法事・法要

法事・法要に関する用語の意味の解説まとめたページです。終活ねっとでは法事・法要をはじめ終活全般の用語の意味を調べることができます。

用語一覧

  • お線香

    お線香は、お寺・お墓・仏壇で焚く事によって、周囲を清浄にして、私たちの心を静め、清めてくれると言われます。 また、お経には仏様の食べ物はお香であると記されていますので、家庭でも線香の

  • 御香料

    「香料」に「御」がついたもので、お香に代えてという意味があり、古くは、名家に先祖伝来のお香を持ち寄って故人に手向けた名残です。仏教の通夜・葬儀・法要の際に弔慰金の表書きの上側に用いら

  • 月忌

    月忌とは、毎月の故人が亡くなられた日の事。また、お亡くなりになった最初の日の事を初月忌、月忌の日に行われる仏教行事は月忌法要といいます。そして、亡くなった月日と同じ月日の事は祥月命日

  • 追善供養

    追善供養とは、生きている者が亡くなった人の冥福を祈り、供養することを指す仏教用語です。一般的には年回法要などで法要を行うことなどがそれに当たりますが、そのような善事を行い、その功徳に

  • 魂抜き

    魂抜きとは、お墓を建てた時に入れた魂を抜く儀式のことです。 基本的にはご遺骨をお墓から取り出す際に行います。 戒名を追加で石碑に彫刻するときなどにも、竿石(棹石)を動かす場合には魂

  • お経料

    仏教において、通夜・葬儀・告別式や法事法要などの際に、僧侶にお経をあげてもらったことに対して渡す謝礼を差します。 お経料という言葉に違和感を覚える寺院や僧侶も多いため、お布施という言

  • 数珠袋

    仏教などで使う数珠や念珠を入れる為の袋です。数珠の汚れや房の寝癖を防ぐ他、葬式などで席を離れる際、数珠を直置きしない様に下に敷くなど心配りとして持って置く方が良いようです。半月型好み

  • 性根抜き

    性根抜きとは、お墓を別の場所へ移動する時や仏壇を処分する際に行われる法要の事を指します。 お墓へ納骨した時や仏壇を購入した時等に、お坊さんがお性根入れをしているので、宿っている魂を一

  • 即日返し

    通夜や葬儀の当日に、故人に頂いた香典に対する遺族からのお礼の意味を込めて、受付で渡す香典返しの返礼品のことを言います。高額の香典を頂いた方には後日、個別に対応することもありますが、一

  • 経帷子

    仏式のお葬式で故人が身につける着物です。死に装束の1つとして考えられ、その背中などにお経や朱印、名号、題目が書かれたりします。素材は薄い白麻が多く、最近は白木綿なども使われています。

  • 水鉢

    水鉢とは、手水鉢(ちょうずばち)の略称を表していることが多く、手水を入れておく鉢のことを言います。 一般的な用途としてお墓で故人に水をあげるために使用されたり、庭園の飾りなどに用いら

  • 霊供膳

    霊供膳とは仏教における真宗以外の宗派で用いられる飲食供養具です。仏様への感謝と先祖への供養の心を表すもので四十九日、祥月命日、法事、春秋のお彼岸など際などにお供えされます。なお真宗に

  • 服喪

    服喪(ふくも)とは、近親者などが亡くなった場合に一定の間、喪に服し、行いを慎むことをいいます。服忌(ぶっき)とも言われることがあります。 英語で表記する場合は、go into mou

  • 49日

    仏教用語のひとつで、死後から次の生を受けるまでの期間のことを指します。 死後、故人が極楽浄土へ行けるように7日毎に追善供養して冥福を祈りますが、7回目の49日は来世の行先が決まるもっ

  • 塔婆供養

    塔婆供養とは、彼岸や年忌法要などで墓の周りに卒塔婆を立てて故人を供養することをいいます。塔婆供養は故人の追善供養(ついぜんくよう)になります。追善供養とは、「生きている人の善行が故人

  • 23回忌

    年忌法要のことで、亡くなられてから満22年目の命日に行われます。一般的には13回忌法要の次に行われ、故人の近しい人が集まります。23回忌の次は25回忌などがありますが、各宗派の考え方

  • お膳料

    葬儀に限らずお祝いごとの際でも使われ、僧侶にお渡しするお布施のことです。読経が終わった際にお車代と合わせてお渡しすることが多く、先方の都合などで食事ができない代わりに送る場合もありま

  • 十七回忌

    亡くなってから満16年目に行う法要のこと。亡くなった日を1回目の回忌と数えるため、17年目ではなく16年目に行われます。13回忌の次に行われる法要です。時代の変化と共に、家族だけで行

  • 開眼法要

    仏像の目を開くという意味があり、仏教における仏壇、お墓、位牌などを新しく購入する際に、僧侶を招いて読経をすることです。仏像は最期に目を描きこみますが、この法要を行って初めて、仏像に魂

  • 拝礼

    拝礼とは、神社などの神前で祈りを捧げる参拝の作法の1つです。一般的には、「はいれい」と読みますが「はいらい」とも読むこともあります。同じ意味の言葉として「礼拝」という言葉がありますが

1 2
このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと