神棚封じの意味とは?神棚封じとは何か、解説いたします

読み方 かみだなふうじ

神棚封じとは

ご家族がご逝去された場合、家庭内の神社と言える神棚を死から遠ざける必要があります。日本古来の宗教である神道では、死のような平常ではないものを「ケガレ」として忌避し、神さまに近づけてはならないという習慣があるためです。ケガレが去る忌明けまでは、一時的に神棚を封印しておかなくてはいけません。

神棚封じの方法

神棚封じのやり方

神棚封じ

現代における神棚封じの方法は、ごく簡単です。
まず、神棚にお祀りしている神さまに対し、誰が亡くなったかなどを報告します。
報告を済ませたら、神棚に供えている榊やお米などをすべて下げてください。
そして神棚の扉を完全に閉め、正面を隠すように白い紙を貼ります。
神棚の前に注連縄を張っているなら、その注連縄にテープなどを使って紙を貼りつけてください。

封印は故人の死と関わりの深いご家族以外の人が行うべきですが、近年は家族内で行うことも多いようです。
葬儀社の担当が自宅に来てくれるなら、その人に頼みましょう。

葬儀を神式で行わない場合でも、自宅に神棚があるなら神棚封じは行ってください。当然のことですが、祖霊舎(それいしゃ・神式の仏壇)は封じません。

いつまで神棚封じをする?

神式 葬儀

神棚封じは、故人が亡くなったことが分かればすぐに行います。封印中は榊やお供えを一切奉じず、普段の拝礼なども行いません。

神棚封じの期間の忌中札

昔は玄関に「忌中札(きちゅうふだ)」を貼り、玄関を開けておくなどの風習がありました。
家の中に死のケガレがあるから入らないでほしいということと、家族が死を悼んで家の中に籠っていることを示すものです。
札には通夜や告別式の日時を合わせて書き入れることもあります。

現在は人の不在を知らしめてしまうことから不用心であるとして、行わない家庭が増えています。

神棚封じの間は榊も供えない

神棚を封じている間は、拝礼を一切行いません。
普段は毎日、榊やお米、塩水などを供えているとしても、神棚封じ期間中は供えてはいけません。
お供えをしないと失礼になるのではと思ってしまうかもしれませんが、ケガレがある時に神棚に触れるほうが良くないことです。

「ケガレ」と聞くと「汚れ」を連想し、何か汚いものだと勘違いしてしまうかもしれません。
しかしケガレとは気枯れ=生命力の減退、気持ちが沈んでいることを指し、「汚い」ということではありません。

忌明けまでは神棚封じを

埋葬はだいたい五十日祭から百日祭の間に行いますが、最近は五十日祭と埋葬祭を同日に合わせて行うことが多いようです。
明治時代から昭和22年までは「服忌令(ぶっきりょう)」で喪に服す期間などか定められていました。
故人との関係性によって期日は異なりますが、両親の場合には50日までが「忌中(きちゅう)」と決まっていました。

現在は服忌令は廃止されていますが、習慣的に50日までを忌中とする場合が多いようです。
親族の死を悼み神さまの元へ死を持ち込まないように控える忌中は、地域ごとに特別な決まりがあることも考えられますので、周辺の詳しい人に訪ねてみてください。
忌中が終われば「忌明け(いみあけ)」となり、神棚の封印を解いて日常生活に戻ります。

ちなみに「喪中」は忌中よりも長い期間(約1年)を取りますが、忌中が済めば喪中であっても参拝は可能です。

神棚封じの間、仏壇はどうするか

神棚を封印するなら、仏壇も同じようにしたほうがいいと考える人もいるでしょう。しかし死をケガレと捉えるのは神道の考えであり、仏教にはありません。そのため、ご家族が亡くなっても仏壇については普段通りで構いません。

ただし、地域によって様々な習慣がありますので、神棚も仏壇も封じるという地域もあるでしょう。

神棚封じとお正月が重なった場合

喪中

お正月はお祝いする時期ですが、ここに忌中が重なってしまった場合は、新年の慶事には参加できません。
神棚に拝礼すること、神社に参詣することのどちらもできません。
年賀状は喪中はがきに変え、新年のお祝いができないことを知らせましょう。

鳥居をくぐることができませんから、新しい年にお札やお守りを授かりに行くこともNGです。
お正月の飾りつけなども行いませんが、故人から特別な遺言があるなら考慮する必要があるでしょう。
忌中が終われば神棚に拝礼することも神社に参拝しに行くことも可能ですので、しばらく待つ必要があります。

殯(もがり)

古来においては、死を日常と切り離すために手間と時間のかかる方法がとられました。
遺体は「殯屋(もがりや)」という特別な場所に移され、家族は遺体とともに寝食を共にします。
日常生活のような過ごし方をしていれば、死者が復活するのではという期待感があったのでしょう。

長期間に渡って安置された遺体は、徐々に腐敗したり白骨化したりします。
その姿を確認することで、間違いなく死が訪れたのだということを実感したのです。

殯の習慣は葬祭の簡素化や火葬などの普及によって衰退しましたが、現代にもその名残はあります。殯ほど長期間ではありませんが、しばらく遺体を置いておく「通夜」として残っています。

 神葬祭総合大事典
神葬祭総合大事典

商品価格¥12,960

現代においては葬儀というと仏式のイメージが強く、神式の葬儀は戸惑うことも多いかもしれません。神葬祭について書かれている書籍もありますので、詳しく知りたい方はご購読してみてください。

この商品を購入

関連する記事

  • 神棚の費用相場や購入の注意点、設置場所などを全て解説。のサムネイル画像

    神棚の費用相場や購入の注意点、設置場所などを全て解説。

    神棚を購入しようとしても、初めての方の場合何が必要でどんなふうに設置したら良いのかなど分からないことがたくさんありますよね。この記事ではそんな方のために神棚の基礎知識を重点的に紹介しています。是非神棚を購入する前に一読して知識を深めましょう!

  • 神棚のお供え物の選び方や配置を解説します!のサムネイル画像

    神棚のお供え物の選び方や配置を解説します!

    神棚をきちんと自宅に飾り、きちんとお供え物をしているお家は現在どのくらいあるのでしょう?また飾っているという方でも、神棚についてしっかり理解している方は少ないのではないでしょうか。今回は神棚について、またお供え物について紹介していきます。

  • きっと神様は見ています!正しい神棚の配置とは?のサムネイル画像

    きっと神様は見ています!正しい神棚の配置とは?

    ご自宅に神棚はありますか?旧家の場合は先祖代々受け継がれている神棚があるかもしれませんね。そして、神棚をお祀りする時の正式な配置やお供えするものをご存知ですか?今回は、神棚について配置やお供えするものなどを調べてみました。

  • 吉とされる神棚の方角と、自分で出来る!綺麗な取り付け方のサムネイル画像

    吉とされる神棚の方角と、自分で出来る!綺麗な取り付け方

    神様をお迎えしてお祀りする神棚ですが、どこに設置しても良いということではありません。神棚を向けるのに良い方角はちゃんとあります。神棚に注目した今回は、設置するのに相応しい方角・場所と壁を傷つけないで綺麗に取り付ける方法を載せてみました。

  • 神棚の向きはどの方角がいい?設置場所は?のサムネイル画像

    神棚の向きはどの方角がいい?設置場所は?

    神棚は神社でいただいたお札をおまつりする場所です。神様がいる場所ですね。慣習として、向きや場所に気を配りたいところがたくさんあります。そこで、知っておきたい、神棚をおまつりするときの、向きや場所についてご紹介します。

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

関連する記事

関連する記事はこちら

神棚の費用相場や購入の注意点、設置場所などを全て解説。のサムネイル画像

神棚の費用相場や購入の注意点、設置場所などを全て解説。

神棚のお供え物の選び方や配置を解説します!のサムネイル画像

神棚のお供え物の選び方や配置を解説します!

きっと神様は見ています!正しい神棚の配置とは?のサムネイル画像

きっと神様は見ています!正しい神棚の配置とは?

吉とされる神棚の方角と、自分で出来る!綺麗な取り付け方のサムネイル画像

吉とされる神棚の方角と、自分で出来る!綺麗な取り付け方

神棚の向きはどの方角がいい?設置場所は?のサムネイル画像

神棚の向きはどの方角がいい?設置場所は?

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと