家族葬って30万円で行えるの?費用を抑える方法や他の葬儀も紹介!

家族葬は小規模なものですから、費用を安価に抑える事ができるイメージがありますよね。30万円で葬儀が行えたら、非常に経済的です。果たして家族葬は本当に30万円で行えるのでしょうか?今回は家族葬において費用を抑える方法や、他の葬儀形式についても紹介していきます。

目次

  1. 家族葬は30万円で行えるの?
  2. 家族葬とは?
  3. 家族葬って30万円で行える?
  4. 家族葬を30万円で行うには
  5. 家族葬より費用を抑えられる葬儀
  6. 家族葬は30万円で行えるの?まとめ

家族葬は30万円で行えるの?

葬儀

葬儀とは、大切な人との大事なお別れの儀式であると同時に、突然の大きな出費でもありますよね。

葬儀の費用に関して不安に思う方も多いのではないでしょうか?

また、近年選択される方の多い家族葬は費用がかからないと言われています。
しかし一般的にどのぐらい費用がかかるかご存知でしょうか?

家族葬にかかる費用は、葬儀プランや葬儀社、参列する人数などによって異なります。

葬儀は突然の出来事で、大切な人を失った直後の状態では、適切に執り行っていくことが困難であり、判断能力が低下している状態であるとも言えます。
そのような状況下で全てを決めることは難しいため、日ごろから葬儀にかかる費用をはじめ、多くのことを理解しておく必要があります。

そこで、今回は、小規模な葬儀である家族葬は30万円で行うことができるのか、そして費用を抑えるためのポイントについて解説していきます。

  • 家族葬とは?
  • 家族葬って30万円で行えるの?
  • 家族葬を30万円で行うには
  • 家族葬より費用を抑えられる葬儀

今回終活ねっとでは、以上の項目を軸に詳しく解説をしていきます。

また、終活ねっとでは、東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積りやいざという時の為に電話対応も無料で承っています。
ぜひこちらもご利用ください。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

家族葬とは?

葬儀

みなさんは、家族葬という言葉をご存知でしょうか?
「家族」という言葉が入っていることから、家族のみで行う葬儀だと勘違いする方も多いようですが、家族葬とは、少人数で行う葬儀の事を指します。

故人の家族のみではなく、親族や友人なども参列可能です。

以下の記事で家族葬について詳しく紹介しております。
ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬とは?他の葬儀形式との比較から香典や返礼品についても解説

最近よく見聞きする家族葬とはどんな内容があるのでしょうか?葬儀料金はどうなっているのでしょうか?家族葬で葬儀をするのに役立つ情報をまとめてみました。

家族葬って30万円で行える?

葬儀

葬儀において、30万円とは非常に安価な値段です。
葬儀にかかる金額の平均は200万円前後であるというデータも出ています。

小規模な家族葬といえども、本当に30万円で行うことが可能なのでしょうか?

以下で解説していくので、ぜひご覧ください。

家族葬は費用を抑えるための葬儀ではない

家族葬とは、小規模なものであるため、費用がかなり抑えられると思い込む方も多いとは思いますが、実はそれほど費用を抑えられるものではありません。

葬儀とは、支出はもちろんあるのですが、参列者からの香典による収入もあるものです。
家族葬は香典を辞退するのが一般的ですし、辞退しなかったとしてもそもそもの規模が小さいために受け取る香典は少ないでしょう。

こういった理由から、家族葬が必ずしも費用を抑えられるわけではないのです。

かなり費用を抑える必要がある

上記でも述べましたが、葬儀にかかる平均金額は200万円前後であり、いかに30万円という金額が安価であるかがわかります。

よって、30万円で葬儀を行うには、祭壇を作らないなど、我々がイメージする葬儀とは異なってしまうかもしれません。
そのため、親族の理解が得られないという危険性も孕んでいます。

30万円という低い費用で葬儀を行いたい場合は、様々な面で費用をかなり抑える必要があることを覚悟しておかなければなりません。

家族葬を30万円で行うには

葬儀

ここまで、家族葬の説明、家族葬は30万円で行えるのかについて解説してきました。
30万円という金額で葬儀を行うのは厳しいということがおわかりいただけたでしょうか?

ここでは実際に家族葬を30万円で行う具体的な方法を紹介していきたいと思います。

しかし、以下で述べる全てを行っても、地域によっては30万円に抑えられない可能性もあるので、ご了承ください。

複数の葬儀社から見積もりを取る

葬儀にかかる費用を安価に抑えるためには、複数の葬儀社から見積もりを取る必要があります。
1社だけでなく、最低3社から見積もりを取るのが良いでしょう。

各会社に同じ条件で見積もりを請求し、得た見積もりは他社に見せないようにして下さい。
そして複数の葬儀社の中から最も条件の良い葬儀社を選択するようにしましょう。

また、葬儀社の出すプランは簡素なものがほとんどで、中には基本プランだけでは葬儀を行えないようなものを提示してくる葬儀社もあります。
費用が安いからといって安易に選択するのではなく、しっかりと内容も確認した上での判断が大事です。

公営の斎場を使う

公営の斎場とは、市区町村などの地方自治体が運営している斎場であり、宗旨、宗派を問わず利用することができます。
公営の斎場は民間の斎場に比べて費用が安くなっています。

火葬場併設の斎場であれば、遺体の運搬費用も一切かかりません。

また、斎場の大きさも料金に関わってくるため注意が必要です。

無宗教葬にする

日本の葬儀では一般的にお僧侶を呼び、読経していただくことがほとんどです。
しかしこれは、数十万円のお布施が必要となり、葬儀費用が上がってしまいます。

そこで、無宗教葬にすることで、お布施や儀式的な食事の費用をカットできるため、葬儀費用の大幅な節約になります。

また、宗教に縛られないため、故人らしい葬儀を自由に執り行えるという特徴も併せ持っています。

しかし、無宗教葬は広く知られていないため、親族の方々に理解してもらえない可能性もあります。
このような形式を選ぶ場合は、しっかりと話しあうことが大切です。

無宗教の葬儀については以下の記事で詳しく紹介しております。
ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

無宗教の葬儀って?多様化する葬儀について調査しました!

最近よく聴く、無宗教の葬儀。 あまり馴染みがないかもしれませんが無宗教の葬儀はどういったものでしょうか。 「無宗教の葬儀をしたいけど、実際には何を決めれば良いの?」 「香典は?法要ってするの?納骨も必要だよね?どうすればいいの!?」 そんな疑問にお答えします! 

会食をしない

一般的な葬儀における会食の機会は、お通夜で料理を提供する「通夜ぶるまい」、葬儀後の「精進落とし」の二回です。

この会食は一人当たり5000円~6000円が相場となっていて非常に高額です。

伝統的な形式にこだわらなくても良いというのが家族葬のメリットでもありますので、会食をしないという選択も費用を抑えるためには良いことだと言えます。

祭壇を作らない

祭壇の制作は非常に高額で、葬儀費用の半分ほどを占めることもあります。
葬儀費用の中で最も負担になるものであるといえるでしょう。

祭壇の費用は、10万円~100万円というように、飾りの大きさや華やかさによってかなり大きな幅があります。

よってこの祭壇の費用をカットするだけで、費用の大幅な節約になるでしょう。

ただ、葬儀の際に祭壇がないのはあまりにも故人がかわいそうだという意見もあるでしょうから、大幅な費用削減になるとはいえ、慎重な判断が必要になるでしょう。

規模を小さくする

30万円という額におさえるには、数名で行う家族葬にするしかありません。
数名で行うならば、上記で述べてきたような形式をとっても気にならないという理由もあります。

しかし、故人の遺志などもしっかりと吟味し、葬儀の形式を決定する必要があります。
費用の事を気にするあまり、故人の願いや遺族の気持ちがおろそかにされてしまってはいけません。

家族や親族としっかりと話し合い、決定すべきです。

家族葬の挨拶状の書き方については、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬の挨拶状の書き方とは?文例や書く際のポイントもご紹介します

家族葬とは、近親者のみで故人を弔う葬儀のことです。近年増えてきた家族葬ですが、挨拶状をどのように書いたら良いのか迷われる方も多い事でしょう。終活ねっとでは、挨拶状の文例や記入時の注意点など分かりやすく紹介させていただきます。ぜひ、最後までご覧ください。

家族葬より費用を抑えられる葬儀

葬儀

ここまで、家族葬において費用をできる限り抑える方法について詳しく解説してきました。
費用の節約方法についておわかりいただけたでしょうか?

しかし、上記の方法にはやはり限界があり、ある程度の費用がかかってしまいます。
そこで、家族葬より費用を抑えることのできる葬儀について紹介していきたいと思います。

一日葬

一日葬という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
家族葬などと比べると、まだあまり知られていない葬儀形式の一つです。

一日葬とは、通夜を行わず告別式と火葬のみを一日で行う葬儀の事を指します。
通夜を行わない分の費用が軽減できるというメリットがあります。

費用の負担だけでなく、辛く悲しい葬式が一日で終わるため、精神的な負担の軽減にもつながるといえます。

また、一日葬といっても、故人を見送る時間が少なくなる訳ではありません。
死亡後24時間以内に火葬してはいけないと法律で定められており、小さな規模での葬儀を考えている方には十分な時間があると言えるでしょう。

一日葬は従来の形式にこだわらない方、少人数で葬儀を行いたい方、普通の葬儀の長さでは精神的に厳しい方におすすめの葬儀となっています。

直葬

直葬とは、お通夜や告別式などの儀式を省き、家族や親族などの少人数で火葬のみを行う葬儀の事です。

最近では、豪華絢爛な葬儀を行うよりも、この直葬を選択する方が増えています。

直葬は、費用がかかる儀式を省いて行うため、一般的な葬儀にくらべて大幅に葬儀費用を抑えることができるというメリットがあります。
また、少人数で行うため、参列者への対応が不要であるため、遺族の負担は減少します。

以上より、直葬は費用を大幅に抑えたい方、少人数で葬儀を執り行いたい方におすすめの葬儀です。

しかし直葬や一日葬を行う場合、この形式の葬儀を行う事への親族の理解を事前に得ておく事、さらには参列を希望する方々への配慮が必要である葬儀といえるでしょう。

通夜や告別式を行わない分、故人とのお別れが十分でない、または見送った実感がわかないという事態も想定できます。
後に後悔しないためにも、直葬や一日葬を行う場合は家族や葬儀社と十分に相談してから決定するようにしましょう。

直葬の費用についてより詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

こちらも読まれています

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

家族葬は30万円で行えるの?まとめ

葬儀

ここまで家族葬は30万円で行えるのかについて詳しい解説を行ってきました。
莫大な費用がかかる葬儀について、少しでも安く抑える方法についておわかりいただけたかと思います。

今回紹介した内容は以下の通りです。

  • 家族葬とは少人数で行う葬儀を指す。
  • 家族葬では一般的に香典を辞退するために香典を費用に当てられないので、費用を抑える葬儀とは言えない。
  • 家族葬を30万円で行うには、かなりの費用を抑える必要がある。
  • 家族葬を30万円で行うには、複数の葬儀社から見積もりを取る、公営の斎場を使用する、無宗教葬にする、会食をしない、祭壇をつくらない、規模を小さくするといった方法がある。
  • 家族葬より費用を抑えられる葬儀として、一日葬、直葬がある。

葬儀の費用を抑えるために、様々な方法があるということがわかりますね。

しかし、葬儀費用を抑えることを考えるあまり、故人の想いをおろそかにするような事は決してあってはならないことです。
また、故人の遺志だけでなく、残された家族や親族の方々とも相談し合い、全員が納得のいく葬儀を行うことが望ましいでしょう。

生前から、互いの葬儀について話合っておくことも大切であるといえるのではないでしょうか。
家族の意思を確認しておけば、亡くなった際に迷う事が少なくなります。

最後までご覧くださり、ありがとうございました。

終活ねっとでは他にも家族葬に関する記事を多数掲載しております。
ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

「家族葬・30万」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

    葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「家族葬・30万」についてさらに知りたい方へ

葬儀にかかる最低費用を葬儀形式別に解説!費用を安くする方法も紹介のサムネイル画像

葬儀にかかる最低費用を葬儀形式別に解説!費用を安くする方法も紹介

家族葬の葬儀費用の相場と内訳は?支払い方法や他の形式の費用も解説のサムネイル画像

家族葬の葬儀費用の相場と内訳は?支払い方法や他の形式の費用も解説

葬儀代を安くすませる方法とは?家族葬や火葬式のメリットもご紹介!のサムネイル画像

葬儀代を安くすませる方法とは?家族葬や火葬式のメリットもご紹介!

葬儀の予算の相場はいくら?形式別の予算や項目ごとの予算を解説!のサムネイル画像

葬儀の予算の相場はいくら?形式別の予算や項目ごとの予算を解説!

葬儀代を安くする方法とは?家族葬などを一般の葬儀代と比較して紹介のサムネイル画像

葬儀代を安くする方法とは?家族葬などを一般の葬儀代と比較して紹介

葬儀費用は誰が支払う?支払う可能性のある人や費用を抑え方も解説!のサムネイル画像

葬儀費用は誰が支払う?支払う可能性のある人や費用を抑え方も解説!

家族葬の形式や規模、流れとは?一般葬との費用や内容の比較もご紹介のサムネイル画像

家族葬の形式や規模、流れとは?一般葬との費用や内容の比較もご紹介

葬儀費用を節約するポイントとは?一般価格より安い葬儀形態を紹介のサムネイル画像

葬儀費用を節約するポイントとは?一般価格より安い葬儀形態を紹介

家族葬の費用相場は100万円?費用内訳など一般葬と比較して解説のサムネイル画像

家族葬の費用相場は100万円?費用内訳など一般葬と比較して解説

家族葬を20万円で行える?格安な葬儀形式や費用を抑えるコツも紹介のサムネイル画像

家族葬を20万円で行える?格安な葬儀形式や費用を抑えるコツも紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

6

関連する記事

「家族葬・30万」についてさらに知りたい方へ

葬儀にかかる最低費用を葬儀形式別に解説!費用を安くする方法も紹介のサムネイル画像

葬儀にかかる最低費用を葬儀形式別に解説!費用を安くする方法も紹介

家族葬の葬儀費用の相場と内訳は?支払い方法や他の形式の費用も解説のサムネイル画像

家族葬の葬儀費用の相場と内訳は?支払い方法や他の形式の費用も解説

葬儀代を安くすませる方法とは?家族葬や火葬式のメリットもご紹介!のサムネイル画像

葬儀代を安くすませる方法とは?家族葬や火葬式のメリットもご紹介!

葬儀の予算の相場はいくら?形式別の予算や項目ごとの予算を解説!のサムネイル画像

葬儀の予算の相場はいくら?形式別の予算や項目ごとの予算を解説!

葬儀代を安くする方法とは?家族葬などを一般の葬儀代と比較して紹介のサムネイル画像

葬儀代を安くする方法とは?家族葬などを一般の葬儀代と比較して紹介

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと