神棚・神具

神棚・神具に関する用語の意味の解説まとめたページです。終活ねっとでは神棚・神具をはじめ終活全般の用語の意味を調べることができます。

用語一覧

  • 御霊屋

    御霊屋(みたまや、おたまや)は、御霊舎とも表記されます。また、祖霊舎(それいしゃ、みたまや)、霊舎(たまや)、神道壇(しんとだん)などのなど種々の呼び名があります。 一般的には神道で

  • 浅黄幕

    地鎮祭、上棟式、葬儀などに使われている、濃い青色と白色の縦じまが特徴の幕です。神聖な場所・神様が来る場所を示す幕とされ部外者の立ち入れない目印として使われてきた物で、その歴史は紅白幕

  • 樒とはシキミ属の常緑高木である。有毒であり、食用すると死亡する可能性がある程度に有毒である。 仏前に供える花として知られています。寺や墓地に植えられたり、仏壇のお供えに使われることが

  • 神酒

    神前に捧げる供物(神饌・しんせん)のひとつで、神饌として供される場合は多くが「瓶子(へいし)」と呼ばれる白色の容器に入っています。容器に移さず、市販の酒瓶に入った状態や酒樽のまま捧げ

  • 三方

    主に神社で神前に供物を供える際に使用される台で、木製(ヒノキなど)の白木のままか、朱色や黒色に塗ったもの、陶器などがあります。多くは正方形の盆「折敷(おしき)」に四角の筒「筒胴(つつ

1
このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと