葬儀費用の詳細とは?形式別の相場や費用詳細の項目ごとの相場を解説

葬儀を行わなければならなくなったとき、どのような項目にどのくらいの費用がかかるのか、事前にある程度知っておきたいですよね。 今回、終活ねっとでは、葬儀費用の詳細について、葬儀形式ごとの相場や費用詳細の項目ごとの相場について解説していきます。

目次

  1. 葬儀費用の詳細について
  2. 形式ごとの葬儀費用の相場
  3. 葬儀費用の詳細
  4. 地域別の葬儀費用の平均
  5. 葬儀費用を抑える方法
  6. 葬儀費用の詳細のまとめ

葬儀費用の詳細について

お金

葬儀費用として必要なものにはどのような項目があるか、葬儀費用の詳細な内容を知っている方は少ないのではないでしょうか。
また、葬儀の形式も、従来の葬儀形式のみならず多様な葬儀が行われており、それぞれの葬儀にかかる費用相場も異なってきています。

葬儀を行わなければならなくなったとき、どのような葬儀を行い、どのくらいの費用がかかるのか、事前に葬儀の形式や費用の相場を把握しておくだけでも事前の準備をスムーズに進められます。

今回、終活ねっとでは、葬儀費用の詳細について以下のようなポイントを中心にまとめてみました。

  • 葬儀の形式によって異なる葬儀費用の相場について
  • 葬儀費用の詳細な項目について
  • 地域によって異なる葬儀費用の相場について
  • 葬儀費用を抑えるための方法について

今回の記事を参考に、葬儀にはどのような形式があり、それぞれの費用の相場はどのようになっているのかを把握してみてください。

また、葬儀費用の詳細な項目やそれぞれの項目の相場について把握していただき、葬儀を行う場合になってもしっかり準備が進められるようにしましょう。

終活ねっとでは東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積もりやいざという時の為に電話対応も無料で承っております。
ぜひご利用ください。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

形式ごとの葬儀費用の相場

葬儀

葬儀には様々な形式があることをご存知でしょうか。

葬儀のイメージは、たくさんの参列者がいらっしゃって、通夜・告別式、火葬を行ってというイメージをお持ちでしょう。

しかし、最近では残された家族にあまり負担をかけたくないといった想いや家族や親族、親しい友人のみであまり気を遣わずに小さく葬儀を済ませたいといった想いなど、葬儀に対するニーズが多様化してきています。
このようなニーズに応えるように、葬儀の形式も多様化してきています。

以下では、それぞれの葬儀形式について費用はどのくらいの相場となっているのか、どのような特徴の葬儀なのかを中心に解説していきます。

直葬

葬儀と言われると通夜や告別式をイメージされる方が多いでしょう。

直葬はこのようなイメージの葬儀と異なり、火葬のみを執り行って葬儀とし、通夜や告別式などの儀式を行わない葬儀の形式です。

通夜や告別式にかかる費用がありませんので、一般的な葬儀と比較してもその費用は安く、20万円〜40万円程度が相場とされています。

以下の記事で直葬の費用についてさらに詳しくご紹介しています。
ぜひあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

一日葬

一日葬は、告別式と火葬のみで葬儀とする形式で、直葬では行わない故人との別れの儀式をしっかりと行いつつ、費用を抑える形式の葬儀です。

家族や親しい方のみを招いて告別式を実施し、ご家族や親しい方同士で小さく実施する点が特徴となります。

小さい葬儀のため費用もあまり高額ではなく、60万円程度が相場となっています。


以下の記事で一日葬の費用についてさらに詳しくご紹介しています。
ぜひあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

一日葬にかかる費用をわかりやすく解説!一日葬を行う方は必見です!

一日葬って聞いたことがありますか?近年葬儀を簡略化する流れがありますが、その中で注目されているのが一日葬です。葬儀を1日で終わらせるため、家族の費用的・精神的な負担が軽減されます。この一日葬の費用について、今回はわかりやすく解説していきます。

家族葬

家族葬は、ご家族や親族のみ、または故人と生前親しかった近しい友人のみを招いて執り行う葬儀の形式です。

家族葬では通夜や告別式など一通りの儀式は執り行いますが、参列者が少なかったり、参列者が限られていることなどによって、費用を抑えた上でしっかりとした葬儀を執り行うことができます。

家族葬にかかる費用の相場としては、60万円〜150万円程度となっています。
一般的な葬儀の費用相場200万円前後であることを考えると、かなり費用は抑えられる葬儀形式ではないでしょうか。

以下の記事で家族葬の費用についてさらに詳しくご紹介しています。
ぜひあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

一般葬

一般葬は多数の参列者を招いて盛大に実施する葬儀で、一般的にイメージされる葬儀の形式です。

参列者もご家族やご遺族のみならず、故人と親しかった友人・知人や会社関係者の方も参列します。
したがって、参列者の数が多いほどその分、費用は高額になってきます。

一般葬は200万円前後が相場となっていますが、どれくらいの方が参列するのか参列者の人数や葬儀の内容によって金額は前後します。

なお、一般葬の費用についてはさらに詳しい記事も用意しております。
以下のリンクから併せてご確認いただき、葬儀費用についての知識を深めてみてください。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

葬儀費用の詳細

お金

では、葬儀に必要となる費用としてはどのような詳細な項目があるのでしょうか。
葬儀費用としての費用相場は200万円程度といわれていますが、どのような項目にどのくらいの費用が必要となるのでしょうか。

葬儀費用の内訳や詳細について不明確だと、葬儀費用の予算を見積もる際に悩んでしまうことにもなります。
また、葬儀費用を節約するためにも葬儀費用の詳細について、どのくらいの費用相場となっているのかを把握しておくことは重要です。

以下では、葬儀費用として必要な内訳ごとにどのような費用でいくらくらいが必要なのかを解説していきます。

葬儀一式の費用

葬儀一式の費用は、病院からご遺体を搬送し、通夜や告別式を実施する一連の流れの中で必要となる費用です。
具体的には、「ご遺体の搬送費」や「お花代」、「骨壷にかかる費用」、「葬儀社のスタッフの人件費」などがあります。

葬儀一式の費用として必要となる金額としては、120万円程度が相場となっています。
葬儀費用の詳細な内訳の中でも、葬儀一式の費用が大きな割合を占めることになります。

飲食接待の費用

通夜の後に実施する通夜振る舞いや告別式の後に実施する精進落としなど、会食に必要となる飲食代が飲食接待の費用となります。

飲食接待の費用は参列者の人数によって総額は異なってきます。
参列者一人当たりどのくらいの費用で用意するかは、ご家族と相談の上、検討してみると良いでしょう。

通夜振る舞いでは、参列者一人当たり食事代1,500円、飲み物代500円の合計2,000円程度が一般的な相場となっています。

精進落としでは、通夜振る舞いの料理よりも高価な料理が用意されることが多く、費用の相場としては3,000円〜8,000円程度となっています。

車両の費用

葬儀で利用する車両としては、ご遺体を病院から搬送するための寝台車、ご遺体を火葬場まで搬送する霊柩車、参列者を送迎するための送迎バスなどになります。

寝台車や霊柩車などの車両の費用には、基本利用料に距離に応じた費用がプラスされます。

車両のタイプによって、10kmまでは1万3千円〜5万円と基本利用料には幅があります。
10km〜距離に応じた費用が加算される場合が一般的です。

送迎用のバスについては、1日貸切の料金として計算すると良いでしょう。
中型タイプのバスですと、1日貸切で7万円〜10万円程度が相場となっています。

祭壇の費用

仏式の葬儀において、故人を供養するために遺影の写真や花を飾る祭壇が設けられます。
祭壇には、仏式の葬儀において伝統的に使われている白木祭壇と、最近選ぶ方が増えつつある花祭壇があります。

それぞれの祭壇にどのくらいの費用がかかるのか、以下では祭壇の種類ごとに解説していきます。

白木祭壇

白木祭壇は、仏式の葬儀における伝統的な祭壇です。
白木祭壇は一般的には購入するものではなく、斎場などで用意されてある祭壇を借りる形式となります。

白木祭壇にも種類があり、どのような種類の祭壇を選ぶかによってレンタル料は異なります。
使用料金は約30万円程度から高いものだと数百万円のものもあります。

花祭壇

花祭壇は最近増えてきている祭壇です。
伝統的な白木祭壇が木材で作られた祭壇であるのに対し、花祭壇は花や草木などで作られた祭壇です。
故人が生前好きだった花や草木などをアレンジして祭壇とされる方が多いようです。

花祭壇の費用は、その時期の花の値段やどのような花を選ぶかによって異なってきます。
安いものだと20万円程度から作成が可能です。

寺院費用

寺院費用は主に、寺院へお布施としてお納めする費用となります。

寺院費用にはどのようなものがあるか、また、どのくらいの費用が必要であるかは寺院や地域ごとの風習などによって異なってきますので、寺院に直接確認してみると良いでしょう。

一般的な葬儀における寺院費用の具体的な項目としては、お経を読んでもらったことに対する僧侶へのお礼としての「読経料」や故人の戒名に必要となる「戒名料」などが寺院費用となります。

一般的には、15万円〜50万円の範囲で支払われています。

式場利用料

式場利用料としては、火葬するために利用する火葬場の利用料と告別式などを執り行うための斎場の利用料が主なものとなります。

いずれも民営と公営の式場があり、公営の方が費用が安いというメリットがあります。
それぞれの費用相場については、以下でそれぞれの項目ごとに解説していきます。

火葬場利用料

火葬場は、建設にあたって法的な手続きが必要で、民間による建設のハードルが高いことから公営の火葬場がほとんどです。

公営の火葬場の場合、火葬場を使うために必要となる火葬場利用料は1万5千円程度が相場となっています。

地域によっては民営の火葬場もありますが、公営の火葬場と比較して費用相場は3万5千円程度と割高となっています。

斎場利用料

斎場は火葬場と異なり、公営の斎場のみならず民営の斎場も充実しています。

利用料を比較すると、民営の斎場の場合20万円〜40万円程度が相場となっているのに対し、公営の斎場は5万円〜10万円程度で利用できます。
費用面では公営の斎場の方がメリットはあるでしょう。

しかし、公営の斎場の場合、火葬場が隣接されていたり、費用が民営の斎場と比較して安かったりするため希望の日取りで予約ができないなどのデメリットがありますので注意が必要です。

返礼品の費用

葬儀への参列者にお渡しする商品に対しても返礼品の費用がかかります。
返礼品は、コーヒーや石鹸、お茶など消費して無くなるもので500円〜1,000円程度の商品が選ばれています。

返礼品を選ぶ際には、不幸を後に残さないという意味から消えて無くなるような物を送るのがマナーとされてきました。
しかし最近ではあまりこだわらない傾向にあるようです。
贈られた相手の方が好きなものをもらって欲しいという想いから、カタログギフトやギフトカードをお贈りする方もいらっしゃるようです。

ご家族やご親族と相談の上、検討するようにしてみると良いでしょう。

ただし、あまり高額な商品やギフトカードを選んでしまうと参列者に気を使わせてしまいますので、注意が必要です。

地域別の葬儀費用の平均

お金

全国的な葬儀費用の相場としては200万円前後となっていますが、地域の習慣や伝統などによって葬儀内容が異なってくるため、地域によっても葬儀費用の相場は異なってきます。

葬儀費用は、参列者の数や葬儀内容によって大きく異なってくるので、お住いの地域の相場を把握しつつ伝統や習慣などを確認してみると良いでしょう。

北海道

北海道の葬儀で特徴的な点は、ご遺体を安置するスペースのある参列者の送迎用のバスが多いことでしょう。

送迎用のバスにご遺体を安置するため霊柩車の手配が不要となります。
したがって、その分車両の費用が安くなるため、北海道の葬儀費用の相場は全国的な費用相場を下回っています。

北海道の葬儀費用の平均は、約120万円程度となっています。

東京

東京では火葬場がほぼ民間の火葬場であることから、火葬場利用料が高くなります。
東京での火葬場利用料は約6万円程度が相場となっています。

また、東京の物価水準自体が高いということもあり、東京における葬儀費用の相場は全国的にみても高い水準となります。

東京での葬儀費用の平均は約190万円程度となっています。

名古屋

名古屋の冠婚葬祭ごとといえば、盛大に行う結婚式をイメージされる方も多いでしょう。
葬儀も盛大に行われると思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、葬儀については他の地域と同じようにしめやかに行われます。

名古屋の葬儀の特徴は、香典以外に「お淋し見舞い」をお渡しする点でしょう。
これは、お酒やお菓子などを香典とは別に用意してお渡しする風習です。

その分、参列者が用意する費用は高まりますが、葬儀を執り行う際の費用の平均としては約120万円程度となっています。

大阪

大阪も東京のように物価が高く、葬儀費用も高いイメージをお持ちの方もいるかもしれません。
しかし、大阪では公営の火葬場や斎場が充実していることから、施設利用料が抑えられるという特徴があります。

そのため葬儀一式の費用を安くできるため、費用相場比較的安い水準となっています。

大阪での葬儀費用の平均は、約130万円程度となっています。

福岡

福岡の葬儀の特徴としては、会食を実施するタイミングが他の地域と違っている点です。
一般的に会食を実施するタイミングとしては、通夜や告別式が終わった後に実施しますが、福岡では告別式の前に、ご家族やご親族のみで会食を実施します。

福岡での葬儀費用の平均は、約120万円程度となっています。

葬儀費用を抑える方法

お金

ここまで、葬儀の形式別の費用相場や葬儀費用の内訳、地域別の相場などについてご紹介してきました。

葬儀を執り行うための費用は気軽に支払えるほど経済的な金額ではありませんので、少しでも費用を抑えたいと考える方が多いのではないでしょうか。
最近ではあまり盛大な葬儀ではなく、小さく実施しようとする方も増えてきております。

以下では、葬儀費用を抑えるための方法をご紹介していきます。

分割払いにする

葬儀費用の支払いにあたっては、基本的には現金一括払いとなっていますが、多様なニーズに応えるために分割で支払う方法も用意があります。

分割で支払う場合、クレジットローン会社の葬儀ローンを利用することとなります。
ローン各社が様々なプランを用意していますので、インターネットで事前に情報収集しておくと良いでしょう。

また、銀行のサービスとしてフリーローンがあります。
銀行からフリーローンを借り入れて葬儀費用に充て、銀行に返済していくことでも分割で支払うことができます。

オプションを抑える

葬儀社各社では、基本的な葬儀のプランにプラスアルファでオプションサービスを用意しています。
オプションサービスの例としては、ご遺体を長期間保存するためのエンバーミングや清潔に保つための湯灌(ゆかん)、豪華な棺やオシャレな骨壷などがあります。

オプションにかかる費用については、各オプションサービスによって異なりますが、サービスによっては100万円を超えるようなものもあります。

オプションについては、本当に必要なサービスかどうかを検討し、不要なオプションをなるべく付けないことで費用を抑えられます。

クレジットカード払いはできる?

葬儀費用はこれまで現金での支払いが一般的でした。

しかし、分割払いの箇所でも触れましたが、多様なニーズに応える必要性から葬儀社各社ではクレジットカードでの支払いに対応しています。

クレジットカードの支払い方法も、一括での支払いと分割での支払いが選択できますので、金利も十分に考慮して支払い方法を選ぶようにすると良いでしょう。
葬儀社によってはクレジットカード払いに対応していない会社もありますので、契約前に支払い方法について確認しておくと良いでしょう。

葬儀費用の詳細のまとめ

お金

いかがだったでしょうか。
今回、終活ねっとでは、葬儀費用の詳細について、葬儀の形式別の費用の相場や葬儀費用の詳細な項目ごとの相場について解説してきました。

今回の記事のポイントは以下のとおりです。

  • 葬儀費用の相場としては約200万円程度だが、直葬、一日葬、家族葬、一般葬など葬儀形式によって費用相場は異なる。
    葬儀形式も多様化しており、自身の希望と予算にあった葬儀形式を選ぶことが重要となる。
  • 葬儀費用を詳細に分けると、葬儀一式の費用、飲食接待の費用、車両の費用、祭壇の費用、寺院費用、式場利用料、返礼品の費用に分けられる。
    費用の詳細な内訳の中では葬儀一式の費用が大きな割合を占めるため十分な予算を確保する必要がある。
  • 葬儀費用の相場は地域によっても異なる。
    北海道では約120万円、東京では190万円、名古屋では120万円、大阪では130万円、福岡では120万円程度が相場となっている。
  • 葬儀費用を抑える方法としては、分割払いで葬儀費用を支払う方法、オプションを抑える方法、クレジットカードで支払う方法がある。
    以前は現金での一括払いが主だったことを考えると、支払い方法も多様化している。

今回の記事を参考に、葬儀費用の相場を形式別や項目別に把握し、事前の検討材料としてみてください。

「葬儀・費用・詳細」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

    葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・費用・詳細」についてさらに知りたい方へ

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

葬儀の種類でかかる費用が変わる?葬儀の費用を抑えるポイントを解説のサムネイル画像

葬儀の種類でかかる費用が変わる?葬儀の費用を抑えるポイントを解説

葬儀費用の明細を知っていますか?見積明細書を見るポイントも解説のサムネイル画像

葬儀費用の明細を知っていますか?見積明細書を見るポイントも解説

葬儀一式の費用はいくら?種類別の費用や費用を安くする方法も解説のサムネイル画像

葬儀一式の費用はいくら?種類別の費用や費用を安くする方法も解説

葬儀にかかる費用の平均を解説!種類別の平均は?全国の費用平均は?のサムネイル画像

葬儀にかかる費用の平均を解説!種類別の平均は?全国の費用平均は?

葬儀費用の内訳はいくら?葬儀費用の相場や支払い方法も解説!のサムネイル画像

葬儀費用の内訳はいくら?葬儀費用の相場や支払い方法も解説!

葬儀費用の相場や支払い方法って?形式別の相場や香典もご紹介!のサムネイル画像

葬儀費用の相場や支払い方法って?形式別の相場や香典もご紹介!

葬儀プランごとの費用相場を解説!費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

葬儀プランごとの費用相場を解説!費用の内訳や支払い方法もご紹介!

家族葬の葬儀費用の相場と内訳は?支払い方法や他の形式の費用も解説のサムネイル画像

家族葬の葬儀費用の相場と内訳は?支払い方法や他の形式の費用も解説

葬儀の形式別の費用相場や内訳って?仏式以外の費用や支払い方法までのサムネイル画像

葬儀の形式別の費用相場や内訳って?仏式以外の費用や支払い方法まで

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

6

関連する記事

「葬儀・費用・詳細」についてさらに知りたい方へ

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

葬儀の種類でかかる費用が変わる?葬儀の費用を抑えるポイントを解説のサムネイル画像

葬儀の種類でかかる費用が変わる?葬儀の費用を抑えるポイントを解説

葬儀費用の明細を知っていますか?見積明細書を見るポイントも解説のサムネイル画像

葬儀費用の明細を知っていますか?見積明細書を見るポイントも解説

葬儀一式の費用はいくら?種類別の費用や費用を安くする方法も解説のサムネイル画像

葬儀一式の費用はいくら?種類別の費用や費用を安くする方法も解説

葬儀にかかる費用の平均を解説!種類別の平均は?全国の費用平均は?のサムネイル画像

葬儀にかかる費用の平均を解説!種類別の平均は?全国の費用平均は?

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと