2019年は下鴨神社で初詣!混雑状況や見どころ、ランチをご紹介!

下鴨神社をお正月に訪れる人の数は毎年約20万人、京都でも人気の初詣先となっています。そこで今回は2019年の初詣におすすめする下鴨神社の魅力について解説します。初詣の混雑状況や神社の見どころ、初詣後に楽しめるランチのお店もご紹介します。

目次

  1. 下鴨神社の初詣について
  2. そもそも初詣って?
  3. 下鴨神社の初詣の日程・混雑状況
  4. 下鴨神社の初詣の屋台・露店
  5. 下鴨神社の初詣・お正月の見どころ
  6. 下鴨神社の基本情報
  7. 下鴨神社での初詣後におすすめのランチ
  8. 下鴨神社以外で初詣におすすめな周辺の神社
  9. 下鴨神社の初詣についてのまとめ

下鴨神社の初詣について

下鴨神社

下鴨神社のお正月の参拝者数は毎年約20万人、京都の初詣先として高い人気があります。

下鴨神社は古都京都の文化財として、世界文化遺産にも登録されている、大変に歴史のある神社です。
一年を通して遠方からも多くの参拝者が訪れますが、お正月はどんな様子なのでしょうか。

今回終活ねっとでは、下鴨神社の初詣について以下のことを中心にご紹介します。

  • 初詣はいつまでに行けばよいのか
  • 下鴨神社のお正月の開門時間と混雑の状況について
  • 初詣にはどのくらいの数の屋台・露店が出店され、いつまで営業しているのか
  • お正月の行事と見どころについて
  • 下鴨神社の場所・アクセスについて
  • 下賀茂神社近辺の美味しいランチのお店と、初詣におすすめする周辺の神社をご紹介

以上のことを中心に解説します。
初詣期間の下鴨神社の見どころについて詳しく紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

そもそも初詣って?

困った人々

初詣とは新年に初めて神社や寺院にお参りをすることで、気持ちも新たに祈りや感謝を神仏に伝える行事です。
初詣はいつまでに行うべきかについては諸説あり、正月三が日が良いとも、松の内が良いともいわれます。

松の内は関東が1月7日まで、関西では15日までと、地域によって違いがあります。
1月15日は正月の終りを意味する小正月と呼ばれており、関東で松の内に初詣に行けなかった人も、小正月までに参拝できれば、初詣と考えて良いでしょう。

初詣での神社のお参りの方法については、終活ねっとの以下の記事に詳しく解説しておりますので、こちらも合わせてご覧ください。

こちらも読まれています

初詣での神社のお参りのやり方は?作法や初詣人気ランキングも紹介

年が明けると必ず神社やお寺に初詣に行くという方も多いと思いますが、お参りのやり方はきちんと意識されていますか?作法やマナーを心得て、より気持ちのいい初詣にしたいものです。また、全国で人気の高い初詣におすすめの神社・お寺もいくつかご紹介します。

下鴨神社の初詣の日程・混雑状況

神社

下鴨神社へ初詣に行く場合、参拝できる時間帯と混雑状況はどのようになるのでしょうか。
参拝するのにおすすめの時間帯も合わせて解説します。

お正月の開門時間

下鴨神社では終日参拝ができませんので、開門・閉門時間に注意が必要です。
夏季と冬季で本殿を参拝できる時間が異なり、冬期は6時30分から17時までが参拝可能となっています。

大晦日は17時に一旦閉門されますが、初詣のために夜0時に開門します。
元旦はそのまま20時まで参拝することができます。

1月2日から4日までの間、開門時間は普段と同じ6時30分ですが、閉門時間は19時でいつもより遅くまで参拝できます。

1月5日以降は、通常通り6時30分から17時までの冬の参拝時間に戻ります。

混雑する時間帯

下鴨神社の初詣で最も混雑する時間帯は、元旦の夜0時から2時間程度です。
深夜0時に向けて大勢の初詣客が集まってくるため、混雑してお参りできるまでに相当の時間がかかります。
元旦及び2日の10時過ぎころから日没までも人出が多いです。

また、1月4日は14時から蹴鞠始めが催されます。
蹴鞠始めは京都の新年の行事として高い人気があります。
蹴鞠始めが始まる時間帯は、境内に多くの観覧者が集まるため大変混み合います。

初詣客が多い時間は本殿を参拝するために行列ができます。

本殿の前にある言社は7つの小さいお社で、十二支の守護神がそれぞれに祀られています。
参拝者は自分の干支の神様にお参りするのですが、初詣には今年の干支の神様にもお参りする人が多いです。
その年の干支の社は例年とても人気があり、本殿参拝以上の長い行列ができます。

それ以外は身動きが取れないという程にはならず、比較的ゆっくり初詣が楽しめます。

これは下鴨神社は境内が広く、参拝できるお社が有名なものも含めてたくさんあり、初詣客が分散するためと考えられます。

参拝におすすめの時間帯

混雑を避けたいのであれば朝一のなるべく早い時間か夕方18時以降に参拝すると良いでしょう。

おすすめなのは開門間もない早朝です。
元旦でも夜明け前の5時になる頃には人もまばらで、ゆったりと参拝できます。

静かな糺の森を散策すると、清らかな小川と樹齢600年ともいわれる原生林の神秘に心癒されます。
早朝の下鴨神社の境内は、凛とした神聖な雰囲気に包まれています。

寒い時期に早起きするのは大変ですが、厳かな空気に心も洗われて、一年を元気に過ごす活力が得られそうです。

駐車場の混雑状況

下鴨神社西側には収容台数300台の西駐車場があり、下鴨本通りから入ることができます。
さらに正月期間には糺の森に臨時の駐車場が設けられ、係員が誘導してくれます。

通常は30分につき200円の料金なのですが、初詣の時期は最初の1時間が500円、以降30分ごとに200円と割高になります。

お正月の混雑する時間帯は神社の駐車場が満車になってしまう場合があり、その時は駐車できるまで待たなければなりません。

下鴨神社の周辺にはいくつかのコインパーキングがありますが、収容台数は多くないためすぐに満車になってしまいます。

お正月は神社周辺の道路も渋滞しやすく、目的地にたどり着くまでに時間がかかる可能性が高いです。
最寄駅からは徒歩圏内とアクセスが良いので、できれば車よりも電車を利用することをおすすめします。

下鴨神社の初詣の屋台・露店

人々

屋台や露店を見て歩くのも、初詣の楽しみのひとつです。
お正月の下鴨神社にはどんな屋台・露店があり、いつまで営業しているのかご紹介します。

屋台・露店はどれぐらい出店するの?

下鴨神社の屋台・露店は糺の森の参道から本殿に向かって立ち並び、初詣の期間大いに賑わいをみせます。
屋台のスペースの分参道が狭くなるため、前へ進むには少し歩きにくくなります。

屋台・露店の数は20~40件といわれ、参拝者の数からするとあまり多くはありません。
人出の多い時間帯はどの店も混み合い、行列ができることもあります。

定番のたこ焼き・たい焼き・唐揚げといった、食べ物のお店が多いですが、射的や子どもが遊べる屋台もあります。
珍しいものでは漬物や、下鴨神社発祥といわれるみたらし団子があります。
発祥の地で食べるみたらし団子の味はまた格別です。

みたらし団子は門前にある、加茂みたらし茶屋でもいただけます。
5つのお団子のうち一番上の1つだけを少し離してあり、人間の五体を表しているのが特徴的です。

屋台・露店は三が日を過ぎても営業している所は多いので、混雑を避けて屋台を楽しみたいなら4日以降がおすすめですが、お店の数としては徐々に減っていきます。

夜はいつまで開いているの?

屋台・露店の開いている時間はお店により違いますが、基本的に参拝時間と同じです。

大晦日の夜は0時の開門を待つ人達が集まってくるため、それに合わせて屋台・露店は深夜にも営業しています。
年越しを屋台で楽しみながら過ごし、混雑の様子を見ながら自分のタイミングでお参りに行くこともできます。

初詣期間は参拝時間と同様に、屋台も夜まで営業していますが、神社が閉門になると屋台も閉まります。
屋台をゆっくり見て回りたい人は、夕方までに参拝を終えておくとよいでしょう。

下鴨神社の初詣・お正月の見どころ

下鴨神社

下鴨神社は年間を通して多くの行事・祭事が執り行われますが、お正月にはどのような行事があるのでしょうか。
ここでは、初詣・お正月の見どころを紹介します。

大祭

下鴨神社では新年を迎えるにあたり、いくつかの大祭が行われます。

大晦日には15時から大祓式と除夜祭が行われます。
大祓式では、その日までに集められたお祓いの人形(ひとがた)を御手洗川に流して穢れを清めます。

元旦の早朝6時からは、歳旦祭が始まります。
新年最初の朝に、一年の安寧を祈願して執り行われます。

この神事では、舞殿での奉納の舞いを鑑賞できます。
日の出前の静まり返った空気の中、白い息を吐きながら謡う声と、床を踏みしめる音が響きます。

歳旦祭が行われる早朝はかなり冷え込みますので、しっかり防寒対策をして出かけましょう。
この時間は人も少なく落ち着いてお参りできますし、謡と舞いを見物した後には神社で初日の出を拝むこともできるためおすすめです。

蹴鞠始め

正月4日14時頃からは、新春の恒例行事である蹴鞠始めが行われます。
この正月らしい優雅な行事を見ようと、境内はたくさんの見物客で埋めつくされます。

蹴鞠は飛鳥時代に日本に伝わりました。
後に大化の改新の中心人物となった中大兄皇子と藤原鎌足が、蹴鞠を通じて奈良の法興寺(現在の飛鳥寺)で出会ったことはよく知られています。

貴族の遊びであった蹴鞠は、鎌倉時代には武士がたしなむようになり、さらには庶民にまで広がりました。
身分を超えて親しまれた蹴鞠ですが、明治維新後の西欧化とともに衰退します。
しかし、1903年明治天皇の御下命をきっかけに蹴鞠保存会が結成されました。

神社の境内には15メートル四方のまり庭が造られます。
蹴鞠は8人1組で行われ、「アリ、ヤア、オウ」の掛け声で一人三回毬を蹴ります。
勝敗はなく、次の人が受け取りやすいように蹴る技術を競います。

毬を蹴るときには上半身を動かさず、足の裏をみせないようにするなど細かい作法があり、保存会の方たちは日ごろから修練を積んでいます。

蹴鞠は天下泰平・五穀豊穣・心身の強健を祈念して行われます。
男性は烏帽子をかぶり、色とりどりの水干、袴の雅やかな姿で蹴鞠は続き、見事な技が見られると見物客からは歓声が上がります。

座ってゆっくり鑑賞したい方には2千円で有料観覧席があり、当日の正午より受付があります。

大絵馬

楼門をくぐった先には今年の干支の大絵馬があり、下鴨神社の初詣の見どころの一つとなっています。
舞殿の正面に飾られる恒例の大絵馬は、例年日本画家の塩谷栄一氏により作成されています。

大絵馬は他の神社にも見ることができますが、下鴨神社の大絵馬はリアルかつ迫力があることで知られています。
近くで見るほどに躍動感があり、かっこいいデザインです。

2019年の干支、亥(いのしし)はどのような姿で初詣客を迎えてくれるのか、その芸術的で見事な大絵馬を見るだけでも、お正月に神社へ出向く価値は十分にあります。

下鴨神社の基本情報

下鴨神社

ここで下鴨神社の基本情報を確認しておきましょう。
神社の由緒、場所・アクセス、拝観料について解説します。

由緒

下鴨神社は正式名称を、賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)といい、上賀茂神社と同じく賀茂氏の氏神を祀っています。
上賀茂神社に対して鴨川の下流にあるこの神社を、地元の人々が親しみを込めて下鴨さん、下鴨神社と呼ぶようになりました。

ご利益は、開運招福・五穀豊穣・病気平癒・厄除け・交通安全など、多岐にわたります。
よく知られるご利益には縁結びがあり、末社の1つ相生社には産霊神(むすひのかみ)という縁結びの神様が祀られています。
また、摂社の河合神社では美麗祈願ができることで有名です。

下鴨神社の本殿は東西に2つあり、西殿には賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)、東殿には玉依媛命(たまよりひめのみこと)が御祭神として祀られています。
東西の本殿は国宝に指定されており、境内には53棟もの重要文化財の建築物があります。

上賀茂神社と並んで京都で最も長い歴史を持つ、格式の高い神社です。

場所・アクセス

下鴨神社は京都御所の北東に位置し、鴨川と高野川が合流する付近にあります。
下鴨神社から鴨川を上流に辿った地には、上賀茂神社があります。

電車での最寄駅は、京阪電車の出町柳駅です。
下車後高野川を渡って北方向へ約5分歩くと神社の鳥居があり、糺の森を縦断する参道が続いています。

市営バスを利用する場合は、下鴨神社前で下車すると、神殿に近い地点に降りることができます。
糺の森前で下車すると神殿までの距離は長くなりますが、広大な糺の森の清々しさを感じながら参拝できます。

下鴨神社

所在地京都府京都市左京区下鴨泉川町59

拝観料

下鴨神社の境内を参拝するのに料金は必要ありません

特別拝観の大炊殿(おおいどの)が、毎日午前10時~午後4時まで公開されており、希望する人は拝観料が大人500円で入ることができます。
中学生以下は無料です。

大炊殿は神様のお供えもの(神饌)を調理していた場所で、お供えのレプリカや調理器具などが特別展示されています。

下鴨神社の見どころ・基本情報については、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

下鴨神社の見どころは?おすすめのランチ・お守り・御朱印も紹介!

下鴨神社はユネスコ世界文化遺産に登録されたことでも知られる、大変古い歴史を持つ神社です。今回は下鴨神社の数多くの見どころの中から代表的なものをご紹介し、その魅力をお伝えします。おすすめのランチ・お守り・御朱印についても詳しく紹介します。

下鴨神社での初詣後におすすめのランチ

人々

下鴨神社の周辺にはいくつものランチを楽しめるお店がありますが、ここではおすすめのお店を2店紹介します。
初詣の後に、美味しいランチを味わってみてはいかがでしょうか。

カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディは20種類以上の厳選された自家焙煎のコーヒーが楽しめる、地元で評判のカフェです。
ブレッドメニューを豊富に揃え、ランチタイムにはホットサンドウィッチがお得なセットでいただけます。

あんこホットサンドウィッチセットは宝泉堂謹製丹波大納言の粒あんと求肥、バターがサンドされた人気のスイーツで、バニラアイスクリームを挟んでいただきます。

カフェ・ヴェルディ

所在地京都府京都市左京区下鴨芝本町49-24 アディー下鴨1F

営業時間8:30~19:00(火~土)、8:00~18:00(日・祝)
定休日は月曜・第3火曜(祝日の場合は翌日)

浅井食堂

大きな特製ハンバーグが自慢の、洋食とワインのお店です。
エビフライやMIXフライ、本日のパスタなど誰もが愛する洋食メニューが揃っています。

ランチメニューには、サラダ・パンorライスにドリンクが付くのですが、ドリンクはコーヒー・紅茶に加えてグラスワインも選ぶことができて人気があります。

ランチタイムはすぐに満席になってしまうので、予約して出かけるのがおすすめです。

浅井食堂

所在地京都市左京区下鴨松ノ木町43−1、富山コーポ 1F

営業時間11:00~15:00  17:30~23:00
定休日は月曜日(祝日の場合は翌日) 第二・第四火曜日

下鴨神社以外で初詣におすすめな周辺の神社

神社

京都府内には下鴨神社のほかにも、有名な神社がたくさんあります。
下鴨神社周辺で初詣先として人気のある神社を、4社ご紹介します。

伏見稲荷大社

伏見稲荷大社は、全国にある稲荷神社の総本社です。
初詣には例年約270万人という、全国でも屈指の数の参拝者が訪れます。
五穀豊穣、商売繁昌のご利益で知られる神社です。

どこまでも連なる朱塗りの鳥居は圧巻で、千本鳥居と呼ばれる伏見稲荷大社の一番の見どころです。

伏見稲荷大社は海外の旅行者からも人気の観光スポットとして高い評価を得ており、年間を通じて大勢の外国人観光客を集めています。

伏見稲荷大社

所在地京都府京都市伏見区深草藪之内町68

営業時間終日参拝可能

JR奈良線 稲荷駅から徒歩すぐ
京阪電車 伏見稲荷駅から徒歩約5分

八坂神社

八坂神社には毎年正月三が日だけで、100万人以上もの人々が初詣に訪れます。
祇園さんの愛称で親しまれる神社です。
厄除け・開運・縁結びなどさまざまなご利益があるとされます。

京都の中心部にほど近くアクセスも良いため、初詣期間中は最寄駅から神社までの歩道が参拝客で溢れかえります。
特に元旦の深夜及び三が日の日中は大変な混雑が予想されますので、なるべく混みあう時間帯を外して参拝することをおすすめします。

八坂神社の境内と周辺には例年約100店舗もの屋台・露店が立ち並び、賑わいを見せます。

八坂神社

所在地京都府京都市東山区祇園町北側625

営業時間終日参拝可能

京阪電車 祇園四条駅から徒歩5分

北野天満宮

全国の天神社・天満宮の総本社である北野天満宮は、菅原道真公をお祀りする神社です。
初詣には受験シーズン直前ということもあり、学問の神様を頼って多くの受験生が合格祈願に訪れます。

受験合格を祈願する学業鉛筆には、道真公の詠んだ歌が刻まれており、人気の授与品となっています。
境内にいくつもある牛の像は撫で牛と呼ばれ、頭を撫でると頭が良くなり、体の悪い所を撫でると病気平癒のご利益があるとされています。

初詣の参拝客数は、毎年約50万人にも及びます。

冬期の開門時間は、5:30~17:30ですが、初詣期間は参拝者の状況によって閉門時間が延長されます。

北野天満宮

所在地京都府京都市上京区馬喰町

営業時間12月31日5時30分~1月1日21時30分頃、2日5時30分~20時30分頃、3日5時30分~19時頃

市バス 北野天満宮前下車すぐ

上賀茂神社

下鴨神社と共に世界文化遺産に登録されている上賀茂神社は、京都の初詣スポットとしても人気があります。

正式な名称は賀茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ)といい、あらゆる厄災から守ってくださる、電気の守り神として広く信仰されています。

初詣の参拝者数は約10万人で、主に元旦は混雑する時間帯がありますが、広大な敷地を持つ上賀茂神社は比較的ゆったりとお参りができます。

芝生の馬場が広がる中央に参道があり、散策すると自然の豊かさが感じられます。
冬期の開門時間は5時半~17時ですが、初詣期間は閉門時間が延長されます。

上賀茂神社

所在地京都府京都市北区上賀茂本山339

営業時間12月31日23時~1月1日19時、2日と3日5時30分~18時30分、4日と5日5時30分~18時

市バス 上賀茂神社前下車すぐ

下鴨神社の初詣についてのまとめ

神社

いかがでしたでしょうか?
今回終活ねっとでは、下鴨神社の初詣についてご紹介してきました。

記事の内容をまとめると以下のようになります。

  • 初詣は新年初めて神社や寺院に参拝することを指し、特に決まりはないが15日までにお参りすればよいとされる
  • 下鴨神社の初詣で最も混雑するのは元旦の深夜と、元旦および2日の日中、4日の蹴鞠始めの時間帯であり、混雑を避けて参拝するのにおすすめなのは早朝
  • 混雑が予想される時間は駐車場が満車になりやすく、公共交通機関を利用したほうが良い
  • 屋台・露店は参拝時間に合わせて営業しており、店の数は多くないが食べ物の種類が多く、みららし団子の店がある
  • 年始には歳旦祭や蹴鞠始めといった見どころの行事があり、舞殿に飾られる迫力ある大絵馬も見どころ

以上のほかにも、下鴨神社の基本情報と、周辺にあるランチの店、おすすめの初詣の神社についてご紹介しました。

下鴨神社は電車やバスでのアクセスがしやすく、京都の初詣先として人気ですが、敷地が広いこともあり比較的余裕を持って周ることができます。

様々なご縁に恵まれたい方や、神聖な森と神社の雰囲気に心洗われたい方は、2019年の初詣に下鴨神社を参拝してみてはいかがでしょうか。

終活ねっとでは、神社に関する記事を多数記載しています。
以下の記事では、神社のおみくじの歴史やマナーについて詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

こちらも読まれています

神社に行ったらおみくじを引こう!意味合いや引く際のマナーを紹介!

年始に神社やお寺にお参りに行くと引きたくなるおみくじ。おみくじの歴史はどういったものでしょうか?またおみくじの見方や引き方のマナーなど知っているようで知らないことも多いと思います。今回記事では神社やお寺のおみくじの意味や引き方のマナーについて解説します。

「下鴨神社・初詣」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!のサムネイル画像

    神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!

    初詣や合格祈願、七五三など私たちは人生の中で神社に参拝しに行く機会を多く持ちます。このため、幼いころから何とはなしに神社に参拝する際の作法は知ることになりますが、作法の中には誤解されているものも多いです。今回は神社参拝の正しい作法について徹底解説していきます。

    1
  • 2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!のサムネイル画像

    2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!

    早いもので、年の瀬を意識する時期になりました。 そろそろ年賀状のことを考えはじめるのではないでしょうか? 今回の記事では「年賀状を出す時期」についてご紹介します。 年賀状はいつから販売され、いつからいつまで投函できるのか? 期間や寒中見舞いなどについても解説します。

    2
  • 年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!のサムネイル画像

    年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!

    毎年、年の瀬になると気がかりになるのが年賀状ですよね。いつまでに出せば元旦に届くのか、郵便局での販売期間はいつまでなのかなど気になることはたくさんあります。今回の記事では年賀状と寒中見舞いの違いや保管期間など、年賀状に関する疑問をすべて解説します。

    3
  • 神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!のサムネイル画像

    神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!

    神社にお参りしたときには、ほとんどの方がお賽銭を入れますよね。では、お賽銭としてどのくらいの金額を用意すればいいのでしょうか?今回の記事では、気になる神社のお賽銭の金額相場やお賽銭の起源、参拝のマナーなど様々な疑問にお答えします。

    4
  • 年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!のサムネイル画像

    年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!

    年賀状にはどんなことを書けばよいのでしょうか?正しい書き方を知っていますか?今回は年賀状の正しい書き方についてご紹介していきます。このような方はこのような書き方、というように、立場別に見ていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

    5

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「下鴨神社・初詣」についてさらに知りたい方へ

下鴨神社の見どころは?おすすめのランチ・お守り・御朱印も紹介!のサムネイル画像

下鴨神社の見どころは?おすすめのランチ・お守り・御朱印も紹介!

下鴨神社のご利益をご紹介!お守りや絵馬などの授与品についても解説のサムネイル画像

下鴨神社のご利益をご紹介!お守りや絵馬などの授与品についても解説

神社の初詣はいつまでに行けばいい?意味や参拝方法も紹介します!のサムネイル画像

神社の初詣はいつまでに行けばいい?意味や参拝方法も紹介します!

初詣での神社のお参りのやり方は?作法や初詣人気ランキングも紹介のサムネイル画像

初詣での神社のお参りのやり方は?作法や初詣人気ランキングも紹介

下鴨神社の御朱印をご紹介!種類・授与の場所・受付時間を解説のサムネイル画像

下鴨神社の御朱印をご紹介!種類・授与の場所・受付時間を解説

初詣で有名な関西の神社10社を紹介!正しい参拝の作法も解説!のサムネイル画像

初詣で有名な関西の神社10社を紹介!正しい参拝の作法も解説!

初詣におすすめの関東で有名な神社7選!正しい参拝の作法も解説!のサムネイル画像

初詣におすすめの関東で有名な神社7選!正しい参拝の作法も解説!

神社の参拝は何時までに行うべき?夜の参拝はやめたほうが良い?のサムネイル画像

神社の参拝は何時までに行うべき?夜の参拝はやめたほうが良い?

寒川神社の初詣をご紹介!混雑状況や屋台情報を解説!のサムネイル画像

寒川神社の初詣をご紹介!混雑状況や屋台情報を解説!

下鴨神社の御朱印をご紹介!種類・授与の場所・受付時間を解説のサムネイル画像

下鴨神社の御朱印をご紹介!種類・授与の場所・受付時間を解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!のサムネイル画像

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!

1
2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!のサムネイル画像

2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!

2
年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!のサムネイル画像

年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!

3
神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!のサムネイル画像

神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!

4
年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!のサムネイル画像

年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!

5

関連する記事

「下鴨神社・初詣」についてさらに知りたい方へ

下鴨神社の見どころは?おすすめのランチ・お守り・御朱印も紹介!のサムネイル画像

下鴨神社の見どころは?おすすめのランチ・お守り・御朱印も紹介!

下鴨神社のご利益をご紹介!お守りや絵馬などの授与品についても解説のサムネイル画像

下鴨神社のご利益をご紹介!お守りや絵馬などの授与品についても解説

神社の初詣はいつまでに行けばいい?意味や参拝方法も紹介します!のサムネイル画像

神社の初詣はいつまでに行けばいい?意味や参拝方法も紹介します!

初詣での神社のお参りのやり方は?作法や初詣人気ランキングも紹介のサムネイル画像

初詣での神社のお参りのやり方は?作法や初詣人気ランキングも紹介

下鴨神社の御朱印をご紹介!種類・授与の場所・受付時間を解説のサムネイル画像

下鴨神社の御朱印をご紹介!種類・授与の場所・受付時間を解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと