法事のお供えで包む現金の金額相場は?御供物料について徹底解説!

法事の際のお供えは、最近は品物でなく御供物料として現金を包むことが多いです。 しかし、包む現金の金額相場はどのくらいがよいのか、お金の包み方や渡し方も気になりますね。 この記事では、法事のお供えで包む御供物料について、金額相場を包み方や渡し方などを含め解説します。

目次

  1. 法事のお供えで包む現金の金額相場について
  2. 法事のお供えに包む現金って?
  3. 法事のお供えで包む御供物料の金額相場
  4. 法事のお供えで包む御供物料の包み方
  5. 法事のお供えで包む御供物料の渡し方
  6. 法事の御供物料以外のお供えって?
  7. 法事のお供えの御供物料についてのまとめ

法事のお供えで包む現金の金額相場について

葬儀

法事に出席するときは、お供え物をどうしたらよいのかと迷うこともありますね。
最近はお供えは品物ではなく、御供物料として現金を包むことが多くなっています。
地域によってはお供え物を持参する慣習があるところもありますが、そのような慣習のない地域では御供物料にすればお供物の品物選びで悩むこともなく助かることもあるでしょう。

しかし、法事の際にお供え物として包む御供物料の金額相場はどのくらいにしたらよいのか、お金の包み方や渡し方もどのようなマナーがあるのか、心配になりますね。
そこで、今回終活ねっとのこの記事では、法事のお供えで包む現金である御供物料について、金額の相場をはじめ以下の事項を解説します。

  • 法事のお供えに包む現金とは何のことか?
  • 法事のお供えで包む御供物料の金額相場は?(立場ごとの違い・法要ごとの違い)
  • 法事のお供えで包む御供物料の包み方は?(封筒・のし・水引・表書き)
  • 法事のお供えで包む御供物料の渡し方は?(タイミング・渡し方)
  • 法事の御供物料以外のお供えは、どんなものがあるのか?

御供物料について、包み方や渡し方などを含めて分かりやすく解説していきますので、ぜひ最後までお読みください。

法事のお供えに包む現金って?

葬儀

法事のお供えに包む現金とは、どういうものなのでしょうか。
法事のお供え物は必ずしも必須のものではありませんが、かっては法事の際にはお供えの品物を持参するのが一般的でした。
お供え物の趣旨は、亡くなった故人をご弔い偲ぶとともに、ご遺族を慰めるという意味があります。

ただ法事のお供え物は必ずしも品物である必要はないと考えられるようになり、最近はお供えの品物の代わりにお金を包むことが増えています。
このように法事の際にお供えとして包む現金のことを、一般に[emp1]御供物料[/emp1と言います。
つまり御供物料は、故人を弔い遺族を慰めるためのお供え物の代わりの弔慰金なのです。

お供え物の代わりの弔慰金ですから、本来の趣旨通り葬儀の際にお供物を持参しないで、香典と御供物料を同時に包むことが多いです。
しかし、弔意の現金を葬儀の際は香典と言い、一般の法事の際は御供物料と使い分けることも多く、この場合は御供物料は香典と同じ趣旨・意味合いがあると考えて良いでしょう。

地域によってはお供えの食べ物を出席者が各自持ちより、法要後に分けて食べる習慣がある地域もあります。
このようにお供物の品物を持参するときは、弔意の現金のことは御香典などと言い御供物料とは言いませんので注意しましょう。

法事のお供えで包む御供物料の金額相場

葬儀

法事のお供えで包む御供物料の金額相場は、どのくらいなのか見ておきましょう。

御供物料の金額相場

御供物料の金額相場は、別に香典も持参する場合と香典は出さない場合で大きく変わります。
御供物料と香典をともに持参するときは、香典の額にもよりますが御供物料は香典の半額程度から7割位の金額のことが多いです。
御供物料の金額相場は、地域の慣習など個別の事情により違うことも多く一概にいくらと決められるものではありません。

別途香典を出すときは、3000円~5000円位が多いですが、香典を出さないときはお供物の代わりだけでなく香典の代わりの意味合いもあり、御供物料は5000円~1万円位のことが多いです。
また法要の後に一般に会食がありますが、会食に出席するときは、会食場所にもよりますが会食代金も加味して5000円~1万円程度多めに包みます。

親・夫婦・孫など立場ごとで変わる?

お供物料は、親・夫婦・孫など立場によって変わるのでしょうか。
御供物料は立場によって変わります。
故人と近い関係にある方あるいは年配者や目上の方は、一般に多めの御供物料を包みます。

親戚であれば一般に5000円~1万円位ですが、親子や夫婦など故人と特に近い関係の場合は2万円~3万円以上のことも多いです。
そうは言っても収入の少ない年少者や高齢者の場合は別です。
例えば孫の場合は故人と近い関係ですが、未成年あるいはまだ学生のときは御供物料やお供え物を用意しなくても良いでしょう。

友人や知人、会社の同僚や上司などのときは、どうしたらよいのでしょうか。
一般的な関係であれば、お供物料は3000円~5000円位でよいでしょう。
会社の上司などで親しい関係のときは、5000円~1万円位のこともあります。

13回忌や33回忌など法要ごとで変わる?

亡くなられて間もない四十九日や一周忌・三回忌などの節目の法要であれば、御供物料も多めの金額を包むことが多いです。
しかし法事は回忌を重ねるにつれ規模も小さくなり、出席者も次第に親しい親族や身内だけに限られていきます。
ですから13回忌や33回忌などの法要では、弔い上げなどの特別な法要でなければ、多少少なめの金額にしても良いでしょう

御供物料の金額は回忌法要によって変えるものではないとの考えも見られますが、故人を偲びご遺族を思う気持ちが大切ですので、その時の状況に応じて無理のない範囲でも構わないでしょう。

法事のお供えで包む御供物料の包み方

葬儀

ここでは法事のお供えで包む御供物料の包み方を説明しておきましょう

御供物料を入れる封筒

お葬式や法事の際に御供物料の現金を包む封筒を「不祝儀袋」と言いますが、一般には香典袋あるいは白封筒を使います
仏式ではハスの花の絵入りの袋を使うことが多いですが、神道・キリスト教では使いませんので注意しましょう。

弔事の際のお札の包み方は、上側の折り返しが下側の折り返しの上に重なるようにします。
お札の入れ方は必ずしもルールがあるわけではありませんが、お札の向きは揃えておきましょう。

のし

「のし」とは、封筒やのし紙の右上に印刷されるものですが、慶事・お祝い事でしか使用しません
お葬式や法事の際の弔事用の不祝儀袋では、「のし」がないものを使います。

水引

法事など弔事用の不祝儀袋の水引の色は、黒白あるいは双銀のものを選びましょう
三回忌以降のときは、黄白の水引を使う方も多いです。
水引きの色は、地域によって違いがあり、関西では四十九日法要から黄白の水引を使用することも多いです。

水引きの結び方は、「結び切り」という一度結ぶとほどけない結び方にします。
弔事は一度きりにして繰り返さないでほしいという願いを込めているものです。
水引の本数は、5本が一般的です。

なお神式の法事の場合の水引は双銀を使用しますが、キリスト教では基本的に水引がない白い封筒を使います。

表書き

法事での封筒の表書きは、御供物料御供あるいはご仏前などにすると良いでしょう。
ただし、浄土真宗を除く仏教の多くの宗派では四十九日の忌明けまでは「御仏前」は使わず「御霊前」を使いますので注意が必要です。
神道やキリスト教の場合はそもそも御仏前は使えませんので、宗教が不明のときは「御供物料」や「御供」としておくとよいでしょう。

なお、神道の場合の一般的な表書きは「御玉串料」、キリスト教式の場合は「御花料」などと書くことが多いです。
表書きは、四十九日までは薄墨を使いますが、その後の法事では薄墨ではなく普通の黒い墨を使います。

表書きの下段には、御供物料を渡される方の家名か氏名を書いておきましょう。
夫婦の場合は、夫の名前を先に書き左に妻の名前のみを書き添えます。
多数連名の場合は、代表者の氏名などを書き別紙に各人の氏名などを記載して添付しておきます。

法事のお供えで包む御供物料の渡し方

葬儀

法事のお供えで包む御供物料の渡し方についても説明しておきましょう。

渡すタイミング

法事のお供えで包む御供物料を渡すタイミングは、受付や記帳台があるときとないときで違います
法要会場に記帳台と受付があるときは、記帳してから受付に向い御供物料を受付の方にお渡しします。
記帳台はないが受付があるときは、まず受付の方に挨拶して御供物料をお渡しし、芳名帳があれば記帳します。

小規模な内輪の法事の場合は受付がないことも多いです。
そのときはお供物料は施主に何も言わずに祭壇に置くのではなく、できれば法事が始まる前に施主やご遺族の代表の方にご挨拶をしてお悔やみの言葉を添えて直接渡すようにしましょう。

都合により法事に出席できないときは、現金を包んで御供物料と表書きした香典袋を現金書留封筒に入れて送りましょう。
簡潔なお悔やみの言葉と欠席のお詫びを添えるとよいでしょう。

渡し方

御供物料の渡し方も注意しましょう
不祝儀袋や封筒に包んだ御供物料はそのまま裸で持っていくのではなく、袱紗(ふくさ)に包んで持参するのが一般的なマナーです。
御供物料をお渡しする際には、不祝儀袋を袱紗から出して相手の方から表書きや名前を読めるような向きにして両手で持ち、お悔やみの言葉を添えて渡しましょう。

法事の御供物料以外のお供えって?

葬儀

法事の御供物料以外のお供え物はどんなものがあるのでしょうか。
お供え物というと果物やお菓子、お酒などをイメージされるかもしれませんが、お供え物は食べ物や飲み物だけではありません。
仏教では五供(ごくう)といって、「香」・「花」・「灯明」・「水」・「飲食(お米)」の5つが基本のお供え物とされています。

宗教・宗派によって多少違いはあります。
実際にも法事の際のお供物としては、お線香・蝋燭、お花、それに果物やお菓子などの食べ物がよく用いられます。
ただし、神式では仏教独自のお線香などは用いませんし、キリスト教式ではお花を飾ることはありますが基本的にお供え物は使いませんので注意しましょう。

  • お香・お線香・蝋燭

    お香やお線香は気持ちを落ち着かせ身を浄めるものとされ、明るく照らし安らぎを与えてくれる蝋燭の灯とともに仏式の法事では仏前に必須のお供え物です。

  • お花

    お花は故人を偲び供養するものとしては定番で、故人が好んだお花や白色の胡蝶蘭・ユリ・菊などのお花が宗教宗派にかかわらずよく使われます。

  • 水・果物・菓子などの飲食物

    飲み物であれば心を清める意味があるお水がよいでしょう。
    故人が好きだったお酒をお供えすることもありますが、人によっては避けるべきという方もおられますので、個別の状況に応じて判断した方がよいでしょう。

    他にも折々の果物や故人の好物であったお菓子などもよくお供え物として使われます。
    ただ故人が好きだったものでも、腐りやすいものは避け、できるだけ日持ちするものにした方がよいでしょう。

法事のお供えの御供物料についてのまとめ

葬儀

今回終活ねっとでは、法事のお供えで包む御供物料の金額相場について、御供物料の包み方や渡し方を含めて解説してきました。

以下に今回の

  • 法事のお供えに包む現金とは、お供え物の代わりとして故人を弔い遺族を慰めるための弔慰金のことである。
    弔意の現金を一般に「御供物料」と言うが、弔慰の現金とお供物を同時に持参するときは御供物料とは言わない。
  • 法事のお供えで包む御供物料の金額相場は、一般に3000円~1万円位が多いが、故人との関係や法要によって変わることもある。
  • 法事のお供えの御供物料の包み方は、封筒は不祝儀袋の香典袋や白封筒を使うが、ハスの絵入りの袋は仏式では使うが神道・キリスト教では使わない。
    封筒は「のし」がない不祝儀袋で、水引は黒白あるいは双銀で結びきりを使う。
    表書きは、一般に「御供物料」あるいは「ご仏前」などにするが、神道の場合は「御玉串料」、キリスト教式の場合は「御花料」などと書くことが多い。
  • 法事のお供えで包む御供物料の渡し方は、会場に受付があるときは受付の方に渡す。
    受付がない場合は祭壇に置かずに、法事が始まる前に施主に挨拶をしてお悔やみの言葉を添えて直接渡す。
    法事に出席できないときは、御供物料と表書きした香典袋を現金書留封筒に入れて、お悔やみと欠席のお詫びの言葉などを添えて送るとよい。
  • 法事の御供物料以外のお供え物は、一般にお香・お線香・蝋燭やお花、それに故人が好んだ食べ物などがよく用いられる。
    飲食物は故人が好きだったものでも、腐りやすいものは避け、日持ちするものにした方がよい。

いかがでしたでしょうか。
法事のお供えで包む御供物料は、地域の慣習にもよりますが、金額や包み方・渡し方などのマナーは基本的には香典と同様と考えてよいでしょう。
法事のお供えで包む御供物料について迷われることがあれば、この記事を参考にしてご検討いただければと思います。

終活ねっとでは、他にも様々な解説記事を掲載しています。
ぜひ他の記事もあわせてご覧ください。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

こちらも読まれています

法事が始まるのは何時から?法事の流れや所要時間も解説します!

故人を供養するために四十九日や一周忌・三回忌などでは法事を行うことが必要となりますよね。では、法事が始まる時間は何時からなのでしょう?今回は、法事が始まるのは何時からなのかについてと法事にかかる時間を解説したいと思います。。ぜひ最後までご覧ください。

「法事・お供え・金額」に関連する記事

ランキング

  • 僧侶派遣サービスを一括比較!お坊さん手配なら終活ねっとのサムネイル画像

    僧侶派遣サービスを一括比較!お坊さん手配なら終活ねっと

    近年では特定の職業の方を必要に応じて派遣できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「法事・お供え・金額」についてさらに知りたい方へ

お供え物に「のし」を付けるのは失礼?お供え物の贈り方のマナーのサムネイル画像

お供え物に「のし」を付けるのは失礼?お供え物の贈り方のマナー

いざという時迷わないために!親戚の法事におすすめのお供え物は?のサムネイル画像

いざという時迷わないために!親戚の法事におすすめのお供え物は?

葬儀に適切なお供え物とは?費用相場やお礼状とお返しについても解説のサムネイル画像

葬儀に適切なお供え物とは?費用相場やお礼状とお返しについても解説

供物に込められた意味を知って正しくお供えしましょう。のサムネイル画像

供物に込められた意味を知って正しくお供えしましょう。

葬儀の供物は何を贈る?費用相場からのしやお礼状の書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀の供物は何を贈る?費用相場からのしやお礼状の書き方まで解説

法事の香典ってなに?表書き・名前の書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

法事の香典ってなに?表書き・名前の書き方や金額相場について解説

13回忌法要にお供え物は必要?具体例やマナーについても解説しますのサムネイル画像

13回忌法要にお供え物は必要?具体例やマナーについても解説します

17回忌法要に持っていくお供え物の種類は?金額相場も解説します!のサムネイル画像

17回忌法要に持っていくお供え物の種類は?金額相場も解説します!

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

一周忌法要に持参する供物の選び方を紹介!注意点も含めて解説しますのサムネイル画像

一周忌法要に持参する供物の選び方を紹介!注意点も含めて解説します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

僧侶派遣サービスを一括比較!お坊さん手配なら終活ねっとのサムネイル画像

僧侶派遣サービスを一括比較!お坊さん手配なら終活ねっと

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「法事・お供え・金額」についてさらに知りたい方へ

お供え物に「のし」を付けるのは失礼?お供え物の贈り方のマナーのサムネイル画像

お供え物に「のし」を付けるのは失礼?お供え物の贈り方のマナー

いざという時迷わないために!親戚の法事におすすめのお供え物は?のサムネイル画像

いざという時迷わないために!親戚の法事におすすめのお供え物は?

葬儀に適切なお供え物とは?費用相場やお礼状とお返しについても解説のサムネイル画像

葬儀に適切なお供え物とは?費用相場やお礼状とお返しについても解説

供物に込められた意味を知って正しくお供えしましょう。のサムネイル画像

供物に込められた意味を知って正しくお供えしましょう。

葬儀の供物は何を贈る?費用相場からのしやお礼状の書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀の供物は何を贈る?費用相場からのしやお礼状の書き方まで解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと