霊供膳の意味とは?霊供膳とは何か、解説いたします

読み方 れいぐぜん りょうぐぜん

霊供膳とは

霊供膳とは仏教における真宗以外の宗派で用いられる飲食供養具です。
仏様への感謝と先祖への供養の心を表すもので四十九日、祥月命日、法事、春秋のお彼岸など際などにお供えされます。
なお真宗において故人は死後仏になるとされているため霊供膳などは用いないこととなっています。

霊供膳の献立

霊供膳の基本

霊供膳とは祥月命日などの日に仏様やご先祖様にお供えする小さい本膳のことを指します。
本膳とは冠婚葬祭などで出される伝統的な本膳料理の最初の御膳のことです。

本膳の内容は、一汁三蔡の献立が基本となっています。

霊供膳の配置

霊供膳をお仏壇に供える場合は、箸を仏前に向けます。
膳引きと呼ばれる台の上に、手前に親椀と汁椀、そして奥に平椀と壺椀を置きます。
真ん中に高杯を配置します。

仏様とご先祖様の両方にお供えする場合は箸を二膳置くのが正式とされています。
唯配置に関しては、宗派や地域によって多少の違いがあるようです。

霊供膳の献立は精進料理を

霊供膳に使われる料理は一汁三菜が基本の形となります。
まずご飯は親椀に山盛りに盛りつけます。
供える料理としては精進料理がふさわしいものとなります。
精進料理は肉や魚などを一切使用せずネギややラッキョウ、ニンニクやニラなど刺激が強い五辛と呼ばれる香味野菜を避けてつくられる料理となります。
 
三菜には季節の野菜を使用した彩りある精進料理を用意します。
また一汁の汁物をつくる際も精進料理であるのでだしなどもカツオや煮干しなど動物性のものではなくしいたけなどでとったものをつかいます。

関連する記事

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

関連する記事

関連する記事はこちら

ご飯の位置はどこ?正しい器の並べ方を確認しましょうのサムネイル画像

ご飯の位置はどこ?正しい器の並べ方を確認しましょう

室町時代の食事を紹介!お米は?調理法は?庶民と貴族で違うの?のサムネイル画像

室町時代の食事を紹介!お米は?調理法は?庶民と貴族で違うの?

通夜にふさわしい料理の準備方法を解説!通夜振る舞いのレシピとは?のサムネイル画像

通夜にふさわしい料理の準備方法を解説!通夜振る舞いのレシピとは?

葬儀の料理のメニューとは?食事のマナーや費用からデリバリーも解説のサムネイル画像

葬儀の料理のメニューとは?食事のマナーや費用からデリバリーも解説

お盆の祭壇の飾り方は?宗派別の飾り方・配置から片付けまでを解説!のサムネイル画像

お盆の祭壇の飾り方は?宗派別の飾り方・配置から片付けまでを解説!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと