「の」で始まる用語

用語一覧

  • 納経料

    納経料とは、納経を行い納経所で納経帳に印をもらう際に納めるお金のことです。 納経料は納経帳・掛け軸・白衣の3つから成り立っています。 納経料を納めるというのが寄付行為である点から、決まった額というのは存在していません。

  • 納棺式

    納棺式とは、遺体を納棺する際に親族や納棺師が故人に向けて、あの世への旅支度をする儀式のことをいいます。 納棺式を行うタイミングに決まりはありません。 しかし、一般的に故人の他界後から通夜までの間に行われることがほとんどです。

  • 納骨塔

    納骨塔とは、永代供養墓の形の一つです。 塔の記念碑が石材で建てられており、地下にご遺骨が埋葬されます。 納骨塔の下に他の家族の方と一緒に合祀するタイプと、ご遺骨を骨壺に入れたままそれらを地下の納骨壇に納めるタイプがあります。

  • 納骨堂

    納骨堂とは、室内にご遺骨を骨壺に入れて安置しておくための建物のことです。 以前は納骨堂と言えばお墓に納骨するまでに、ご遺骨を一時的に安置しておく場所のことを指していました。 納骨堂はご遺骨を埋葬するのに必要なスペースが少ないため、お墓と比べても費用は安いことが多いです。

  • 納骨壇

    納骨壇とは、納骨堂でご遺骨を納める場所のことです。 ほとんどの納骨堂に、この納骨壇が設置されています。 納骨壇が設置されている場所のことを納骨堂ではなく、霊廟と呼ぶ場合もあります。 近年明るいデザインの納骨壇が登場したりするなど、従来のイメージを覆すようなものが出てきています。

  • のし袋

    結婚式等のお祝い事や葬儀などで、金銭を贈る際に金銭を入れる為の袋です。 「和紙で出来た袋」と「紙を折重ねた熨斗(のし)」と「紙を結ぶ水引」で構成されており使う用途によって「祝儀袋(しゅうぎぶくろ)」「香典袋」など様々な名前でよばれます。

  • 納骨式

    納骨式とは、ご遺骨を納骨するときに行う儀式のことです。 仏教の場合、納骨式は49日法要と一緒に行うことが多いですが、必ずしも一緒に行う必要はありません。 納骨するまでは、ご遺骨は自宅に安置しておくことが一般的です。 仏教だけでなく、キリスト教や神道でも納骨式は行います。 キリスト教では1ヶ月後の昇天記念日に行います。

  • 納経帳

    納経帳とは、お寺を参拝した後にお経を書写してもらう台帳のことを指します。「のうきょうちょう」と呼びます。印影が朱色と言うことから御朱印帳(ごしゅいんちょう)とも呼ばれることもあるようです。お遍路巡りでよく使われ、札所でご縁を結んだ印となっています。

  • 納棺師

    故人を棺に納める際に必要な処置と作業を行う職業のことを指します。 映画「おくりびと」で作業内容や存在が世間に広く認知されることとなりました。 湯灌師と納棺師は作業内容は違いますが、一連して行われることが多いため兼業している方がほとんどです。

  • のし紙

    元々薄く延ばしたアワビを縁起物として贈り物に添えていた熨斗が簡略化され、紙で代用されたもののことを指す。現在では相手に贈ったものを伝えるために品物と一緒に目録を付けることを簡略化し、のし紙に表書きを書くようになっている。

  • 野辺送り

    葬儀の後、遺族や一般会葬者が葬列を組んで火葬場や埋葬場まで故人を送ること。現代では、火葬場まで関係者がバスや自家用車などに乗り霊柩車の後ろに従うことが殆どですが、山間部や辺境の町村など一部地域では今でも行われています。

  • 納棺

    納棺とはお通夜の前に亡くなった方の身なりを整え生前に愛用していた衣類や思い出の品などとともに棺へ納める儀式のことを指します。 納棺を行う前に死化粧を遺体に施し、死装束を着せるなどの身支度をします。 納棺を行う日時に決まりはありません。 なので、お通夜の前に葬儀屋の方と相談して納棺をいつ行うのか決めましょう。 これは仏教の儀式的な面だけでなく、参列者が訪れる前に近親者だけで故人と向き合うための時間として非常に重要な役割を持ちます。

  • 脳死

    脳死とは、生命維持をつかさどる中枢神経系の脳幹を含め脳のすべての機能が低下し回復不可能な状態になった状態を言います。しかしながらその厳密な定義は明らかでなく、国によって異なります。 多くの国では大脳と脳幹の機能低下である全脳死を脳死と判断するが、ある国では脳幹のみの機能低下を脳死としている。日本においては脳死は人の死として法律条明記されていなません。

  • 納骨

    納骨とは、ご遺骨をお墓などに納めることです。 骨壷にご遺骨を納めることも納骨と言いますが、納骨という場合には普通お墓にご遺骨を埋葬することを意味します。 時期は法律、埋蔵法にも規定は無く、個人のタイミングに合わせて行われているようです。 しばらくご自宅に安置されている方もいらっしゃるようです。 お墓に納骨する際には、ほとんどの場合納骨式と呼ばれる儀式を行います。

1

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと