の担当者だと1万円となっている。
  • 連名で香典を包む場合は、全員でまとめて割り勘にする方法と、口頭やメールで
    有志を募る方法がある。
    連名で香典を包むときの金額相場は1人当たり1000円~2000円程度となることが多い。
  • 香典袋には、外袋に名前を書き、中袋には金額と名前、住所を書く。
    金額は旧字体の漢数字で書くのが良いとされているが、略式でもマナー違反にはならない。
  • 個人で香典を出す場合は、香典袋の水引の下、中央に自分の名前を書く。
    会社から出す場合は代表者名と会社名を書く。
  • 連名で香典を出すときは、3名までは香典袋の水引の下に全員の名前を書くが、4名以上の場合は連名の代表者の名前のみを書いて「他一同」と書くか、「〇〇一同」、「〇〇有志」と書く。
  • 香典袋は基本的に縦書きで書き、書き間違えた場合は新しい香典袋に書き直すのが望ましい。
    宗派によって使える表書きが違うので確認しておく必要がある。
  • 会社から香典を頂いた場合、会社の慶弔規定で頂いたものは香典返しが不要なケースが多い。
    社員の連名で頂いたものはお返しが不要とされることもあるが、お礼とお詫びの気持ちを込めて、忌引き休暇後に個包装のお菓子などを持参することがほとんどである。
  • 取引先や個人名義で香典をいただいた場合は、半返しが基本である。

以上のようなことがわかりました。

終活ねっとでは、ほかにも香典についての記事を多数掲載しております。
以下の記事では香典の辞退について解説しています。
よろしければこちらの記事もご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらも読まれています

香典を辞退するには?されたら?立場別の対応や例文の書き方を解説!

香典とはお香の代わりに供える金品のことです。以前までは、親戚から近所の人など多くの人から香典をいただき、葬儀費用を賄うというのが一般的でしたが、近年は香典を辞退する家庭も増えているそうです。今回はそんな香典を辞退する方法や、された場合の対応方法を解説します。

「香典・会社」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

    葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「香典・会社」についてさらに知りたい方へ

葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめのサムネイル画像

葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめ

リストラ、解雇。会社都合で退職になったらどうする?のサムネイル画像

リストラ、解雇。会社都合で退職になったらどうする?

香典、のし袋。いざというときにあわてない、基本の不祝儀エチケットのサムネイル画像

香典、のし袋。いざというときにあわてない、基本の不祝儀エチケット

香典の水引の色や形に決まりはあるの?宗派で異なる水引のマナーのサムネイル画像

香典の水引の色や形に決まりはあるの?宗派で異なる水引のマナー

お通夜で恥をかかないために、基本の香典マナーについて知っておこうのサムネイル画像

お通夜で恥をかかないために、基本の香典マナーについて知っておこう

いざという時に慌てない為に。お葬式の香典の話のサムネイル画像

いざという時に慌てない為に。お葬式の香典の話

会社やお店で神棚を飾る時に、注意すべき点をご紹介のサムネイル画像

会社やお店で神棚を飾る時に、注意すべき点をご紹介

突然のお葬式でも慌てない、香典の金額相場を確認しましょうのサムネイル画像

突然のお葬式でも慌てない、香典の金額相場を確認しましょう

納骨式とはなにか?~納骨式での香典の基本〜のサムネイル画像

納骨式とはなにか?~納骨式での香典の基本〜

納骨式で失礼のないようにしたい!香典に関するマナーのサムネイル画像

納骨式で失礼のないようにしたい!香典に関するマナー

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

6

関連する記事

「香典・会社」についてさらに知りたい方へ

葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめのサムネイル画像

葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめ

リストラ、解雇。会社都合で退職になったらどうする?のサムネイル画像

リストラ、解雇。会社都合で退職になったらどうする?

香典、のし袋。いざというときにあわてない、基本の不祝儀エチケットのサムネイル画像

香典、のし袋。いざというときにあわてない、基本の不祝儀エチケット

香典の水引の色や形に決まりはあるの?宗派で異なる水引のマナーのサムネイル画像

香典の水引の色や形に決まりはあるの?宗派で異なる水引のマナー

お通夜で恥をかかないために、基本の香典マナーについて知っておこうのサムネイル画像

お通夜で恥をかかないために、基本の香典マナーについて知っておこう

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと