法事における新札の使用可能性について香典やお布施の見地から解説

法事における新札の使用可能性について香典やお布施の見地から解説

法事の場に用意するもので欠かせないものに数えられるのがお金です。具体的には香典などですが、包むお札の種類について気になる方も多いでしょう。また、ご遺族などにお渡しするのであれば新札の方が見映えが良いようにも見えます。法事の場で新札を使って良いのでしょうか?

最終更新日: 2020年09月10日

法事の場での新札の使用について

お金

私たちは一生の中で何度かご家族も含めて知っている方の法事に出かけることがあります。
法事ではさまざまなものを用意していくことになりますが、その中でも欠かすことのできないのがお金です。

法事で用意していくお金とは、具体的には香典やお供え物としてのお金が挙げられます。
また、法事を主催する側としてはお布施なども挙げられるでしょう。
いずれにしても、法事の際にどのような立場になろうとお金は欠かせないものです。

さて、法事の場でのお金にまつわるマナーはいろいろありますが、その中でも気になる方が多いのが包む際に使うお札の種類です。
中でも新札]は見栄えも良く、受け取った側にも誠意が伝わりそうに見えますが、果たして法事ではどの程度使えるものなのでしょうか?

そこで今回「終活ねっと」では、法事では新札はどの程度使えるのかについて見ていきます。

  • 法事において旧札が持つ意味とは?

    法事で新札が使えるかどうかを見る前に、まずは旧札が法事の中で持つ意味について見ていきましょう。

  • 法事の香典で新札を包んでも良いのか?

    香典を持参する際に新札を使って良いのかどうかについて詳しく解説していきます。

  • 法事のお布施の場合は新札を使えるのか?

    僧侶の方への読経の謝礼としてお渡しするお布施の場合、新札を包んでも良いのかどうかについて見ていきます。

  • もし、新札しかない場合は?

    もし手持ちのお札で新札しかない場合の対処法をご紹介します。

近くに法事があって香典などのためのお札の種類で悩んでいる方の悩みを解決する情報を載せていますので、最後まで読んでいただければ幸いです。
お坊さんを安く手配したいという方は、「終活ねっと」のお坊さんをぜひご利用ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place 終活ねっとで斎場を探す
エリアを選択してください

法事における旧札の象徴

お金

法事で新札を使っても良いのかどうかについて見ていく前に、まず法事の中で旧札が持つ意味について見ていきましょう。

古くからのしきたりとして、法事の場では旧札を使うべきというものがあります。
これは決して「新札がもったいない」という理由ではなく、故人の不幸を突然聞いて急なことで新札が用意できなかったという意味があるためです。

言い換えれば、故人の訃報に接して、故人に別れを告げるべく急いで駆け付けたという意味から、法事の際に旧札を使うというマナーに転じたといえるでしょう。

法事での香典は新札お包みする?

困った人々

上記が法事における旧札の意味ですが、一方で法事の際には新札を包んでも良いのでしょうか?
ここでは、法事の際に新札を使っても良いのかどうかを、その意味も含めて見ていきましょう。

金額は関係ある?

法事で用意するお金については金額も気になるところですが、金額の多い少ないにかかわらずお札は新札か旧札どちらかに統一しておくと良いでしょう。
お札がどちらかの種類に統一されていることは、向きと同じように受け取ったご遺族の側が管理の際に余計な負担がかからずに済むためです。

このため、金額の多い少ないよりも、むしろお札の種類がどちらかに統一されているかの方が大切といえるでしょう。
ただし、4や9のつく数字の金額は、「死」や「苦」を連想させるため避けるようにするのがマナーです。

ちなみに近年では昔に比べると、新札を用意しやすい環境にあることから、新札を法事の場に使うことに対する敷居は低くなってきているといっても良いでしょう。

葬儀では新札は厳禁

一方、参列するのが葬儀の場合は、新札を使うことは厳禁とされています。
不祝儀ごとでは新札を使ってはいけないとよくいわれますが、厳密には葬儀や通夜など故人が亡くなって直後に行われる法事においてのマナーといって良いでしょう。

先ほども旧札について見た時に触れましたが、故人のご不幸があって新札を用意する暇もなく駆け付けた意味から、旧札を使うのがマナーとされているためです。

加えて、葬儀の際に新札を包むことは、「故人が亡くなることを予期していた=故人が不幸から免れることを望まなかった」ことも意味するため、受け取ったご遺族側も不快な思いをしかねません。

このため、葬儀に包むお金の場合は新札ではなく旧札を包むようにするのがマナーです。
こただし、旧札も汚れや破れ目の目立つものはかえって非礼にあたりますので、きちんとしたものを使うようにしましょう。

ご仏前のお供え

法事の際に持参するお金は香典のほか、ご仏前(御仏前)のお供えの意味を持つものも挙げられます。
いわゆる「御供物料」というものですが、この場合は新札を包んでも良いのでしょうか?

そもそも、ご仏前ということは浄土真宗や曹洞宗を除いては四十九日(表書きが「御霊前」の段階)が終わっているということを意味しています。
そして、四十九日が過ぎていることは、すでに故人のご不幸を悲しむ段階ではなく、むしろ故人をしのぶ段階といって良いでしょう。

また、四十九日もそれ以降の法事も予定は決まっていることから、新札を包んだとしても特に問題にはなりません。

以上を踏まえますと、ご仏前のお供えに新札を包んだとしても、特にマナーには反しないといって良いでしょう。
ただし、こちらについても周りの目やしきたりが気になる場合は、旧札を用意した方が無難です。

一周忌以降の年忌法要

故人の一周忌以降、三回忌や七回忌に行われる法要のことを年忌法要といい、この段階になると決まった年ごとに故人を偲ぶために開催されます。

こちらについても新札を使うことに特に問題はありませんが、やはり周りの目や慣習が気になるのであれば旧札を使って良いでしょう。

法事のお布施では新札にするべきか

葬儀

法事の際に用意するお金には、ほかにも僧侶の方に読経していただいたお礼であるお布施が挙げられます。

お布施の場合は新札を包んでも大丈夫なのでしょうか?

お布施とは

最初にお布施について説明しておきますと、法事の際に僧侶の方に読経をしていただいたお礼としてお渡しする金銭のことです。
より具体的には、僧侶の方のほか、菩提寺ひいては仏様に対する感謝の気持ちといえるでしょう。

なお、よくある勘違いとして、お布施=僧侶の方に対する労働対価というものがあります。
しかし、あくまでも感謝の気持ちを示すものであるため、実際のところお布施の金額も厳密には決まっていません。

お布施は新札でも良い

お布施が僧侶の方、ひいては仏様への感謝の気持ちである以上、お布施を包む際は真心からの感謝の気持ちを示すためにも新札を使いましょう。

むしろ、お布施については新札を使って包む方が、僧侶の方に真心から感謝する意味もあるためです。

新札しか無い場合

困った人々

お通夜や葬儀を除き、基本的に法事の場合は新札を使っても特に問題はないとされていますが、周りの目やしきたりが気になる場合は旧札を使った方が無難です。

もし、新札しかない場合はどう対処すれば良いのでしょうか?

折り目をつける

もし、新札しかない場合は、折り目をつけるだけで大丈夫です。
一般的に新札とは、印刷仕立ての全く使った形跡のないお札を指します。

このため、新札が使われるのがはばかられる状態で、新札しかない場合はお札に折り目を使うだけでもご遺族側の気分を害さずに済むでしょう。

折り方

とはいえ、お札の折り方にもさまざまなやり方があるため、どう折ればいいのかに悩む方も多いのではないでしょうか?
実はお札に折り目を入れるというのは、1つだけ入れるだけでも問題はありません。

このため、お札の角の部分を軽く折るというやり方でも、また真ん中を折って広げるというやり方でも良いでしょう。
ほかにも、さまざまな折り方が考えられますが、どのやり方で折っても問題はありません。

ただし、例外として四つ折りというやり方だけは避けるべきとされています。
これは、4という数字が「死」を連想させるという意味で縁起が悪いとされているためです。

法事の場で新札は使用可能かまとめ

お金

今回「終活ねっと」では、法事の際のお金の準備に新札を使っても良いかどうかについて見てきました。
内容をまとめますと、以下のようになります。

  • 法事において旧札は、故人のご不幸を悲しむ意味がある。
    特に葬儀の場合は、故人のご不幸に新札を用意する暇もなかったこ示していた由来があるほどである。

  • 法事の香典では、金額に関係なく新札または旧札で統一することが大切である。
    ただし、金額については4や9のつく数字は避けるようにする。
    葬儀の場合、新札は故人のご不幸を予想していたとみなされかねないため避けるべきである。

    一方ご仏前のお供えや年忌法要の場合は使っても特に問題はないが、周りの目やしきたりが気になるのであれば旧札を使う方が無難である。

  • 法事のお布施は読経をしていただいた僧侶の方、ひいては仏様への感謝の気持ちを示すものであるため、新札を使っても問題はない。

  • もし、法事の場で新札しか持ち合わせていない場合は、折り目をつけるという方法が効果的である。
    折り目のつけ方については、角の部分や真ん中を折って広げるという方法で良い。
    ただし、四つ折りは4の数字の縁起の悪さから避けるべきである。

法事の際に持参するお金は金額だけではなく、用意するお札の種類でも悩むところです。
昔であれば新札は避けられるべきものとされていましたが、最近では比較的簡単に新札を用意できるようになったことから、葬儀の場合を除いて新札を包んでも問題はないとされています。

それでも、昔からのしきたりや周りの目が気になるのであれば、なるべく旧札を用意したり、新札に折り目を入れたりするなど工夫すれば問題はないでしょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

  • 2020年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?のサムネイル画像 1
    2020年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?

    お盆の時期は正しくはいつからいつまでなのかご存知でしょうか。実は日本全国で一律なわけではなく、地域によってお盆を迎える時期に違いがあります。お盆がいつからいつまでなのか、その理由や、お盆がどのような行事なのかについても解説していますので、どうぞご覧ください。

  • 2020年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?のサムネイル画像 2
    2020年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?

    お盆というと8月の中旬というイメージが強いですが、関東の一部など7月の中旬にお盆を行う地域もあることをご存知ですか?特に東京では7月13日~16日にお盆を行うお宅が多いです。今回は東京のお盆に焦点をあて、お盆の過ごし方や穴場スポットなどもご紹介いたします。

  • 僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっとのサムネイル画像 3
    僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっと

    近年では特定の職業の方を必要に応じて派遣できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

  • 四十九日の香典の金額相場っていくら?香典のマナー・書き方も解説!のサムネイル画像 4
    四十九日の香典の金額相場っていくら?香典のマナー・書き方も解説!

    四十九日法要が行われる際には、香典を準備する必要がありますよね。では、四十九日法要に包む香典の金額の相場とはいくらなのでしょうか?今回は、四十九日の香典の相場についてと、香典のマナーから書き方まで解説したいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像 5
    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

  • 33回忌法要への香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像 6
    33回忌法要への香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像 7
    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事