家族葬で行うお葬式の費用はどのくらい?費用を抑えるコツも紹介

家族葬で行うお葬式は費用が安くなると言われています。しかし、具体的にどれくらい費用が安くなるかや、そのためにするべきことを知っている人は少ないのではないでしょうか?今回は家族葬で行うお葬式の費用を具体的に解説し、費用を抑えるコツも紹介します。

目次

  1. 家族葬で行うお葬式にかかる費用について
  2. 家族葬とは?
  3. 家族葬で行うお葬式にかかる費用は?
  4. 家族葬は費用が抑えられる?
  5. 家族葬の費用を抑えるには
  6. 家族葬を行うメリット・デメリット
  7. 家族葬よりも費用のかからない葬儀
  8. 家族葬で行うお葬式にかかる費用まとめ

家族葬で行うお葬式にかかる費用について

葬儀

通常、お葬式には多くの費用がかかります。
そこで、主にご遺族やご親族の方のみが参列できる家族葬にして、規模を小さくすることで、葬儀に必要な費用を抑えることができると言われています。
では、実際にどれくらい費用を抑えることができるのでしょうか?

今回終活ねっとでは、家族葬で行うお葬式の費用を中心に、費用を抑えるコツも紹介していきます。
解説する内容は以下の通りです。

  • そもそも家族葬とは一体どんな葬儀?
  • 家族葬で行うお葬式に必要な費用は?
  • 家族葬は実際に費用が抑えられるのか?
  • どうしたら家族葬の費用を抑えることができる?
  • 家族葬を行うメリット・デメリットは?
  • 家族葬よりも費用のかからない葬儀はあるの?

今回解説する内容が、家族葬の費用でお悩みの方の少しでも参考になれば幸いです。
ぜひ、最後までお読みください。

終活ねっとでは、東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積りやいざという時の為に電話対応も無料で承っています。
こちらもぜひご利用ください。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

家族葬とは?

葬儀

そもそも家族葬とは一体どのような葬儀なのでしょうか?

家族葬とは、その名の通り主に家族など、近親者のみで行う葬儀のことを指します。
そのため、一般的な参列者がほとんどいない葬儀になります。

規模も小さくなることが予想されるので、葬儀の負担削減を希望する方や、葬儀費用をできるだけ抑えたい方に人気となっている葬儀です。
ご家族の意向によっては親しい知人など、身内ではない人にも参列してもらうこともできます。

家族葬で行うお葬式にかかる費用は?

お金

では、家族葬を行う際に必要な費用はどのくらいなのでしょうか?
具体的な費用相場を挙げながら詳しく解説していきましょう。

家族葬の費用相場

全国的に見て、家族葬にかかる費用相場は90万円~110万円程度と考えていいでしょう。
家族葬は地域によっても多少費用に差があります。

最も安い地域や、プランによっては40万円程度から家族葬ができることもあります。
経済的理由で一般葬が行えないという方にも人気となっています。

一般的なお葬式との比較

一般的な葬儀では、全国的に見て、費用相場は160万円~200万円程度と考えていいでしょう。
一般的な葬儀も地域やプランによって金額に差はあり、首都圏で葬儀を行う場合は費用が200万円を超える場合もあります。

一般葬だと参列者も多く、規模が大きくなりがちなので、会食費や葬儀会場に多くの費用がかかってしまいます。
しかし、家族葬ならこれらの費用を抑えることができるので、一般的な葬儀と比べると全体的に必要な費用も安くなるということです。

内訳

では、家族葬での費用の内訳を解説してきます。
家族葬といっても、お布施代や火葬費、会食費など費用が必要になる要素がたくさんあります。

それぞれの具体的な費用を知っていると、費用の見積りもしやすいでしょう。

葬儀一式にかかる費用

お通夜や告別式、火葬など、葬儀全体を通して必要になる費用は50万円~70万円程度です。

家族葬では葬儀の流れに取り入れたい演出などを取り入れることができる場合があるため、特別な演出などを取り入れる場合は値段が変わってくる可能性があります。
また、葬儀会場や葬儀の規模などによっても費用は変動します。

お布施

家族葬の場合でも読経をしてもらう場合はお布施代が必要になります。
平均的なお布施代にかかる費用は読経、戒名を含めて40万円~60万円程度となっています。
読経には10万円~20万円程度、戒名には30万円~40万円程度必要になります。
お布施代は地域の慣習によって金額に差があります。

他にも、僧侶が自宅に来るまでの交通費としてお車代が必要になったり、僧侶が葬儀後の会食に参加しない場合は御膳料などが必要になる場合もあります。

また、授けられる戒名のランクによっては、さらに費用が必要になることもあります。
詳しく知りたい場合は、葬儀社などに一度問い合せてみることをおすすめします。

お布施代を抑える方法として、家族葬ならではの無宗教葬を行うという方法があります。
無宗教の葬儀では読経がないため、僧侶に払うお布施代も必要ありません。

火葬にかかる費用

亡くなった人を火葬するにも費用が必要になります。
火葬に必要な費用は、すべて合わせて20万円~30万円程度と考えていいでしょう。

葬儀業者によって火葬にかかる金額が大きく異なる場合があるので、いくつかの葬儀業者に費用を確認してみるのもいいでしょう。

火葬費の内訳には、遺体を運ぶ費用や、ドライアイス代なども含まれています。
火葬が終了するまでの間に休憩室を利用する場合がありますが、その場合は利用料が必要になります。

飲食費

お通夜後の通夜振る舞いや、告別式後の精進落とし、その他の飲料代など、飲食費も葬儀の内訳に含まれます。

そもそも一般の葬儀の場合に通夜振る舞いや精進落としを行うのは、葬儀に参列してくれた人をもてなすために行われるためです。
しかし参列者のほとんどが身内である家族葬では、会食をしないこともあります。
よって、飲食に必要な費用を抑えることができます。

家族葬でなくとも小規模の葬儀では会食をしないことがあり、その場合は飲食費はかからないということです。

もし用意する場合、相場は1人あたり5000円〜6000円となります。
会食の回数や人数によって変動します。

家族葬は費用が抑えられる?

葬儀

一般的な葬儀では参列者から香典を受け取りますが、家族葬では香典返しの用意といった負担を減らすため、香典を受け取ることがあまりありません。
そのため、香典を葬儀の費用に当てることができません。

一見香典返しなどをする手間が省けてメリットがあるように思えますが、葬儀にはそれなりに費用が必要になるため、かえってデメリットともなり得ます。
家族葬では費用が抑えられると説明してきましたが、香典を受け取らない分かえって支払う費用が増えてしまう可能性もあります。

参列者を多く呼んで香典を受け取るか、参列者を呼ばずに香典を受け取らないかは、よく考えて決める必要がありそうです。

家族葬の費用を抑えるには

困った人々

ここからは家族葬の費用を抑える方法を紹介していきます。
一般のお葬式よりも費用が抑えられる家族葬ですが、工夫次第ではさらに費用を抑えることもできます。

どのように故人とお別れをするかということと、お葬式にどれだけの費用をかけるかという2つの点を考慮した上で、最適な葬儀プランを選べるようにしましょう。

複数の葬儀社から見積もりを取る

お葬式に必要な費用は葬儀社によって変わります。
そのため、いくつかの葬儀社から見積もりを取りましょう。
その中から一番費用が安い葬儀プランを選ぶことができます。

ただ、お葬式の費用ばかりに注目し、プランなどをおろそかにしていると、いざお葬式となった時にトラブルになってしまう可能性もあります。
費用が安いお葬式を選ぶのは結構ですが、葬儀のプランもきちんと確認した上でどの業者を選ぶかを決めるようにしましょう。

無宗教葬にする

お葬式の費用を抑える有名な方法として、無宗教の葬儀にするという方法があります。
前述の通り、無宗教のお葬式では僧侶による読経がないため、読経にかかる費用や戒名料などのお布施を払う必要がありません。

読経以外にも無宗教のお葬式では費用を全体的に抑えることができる要素がたくさんあるため、費用を抑えたい人や、宗教にこだわらない人は、無宗教のお葬式という選択が適しているでしょう。

ただ無宗教の葬儀を行うと、先祖代々お世話になってきた菩提寺がある場合は関係にトラブルが生じたり、親族の理解を得ることが難しいなど、デメリットもあります。

特に菩提寺との関係については難しい問題で、安易に無宗教の葬儀を行ってしまうと、お墓に入れなくなってしまったり、もう一度葬儀をやり直してくださいと言われてしまったりするケースもあります。
費用を抑えるために無宗教のお葬式を行う場合は、事前によく調べた上で周囲の人の理解を得てから行うようにしましょう。

以下では、お経・戒名がない無宗教葬について詳しく解説しております。
ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

お経なし・戒名なしで家族葬はできる?直葬や無宗教式家族葬をご紹介

葬儀の形式が多様化してきた近年では、親族や親しい方だけで行う家族葬も一般的なものになりました。家族葬を行う際にお経なし、戒名なしで葬儀を行ってもいいものなのでしょうか。今回終活ねっとではお経なし、戒名なしで家族葬ができるのか解説していきます。

葬祭の補助を利用する

お葬式の際にある条件を満たすと国や自治体などから補助金が利用できる場合があります。
給付金をもらうためには、国民健康保険か国民健康保険以外の医療保険に加入している必要があります。

給付金をもらう際には事前に必ず申請をしましょう。
申請をしないと給付金をもらうことはできません。

補助金の一つに「葬祭費」があります。
葬祭費は故人が国民健康保険やその他の医療保険に加入していた際に受け取ることができます。
支給額は自治体によって異なりますが、5万円前後と考えていいでしょう。
葬祭費の給付申請は故人が亡くなってから2年以内に行えば受け取ることができます。

また、「埋葬費」という補助金もあります。
埋葬費は被保険者本人が死亡した場合、かつ被扶養者などの給付金の申請ができる人がいない場合に申請することができます。
この場合の埋葬料は実際に埋葬を行った人に給付されることになります。

支給額は5万円前後です。
埋葬費も故人が亡くなってから2年以内に申請を行えば受け取ることができます。

注意すべき点は、自治体によって手続きや金額が異なることです。
手続きの際は実際に自治体に問い合わせてみることをおすすめします。

会食をしない

前述の通り、家族葬のように小規模な葬儀の場合は、会食をしないことで費用を抑えることができます。

一般の葬儀であれば参列者をもてなすために行うと説明しましたが、お葬式に参列するのが身内のみで、周囲の理解が得られている場合は会食を無しにしても問題ありません。

食べ物代や飲み物代などは思ったよりも費用が必要なります。
会食を無しにする場合は葬儀業者に連絡し、プラン変更の相談をするなどしてトラブルを未然に防ぎましょう。

規模を小さくする

お葬式にかかる費用を抑える定番の方法は、お葬式の規模を小さくすることです。
規模を小さくすることで斎場をより小さくすることができ、費用が抑えられます。
会食や返礼品等を準備する場合も、規模が小さければそれほど大きな負担にはなりません。

また、家族や親族の他に本当に家族葬に来て欲しい人だけに参列するようお願いすることで、それぞれがより多くの時間を故人のそばにいることに費やすことができ、結果的に良い葬儀になることもあります。

葬儀会場についても、いくつかの葬儀社に問い合わせてもいいでしょう。
お葬式の会場になりそうな場所をいくつか見積もってもらい、その中で費用が抑えられる会場を選ぶようにすると費用が抑えられます。

公営の斎場や自宅で行う

公営の斎場や自宅で葬儀を行うことで費用を抑えることもできます。
ではまず、公営の斎場を利用する場合について解説します。

公営の斎場は市の自治体などが管理している斎場です。
この公営の斎場の特徴として、民間の会場よりも費用を抑えることができるというものがあります。
また、斎場のすぐ近くに火葬場が併設されていることが多く、移動に手間がかからないという利点もあります。

公営の斎場の使用はその地域に住んでいることが条件であることが多いので、確認が必要です。
また、斎場までの交通アクセスがあまりよくない場合が多く、その自治体に住んでいない場合は利用自体が難しいでしょう。

公営の斎場を利用しない場合は、自宅でお葬式を行うという方法もあります。
自宅でお葬式を行う場合は斎場を利用する必要がないため、会場費を丸々抑えることができます。

しかし、自宅でお葬式を行う場合は、お葬式が始まるまでの期間は自宅に故人の遺体を安置しておくスペースが必要となります。
お葬式自体も部屋を利用して行うため、自宅に広いスペースがないとお葬式を行うのは難しいと思われます。
また、霊柩車を止めるための駐車場も必要となり、自宅内と自宅外にそれぞれ広いスペースがないと難しいと言えます。

自宅で葬儀を行う場合についてさらに詳しく知りたい方は以下の記事がおすすめです。
ぜひ合わせてお読みください。

こちらも読まれています

自宅で執り行う家族葬ってなに?自宅葬の費用やマナーについても解説

故人の遺志で派手な葬儀を行わず、家族だけで見送るのが家族葬です。近年、自宅で執り行う家族葬に注目が集まっています。家族葬の流れをよく理解しないまま葬儀を行ってしまわないように、今回は自宅で行う家族葬のメリットや費用、マナーなどについて解説します。

家族葬を行うメリット・デメリット

葬儀

家族葬の費用について解説してきましたが、ここからは実際に家族葬を行うメリットとデメリットについて解説します。

金銭的な面などにおいて家族葬は大きなメリットがあるお葬式のやり方ですが、当然デメリットもあり、これらをよく理解しないまま家族葬を行うことは好ましくありません。
家族葬に関するメリットとデメリットを理解した上で、家族葬のお葬式を行うという選択をするといいでしょう。

家族葬のメリット

  • 他の参列者に気を使わなくて済む

    家族葬では今まで解説してきたとおり、ほかの参列者を呼ぶ必要がないため、気を使わなくて済むというメリットがあります。
    家族葬では血縁関係にあるなど、強いつながりがある人が主に参列することになるので、故人との最後の時間をゆっくり過ごせるでしょう。

  • 準備に手間がかからない

    一般的な葬儀を行う場合は、大体の参列者の数から会食を手配するといったお葬式の準備をする必要があります。
    しかし、家族葬ならお葬式に参列する人の数がわかりやすいため、準備の手間を省くことができます。
    また、香典返しを用意する必要もなく、負担の少ない葬儀形式として人気を集めています。

  • 自由な形式で行える

    無宗教葬や音楽葬など、近親者のみで行うからこそできる自由な形式の葬儀にすることができます。
    アットホームな雰囲気で穏やかに故人を送ることができるのもメリットの1つです。

家族葬のデメリット

  • 周囲の理解が得づらい

    家族葬は参列者を呼ばない小規模の葬儀ですが、まだ歴史が浅い葬儀であり、親族の中にはこの家族葬に抵抗がある人もいるかもしれません。
    やはり仏式の葬儀や代々行ってきた宗派の葬儀を行ったほうがわかりやすく、混乱を防げるので従来の葬儀方法でお葬式を行いたいと考える人もいるのです。
    家族葬を行う際は周囲の人とよく話し合った上で決定するようにしましょう。

  • 費用が余計にかかってしまう可能性がある。

    先ほど解説したとおり、香典を受け取らない分、最終的に支払う金額が増えてしまう可能性があります。
    費用に関してはご家族でよく話し合いましょう。

  • 弔問の対応に追われる可能性がある

    いくら御厚意を辞退すると伝えても、何らかの形で弔意を示したいという方は少なからずいます。
    そのような場合、後日家に弔問に訪れたいと言われ、その対応が大きな負担になってしまうかもしれません。
    故人の人間関係の広さによっては家族葬を選択しない方がいい場合もあります。

家族葬での弔電に関して知りたい方は以下の記事がおすすめです。
ぜひ合わせてお読みください。

こちらも読まれています

家族葬で弔電を辞退するには?連絡方法や文例についても紹介します

故人の遺志で関係者に伝えることなく、家族葬でお別れすることがあります。家族葬のときに弔電を辞退することがありますが、どのようにするのが良いのでしょうか。弔電を辞退するときの連絡方法や文例について紹介します。

家族葬よりも費用のかからない葬儀

お金

家族葬でも費用を抑えることはできますが、家族葬よりも費用がかからない葬儀を知っていますか?
ここからは数ある葬儀の方法でも、最も費用を抑えられる葬儀について解説します。

一日葬

一日葬とは、お通夜を行わず、1日で告別式と火葬を行う葬儀です。
そのため、通夜振る舞いの飲食代や読経代などお通夜にかかる費用を抑えることができます。
具体的な費用相場は、20万円~40万円程度となっています。
また、一日葬では家族葬のように小規模で行われる場合が多く、この点でも費用を抑えることができるでしょう。

直葬

直葬とは、お通夜に加えて告別式も行わずに火葬のみを行う葬儀です。
葬儀にかかる費用は火葬に関する費用のみで、お通夜と告別式に関する費用は一切必要ありません。
具体的な費用は、15万円〜30万円程度となっています。

しかし直葬は一日葬と比べると、故人とゆっくりお別れをする時間が少ないと言えます。
直葬を行う際は、よく話し合った上で決めるようにしてください。

家族葬で行うお葬式にかかる費用まとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか?
今回終活ねっとでは、家族葬で行うお葬式の費用を中心に費用を抑えるコツも紹介しました。

今回の記事の内容を簡単にまとめると、以下のようになります。

  • 家族葬とは、家族や親族を中心に行う小規模な葬儀のこと。
  • 家族葬にかかる費用は90万円~110万円程度である。
  • 家族葬では香典を受け取らないため、最終的に葬儀にかかる費用が高くなってしまう場合がある。
  • 家族葬の費用を抑えるためには無宗教葬にする、会食をしない、規模を小さくする、補助金を利用するといった方法がある。
  • 家族葬には故人とゆっくり過ごせる、準備に手間がかからないといったメリットもあるが、周囲の理解が得づらいといったデメリットもある。
  • 家族葬よりも葬儀の費用が抑えられる葬儀として、一日葬、直葬がある。

家族葬は近年注目を集めている葬儀です。
メリット・デメリットをよく理解した上で行いましょう。
今回の記事が、家族葬の費用でお困りの方の参考に少しでもなれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

また、終活ねっとでは家族葬に関する記事を他にも多数掲載しています。
ぜひ合わせてお読みください。

こちらも読まれています

家族葬にかかる時間ってどれくらい?開始時間や流れについても解説

家族と親族を中心にゆったりと故人を見送ることができる家族葬。一般的なお葬式とは形式が異なるため、どのくらいの時間がかかるものなのでしょうか。家族葬における流れや時間について詳しく説明します。ぜひご覧ください。

「お葬式・費用・家族葬」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

    葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「お葬式・費用・家族葬」についてさらに知りたい方へ

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

家族葬の葬儀費用の相場と内訳は?支払い方法や他の形式の費用も解説のサムネイル画像

家族葬の葬儀費用の相場と内訳は?支払い方法や他の形式の費用も解説

葬儀代を安くすませる方法とは?家族葬や火葬式のメリットもご紹介!のサムネイル画像

葬儀代を安くすませる方法とは?家族葬や火葬式のメリットもご紹介!

葬儀代を安くする方法とは?家族葬などを一般の葬儀代と比較して紹介のサムネイル画像

葬儀代を安くする方法とは?家族葬などを一般の葬儀代と比較して紹介

家族葬の形式や規模、流れとは?一般葬との費用や内容の比較もご紹介のサムネイル画像

家族葬の形式や規模、流れとは?一般葬との費用や内容の比較もご紹介

葬儀費用を節約するポイントとは?一般価格より安い葬儀形態を紹介のサムネイル画像

葬儀費用を節約するポイントとは?一般価格より安い葬儀形態を紹介

家族葬と1日葬の違いとは?流れや費用、メリット・デメリットを解説のサムネイル画像

家族葬と1日葬の違いとは?流れや費用、メリット・デメリットを解説

家族葬の費用相場は100万円?費用内訳など一般葬と比較して解説のサムネイル画像

家族葬の費用相場は100万円?費用内訳など一般葬と比較して解説

家族葬を20万円で行える?格安な葬儀形式や費用を抑えるコツも紹介のサムネイル画像

家族葬を20万円で行える?格安な葬儀形式や費用を抑えるコツも紹介

4人で行う家族葬の費用はどのくらい?内訳や人数による違いも紹介!のサムネイル画像

4人で行う家族葬の費用はどのくらい?内訳や人数による違いも紹介!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

6

関連する記事

「お葬式・費用・家族葬」についてさらに知りたい方へ

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

家族葬の葬儀費用の相場と内訳は?支払い方法や他の形式の費用も解説のサムネイル画像

家族葬の葬儀費用の相場と内訳は?支払い方法や他の形式の費用も解説

葬儀代を安くすませる方法とは?家族葬や火葬式のメリットもご紹介!のサムネイル画像

葬儀代を安くすませる方法とは?家族葬や火葬式のメリットもご紹介!

葬儀代を安くする方法とは?家族葬などを一般の葬儀代と比較して紹介のサムネイル画像

葬儀代を安くする方法とは?家族葬などを一般の葬儀代と比較して紹介

家族葬の形式や規模、流れとは?一般葬との費用や内容の比較もご紹介のサムネイル画像

家族葬の形式や規模、流れとは?一般葬との費用や内容の比較もご紹介

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと