「と」で始まる用語

用語一覧

  • 止め焼香

    止め焼香とは関西地方や西日本で主に行われる焼香形式で、葬儀の際に焼香の順番で揉めることがないよう、最後に血縁者が焼香をすることを言います。 止め焼香には、会葬者の焼香の順番に不備があったとしてもご容赦頂くという意味合いがあります。

  • 友引

    友引とは、六曜のひとつで何をしても勝負がつかないという意味があります。 また、「友を引く」という文字どおりに災いが及ぶとされる方角でもあります。 昼間は凶、朝晩は吉とされています。 友引は大安に続いて吉日であると言われています。

  • 取越法要

    取越法要とは、四十九日や百箇日などの忌日法要を葬儀の日に繰り上げて行うことを指します。 忌日法要を繰り上げて行うことを「繰り上げ法要」と呼びますが、その中で特に四十九日や百箇日までを済ましてしまうことを取越法要と呼びます。 取越法要は全国区の風習ではなく、主に北海道や青森県などの地域で採用されています。

  • 弔い上げ

    弔い上げとは年忌法要の最後として行う法要のことを指します。 「問い上げ」「問い切り」とも呼ばれています。 弔い上げをもって先祖とともに供養され極楽往生されたとして、以降は年忌法要を営みません。 三十三回忌、五十回忌を目処に行われることが多いです。

  • 塔葬

    塔葬は、チベット族特有の葬儀の一つです。 遺体に塩をつけて乾燥させたあとに、霊塔に遺体を安置します。 この埋葬方法は、ダライラマやパンチェン・ラマのような一部の有名な法王に対してのみ行われます。 霊塔は金銀様々な宝石で飾られ高貴です。

  • 塔婆立

    塔婆立とは、塔婆を立てる貯めの場所のことです。 ほとんどの場合、お墓の後ろに設置されています。 塔婆立は、塔婆を用意する際に必ず必要になるものではありませんが、長期間に渡って卒塔婆をお墓の近くに置いておきたい場合には必要になります。 浄土真宗の場合は、卒塔婆を立てないので必要ありません。

  • 塔婆袋

    塔婆袋とは、塔婆料を入れるための袋のことを意味します。 塔婆袋は、不祝儀袋もしくは真っ白な封筒にすることが一般的です。 袋の表書きは塔婆料・御塔婆料・塔婆代などと書きます。 塔婆料とお布施は区別をしなくても大丈夫ですが、金額が寺院ごとに決まっている塔婆料と、お気持ちであるお布施は分けて渡した方が親切になります。

  • 都立霊園

    都立霊園とは、東京都が運営する霊園のことです。 東京都内に8か所あります。 人気が非常に高いため募集数が少なく、毎年7月上旬頃に募集が行われ、8月末頃に抽選が行われます。 都立霊園の中には、改葬を受け付けていないところもあります。 そして基本的に分骨の納骨は認められません。

  • トキン加工

    トキン加工とは、墓石の加工方法の一種のことです。      トキン加工をすることによって、墓石の竿石(棹石)と呼ばれる部分の頭を四角錐にすることができます。 主にトキン加工は、神道式の和型墓石に施されます。 同じトキン加工でも、軍人のお墓のトキン加工は四角錐の部分が少し背の高くなっているものが多くなっています。

  • 灯明

    灯明は神仏に供える灯火のことを言います。サンスクリット語で「ディーパ」の訳で、仏教の世界では、闇を照らす智慧の光とされていて、大事な供養のひとつとなっています。自らを燃やしてまわりを照らすことから、自分の身を削って他人のために施す、菩薩行の象徴とも言われています。釈尊は遺言で、「自らを灯明とし、たよりとし、他人をたよりとせず。法(真理)を灯明とし、拠りどころとし、他のものを拠りどころとせず」と、自灯明・法灯明を教えたと言われています。

  • 塔婆供養

    塔婆供養とは、彼岸や年忌法要などで墓の周りに卒塔婆を立てて故人を供養することをいいます。塔婆供養は故人の追善供養(ついぜんくよう)になります。追善供養とは、「生きている人の善行が故人の善行にもなる」という仏教の教えからくる儀式です。塔婆を立てることが善行につながります。宗派によっては卒塔婆供養を行わない場合もあります。

  • 灯籠

    灯籠とは、日本の伝統的な照明の一種です。漢字では「灯」の字を「燈」、「籠」の字を「篭」とも書きます。光源である火が風などで消えないように、木枠や石材で囲いをしたものが一般的です。寺院の庭園や神社の境内など、屋外に設ける場合は、堅牢な石灯籠や金属灯籠(銅灯籠など)が用いられます。

  • 塔婆

    塔婆とは正式名称は卒塔婆です。お墓の後ろに建てられている細長い木の板のことをさします。仏教において故人を供養するための追善供養として用いられていますが、宗派や地域により塔婆をつかわない場合があります。

  • 灯篭

    灯篭とは、日本の伝統的な照明器具のことを指します。寺院では仏像に明かりを献じるために配置され、日本庭園では園内の観賞目的で花崗岩や御影石で作られた石灯篭が設置されました。また、先祖の供養を行うお祭りである灯籠流しで使われる紙製の灯篭や、雪で石灯篭を象った雪灯篭などもあります。

  • 床の間

    床の間というのは、掛け軸や花瓶などが飾られている一段高くなった場所のことです。 昔の床の間は部屋の入り口から見て奥にあるプライベートな空間のことで、仏教僧がここで集中して写経などを行うために使っていました。 なぜ床の間と呼ばれるかについては、奈良時代あたりから屋敷に存在した、皇族や貴族などが座っている一段高い場所を「床(とこ)」と呼ぶようになったから、と言われています。 仏壇が置かれることもあります。

1

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと