因果応報の意味とは?因果応報とは何か、解説いたします

最終更新日: 2017年02月02日

因果応報とは

読み方 いんがおうほう

因果応報とは仏教用語です。
因果の因は原因の因を指し、因果の果は結果の果を指します。
原因があり、次に結果が現れる。
最後にその結果に応じた報いが自分に返ってくるという事です。
また、因果応報とは悪い事が自分に返ってくると捉えられやすいのですが、良い原因を作れば良い結果が報いとなって返ってくるという意味でもあります。

因果応報の法則

因果応報の法則とは、「善因善果、悪因悪果良」という事です。
良い因を積めばその結果に応じて自分に報いが返ってくる、悪い行いをし、悪い因を積めばその結果に応じて自分に悪い報いが返ってくるという事です。
日頃から悪をすて善を行うよう気をつけたいものです。

因果応報の類義語

因果応報の類義語で良く使われる言葉に「自業自得」という言葉があります。
自業自得は悪い原因に対して悪い結果となって自分に返ってくるという場合に使われます。
得は得をすると言う意味ではなく、自らの行いが業となって自らに報いを得ると言う意味で使われています。

因果応報を英語で

因果応報を英語で表すと、同じ様な意味で「what goes around comes around.」という言葉があります。
直訳すると、去っていくものは戻ってくるという意味で、そこから良い行いをすれば自分に戻ってくるという意味で使われます。
他には、「Don’t spit up in the air-it’ll tall on your nose.」天に唾を吐いてはいけない、自分の鼻先に落ちてくるという意味です。
自分の行いは全て自分に返ってくるというのは、世界中で共通認識のようです。

関連する記事

関連する記事

  • ブッダ釈迦が伝えたかった仏教の【教え・悟り】とは?のサムネイル画像
    ブッダ釈迦が伝えたかった仏教の【教え・悟り】とは?

    本名をゴータマ・シッダッタ・ブッダ釈迦牟尼如来、釈迦族の尊い人と言うお名前です。仏教の開祖として、悟りを開いて涅槃に入られ仏様となられた初めての方でも有ります。ブッダが修行の末に得た究極の教えとは、全ての人に伝えたかった本当の教えとは何だったのでしょうか?

  • 功徳を積むことって、何をすればいいのかな?のサムネイル画像
    功徳を積むことって、何をすればいいのかな?

    簡単に功徳を積みなさいと言われるけれど、どういうことが「功徳を積む」になるのかご存知ない方もいらっしゃいます。ここでは、「功徳とは何か」、「何のために勧められるのか」、「何をすればよいのか」いろいろな功徳を積む方法をご紹介。出来る事から功徳を初めてみましょう。

  • 若者言葉一覧をみてあなたは意味わかりますか?のサムネイル画像
    若者言葉一覧をみてあなたは意味わかりますか?

    今の若者が使う言葉は、本来の意味とは全く違っていたりもしますが、若者言葉は現在に限った現象ではなく、昔からあったといわれます。またその年によって一覧も変わってきます。若者言葉は正しい日本語を壊しているのか?若者言葉の一覧を追いながら考えてみましょう。

  • 自業自得と因果応報に違いはあるのでしょうか?のサムネイル画像
    自業自得と因果応報に違いはあるのでしょうか?

    自業自得、因果応報、一度は耳にしたことはあると思います。この二つの言葉の違いをご存知でしょうか?限りなく近く、でも使い分けされる自業自得と因果応報。ここではその違いをまとめてみました。

  • 葬儀は英語で何という?お悔やみ挨拶など関連する語の英語表現も解説のサムネイル画像
    葬儀は英語で何という?お悔やみ挨拶など関連する語の英語表現も解説

    昨今、日本でも国際化が進んでいます。もし、外国人の方の葬儀に参列することになったら?また、英語でお悔やみの言葉を述べる場面に出会ったら?今回は、葬儀やお悔やみを言う場面で使える英語をご紹介します。

よく読まれている用語

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連用語

よく読まれている用語

関連する記事