エンディングノートについて|書き方・選び方・おすすめ・無料ノート

終活ブームに伴ってエンディングノートが注目されています。最近耳にすることの増えたエンディングノートですが、書き方や選び方はどうすれば良いでしょうか。今回エンディングノートについて、書き方や選び方、おすすめのノートなどについて詳しく解説をします。

目次

  1. エンディングノートの全てを解説!
  2. エンディングノートを書くメリット
  3. おすすめのエンディングノート
  4. エンディングノートの注意点
  5. エンディングノートのセミナーについて
  6. エンディングノートに関する映画
  7. エンディングノートについてまとめ

エンディングノートの全てを解説!

人々

終活ブームに伴って、エンディングノートが注目されています。
これまでの人生を振り返って、残りの人生をより良いものにするのが終活です。
終活の中で自分の気持ちを整理したり、家族へのメッセージを伝えるために使われるのがエンディングノートです。

近年注目されている言葉なので、耳にすることも多いですが実際にはどのようなことを書くのかご存知ない方も多いのではないでしょうか。

今回終活ねっとでは、エンディングノートについて下記の内容を中心に詳しく解説します。

  • エンディングノートを書くメリットは?
  • エンディングノートの書き方は?
  • おすすめのエンディングノートは?
  • エンディングノートの注意点は?
  • エンディングノートのセミナーとは?
  • エンディングノートに関する映画について

エンディングノートに興味のある方、これから終活を始める方はぜひ最後までお読みいただき参考にしてください。

エンディングノートを書くメリット

人々

なぜ、エンディングノートが注目されているのでしょうか。
エンディングノートが注目されている背景には、終活ブームがあります。
終活には、終末期の準備をすることで残りの人生を良いものにしたり、残された家族の負担を減らす目的があります。

その目的を果たすのに、エンディングノートがとても役に立ちます。
エンディングノートを作成することで、これまでの人生を振り返ることになり、今後の人生を見つめ直して、終末へ向けた考え方を整理することが出来るメリットがあります。

エンディングノートを作成するメリットが、終活における重要な役割を果たすことから注目を集めています。
ここでは、エンディングノートを作成するメリットについて説明します。

エンディングノートを書く目的とは

エンディングノートを書く目的は、大きく分けると二つあります。
家族の負担を減らせること・自分と向き合えること、この二つがエンディングノートを書く目的であり、メリットです。

家族の負担を減らせる

エンディングノートや終活が登場する以前は、亡くなった後の話は家族でも出来ませんでした。
そのため、葬儀やお墓に関することなどは喪主や遺族が話し合いをしながら行っていました。

エンディングノートには、自分の葬儀の希望やお墓に関することを書きます。
それだけでなく、財産に関することや終末期の医療についても書くことができます。

こうして、葬儀や財産などに関する願いや希望を書いておくことで、家族はとても助かります。
故人の希望とは違う葬儀をしてしまったのではないかと、悩むことがないからです。

自分と向き合う良い機会になる

エンディングノートには、自分のこれまでの人生の記録も書きます。
歴史の年表のように、自分史を書く場合もあります。
これまでの人生に起きた出来事と、その時感じた気持ちなどを整理することが出来ます。

自分のことを整理することで、自分と向き合う良い機会になります。
これまでの人生を振り返ることで、改めて今後の人生を見つめ直すことができるのです。

エンディングノートはいつから書くべき?

注目されているエンディングノートですが、何歳から書いた方が良いのでしょうか。
終活やエンディングノートと言うと、50代や60代のイメージがあるかもしれませんが、実はもっと早くに書き始めても良いのです。

先ほども説明したようにエンディングノートを書くことで、これまでの人生を振り返りながら自分と向き合うことになります。
ですから、60代・50代だけでなく40代や、30代・20代の若い頃から書いても問題ありません。

エンディングノートは、何度でも書き直すことが出来ます。
20代や30代の若い内から書きはじめ、40代や50代で見直して、60代で改めて書き直すという使い方もできます。

年代にこだわらず、何歳からでも書き始められるのもエンディングノートの特徴です。
エンディングノートをいつから書くかということは、こちらの記事でも詳しく解説しています。
ぜひ合わせてご覧ください。

こちらも読まれています

エンディングノートはいつから書く?書く際のポイントと共にご紹介!

エンディングノートっていつから書き始めたらいいのか、どんなことを書いたらいいのか疑問に思ったことはありませんか?そもそも終活はいつから始めたらいいのか、エンディングノートにはどんなことを書いたらいいのか、年代別の終活方法など詳しくご紹介いたします!

エンディングノートがTVでも話題に!

エンディングノートは、テレビでも度々取り上げられています。
2019年6月に放映された林修ドリルというテレビ番組では、終活ライフケアプランナーの資格を持つ女優の財前直美さんが生前整理の話をされました。

財前直美さんは、女優でありながら終活ライフケアプランナーとしても活躍しており、この番組の中で、エンディングノートの書き方についての説明をされました。

番組では、エンディングノートを書いてない方の理由として多いのが、何を書けばよいか分からないということが紹介されました。
これに対して、負債に関することや、葬儀などを書いておいた方が良いと財前直見さんは紹介されています。

エンディングノートに書く内容については、この記事でも後ほど詳しく解説しています。
また、女性芸人で有名な友近さんのお父さんもエンディングノートを書いていたことが別の番組で放映されました。

このようにエンディングノートはテレビで取り上げられていることもあり、普及率はあがっています。
エンディングノートの認知度は80%を超えており、高齢者世帯に限れば90%を超えています。

人々

注目を集めているエンディングノートですが、実際に書くとなると抵抗を感じる方も多いでしょう。
何を書けば良いか分からない、という理由が大半です。
ここでは、エンディングノートの書き方について説明をしていきます。

書き方に決まりはない

エンディングノートには、書き方に決まりはありません。
どのような形式で書くか、何を書くかも自由です。
書き方に決まりがないからこそ、願いを自由に書けるのがエンディングノートの特徴です。

後ほど説明するように、書く内容や項目は複数ありますが、全てを書かないといけない訳ではありません。
書けない項目は無理に書く必要はなく、書ける項目を埋めていけば良いのです。

エンディングノートは、何度でも書き直しができます。
書ける時に書ける項目を書いて、時には夫婦で一つのエンディングノートを作っていくことも出来るのが特徴です。

エンディングノートに書く内容・項目

エンディングノートに書く内容は自由です。
では、実際にどのような項目で書くことが多いのでしょうか。

一般的にエンディングノートに書かれている項目をご紹介します。

  • 自分史・自分のことについて

    エンディングノートの目的の一つは、自分の人生を振り返ることです。
    自分のこれまでの人生を振り返るのに、自分史や自分のことについて書きます。

  • 家族や友人について

    自分とつながりのある、家族や友人のこともエンディングノートには書きます。
    自分が亡くなった後の葬儀に、誰をお招きしたいかも書いておいた方が良いでしょう。
    そのとき、家族が困らないように、連絡先も一覧にしてまとめておくと良いでしょう。

  • 財産・相続・保険について

    財産に関する項目は重要です。
    自分が亡くなったあと、預金などの資産は家族や親族が継承します。
    銀行預金などの財産は、家族であっても全てを把握することは難しいです。
    自分の財産については、エンディングノートに記載しておくことで家族にスムーズに引き継ぐことが出来ます。

  • 医療・介護について

    医療や介護についての考え方を書いておきましょう。
    現在では、ほとんどの方が病院のベッドで最後を迎えます。
    自分の意識が無くなったとき、延命治療をどこまで続けるのか、家族は判断をしなければなりません。
    終末期の医療・介護に関する希望を書いておきましょう。

  • 葬儀・お墓について

    葬儀には様々な形態があります。
    葬儀に関する希望は細かく書いておきましょう。
    一般葬か家族葬か、喪主は誰にするのか、葬儀を生前予約している場合はその旨も書いておきます。
    お墓や納骨に関することも書いておきます。
    お墓は先祖代々のお墓に入るのか、新しく建てるか、その場合の費用はどうするか、などを書いておきましょう。

  • ペットについて

    ペットを飼っている場合は、自分が亡くなった後に誰に引き取ってもらうのか書いておきます。
    ペットには個性がありますから、どんな物が好きなのかお世話の方法についても書いておきましょう。

  • 家族や友人へのメッセージ

    お世話になった家族や友人へ対してのメッセージが書けるのが、エンディングノートです。
    これまでの感謝など、伝えたいメッセージを遺しておきましょう。

上記の項目は代表的な例です。
エンディングノートには様々な項目を細かく書くことが出来ます。
エンディングノートに書く内容に関しては、こちらの記事で詳しく解説をしていますので合わせてお読みください。

こちらも読まれています

エンディングノートに書く内容について紹介!書き方も解説します!

終活でのエンディングノートに書く内容はとても大切なものです。エンディングノートを書くことで、遺された方に自分の意思をきちんと伝えることと、これからの生き方の再確認ができます。ここではエンディングノートの内容と書き方について詳しく解説をします。

おすすめのエンディングノート

人々

エンディングノートは、今では様々な種類のものがあります。
もちろん、書く内容は自由ですので、エンディングノートとして作成されたノートでなくても構いません。
しかし、エンディングノートとして作成されているノートの方が、項目が決まっており書きやすいという特徴があります。

エンディングノートは一度書いたら終わりではなく、何度も書き直したりしながら使い続けるものです。
自分にあった使いやすいエンディングノートを見つけることが大切です。

ここでは、エンディングノートの選び方について解説をします。

エンディングノートの選び方

多くのエンディングノートの中から、お気に入りのノートを見つけて購入するにはどのようにすれば良いでしょうか。

エンディングノートは、書く項目ごとに分けて作られています。
その項目や記入欄、見やすさなどを数種類のエンディングノートを見比べて、書きやすいものを選ぶと良いでしょう。

あまり書くのが得意でない方が、記入欄の多いものを選んでしまっては、書くのが億劫になって続かない場合もあります。
複数を見比べて、自分が書きやすいと思うものを選ぶとよいでしょう。

実際に購入する場合は、エンディングノートはどこで買えるでしょうか。
エンディングノートをどこで買うかで、見比べる種類も変わってきます。

実物を見比べたいのであれば、大きな書店が良いでしょう。
大きな書店であれば、複数の種類のエンディングノートが置いてありますから、実物を見比べながら検討できます。

また、amazonなどの通販でもエンディングノートは売れています。
通販であれば実物を見ることは出来ませんが、たくさんの種類の中から選べますし、口コミなどを参考にすることも出来ます。
書店で購入するよりも、安く購入できる場合もあります。

エンディングノートの種類や選び方については、こちらの記事でより詳しく解説をしています。
エンディングノートを選ぶ際には、ぜひお読みください。

こちらも読まれています

エンディングノートの種類について選び方やオススメを紹介します!

終活を行う時にエンディングノートを作成する方もおられるでしょう。しかしエンディングノートもいろんな種類があってどれを選べばよいのか迷いますよね。そこでエンディングノートの種類や入手方法などをご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

市販でおすすめのエンディングノート

市販されているエンディングノートでおすすめを紹介します。
今回紹介しているエンディングノートは、通販でも本屋でも購入することが出来ます。
表紙もシンプルでおしゃれなのが特徴です。

コクヨのエンディングノート

文具メーカーのコクヨが販売しているエンディングノートです。
数あるエンディングノートの中でも不動の人気を誇る商品です。

特徴は書く項目が細かく分けられていることで、記入欄を埋めていくように書いていけば完成します。
それぞれの項目の記載欄はそこまで大きくないので、初心者の方におすすめです。

文具メーカーならではの上質な紙を使用しているのも特徴で、書きやすい作りになっています。
値段もお手頃で、コストパフォーマンスに優れている商品です。

その他のエンディングノート

エンディングノートには他にも多くの種類があります。
代表的なものを紹介します。

  • 終活カウンセラー協会のマイウェイ

    終活カウンセラー協会がセミナーなどを通じて、実際に終活をしている方の意見などを聞いて作ったエンディングノートです。
    高齢の方でも書きやすい作りになっており、解説文などの字も大きめになっています。

  • もしもの時に家族をつなぐ(NHKまる得マガジン)

    NHKのテレビ番組のまる得マガジンの中で紹介されたエンディングノートです。
    注意が必要なのは、この冊子はエンディングノートの活用の仕方を説明したテキストです。
    書き込みができるノートではありません。

  • もしもの時に家族をつなぐ書き込み式書き込み式エンディングノート(生活実用シリーズ)

    こちらが先ほどのまる得マガジンのテキストと連動した、書き込みが出来るノートです。テキストを購入する場合は、こちらもセットで購入するようにしましょう。

  • 筆まめネット

    年賀状の作成ソフトで有名な筆まめが販売しているエンディングノートです。
    こちらの特徴は冊子タイプではなく、パソコン上で作成するタイプのエンディングノートです。
    字が苦手な方でパソコンに抵抗が無い方にはおすすめです。
    住所録を筆まめと連動させることが出来ます。

100円ショップで購入することはできる?

ダイソーなどの100均をよく利用される方も多いでしょう。
では、100均でも、エンディングノートは購入できるのでしょうか。

残念ながら100均には、エンディングノートとしての商品は現在はないようです。
しかし、エンディングノートの形式は自由です。
ダイソーにはたくさんの種類のノートがありますから、それらをエンディングノートとして活用しても良いでしょう。

無料で利用できるエンディングノート

では、エンディングノートは無料で手に入れることが出来るのでしょうか。

web・オンラインからダウンロードする

エンディングノートは、これまで説明したきたような冊子タイプのものが主流ですが、ネットやウェブからダウンロードできるデジタルエンディングノートもあります。
これらのタイプは、無料のものも多いのでインターネットの環境が整っている方にはおすすめの方法です。

パソコン上で作成できるものもあれば、PDFをダウンロードして、印刷して使うタイプのものもあります。

webサービスを利用する

実際にエンディングノートがダウンロード出来るwebサイトを紹介します。

  • 百人百想

    百人百想とは、インテリアや仏壇などのデザインや建築設計を手掛けている株式会社スペース・メニュー・ラボという会社が運営しているサイトです。
    word版とpdf版がダウンロード出来るようになっており、私の自分史の項目は葬儀で参列者に冊子として配布できるようになっています。

  • エルノート

    エルノートとは、株式会社ウィッシュレーンという企業が運営しているweb版のエンディングノートです。
    こちらはダウンロードするタイプではなく、会員登録をすることによってweb上でエンディングノートを管理してくれるサービスです。
    保管場所などに困っている方にはおすすめです。

  • 日刊葬儀新聞

    日刊葬儀新聞という終活情報サイトからもエンディングノートのダウンロードが可能です。
    こちらもword形式とpdf形式と両方があります。

Word・Excelで作成する

エンディングノートは形式が自由なのは、先ほども説明しました。
パソコンが使える環境がある場合、マイクロソフトのWordやExcelなどのソフトを使ってエンディングノートを作成する方法もあります。

このスタイルでは、パソコン上に保存できるため、保管場所にも困りません。
また、何度でも修正・上書き保存も出来ますし、好きなフォーマットでエンディングノートを作成することが出来ます。

しかし、雛形がないと書きづらいという方もいるでしょう。
その場合は、マイクロソフトofficeにあるエンディングノートのフリーソフトを利用すると良いでしょう。

無料でエンディングノートのテンプレートをダウンロードすることが出来ます。

エンディングノートを作成する際に、冊子タイプだけではなくweb版も検討してみても良いでしょう。
web版のメリットや書き方は、こちらの記事で詳しく解説していますから合わせてお読みください。

こちらも読まれています

web版のエンディングノートを書くと何が良い?書き方も紹介!

終末期に備えてエンディングノートを作って居る方が増えていますが、新しく内容を書き直しをしたり、保管場所が決まらない!そんな悩みを解決できるweb版エンディングノートですが、どのような違いがあるのでしょうか?特徴や作り方保管の仕方など詳しく解説していきます。

アプリを利用する

iphoneなどのスマホを使っている方は、アプリを使う方法もあります。
最近では、エンディングノートのアプリも様々なものがあります。

アプリを使ったエンディングノートのメリットや注意点、おすすめアプリの紹介はこちらの記事で詳しく解説しています。

こちらも読まれています

エンディングノートをアプリで書く?人気のアプリをご紹介します!

終活の中で非常に便利な道具であるエンディングノートですが、実はスマートフォンのアプリにもあるのはご存知でしょうか?今ではすっかり生活必需品であるスマホのアプリでエンディングノートを書くことができるとなると、より便利です。一体どのようなアプリがあるのでしょう。

自治体・市町村で配布されているものを使う

市役所でも、エンディングノートを住民サービスの一環として、無料で配布しているところもあります。
ご自身の住んでいる自治体が配布している場合は、そちらを利用するのも良いですね。

エンディングノートを配布している自治体の一部を紹介します。

  • 大阪府堺市

    堺市の南区役所の窓口でエンディングノートを無料配布しています。
    全24ページあるノートで基本的な項目が網羅されています。

  • 東京都足立区

    足立区の場合は、市役所のホームページからpdf版がダウンロードできます。
    16ページのノートで基本的でシンプルな内容です。

  • 神奈川県横須賀市

    横須賀市はエンディングノートの配布だけでなく、エンディングノートや遺言書の保管場所を登録することが出来るサービスも行政で行っています。

上記はほんの一部です。
他にも無料でエンディングノートを配布している自治体はたくさんあります。
自治体のエンディングノートは、こちらの記事でも紹介をしています。

こちらも読まれています

市役所でエンディングノートが入手可能?自治体が作るノートについて

エンディングノートが市役所など公的機関で配布されているのをご存知ですか?どのような事情があって市役所がエンディングノートを作っているのでしょう。 今回は、市役所など自治体が作るエンディングノートやその背景をご紹介します。ぜひご覧ください。

エンディングノートを自作することは可能?

エンディングノートは自分で作ることも出来ます。
市販されているものや、配布されているものではなく、手作りのエンディングノートで気持ちを遺したい方もいるでしょう。

エンディングノートを自分で作成する場合の作り方は、こちらの記事で詳しく説明しています。
自作のエンディングノートに興味のある方はご覧ください。

こちらも読まれています

エンディングノートって自作できるの?書く内容や注意点も解説!

終活の一つとして、エンディングノートに取り組む方が増えています。ここではエンディングノートを自作することについて、必要な内容や項目、市販品との違い、また、エンディングノートを自作する場合の注意点などを詳しくご説明します。

エンディングノートの注意点

人々

終活においてとても便利なエンディングノートですが、注意すべき点もあります。
エンディングノートを作成・保管する場合の注意点について説明します。

法的効力はない

エンディングノートの問題点は、法的拘束力がないことです。
遺書・遺言書とは違って、形式が自由な反面、拘束力はありません。

特に、財産にかかわることはトラブルになりやすいので、遺言書などを作成しておいた方が良いでしょう。
財産や金銭に関わることを、エンディングノートのみに書いておくのはかえってトラブルの種にもなりかねず、デメリットになってしまいます。

エンディングノートの法的拘束力や、遺言書との違いはこちらの記事で詳しく解説をしています。
ぜひ合わせてお読みください。

こちらも読まれています

エンディングノートに法的効力はある?遺言書との違いも含めて解説!

終活を行う時にエンディングノートを作成される方も多いのではないでしょうか?エンディングノートに書いたものは法的効力はあるのでしょうか?そこでエンディングノートの法的効力についてと遺言書との違いについて解説します。

保管場所に気をつける

エンディングノートには、マイナンバーなどの個人情報を記載します。
財産管理のために、暗証番号なども書く場合もあるでしょう。
SNSなどのデジタルパスワードも記載します。

そのため、保管場所には注意が必要です。
誰にでも見られる場所は避け、置き場所は家族のみで共有しておくようにしましょう。
家族にも内緒にしておくと、万が一の際に気付かない可能性もあります。

エンディングノートをpcで作成している場合は、データが消える可能性も考えてUSBに保存するなどの対策も必要です。

エンディングノートのセミナーについて

人々

エンディングノートの書き方が不安な場合や、初めて作成する場合はセミナーを活用する方法があります。
セミナーでは、講師が丁寧にエンディングノートの書き方や目的について説明をしてくれますので役に立つでしょう。

セミナーは様々な団体が主催しており、自治体で開催する場合もありますし、エンディングノート普及研修センターのような社団法人が開催する場合もあります。
エンディングノートの書き方に関するセミナーだけでなく、終活の関する講演会なども全国で開催されています。

お近くで開催される場合は、セミナーに参加してみるのも良いでしょう。

こちらも読まれています

終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

終活という言葉は定着したものの、ご自分の終活の取り組みは何から始めればよいのか?迷ってしまう方は多いかもしれません。そんな時におすすめなのが終活セミナーです。この記事では終活セミナーの内容や主な開催団体について詳しく紹介します。

エンディングノートに関する映画

人々

エンディングノートをテーマにした映画があるのをご存知でしょうか。
エンディングノートがこれだけ注目されている背景には、映画で取り上げられたこともあります。
エンディングノートに関する映画を紹介します。

エンディングノート

2011年に上映された映画「エンディングノート」は、砂田麻美さんが監督を手掛けたドキュメンタリー映画です。

砂田麻美監督ご自身のご家族における家族の死を描いており、出演者は砂田麻美さんの実父である砂田智昭さんなどの家族が中心です。
描くテーマとは違い、笑顔やユーモアにあふれる内容で、涙よりも笑顔があふれる作品です。

あらすじ

主人公の砂田智昭さんは、仕事一筋に生きてきた熱血サラリーマンです。
長年勤めた会社を退職し、第2の人生を始めようとした矢先にがんが見つかります。
段取りを大切にしてきた智昭さんは、残された家族のため、自分の人生を振り返るためにエンディングノートを書き始めます。

TSUTAYAでレンタルできる?

映画「エンディングノート」は、販売のみでレンタルは残念ながら出来ません。
DVDは現在でも販売しており、amazonなどでも購入できます。

17歳のエンディングノート

こちらは、2012年にイギリスで制作された映画です。
エンディングノートという冊子が登場する訳ではないですが、白血病を患っている少女が、死ぬまでにやりたいことを整理して、実践していくという内容です。

あらすじ

17歳のテッサは白血病を患っており、余命わずかです。
親友のゾーイと一緒に、死ぬまでにやりたいことをリストアップして、ひとつづつ実行をしていきます。

そんな中で出会ったアダムという少年に恋をしてしまいます。
しかし、病気は確実にテッサの体を蝕み、テッサは改めて生きる意味について考えます。

TSUTAYAでレンタルできる?

こちらの映画は、TSUTAYAでもレンタル可能となっています。
終活について考えるのに、映画を見るのも良いきっかけになる場合もあります。
興味のある方は、ぜひ見てください。

こちらも読まれています

終活に興味を持ったら観ておきたい映画のあらすじをご紹介します!

終活をすることに興味があるけれど何をどうすればいいのかわからないという方もおられることでしょう。終活をテーマにしている映画ならわかりやすいですし一度観てみるのも良いのではありませんか?そこでぜひ観ていただきたいおすすめの終活の映画をご紹介します。

エンディングノートについてまとめ

人々

いかがでしたでしょうか。

今回終活ねっとでは、エンディングノートについて下記の内容を中心に解説してきました。

  • エンディングノートを書くメリットには、家族の負担を減らせることと、自分と向き合うきっかけとなることがあること。
    エンディングノートは若い内から書いたほうが良いこと。
    また、エンディングノートはテレビでも取り上げられ話題となっていること。
  • エンディングノートは書く内容や書き方に決まりはなく、自由であること。
    一般的にエンディングノートに書く項目としては、自分に関すること、財産のこと、葬儀・お墓のこと、医療に関すること、ペットのこと、家族へのメッセージなどがあること。
  • エンディングノートは自分の書きやすいもので始める必要があること。
    市販されているものの中では、コクヨのエンディングノートがおすすめなこと。
    他にもインターネットから無料でダウンロードが出来たり、自治体で無料配布しているエンディングノートもあること。
    また、自分で作成することも可能であること。
  • エンディングノートを書く場合の注意点としては、遺言書と違って法的拘束力が無いこと、また保管場所に気を付けること。
  • エンディングノートの書き方や終活に関するセミナーは、全国で多く開催されており、初めてエンディングノート書く場合や、書き方に不安がある場合はセミナーを活用すると良いこと。
  • エンディングノートや終活をテーマにした映画も上映されており、エンディングノートが注目されているきっかけとなったこと。
    エンディングノートをテーマにした映画を見ることで、終活について考えるきっかけにもなること。

エンディングノートは終活にはかかせないツールです。
エンディングノートをこれから書く方や、興味を持っている方は今回の記事を参考にして、ぜひエンディングノートに関する理解を深めてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

1 2 3 4 ... 10 ... 20

この記事に関するキーワード

ランキング

「エンディングノート」に関連する記事

ランキング

よく読まれている記事です

終活で使うエンディングノートって?|書き方・時期・入手方法のサムネイル画像

終活で使うエンディングノートって?|書き方・時期・入手方法

1
20代でやる終活って?|断捨離・エンディングノート・葬儀のサムネイル画像

20代でやる終活って?|断捨離・エンディングノート・葬儀

2
終活で今話題の墓友ってどんな友達?墓友を探す方法や注意点も紹介!のサムネイル画像

終活で今話題の墓友ってどんな友達?墓友を探す方法や注意点も紹介!

3
終活で準備すること、進め方は?|タイミング・メリット・注意点のサムネイル画像

終活で準備すること、進め方は?|タイミング・メリット・注意点

4
終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介しますのサムネイル画像

終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

5

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと