生前整理の必要性とは?|やり方・メリット・業者・資格・遺品整理

終活ブームに伴って、生前整理が注目されています。生前整理といってもどのようなことをすれば良いかイメージしにくい方も多いでしょう。今回終活ねっとでは生前整理の基礎知識についてやり方やメリット、業者や資格などを含めて詳しく説明をしていきます!

2019-10-27

生前整理の基礎知識について

人々

近年の終活ブームに伴い、生前整理という言葉を耳にすることが増えました。
周囲から終活という言葉を聞くたびに自分も始めなければと思っている方も多いのではないでしょうか。

終活を始める際に序盤に行う作業として生前整理があります。
生前整理と聞くと、どのような活動をイメージされますか?

自分が亡くなった後に備えて身辺を整理する活動、という漠然としたイメージしかない方が多いかと思います。
いざ生前整理に取り組もうとした場合、何から始めるべきか、どんな段取りか分からなく悩む人が多いでしょう。

今回終活ねっとでは、生前整理の基礎知識について下記の内容の中心に解説していきます。

  • 生前整理の定義

  • 生前整理の時期について

  • 生前整理の方法について

  • 生前整理をするメリットや注意点を解説

  • 生前整理を専門にした業者が存在する?

  • 生前整理に関する資格の内容解説

  • 生前整理にメルカリを用いる場合も?

  • 本やブログを生前整理に活用しよう

生前整理に興味のある方や、これから始めようと思っている方はぜひ今回の記事を最後までお読みいただき、参考にしてください。

生前整理と遺品整理の違いは?

困った人々

生前整理とは、生きている内に自分の持ち物を整理しておくことを言います。
持ち物と一口に言っても色々なものがあります。
預貯金や不動産のような分かりやすい資産もあれば、絵画や壺などの骨董品、洋服、車や家具など細かいものまで様々です。

このような細かい遺品の数々を、たとえ家族とはいえ本人が亡くなった後に全てを整理することがとても大変なことは容易に想像できるでしょう。
自分で自分の遺品について整理を行うことで、少しでも家族の負担を減らすことができるのが生前整理です。

人が亡くなると、その人の持ち物は遺族が処分をすることになります。
遺族が故人の持ち物を整理することを、遺品整理と言います。

終活における生前整理の重要性については、こちらの記事を読んで頂けるとより理解が深まります。
ぜひ合わせてお読みください。

生前整理はいつから始める?

人々

自分の生きている内に身辺の整理をしておくのが生前整理です。
自分が亡くなった後に家族が困らないようにするのが目的ですから、少なくとも亡くなる前には終わらせておく必要があります。

そう考えると生前整理をいつから始めるかが重要です。
生前整理を始めるタイミングについて解説していきます。

生前整理をやるべきタイミングは?

思い立ったが吉日というように、生前整理の重要性を認識したその日から始めるのがよいでしょう。

亡くなる前に終わらせておく必要がある生前整理ですが、人間いつ亡くなるかは分かりません。
高齢になってからは体調面に不安のある状態が続くこともあるので、やはり元気に動ける内にやっておくのが良いでしょう。
事故や病気で突然亡くなる可能性だってゼロではありません。

30代・40代の生前整理

30代や40代の頃は、なかなか終活について考えることはないでしょう。
仕事や子育てに忙しい時期でもあり、終活や生前整理などは意識をすることのない年代かもしれません。

しかし、生前整理には時間がかかります
自分の持ち物を整理するということは、不要なものは処分するという意味ですから、なかなか気持ちの踏ん切りがつかない場合もあるでしょう。

長い時間をかけて整理の仕方を考えることで、本当に必要なものを家族に遺せるようになるはずです。
終活やエンディングノートが若いころから始めた方がよいのと同じく、生前整理も若いうちから意識することが大切です。

生前整理のやり方

人々

生前整理をやると決めたら、次は行動です。
自分の持ち物を整理するのが生前整理であることはこれまでも説明しましたが、具体的には何をどうすればよいでしょうか。

生前整理のやり方について、具体的に説明をします。

何から始めればいいの?

生前整理を始める場合、まずは何をすれば良いでしょうか。
生前整理の基本は取捨選択です。
不要なものと必要なものに分けて、不要なものは捨てて必要なものは誰にどう残すかを決めていくのが生前整理です。

あまり難しく考えないで大掃除をするような感覚で、持っているものを残すものいらないものへと分ける作業が生前整理の第一歩です。

財産のリストアップ

次にやることは、財産のリストを作ることです。
いるものは自分が亡くなった後も、誰かに遺すものですからまとめて記載しておくことで誰が見ても分かりやすくなります。

リストアップすると言っても、様々な持ち物がある中で何を書き留めておくべきか迷う方も多いでしょう。
リストアップしておいた方がよい遺品は、経済的価値のあるものです。
具体的には、下記のようなものがあります。

  • 預貯金・現金

  • 株式・手形・国債・社債・小切手・投資信託などの金融商品全般

  • 生命保険

  • 不動産

  • 車やバイク

  • 貴金属やブランド品

  • 絵画や壺などの骨董品

  • 家具

  • 趣味・嗜好品

  • 借入・ローン

遺品や財産というと価値のあるもの、つまりプラスの財産をイメージしてしまいますが、財産にはマイナスの財産もあります。
借金などの借入が、マイナスの財産にあたります。

自分が死んだ後、借金は残された遺族が返済をしなければなりません。
プラスの財産だけでなく、マイナスの財産も隠すことなくリストアップしましょう。

断捨離のコツ!残すものの選び方

不要なものを捨てるのが苦手な人も少なくありません。
しかし、「もったいないから」とか「いつか使うかもしれないから」と物を捨てられないと、溜まっていく一方です。

断捨離のコツは、迷う物品は保留スペースに置き時間をかけて検討することです。
時間をかけて考えることで捨てる決心がつきます。
また時間が経過してもずっと保留スペースにあるということは、自分にとって必要なものではないということを実感できます。

多くのものを残したまま死んでしまったとしたら、困るのは家族です。
たくさんの遺品を処分する手間をかけてしまいますから、不要なものはきちんと自分で処分するように心がけましょう。

遺言書の作成

必要な財産のリストアップが出来たら、何を誰に残してあげるかを決めます。
争族という言葉がある通り、故人の財産の分け方は親族間でもトラブルになるケースが多いです。
自分が亡くなったあとに、親族間で揉めるような事態を避けるためにも誰に何を残すのかは明確に自分の意思をしっかりと残しておくことが大切です。

そのとき、活用できるのが遺言書とエンディングノートです。
特に遺言書はエンディングノートとは違い、法的拘束力があるのが特徴です。
その為、預貯金や不動産などの特に経済的価値のある遺品については遺言書で記します。

○○銀行の口座は誰に、○○市の不動産物件は誰にというように具体的に書くのがコツです。
出来ればそのように考えた根拠も記しておくと、遺族も納得感があるでしょう。

下のリンクから、遺言書の書き方や種類などを分かりやすく解説した記事をお読みいただけます。
ぜひ一度目を通していただけると幸いです。

エンディングノートの作成

遺言書に書ききれない細々とした、しかし価値のある遺品もあります。
むしろ迷うのはそのような物品ですし、人によっては数も多いでしょう。
そういった品物は、エンディングノートに記載します。

エンディングノートは遺言書と違って法的拘束力がない代わりに、自由なのが特徴です。
預貯金や不動産以外の資産についてはエンディングノートに目録を記載し、さらに残し方などを書いておくようにしましょう。

遺品の中でも価値のあるものは遺言書を使い、エンディングノートはその補完的な役割として使うと良いでしょう。

下のリンクからエンディングノートに関する幅広い解説をお読みいただけます。
ぜひ一度目を通していただけると幸いです。

生前整理をするメリット・注意点

人々

これまで説明したように、生前整理を行うのは簡単ではありません。
時間をかけて自分の持ち物全てについて、整理をするのですからとても大変なのは当たり前と言えば当たり前です。

それだけの手間がかかるのにもかかわらず、生前整理を行う人が増えているのはそれだけメリットが多いからです。
ここでは、生前整理を行うメリットについて解説していきます。

生前整理をするメリットとは?

時間と手間暇をかけてまで、生前整理をするメリットは大きいです。
生前整理によるメリットは大きく二つあります。

家族の負担を減らす

メリットの一つ目は、家族の負担を減らすことです。
長く生きれば生きるほど、持っているものは増えていきます。
家具や電化製品、衣類や食器もあれば、趣味の品物の他、最近ではSNSなどのデジタル遺品もあります。

家の中にあふれているこれらの遺品を、遺族は処分しなければなりません。
不要なものは処分して必要なものは残して、遺族の誰かが承継する必要があります。

遺族であっても、故人がどのような資産を持っていたかを把握するのは容易ではありません。
さらに遺品をどのように処分すればよいのかは、遺族が決めるしかありません。
時には故人の意に反して、処分しなければならない場合もあるかもしれません。

遺品整理を行うことによって、このような遺族の負担を大幅に減らすことが出来ます。
保有している遺品のリストがあり、さらにそれぞれの品物をどのように処分してほしいか故人の希望が記してあれば、どれだけ遺族が助かるでしょうか。

家族の負担を減らすことは、生前整理の大きな目的の一つです。

自分自身と向き合うきっかけになる

メリットの二つ目は、生前整理を行うことが自分自身と向き合うきっかけになることです。
生前整理を行うことで、モノの観点から人生の整理を行うことができます。
たくさんの遺品の中で、家族に遺したいものや自分の代で処分したいもの、中には家族には内緒にしたいものもあるでしょう。

それぞれの品物には思い出があり、その品物を整理することでこれまでの人生を振り返るきっかけになります。
エンディングノートに自分史を書くことでこれまでの人生を振り返るのと同様の効果が生前整理にもあります。

エンディングノートの自分史は自分の記憶を整理することが出来るのに対し、生前整理は[emp2]モノを起点としてこれまでの人生を整理[/emp2]できるのが特徴です。

生前整理を通じてこれまでの自分を振り返ることにより、残りの人生をよりよいものにすることが出来ます。

生前整理をする際の注意点

メリットの多い生前整理ですが、行うには注意点もあります。

まず大切なことは、一度に終わらせようと思わないことです。
長い人生をかけて蓄積してきた思い出を、一度に整理するのは難しいことです。
エンディングノートと同じように、じっくりと時間をかけて整理をしていくことを心がけましょう。

次に大切なことは長続きする工夫をすることです。
一度に終わらせることのできない生前整理ですから、飽きの来ないように工夫が大切です。
今月はこの部屋を整理する、というように目標を決めたりしながら行うのも良いでしょう。

一度に終わらせようとして、あれもこれもと手をつけて結局何も出来ていないということのないように気を付けましょう。

生前整理業者について

人々

生前整理を行うと、不要なものを処分したり重いものを処分したりする必要があります。
もちろん元気なうちであれば自分でやってもよいのですが、無理をして怪我をしてしまっては本末転倒です。

家族と協力しながらする場合もあるでしょうが、面倒な片づけなどもあり喧嘩に発展してしまうこともあるかもしれません。
そんなときには、生前整理業者を活用するのも一つの方法です。

最近では終活ブームとなっていることから、たくさんの生前整理の業者があります。
単なる片付けを行ってくれるだけでなく清掃をしてくれたり、生前整理の資格保有者がいて相談に乗ってくれるところもあります。

もちろん費用はかかってしまいますが、生前整理を一緒に行ってくれるパートナーと考えるととても心強い存在です。

業者の料金相場とは?

業者を利用する場合、気になるのが費用です。
料金は生前整理をお願いする自宅の間取りによって変わります。
下記表は一般的な相場ですが、地域や業者によっても違いはあります。

間取り 料金相場
1K 35,000円~
1DK 55,000円~
1LDK 80,000円~
2DK 100,000円~
2LDK 150,000円~
3DK 160,000円~
3LDK 210,000円~
4LDK 230,000円~

下のリンクから生前整理に必要な費用に関してより詳しく分かりやすく解説した記事をお読みいただけます。

不用品の買取もできる?

業者の費用を少しでも安くする方法の一つに、不要品を捨てるのではなく買い取ってもらう方法があります。
リサイクルショップなどを活用する方法もありますが、生前整理の業者に買取をしてもらえると便利です。

最近では、買取まで同時に行ってくれる業者も多くあります。
また家電などの古いものは、処分する際にリサイクル料金などの費用がかかる場合もあります。
業者によっては買取はできなくても、無料で引き取ってくれる場合もありますので一度相談してみるとよいでしょう。

業者を選ぶ際のポイント

数ある業者から、信頼のできる業者をみつけて依頼するのはとても大変です。
業者を選ぶ際のポイントをまとめて紹介しますので参考にしてください。

  • 資格の保有者がいる

    次の項目で紹介していますが、生前整理に関する資格はいくつかあります。業者の中にこれらの資格保有者が在籍しているかどうかはチェックしておきましょう。業者といっても様々で、中には生前整理業務を片手間でやっている業者もあります。資格保有の有無は業者としての取り組み姿勢を判断するポイントの一つです。

  • サービスが充実しているか

    ただ単に片付けをしてくれるだけでなく、不要品の処分や買取を行ってくれたり、清掃まで行ってくれたり、生前整理に関するアドバイスをくれたりする業者もあります。幅広く対応できる業者か、ホームページなどで確認しましょう。

  • スタッフが信頼できるか

    業者を決める場合は、無料見積もりなどを通じて必ず社員と会いましょう。その際1社だけではなく、複数社の担当者と会うようにしましょう。実際に会ってみて、信頼できる人であるかを目で見て確認します。一緒に生前整理をしたいと思えるかどうかがポイントです。

生前整理に関する資格

人々

生前整理は終活ブームに伴って注目されている活動です。
しかし、何も分からず一人で行うには難しいこともあります。
こういった背景から、生前整理に関する資格が整備されています。

自分の生前整理のために資格を取得したり、生前整理をする方のサポートを行うために資格を取得したりと様々な目的で資格取得を目指せます。

生前整理アドバイザー

こちらの資格は、生前整理普及協会が行っている民間の資格です。
資格には2級、準1級、1級と難易度によって分かれています。

2級を取得した後、資格を仕事に生かしたいと考えた場合は生前整理相談士講座や認定作業士講座などが準備されています。

また生前整理について深く学んだり、2級や準1級の受験者の指導に当たりたい場合はよりレベルの高い準1級、1級、そして指導員講座に進むことができます。

2級や準1級であればテストはなく、必要な研修を受講することで取得出来ます。
研修は会場で受講できない場合、スカイプでも受講できます。

2級は生前整理を自分で行うことを想定した内容となっていますから、これから生前整理を行う方の勉強にもおすすめです。

生前整理作業士

自分の生前整理について学ぶ生前整理アドバイザー2級とは違い、実際に生前整理を行う方のお宅を訪問しお手伝いするための資格です。
生前整理作業士の資格は、生前整理アドバイザー2級を保有してないと取得することが出来ません。

学ぶ内容は、作業士としての心得や実際の作業の仕方や手順、お客様への接し方や生前整理に関するより深い知識など多岐に渡ります。
資格取得に必要な講義も、朝から夕方までと一日みっちりかかります。

生前整理診断士

先程の生前整理作業士は実際の作業をお手伝いするのに対し、こちらは生前整理について総合的にアドバイスをすることを目的としています。
こちらの資格も生前整理アドバイザー2級の資格がなければ受講することが出来ません。

生前整理で困っているお客様に対し片付けのやり方や考え方、葬儀や介護などの相談にも乗って、お客様に寄り添った立場で、生前整理に関する課題をまとめて解決できることを目指します。
資格取得に必要な講義も3日間と取得のハードルが高い資格でもあります。

生前整理コンサルタント

こちらは一般社団法人日本生前整理総合コンサルタント協会が認定している資格です。
初級・中級・上級の資格に分かれているのが特徴です。
初級は生前整理アシスタントと呼ばれ、生前整理に関する基礎知識を身に付けます。

中級は生前整理コンサルタントと呼ばれ、習得した生前整理に関する知識を活用する方法を習得します。
さらに上級の生前整理コンサルタントマスターでは、生前整理だけでなく税務や不動産、保険や信託などの知識を活かして、より良い生前整理を提案します。

下のリンクから資格に関する詳しい記事をお読みいただけます。
ぜひ一度目を通していただけると幸いです。

生前整理業界の市場規模は大きい?

生前整理が流行ってきているなかで、市場規模はますます大きくなっています。
その市場規模は5000億円以上とも言われています。

生前整理を行う方の増加に伴い、より一層多くの業者や資格保有者が求められていきます。
資格を取得することで生前整理業界で先を行く存在になれる可能性は大いにあるでしょう。

メルカリを使った生前整理

人々

メルカリという言葉を聞いたことはあるでしょうか?
メルカリとは、携帯(スマートフォン)のアプリを使ってフリマのように個人間で売買できるサービスです。
最近、生前整理にメルカリを活用する方が増えています。

生前整理でメルカリを使う人が増えている

これまで説明したきたように、生前整理とは持ち物を断捨離することです。
長い人生をかけて手に入れてきた思い出のある様々な品物を、時には手放さなければならないのも生前整理です。

思い入れのある品物を処分する際、リサイクルショップや買取業者にまかしてしまうのも一つの方法ですが、それでは寂しさもあります。
特に、趣味の品物などの思い入れのある物はその価値を共有できる方に譲りたいですね。

自分と同じ考えの方に譲れば、今後も大事に扱ってくれます。
そのような気持ちからメルカリを使う方が増えています。
本人が出品をする場合もあれば、親世代が生前整理を行って譲り受けたものを出品する場合もあります。

上手なメルカリの使い方とは?

メルカリを上手に活用するには、時間をかけて納得のいく形で処分をしたい品物に限定するとよいでしょう。

業者やリサイクルショップで処分するのと違って、メルカリは出品をして買い手がついて初めて誰かに譲ることが出来ます。
つまり買い手がいなければ、その品物はいつまでも手元に残ったままです。

また自分で梱包して郵送するなどの手間もかかりますが、業者などに委託すれば、あっという間に片付いてしまいます。

またスマホやパソコンが苦手な方もいるでしょうから、若い家族などに協力をお願いするのもよい方法です。
メルカリならではの特徴を理解して、上手に生前整理を進めましょう。

生前整理に役立つ本・ブログ

人々

生前整理は注目されている活動なこともあり、様々な方が様々な方法で情報を発信しています。
ここでは生前整理を行うにあたり、ぜひ参考にして頂きたい本やブログを紹介します。

多くのテレビ番組にも出演している人気の古堅順子氏による、人気の生前整理本です。
整理収納アドバイザーとして、多くの家庭の整理や収納を見てきたからこそ分かる生前整理についての方法が書かれています。

生前整理は自分の死後に備えて身辺整理を行うことを指しますが、老前整理とは老後を快適に過ごすために準備をすることを言います。
老後に快適な生活を送るための指南書ともいえるのがこの本です。

ブログ

本だけでなく、ブログでも様々な著名な方が生前整理に関する情報を発信しています。
整理整頓のプロなどが発信する情報ですから、実際の整理に役立つ情報が満載です。
生前整理をされている方であれば、ぜひ一度は目を通してください。

生前整理の基礎知識まとめ

人々

いかがでしたでしょうか。

今回終活ねっとでは、生前整理の基礎知識について下記の内容を中心に解説してきました。

  • 生前整理とは自分が生きているうちに自分の遺品を整理する活動のこと。
    生前整理を行うことで、家族の負担が大幅に減る。

  • 生前整理は、元気に動けるうちに始めた方がよい。
    可能であれば30代・40代の若いうちから始めたほうがメリットが多い。

  • 生前整理のやり方は、まずいるものといらないものに分けること。
    そしているものはリストアップして、遺言書やエンディングノートを使って記すことが大切。

  • 生前整理を行うメリットは、家族の負担を減らすことが出来ること。
    また生前整理を行うことによって自分自身と向き合うきっかけになること。
    生前整理をする際の注意点は出来るだけ長続きをするようにすること。

  • 生前整理を業者に頼む場合は担当に実際に会うほうが良い。
    業者の中には不用品の買取も行ってくれるところもあるので事前に丁寧に調べておく。
    また複数で見積もりを出してもらい、妥当な価格設定の業者を選ぶ。

  • フリマアプリのメルカリを活用することによって、大切なものを大事にしてくれる人に直接譲ることが出来る

  • 生前整理のプロが情報発信する本やブログも大いに参考になるので活用してみる。

生前整理は終活における活動の中でも、重要な活動です。
これから生前整理を始める方や、生前整理に興味のある方はぜひ今回の記事を参考にして取り組んで頂ければ幸いです。

終活における遺品整理についてさらに詳しく知りたいという方は、以下のリンクもご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事に関するキーワード

よく読まれている記事一覧

「生前整理」に関連する記事

  • 終活での生前整理に関して|違い・意義・段取り・注意点のサムネイル画像
    終活での生前整理に関して|違い・意義・段取り・注意点

    終活の一つである、生前整理。みなさんは生前整理とは、何をすることなのかご存知でしょうか。今回の記事では、終活における生前整理についてご紹介をしていきます。段取りや注意点なども解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

  • デジタル遺品の生前整理|データ・情報・整理方法・トラブルのサムネイル画像
    デジタル遺品の生前整理|データ・情報・整理方法・トラブル

    デジタル遺品の生前整理ということを聞いたことがありますか。パソコンやスマホの中にあるデータを生前整理が必要なデジタル遺品と捉える考え方が広まってきています。残された人に迷惑をかけないためにもデジタル遺品の生前整理はどうすべきなのか具体的に解説します。

  • 生前整理で着物を手放したい|買取・リメイク・引き継ぐ・処分のサムネイル画像
    生前整理で着物を手放したい|買取・リメイク・引き継ぐ・処分

    服と聞いて真っ先にイメージしやすいのは洋服です。しかし、中には着物を持っているという人もいます。生前整理をする際、着物の扱いに戸惑っている人も多いのではないでしょうか。この記事では生前整理の際の着物について、買取や注意点についても解説します。

  • 生前整理のやることリストとは?|メリット・作り方・具体例のサムネイル画像
    生前整理のやることリストとは?|メリット・作り方・具体例

    残りの人生を豊かに過ごすための手段として生前整理が注目を集めていますが、生前整理に必要とされるリストはどのように作成すればよいのでしょうか?今回は、生前整理で作るべきリストや具体的な例について解説します。

  • 不動産も生前整理すべき?|トラブル・相続・手続き・方法のサムネイル画像
    不動産も生前整理すべき?|トラブル・相続・手続き・方法

    遺産に不動産があるとトラブルになりやすいと言われています。誰しも相続でのトラブルは避けたいものですが、そのために不動産の生前整理は有効なのでしょうか?ここでは不動産の生前整理はなぜ必要なのかと、不動産相続でトラブルを起こさないための対策について紹介しています。

  • クロネコヤマトに生前整理を頼める?|サービス内容・料金のサムネイル画像
    クロネコヤマトに生前整理を頼める?|サービス内容・料金

    終活をお考えの方の中には、生前整理をしたいと希望する方も多いでしょう。クロネコヤマトに生前整理をお手伝いするサービスがあるのをご存知でしょうか?今回は気になるクロネコヤマトの生前整理サービスについて内容や料金体系をご紹介します。

  • 親の生前整理のポイントは?|進め方・手伝う・勧める方法のサムネイル画像
    親の生前整理のポイントは?|進め方・手伝う・勧める方法

    親が亡くなってから、実家の荷物整理をするのはとても大変です。出来れば親が元気な時に生前整理をしてもらえたら少しは楽に片付けができます。今回終活ねっとでは、親に生前整理を言いだすタイミングや、エンディングノートを書いてもらうための方法を解説いたします。

  • 生前整理はいつから始めるべき?|タイミング・節目・進め方のサムネイル画像
    生前整理はいつから始めるべき?|タイミング・節目・進め方

    近年終活が話題になっていますが、その一環として生前整理に興味を始める方が増えています。大変なイメージのある生前整理ですが、いつから始めたら良いのでしょうか?また生前整理の手順はどうなのでしょうか?そこで、生前整理をいつから始めるべきかについて解説していきます。

  • 生前整理をするメリットは?|理由・やり方・時期・注意点のサムネイル画像
    生前整理をするメリットは?|理由・やり方・時期・注意点

    生前整理と聞くとまだ元気なのに縁起が悪いと感じる方も多いのではないでしょうか。しかし、生前整理は元気なうちに始めるからこそメリットがあるのです。ここでは生前整理をするメリットとその進め方、注意点について詳しく解説いたします。

  • 生前整理でやることは?|メリット・注意点・進め方・時期・業者のサムネイル画像
    生前整理でやることは?|メリット・注意点・進め方・時期・業者

    生前整理という言葉をみなさん一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。文字からおおよその意味は推測できますが、実際に生前整理とは具体的にやることは何でしょうか?今回終活ねっとでは、そんな生前整理でやることや業者依頼、生前整理の進め方について紹介していきます。

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

よく読まれている記事一覧