葬儀

葬儀に関する用語の意味の解説まとめたページです。終活ねっとでは葬儀をはじめ終活全般の用語の意味を調べることができます。

用語一覧

  • エンゼルケア

    エンゼルケアとは、死化粧、死後処置のことをさします。亡くなられた方を生前の姿に近いかたちで送り出すためにおこないます。 死者の尊厳を守るためでもありますが、残された家族にも大切な心の

  • 清めの塩

    体を清めるために使用する塩のことを指します。 葬儀などから帰宅すると、家へ入る前に玄関先などで振りかけます。 他にも日常生活で溜まる厄を浄化する「盛り塩」や相撲の土俵でまく塩も清め塩

  • 収骨

    火葬が終わった後に遺族が骨を拾うことを指します。 焼骨が収骨室へ到着したら、火葬場の職員の指導を受けながら行います。 拾う順番は足の骨から頭の骨に向かうようにします。 地域によって収

  • 指名焼香

    葬儀の際、喪主・遺族が焼香した後、特定の人物を葬儀の来賓として指名し焼香を行うことをいいます。指名されるのは、地域の代表者(地方議員や町内会長・婦人会長など)や会社・団体などの代表者

  • 火葬炉

    死後に遺骸を焼く施設「火葬場」の中にあり、実際に遺骸を燃焼させる設備の事を火葬炉と言います。 葬法において火葬は一般的にはなってきていますが、実際に火葬を行っている国ごとに見ていくと

  • お車料

    僧侶がお寺から出向きご自宅あるいは会場を借りて葬儀、法事などを行った場合、謝礼(交通費)にあたるものとしてお布施のひとつとして「お車料」をお包みします。なお、施主で車を手配する場合や

  • 50回忌

    ○回忌という言葉は○に入る数字に於いて、亡くなって既定の日数が経過した時点で執り行われる法要を指します。 50回忌とは、亡くなって満49年の命日に執り行う法要を意味しています。五十回

  • お骨

    お骨とは故人の骨の事で遺骨とも言います。死者に敬意を払って、丁寧に御遺骨(ごいこつ)と呼ぶ事もあります。 日本では多くの場合、火葬場にて火葬されて残った骨が遺族の手により、骨壺に収め

  • 拾骨

    拾骨とは、ご遺体の火葬終了後に遺族や近しい人々で故人の骨を拾うことを言います。 拾骨室という部屋でお骨になったご遺体を囲み、骨上げ箸を使って喪主の持つ骨壺に収めていきます。 箸渡しと

  • 生花祭壇

    葬儀式において、生け花・草木を使用して作られる祭壇のことを言います。様々な理由から、葬儀自体のスタイルが多種多様になりつつあるため、一般的な白木祭壇から都市部を中心に生花祭壇のみで葬

  • 前夜式

    キリスト教における葬儀の一部で、仏教においての「通夜」が前夜式にあたります。プロレスタントでは「前夜式」と呼び、カトリックでは「通夜の祈り」と呼ぶ事が特徴です。前夜式が行われる場所は

  • 喪家

    葬式を出す家のことをいいます。元々は儒教の「喪(そう)のある家」という言葉から由来しています。この喪家の中で家長にあたる人がが喪主となります。尚、「喪家」は主に関西方面で使われ、関東

  • 会葬者

    葬儀に参列する人のことを指します。 参列者の中でも遺族側ではない人を指します。 親しい間柄でない場合は玄関でお悔みの言葉を伝える程度で失礼します。 また、家族葬などの場合は会葬者の弔

  • 儀礼

    一定の形式にのっとって行われる宗教的な儀式。 慣習によってその形式が整えられている礼式。 家に入るときに靴を脱ぐ、人と会った時に挨拶をしたりお辞儀をする等、規則正しい一連の行為を指

  • 葬儀ローン

    葬儀費用のためのローン商品の総称です。葬儀会社が窓口になり、クレジット会社と提携し葬儀ローンを取り扱うものがあります。また葬儀会社を通さずに、銀行や労金、信金等の金融機関がフリーロー

  • 通夜返礼品

    通夜に参列してくださった会葬者に会葬礼状と一緒に渡す品物のことを指します。 通夜には精進料理を用意して「通夜振る舞い」しますが、これに参加出来ずに帰られる会葬者へ渡します。 近年では

  • 別れ花

    出棺前、参列者が棺の中の故人の周囲に一輪ずつ手向ける花またはその一連の儀式のことをいいます。通常、遺族や近親者によって行われます。この後、棺は蓋をされ釘打ちの儀式へと移る為、別れ花は

  • 仮通夜

    本通夜(後日、葬儀の前日に行う通夜)に先立ち家族と親族だけで行う通夜をさし、死者が亡くなった当日に行われるものです。この日は故人と親族だけで行うため、訃報を知って来た弔問客がいたとし

  • 通夜振る舞い

    通夜の弔問客に対して食事や飲み物を出してもてなす場のこと。弔問のお礼と共に故人との思い出を語り合って故人を偲びます。通夜振る舞いには弔問のお礼とお清め、故人と共にするこの世で最後の食

  • 献花台

    亡くなった方へ花を手向け供えるための台(祭壇)のことです。キリスト教や無宗教の葬儀では、仏教の焼香の代わりに献花をします。この時使われるのが献花台です。献花台の材質や色など細かいルー

1 2 3 4
このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと