「し」で始まる用語

用語一覧

  • 赤口

    六曜の一つで、大凶の日とされています。 基本的に何をしてもうまく行かない日ですが、午の刻(午前11時から午後1時まで)だけは吉とされています。 6月と12月の1日は赤口であることが六曜で決められています。

  • 四華花

    四華花とは葬具の一つで、白い紙を細い棒や竹串にらせん状に巻き付け、横向きに細かくハサミを入れたものを言います。 親族はこれを木の台などに刺して葬儀に参列していましたが、最近ではあまり見られなくなっています。

  • 精進料理

    精進料理とは、肉・魚・卵を使用せず、野菜や海藻、穀類などを材料とする料理のことです。 野菜の中でもニラやニンニクなど匂いの強いものであったり、香辛料などは使用しません。 一般的には法事を行う際に精進料理を食べます。

  • 死後事務委任契約書

    死後事務委任契約書とは、委任者(本人)が第三者(個人、法人を含む。) に対し、亡くなった後の諸手続、葬儀、納骨、埋葬に関する事務等についての代理権を付与して、死後事務を委任する契約のことです。 委任者と受任者双方の実印が必要となっているので気を付けましょう。

  • 祥月命日

    祥月命日とは、故人が亡くなった日のことです。 特に年月日まで正確なものを指します。 祥月命日には年忌法要などが行われます。 祥月命日は英語で、"anniversary of a person's death"と言います。

  • 初七日

    初七日とは、死後7日目に行う追善法要の一つです。 葬儀と同じ日に、火葬後の遺骨迎えと合わせて行うことが多くあります。 基本的には亡くなった日を1日目とし、7日目に初七日法要を行いますが、地域によっては亡くなる前日を1日目とするところもあります。

  • 死別

    死別とは、人と死に別れてしまうことを言います。 人と死別した場合、亡くなった人に最も身近な親族が喪主・施主となって葬儀を執り行うこととなります。 また、死別は英語で"bereavement"と訳されます。

  • 焼香炭

    焼香炭とは、焼香・お香用の火種のことをいいます。 焼香炭は香炉の中に入れて利用します。 自宅で法事・法要を行う際には自分で香炉を用意することがほとんどなので、その際に焼香炭は必要となります。 事前に準備しておきましょう。

  • 出棺の挨拶

    出棺の挨拶とは、火葬場に向けて出棺をする前に喪主や親族代表が葬儀に参列した人たちに向けてする、お礼の挨拶のことです。 出棺の挨拶は簡潔に行われることが多いです。 喪主の方は事前に出棺の挨拶文を準備した方が良いでしょう。

  • 死産

    死産とは、妊娠12週以降に胎児が死んだ状態で生まれることを言います。 死産の場合、役所に死産届を出さないと火葬許可証がもらえないので注意が必要です。 また、死産は英語で"stillbirth"と訳されます。

  • 市葬

    市葬とは、市に大きな功績を残した人の死を悼み、市が施主となって執り行う葬儀のことを言います。 市葬では、市民や故人の関係者ら多くの人が参列して故人をお見送りします。 市民葬とは全く違うので間違えないよう気を付けましょう。

  • 死体安置所

    死体安置所とは、主に埋葬・火葬の準備のために死体を一時的に保管する場所のことを指します。 病院にも霊安室と呼ばれる安置所がありますが、長時間安置できないことが多いために死体安置所を利用する場合がほとんどです。 死体安置所は英語でThe morgueといいます。

  • 死者

    死者とは亡くなった人のことです。 基本的に死者の定義は医学的側面からみて、生命活動を停止した人とされています。 ですが、臓器の活動が停止したり身体部分が死滅されている状態でも死者とされない場合もあります。 死者は英語で"the dead"と訳されます

  • 死亡一時金

    死亡一時金とは、国民年金の被保険者として保険料を納めた月数が36か月以上ある方が、老齢基礎年金・障害基礎年金を受けることなく亡くなった場合に、その方と生計を同じくしていた遺族が受けられるお金のことを言います。

  • 死産届

    死産届とは、妊娠12週以降に胎児を死産した場合に出す届け出のことを言います。 死産届は、死産から7日以内に役所に提出する必要があります。 死産届がないと、死胎火葬許可証を発行してもらえません。 死産届は英語で"Stillbirth notification"です。

  • 死装束

    死装束とは亡くなった人を納棺するときに着せる着物のことを言います。 死装束は白一色の着物で、左前を合わせて故人に着せます。 最近では、故人が生前愛用していた洋服を死装束として着せるようになってきています。 英語では"Burial clothes"です。

  • 神葬祭

    神道の葬儀のことを神葬祭と呼びます。 神道における葬儀は、故人を神としてお祀りするために行われます。 また、神道では死を穢れ(けがれ)として考えます。 神葬祭は、神社ではなく故人の自宅で行われるのがほとんどです。

  • 芝生墓地

    芝生墓地とは、一般的には欧米式の墓地のことを指します。 芝生墓地では洋型墓石やデザイン墓石を建てるのに適しています。 洋型墓石やデザイン墓石の人気の高まりと同時に、この芝生墓地の人気も近年徐々に上昇してきています。

  • 宗旨・宗派

    宗旨・宗派とはまとめていった場合、信仰している教義のことを指すことが多いです。 仏教の場合、浄土真宗や日蓮宗が宗旨・宗派になります。 ただし厳密にいうと宗旨とは宗教の教義のことを意味しますが、宗派とは同一の宗教内の分派のことを意味します。

  • 室内墓地

    室内墓地とは、骨壷に入れたご遺骨を安置しておくための建物・墓地の総称のことです。 室内墓地は納骨堂のことを指すことがほとんどですが、中には屋内に従来の墓地と同じようなお墓が建てられているものもあるなど、様々な種類があります。

1 2 3 4

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと