法事の時期をご紹介します!法事の種類から日取りまで徹底解説

法事は、ご遺族とのつながりを感じることのできる大切な儀式です。皆さんは、法事にどのような種類があり、法事の時期にどのような決まり事があるのかご存知でしょうか。今回は、そんな法事の種類や時期、法事と法要の違いなどについて詳しくご紹介します。

目次

  1. 法事の時期について
  2. 法事とは
  3. 法事の種類
  4. 法事の時期の日取り
  5. 法事の時期は命日を過ぎてもいい?
  6. 法事の時期についてまとめ

法事の時期について

お墓

皆さんは法事にどのような種類があるのか、またいつ行うべきなのかご存知でしょうか?

大切な遺族の冥福を祈るために、種類や日取りなどをきちんと知った上で、決まりを守って法事を行いたいですよね。

今回終活ねっとでは、法事の種類や日取りについて詳しくご紹介いたします。

  • 法事と法要にはどのような違いがあるのか?
  • 仏教と神式ではどのような違いがあるのか?
  • 法事にはどのような種類があるのか?
  • 回忌法要の時期の計算はどのように行うのか?
  • 法事の日取りで気をつけるポイントはあるのか?
  • 法事の時期は命日を過ぎてもよいのか?

以上の項目を軸に解説していきます。

回忌法要だけでなく、お盆や彼岸についても触れています。
終活をしている方にとって大変参考になる記事ですので、ぜひ最後までご覧ください。

また終活ねっとでは僧侶手配サービスを運営しています。
お坊さんを安く手配したいという方は、終活ねっとのお坊さんをぜひご利用ください。

法事とは

仏壇

法事とは、亡くなった方のご冥福を祈り、供養する仏教の儀式です。

法事と似た言葉に「法要」という言葉もありますよね。
法要は追善供養のみを指すのに対し、法事は追善供養の後に行われる会食を含むものを指します。

法事で行われる会食は「お斎」とも呼ばれます。
お斎の際には、献杯と呼ばれる音頭がとられます。
代表者の「献杯」という言葉に続いて全員で「献杯」というように行います。

一方、神式では、仏式の法要の代わりに霊祭と呼ばれる儀式が行われます。
葬儀の翌日には翌日祭を行い、その後命日から10日ごとに霊祭を行います。
そして、五十祭が忌明けとなります。

法事の種類

お墓

法事は、決まった時期に行うべきであるとされています。
ここでは、法事の種類について詳しくご紹介いたします。

百箇日までの忌日法要

百箇日までの期日法要の流れは、以下のようになっています。

  • 命日

  • 初七日(しょなのか)

  • 二七日忌(ふたなのかき)

  • 三七日忌(みなのかき)

  • 四七日忌(よなのかき)

  • 五七日忌(ごしちにちき)

    三十五日忌

  • 六七日忌(むなのかき)

  • 七七日忌(しちしちにちき)

    四十九日忌
    満中陰
    忌明け

上記のように、命日から7日ごとに法事を行います。
これは、故人の審判が閻魔の庁で7日目ごとにあるという仏教の教えからきています。

そして、命日から七七日忌(四十九日忌)までを「中陰」といいます。
この間に、故人は「この世」から「あの世」へ行き、次の生まれ変わりが決定されるといわれています。

また、七七日忌(四十九日忌)は「満中陰」となり、「忌明け」といわれます。
一般的に、忌明けである四十九日に納骨が行われる場合が多くなっています。
他にも、火葬後に行われる場合や五七日忌(三十五日忌)で行われる場合もあります。

法事の際は、喪服を着用して参加するようにしましょう。
夏に法事が行われる場合であっても、長袖の上着を着用するのがマナーとなっています。

一周忌以降の回忌法要

次に、百日目以降の流れは、以下のようになっています。

年回忌 命日からの年数
一周忌 1年目
三回忌 2年目
七回忌 6年目
十三回忌 12年目
十七回忌 16年目
三十三回忌 32年目
五十五回忌 49年目

百回忌は、「卒哭忌(そつこくき)」ともいわれます。
亡くなった悲しみに暮れた時期から卒業し、日常に戻るという意味が含まれています。

1周忌は、命日から1年後に行われる法事を指します。
四十九日回忌と同じように、大きな法事となります。
故人の祭壇には、お供え物や備え花を準備しましょう。

遺族の他にも、故人と親しかった友人や知人を招待します。
喪主は1周忌のお知らせの招待状を用意します。

引き出物などのお返しの準備などもあるので、返事をするためのはがきを同封したり、往復はがきなどで出欠を確認するようにしましょう。
3回忌や7回忌についても同じように法事に向けての準備を行ってください。

三十三回忌で弔い上げ(とむらいあげ)となります。
個人としての法事はここで最後となり、今後は先祖代々として供養されることになります。
一般的には、三十三回忌で弔い上げとなりますが、五十回忌に行われる場合もあるそうです。

回忌法要の時期の計算方法

回忌の数え方は、ちょっとややこしいですよね。
回忌法要の時期の計算方法は、以下のようになっています。

亡くなった年+回忌数-1

この計算式に数字を当てはめることで、簡単に回忌法要の時期がわかります。

その他の法事

ここでは、回忌法要以外の法事について詳しくご紹介いたします。

お盆と新盆

お盆は、先祖の霊を迎える法事です。
正式には「盂蘭盆会(うらぼんえ)」というものを指しています。

一般的にお盆は、8月13日~8月16日の4日間に行われます。
旧暦の7月に行う場合もあるようです。
お盆の時期は地域によって異なりますので、ご確認ください。

お盆の初日は、他の言い方で「迎え盆」や「お盆の入り」ともいわれます。
そして、お盆の最終日を他の言い方で「送り盆」や「お盆の明け」といいます。

新盆は、故人にとっての初盆のことをいいます。
四十九日回忌を終えた後の最初のお盆となるので、お盆の数日前に亡くなった場合は翌年が新盆となります。

遺族は喪服を身につけ、僧侶を招き法事を行います。
法要を終えた後に参列者とお墓参りをし、会食を行います。

僧侶を自宅に招かない場合は、お墓参りの際に「お布施」を届け、お墓の前で供養する場合もあります。

彼岸

彼岸は、「春分の日」と「秋分の日」の中間にあたる一週間のことをいいます。
春分の日は毎年3月20日ごろ、秋分の日は毎年9月2日ごろにあたります。

春分の日と秋分の日の真ん中の9月23日ごろを彼岸の中日と呼びます。
彼岸の初日は、他の言い方で「彼岸の入り」ともいわれます。
そして、彼岸の最終日を他の言い方で「彼岸の明け」といいます。

彼岸は「岸の向こう」を指しており、悟りの世界を意味しています。
死者は阿弥陀如来の力によって、彼岸へ渡ることができると浄土系の信仰で考えられています。

彼岸の日は、彼岸の世界の死者を供養すると同時に、まだ成仏せず彼岸へ渡ることができていない死者のために祈る日です。
彼岸の日には、お墓参りをする他にも「彼岸会」といわれる六波羅蜜についての教えを得る会が行われます。

法事の時期の日取り

お墓

法事の時期の日取りで注意すべきことはあるのでしょうか。
ここでは、法事の日取りにおいてどのようなことに気をつければよいのかご紹介いたします。

大安の方がいい?

大安は、結婚式を挙げる日などにも好まれる良い日です。

しかし、法事を大安に行った方が良いということはありません。
中には大安に法事を行うことを気にする方もいるので、なるべく避けるようにした方がよいでしょう。

六曜は関係ない

六曜とは日の吉凶を表すもので、以下のようなものがあります。

六曜の名称 意味
先勝(せんしょう・さきかち) 何事も急げば勝つ

午前は「吉」、午後は「凶」
友引(ともびき・ゆういん) 凶事に友を引く
先負(せんぷ・さきまけ) 何事も急げば負ける
午前は「凶」、午後は「吉」
仏滅(ぶつめつ) 仏も滅するといわれる最も凶日
大安(たいあん・だいあん) 大いに安しといわれる吉日
赤口(しゃっこう・しゃっく・せきぐち) あらゆる物事において不吉
正午のみ「吉」

実は、法事にはこのような六曜は関係がありません。
この六曜というものは、中国から伝わってきたものなので、仏教と関係がないからです。

しかし、参列者の中には六曜を気にする方もいるので、気をつけるようにしましょう。

法事の時期は命日を過ぎてもいい?

お墓

お葬式や年期の法事は、命日に行うのが理想的です。
しかし、平日などで参列者が都合が付かない場合やお坊さんの都合などもあって、なかなか命日当日に行うのが難しいですよね。

もし命日に行うのが不可能な場合は、命日の前の週末に行うのが良いでしょう。

ここで注意しなければならないのが、命日の前に行うということです。
法事の期間は、命日の一か月前から命日当日までとなっているので、気をつけるようにしましょう。

なるべく遅れない方が良い

仏教の教えでは、仏事は先延ばしにしてはいけないといわれています。
自分たちの日常を優先にして、故人や先祖のことをないがしろにしてはいけないからです。

命日を過ぎてしまうのはよくないので、都合がつかない場合は前倒しで法事を行うようにしましょう。

法事の時期についてまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか?

今回終活ねっとでは、法事の種類や時期について以下のようにご紹介いたしました。

  • 法要は追善供養のみを指し、法事は追善供養後の会食を含むものを指す。
  • 神式では法要の代わりに霊祭と呼ばれるものを行う。
  • 百箇日まで、命日から7日目ごとに法事を行う。
  • 百箇日以降は、1年ごとに命日に法事を行う。
  • 回忌法要の時期の計算は「亡くなった年+回忌数-1」
  • 法事の日取りに六曜は関係がない。
  • 法事の時期は命日を過ぎないようにする。

法事の時期や決まり事について、ご理解いただけましたでしょうか。
法事の決まり事をきちんと守り、亡くなった方のご冥福をお祈りましょう。

終活ねっとでは、他にも法事に関する記事を多種多様ご覧いただけます。
ぜひそちらの記事も併せてご覧ください。

今回は最後までご覧いただきありがとうございました。

シェアする

「法事・時期」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「法事・時期」についてさらに知りたい方へ

一周忌のお供え物は何が適切?果物・お花・香典・線香など解説のサムネイル画像

一周忌のお供え物は何が適切?果物・お花・香典・線香など解説

法事の日取りと六曜に関係はある?友引は避けるべき?のサムネイル画像

法事の日取りと六曜に関係はある?友引は避けるべき?

法事が始まるのは何時から?法事の流れや所要時間も解説します!のサムネイル画像

法事が始まるのは何時から?法事の流れや所要時間も解説します!

お正月に法事は執り行える?正月を避ける場合の日程の決め方も解説のサムネイル画像

お正月に法事は執り行える?正月を避ける場合の日程の決め方も解説

法事をお寺でする場合について解説!お供え物や表書きについても紹介のサムネイル画像

法事をお寺でする場合について解説!お供え物や表書きについても紹介

法事のお布施の金額相場って?法要ごとの違いから書き方まで徹底解説のサムネイル画像

法事のお布施の金額相場って?法要ごとの違いから書き方まで徹底解説

法事を平日にしても問題ない?法事を休日にずらす方法も解説しますのサムネイル画像

法事を平日にしても問題ない?法事を休日にずらす方法も解説します

法事に出すお食事って?費用相場から大まかな流れまでを紹介します!のサムネイル画像

法事に出すお食事って?費用相場から大まかな流れまでを紹介します!

法事はいつまで行う?回忌法要や服装などについても解説します!のサムネイル画像

法事はいつまで行う?回忌法要や服装などについても解説します!

回忌法要はどうして行うの?それぞれの法事の内容を徹底解説します!のサムネイル画像

回忌法要はどうして行うの?それぞれの法事の内容を徹底解説します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっとのサムネイル画像

僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっと

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「法事・時期」についてさらに知りたい方へ

一周忌のお供え物は何が適切?果物・お花・香典・線香など解説のサムネイル画像

一周忌のお供え物は何が適切?果物・お花・香典・線香など解説

法事の日取りと六曜に関係はある?友引は避けるべき?のサムネイル画像

法事の日取りと六曜に関係はある?友引は避けるべき?

法事が始まるのは何時から?法事の流れや所要時間も解説します!のサムネイル画像

法事が始まるのは何時から?法事の流れや所要時間も解説します!

お正月に法事は執り行える?正月を避ける場合の日程の決め方も解説のサムネイル画像

お正月に法事は執り行える?正月を避ける場合の日程の決め方も解説

法事をお寺でする場合について解説!お供え物や表書きについても紹介のサムネイル画像

法事をお寺でする場合について解説!お供え物や表書きについても紹介

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと