「は」で始まる用語

用語一覧

  • 花立

    花立とは、お墓に供えるお花をたてておくための筒や花瓶のことです。 仏壇に供えるお花をたてておくための筒や花瓶も同じく花立と言います。 雨などで錆びにくいステンレス製やプラスチック製のものが多く、中には陶器や陶磁器製の花立もあります。

  • 春の彼岸

    春の彼岸とは、春分の日の前後3日間を合わせた7日間の期間を指します。 彼岸の初日を「彼岸の入り」、最終日を「彼岸の明け」と呼びます。 春のお彼岸の時期にお墓参りや法要を行います。 英語では「The vernal equinox」と言います。

  • 花祭壇

    花祭壇とは、お花で飾られた祭壇のことを指します。 生花を使用するので費用がかかるものでしたが、最近は費用が安くなってきています。 また、花祭壇は葬儀場の広さによって大きさを変更できるという利便性もあります。

  • 花輪

    花輪とは、葬儀においては供花の一種で、生花や造花を輪の形にして作ったものを指します。 花輪は、主に慶弔の意を表すために用いられます。 また、花輪は英語で訳すと"garland"または"wreath"となります。

  • 墓友

    墓友とは、死後永代供養墓などで一緒のお墓に入る予定の人で血縁関係にない友達のことです。 その目的は多々あり、お墓をもっていない高齢者や家族と同じお墓に入りたくないなど事情はさまざまです。 一緒にお墓に入る約束をしたうえで、お墓を探したり、契約したりすることをする仲の良い友達のことを墓友と考える人もいます。 また、配偶者を亡くした方や熟年離婚した方、義理の親との関係が思わしくない方、未婚でお墓も持たない方で墓友を探す方もおられます。

  • 斑レイ岩

    斑レイ岩とは、深成岩の一種のことです。 黒色の石材として墓石に使用されることが多いです。 斑レイ岩と同じく黒色をしている閃緑岩よりも黒色が濃いことも多いことから、閃緑岩と同じく黒御影石と呼ばれることもあります。

  • 墓じまい

    墓じまいとは、現在の墓地・霊園からお墓を撤去することです。 墓じまい・改葬の際には、墓地埋葬法で定められた方法に従って手続きなどをする必要があります。 ちなみに改葬という言葉は墓じまいをした後にお墓の場所を引っ越すことを意味しますが、墓じまいとほとんど同じ意味で使われることも多いです。

  • 破風墓

    破風墓とは、沖縄でしかみられない独自のお墓のことです。 お墓に家と同様の屋根が設けられていて、その屋根の形が破風型(三角形)になっているもののことを言います。 沖縄ではかなりメジャーなお墓であり、破風と呼ばれる屋根が雨などを防ぐ役割も果たしています。 ちなみに破風墓は日本生まれ(沖縄生まれ)の言葉ですので、英語でHafuhakaです。

  • 法堂

    「法堂」とは、禅寺や仏教の寺院内にある僧侶が説法を行う建物のことをいいます。他の宗教でいうところの「講堂」です。大抵、「法堂」は寺の中心部にあり、寺院では仏殿に次ぎ重要な場所として位置づけられています。禅宗では、法堂で法席にあがり、説法することを「上堂説法」と言います。

  • 花筒

    お墓の花立て部分に指し込み、または埋め込み花を供えるための筒状のものです。筒状になっているため、供えた花がまとまり見栄えを良くしてくれる効果があります。また、落ちた花びらや葉、折れた枝が花立ての底に溜まらない様な役割を果たします。

  • 墓参り

    一般的な墓参りとは、亡くなった方のご冥福を祈るためや、御先祖様に結婚などの重大な出来事の報告など、亡くなった人に対する礼儀や思いを伝え、供養をすることを言います。基本的に決まった時期はなく、したいときに行えばいいのですが「お盆」や「お彼岸」など、特別な意味を持つ日は、先祖を供養し敬う気持ちを大切にするためにも、できるだけ毎年お墓参りをするようにしたいものです。

  • 拝礼

    拝礼とは、神社などの神前で祈りを捧げる参拝の作法の1つです。一般的には、「はいれい」と読みますが「はいらい」とも読むこともあります。同じ意味の言葉として「礼拝」という言葉がありますが、礼拝は宗教によって読み方を使い分けるのに対し、拝礼は比較的どの宗教でも使える言葉となっています。

  • 墓守

    墓守とはお墓を管理する人で2つの意味があります。ひとつは長男などでお墓の管理をする人です。もう一つは霊園などの管理事務所にいて、霊園の手入れや植栽などをしている人になります。 昔は墓を荒らす人も多かったので、番をする人の事を指す事もあります。

  • 白骨化

    白骨化とは、人間などの脊椎動物が長い期間放置されることで肉や皮膚が無くなり骨だけになることを指します。完全に骨だけになることをいうのでいわゆるミイラ化とは異なります。ミイラは肉や皮膚が残った状態で腐らなくなっている状態です。

  • 般若心経

    般若心経は仏教の経典の一つで、大乗仏教の心髄である「空(くう)・般若思想」について、観自在菩薩が弟子の1人に教えを説くという形で説明しています。 わずか300文字弱の短い経典ですが、仏教の基本理念が押さえられているため、複数の宗派で用いられています。

  • 排泄

    身体の中の代謝で不要になった老廃物や有害な物質を体外に出すこと。一般的には排尿と排便のことを指しますが、普段何気なくしている肺から二酸化炭素を排出する呼吸、運動後や入浴後に起こる皮膚からの発汗も排泄に含まれます。

1

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと