法事にスーツを着てもいいの?法事の服装について徹底解説します!

法事に呼ばれたら、まず気になるのが着て行く服ですよね。法事には喪服で出席するべきなのか、それともスーツでもよいのか、悩む人も多いと思います。今回、終活ねっとでは法事にふさわしい服装やスーツを着ていく際の注意点について、徹底的に解説します。

目次

  1. 法事のスーツについて
  2. 法事の喪服について
  3. 法事はスーツでもいい?
  4. 法事の略喪服の範囲
  5. 夏の法事の服装
  6. 女性は法事にスーツを着てもいい?
  7. 法事のスーツについてまとめ

法事のスーツについて

お墓

身内や親しい友人に不幸があると、お通夜やお葬式に参列するのはもちろんですが、四十九日や一周忌などの法事に呼ばれることもあります。

そんな時にまず気になるのが、「何を着ていったら良いのか」ということではないでしょうか?
お通夜やお葬式は喪服で参列するとしても、法事の場合は喪服ではなく、スーツでも良いのか悩む方も多いと思います。

今回終活ねっとでは、法事にスーツを着ることの是非について以下のポイントに絞って解説します。

  • 喪服にはどんな種類があるの?
  • 平服で良いのはどんな場合?
  • 法事にスーツを着て行ってもよい?
  • 略喪服(平服)とはどんな服装?
  • 夏の法事にはどんな服装がよい?
  • 女性が法事でスーツを着用してもよい?

これまで法事にお呼ばれするたびに、着る服について悩んでいた方も、この記事を最後まで読んでいただければきっと疑問が解消することと思います。
ぜひ最後までお読みいただき、参考にしていただければ幸いです。
お坊さんを安く手配したいという方は、終活ねっとのお坊さんをぜひご利用ください。

こちらも読まれています

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

法事の喪服について

葬儀

仏教では、誰かが亡くなると、初七日、二七日(ふたなのか)、…七七日(なななのか)のように一定の区切りで法要が行われます。
法要は、故人を偲び、冥福を祈るために行われるものです。

四十九日や一周忌のように、友人や知人たちも呼ばれるような特別な法要では、法要の後に会食が行われるのが一般的ですが、このように後の会食を伴う法要のことを法事といいます。

それでは、その法事に出席することになった時、やはり喪服を着ていくべきなのでしょうか?
ここでは法事の服装について解説していきます。

喪服の種類

喪服には、3つの格式(正式喪服、準喪服、略式喪服)があります。
最も格式が高い喪服を正式喪服、または正喪服といいます。

正喪服は、男性ならば羽織袴、またはモーニングコートを着用します。
女性ならば黒無地の染め抜き五つ紋が入った着物、または黒のフォーマルスーツを着用します。
正喪服を着用するのは、故人から3親等までの近い親族だけとされています。

正喪服の次に格式が高いのが準喪服です。
準喪服は、男性ならばブラックスーツ(礼服)です。
もしもスリーピースであれば、ベストも黒いものにします。
スーツの下には白無地のワイシャツ、黒無地のネクタイを着用します。
このとき、ネクタイピンなどの光りものはつけてはいけません。

女性ならば、黒のワンピース、またはアンサンブル、黒のスーツなどを着用します。
スーツの場合は下に黒いインナーを着用します。
正喪服の場合は、必ず長袖で、スカート丈もくるぶし近くまである長いものとなりますが、準喪服の場合は肘が隠れる程度なら良いとされています。
スカート丈も、膝が隠れる程度であれば大丈夫です。

略喪服の場合は、男性はグレーや紺など地味な色のダークスーツに白無地のワイシャツ、黒、グレーなど地味な色のネクタイを着用します。
女性も黒、グレー、紺などの地味な色のワンピースやアンサンブルを着用します。

正喪服の場合も準喪服の場合も、男女とも黒い靴を履くのがマナーですが、略喪服の場合は黒でなくても地味で光沢がないものなら良いとされています。

女性の場合は、ストッキングも黒の無地とし、透けているものや模様が入っているものは避けるようにします。
また、バッグなどの小物も黒いものとします。

どの格式の喪服を着るにしても、アクセサリーなどの光りものは基本的に付けてはいけません。
ただし、結婚指輪や一部の宝石(真珠の一連ネックレス、黒さんご、黒曜石、ジェット、オニキスなど)は一般的に許容範囲とされています。

革製品や毛皮も、殺生を連想させるということでマナー違反とされています。
例外として、靴とベルトだけは革製でも大丈夫です。
ただし、光沢が少なく、爬虫類以外の素材でできたものにしましょう。

平服で良い場合

法事を身内だけで行う場合や、「故人を偲ぶ会」、「故人とのお別れ会」のような集まりに招かれた場合、「どうぞ平服でお越しください」と案内されることがあります。
この場合の「平服で」とは、どのような服装を指すのでしょうか。

「平服と言うからには、普段着で良いのだろう」と本当に普段着で行ってしまうと、自分以外は礼服で恥をかいた、ということにもなりかねませんので気をつけましょう。

法事を行う以上、普通は僧侶も呼んで読経をしてもらいます。
その後、お焼香、会食という流れが一般的です。
いくら「平服で」と言われても、重要な区切りに行われる法要であり、故人の冥福を祈る改まった場なのですから、それなりの服装をしていくのが礼儀です。

つまり、「平服でお越しください」ということは、「略喪服で良い」と解釈するのが適当です。
上から下まで真っ黒の、いかにも喪服然とした格好ではなく、少しだけカジュアルに崩すくらいで良いということです。

法事に呼ばれた場合は、服装についての指定が何もなければ、男性はブラックスーツ、女性も黒のワンピースやスーツを着ていくのがベストです。

いわゆる準喪服と呼ばれる格式です。
ただし、「平服で」と指定された場合は略喪服程度の装いで良いでしょう。

法事はスーツでもいい?

お墓

法事に呼ばれた場合は、準喪服、すなわち男性はブラックスーツ(礼服)、女性が黒のワンピースやスーツが適当だと言いましたが、それならば黒いビジネススーツやリクルートスーツでも良いのでしょうか。

見た目はあまり違わないような気がしますが、喪服の代わりにビジネススーツやリクルートスーツを着ても、マナー違反にはならないのでしょうか。

喪服とスーツは違う

結論から言うと、喪服と普通のスーツでは違います。

ビジネススーツやリクルートスーツは、たとえ黒くても、喪服の代わりにはなりません
喪服は、光沢が出ないように特殊な織りになっていますが、一般的なスーツは光の当たり加減で光って見えることがあります。

また、色もどちらも同じ黒に見えるかもしれませんが、実は微妙な違いがあります。
喪服は本当に真っ黒ですが、スーツは少しだけグレーが入った黒になっています。

自宅で1着だけ着てみてもあまり違いが分かりませんが、喪服をきちんと着た人々の中に入ってしまうと、一目瞭然です。

似たような服があるのにもったいないと思うかもしれませんが、やはりきちんとした喪服が1着は必要です。

喪服のボタンは留める?

男性のブラックスーツには、ボタンが1列のシングルと、2列のダブルとがあります。
どちらを選んでも、特に問題はありません。

法要の最中は、必ず上着を着用するようにしましょう。
ただし、法要が終わって会食に移るときには上着を脱いでも構いません。

上着を着ているときは、ボタンを留めるのが原則ですが、この時1番下のボタンは外すようにします。

もしボタンが2つであれば上の1つだけを留め、ボタンが3つであれば上の2つを留めます。
また、もしベストを着用していれば、上着を脱いだり、ボタンを外していても大丈夫です。

法事の略喪服の範囲

葬儀

準喪服よりもさらに格式が下の喪服を略式喪服、または略喪服といいます。

法事も三回忌までは準喪服が適当とされていますが、三回忌以降にもなれば準喪服ではなく略喪服で構いません。
略喪服は、仮通夜などの急な弔問、「平服で」と指定された場合、三回忌以降の法事などで着用されます。

紺やグレーはOK

男性の略喪服は、グレーや紺色などの地味な色のダークスーツを着用します。
靴やネクタイは、黒でなくても、地味な色で光沢がないものであれば大丈夫です。

スーツの下には白無地のワイシャツを着用します。
このとき、ネクタイピンなどの光りものは付けないようにします。

女性の略喪服は、黒、グレー、紺色などの地味なワンピース、またはアンサンブルにします。

女性のパンツスーツは、正喪服や準喪服ではNGですが、略喪服なら大丈夫です。
靴も、黒でなくても地味な色であればOKです。
ストッキングは、正喪服、準喪服と同様、無地の黒にしましょう。

ストライプなどの柄

正喪服は、故人から3親等以内の近い親族が、お通夜や葬儀式、告別式等で着用するものです。
このとき、男性が着用するモーニングコートには、グレーストライプが入ったズボンを合わせます。
それ以外の礼服でストライプなどの模様が入る事はありません。

しかし、略喪服を着る法事などでは、礼服ではなくダークスーツを着用する方も多いでしょう。
この時、スーツにストライプやチェックなどの柄が入っていたら、「柄物を着て行っても良いのだろうか」と迷ってしまいますね。

略喪服では、派手でなければストライプやチェックなどの柄物も許されます。
女性の場合、レースや透かし模様が入っていても、やはり地味なものならば大丈夫です。

ただし、法事はおしゃれをする場ではありません。
華美なものや装飾性が高いものは控えましょう。

ベストを着てもいい?

お葬式や法事で、男性がベストを着用している場面はあまり目にしませんね。

唯一の例外は、正喪服のモーニングコートです。
モーニングコートの場合は、上着の下に必ず黒いベストを着用します。
しかし、それ以外の場面でベストを着用することはほぼありません。

黒であれば問題ない、という意見もありますが、ベストはおしゃれの1つ、ファッション性が高いものと捉える人も多くいます。

特に、田舎の場合は服装や作法にうるさい年配の方が多いものです。

下手に目立つ格好をして、故人を悼む気持ちを疑われても何のメリットもありません。
ベストは着用しない方が無難でしょう。

夏の法事の服装

葬儀

夏に法事が行われると、喪服は暑そうで着用するのが億劫になりますね。
少しでも涼しい格好をしたいと思う方が多いでしょう。

夏の暑い時でも、上着を着たりネクタイをしめたりしなければならないのでしょうか。

ネクタイは必須

一般に、三回忌までの法要では準喪服を着用するのが原則です。
男性の場合、どんなに暑くても、法要の最中は上着とネクタイは身に付けなければいけません。

ワイシャツは長袖でも半袖でも構いません。
また、法要の会場に入るまでは上着を脱いでいても構いませんが、会場内では必ず身に付けるようにしましょう。

最近ではオールシーズン用の喪服も販売されています。
オールシーズン用であれば、暑さも少しは緩和されるので、1着持っておくことをお勧めします。

略喪服では、ネクタイも真っ黒でなくても紺やグレーなど地味なものならOKです。
また、ストライプなどの模様が入っていても、やはり地味なものならば問題ありません。

半袖でもいい?

正喪服では、季節を問わず男女とも必ず長袖を着用します。
しかし、準喪服、略喪服では必ずしも長袖とは限りません。

男性の場合、ワイシャツは長袖であっても半袖であっても、上着を着れば問題ありません
また、法要が終わって会食に入れば、上着を脱いで半袖のシャツだけでも良いでしょう。

女性の場合、七分袖などの短すぎないものならば大丈夫です。
肌の露出をできる限り避けるのが基本ですので、胸元は開すぎずなるべく詰まったデザインにしましょう。

夏の喪服については、次の記事でも詳しくご紹介しています。

こちらも読まれています

夏用の喪服って何を着ればいいの?選び方や持ち物についても紹介

夏に突然の訃報を受けた際、急なお知らせに冬用の喪服でお通夜やお葬式に参列した経験はありませんか?暑い時期のお通夜やお葬式にも対応できる、夏用のふさわしい服装を知っておきたいですよね。 今回は、夏用の喪服の選び方や持ち物についてご紹介します。ぜひご覧ください。

女性は法事にスーツを着てもいい?

困った人々

女性の喪服と言うと、黒いワンピースやアンサンブルをすぐに連想しますね。
では、スーツを着て法事に出席するのはどうなのでしょうか。

インナーに注意

女性の喪服のスーツは、フォーマルならば準喪服の扱いとなります。
三回忌までの法事であれば、ふさわしい服装だと言えるでしょう。
ただし、スーツの下のインナーは黒いものを着用するようにします。

ブラックフォーマル以外の、紺色やグレーのスーツであれば、略喪服として着用できます。
ただし、インナーはやはり黒にした方が良いでしょう。

最近では、黒のパンツスーツも人気があります。
パンツスーツは略喪服ですので、仮通夜や三回忌以降の法事であれば問題ないでしょう。

いずれにしても、スカートならば黒いストッキングを着用します。
また、靴やバッグは黒いものを選びましょう。

法事にふさわしい女性の服装については、次の記事でも詳しくご紹介しています。

こちらも読まれています

法事で着る女性の服装をご紹介!平服・喪服について解説します!

法事のとき特に女性が悩んでしまうのが、服装についてですよね。法要の服装には、喪服の場合と平服の場合があるのをご存知でしょうか?今回の記事では、大人のマナーとして身につけておきたい、法事の女性の服装について解説していきます。ぜひ一緒に勉強していきましょう。

法事のスーツについてまとめ

葬儀

いかがでしたか。
法事でスーツを着ることについて、場面にふさわしい服装や注意点などをお伝えしました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • 喪服には、正喪服、準喪服、略喪服の3種類がある

  • 略喪服は地味な色のスーツでもよい

  • 「平服で」と言われたら、略喪服で

  • 上着を着れば下は半袖でも良いが、ネクタイは必須

法事は、亡くなった故人の冥福を祈り、故人を悼み懐かしむ大切な行事です。
法事に出席する際の服装について、この記事が参考になれば幸いです。

終活ねっとでは、上記以外にも法事での服装やマナーについてご紹介している記事が多数あります。
ぜひそちらもご一読ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

「法事・スーツ」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 僧侶派遣サービスを一括比較!お坊さん手配なら終活ねっとのサムネイル画像

    僧侶派遣サービスを一括比較!お坊さん手配なら終活ねっと

    近年では特定の職業の方を必要に応じて派遣できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「法事・スーツ」についてさらに知りたい方へ

マナーの多い喪服、また喪服用バックなど、喪服のマナー教えますのサムネイル画像

マナーの多い喪服、また喪服用バックなど、喪服のマナー教えます

これから買い替えるなら、おしゃれな喪服にしませんか?のサムネイル画像

これから買い替えるなら、おしゃれな喪服にしませんか?

女性の喪服にパンツスーツは大丈夫?靴やバッグの選び方は?のサムネイル画像

女性の喪服にパンツスーツは大丈夫?靴やバッグの選び方は?

完全保存版 喪服着用時に恥をかかないマナーの事のサムネイル画像

完全保存版 喪服着用時に恥をかかないマナーの事

お通夜に着ても大丈夫? 喪服とマナーのお話のサムネイル画像

お通夜に着ても大丈夫? 喪服とマナーのお話

葬儀で着るメンズ礼服としての喪服についてわかりやすく解説しますのサムネイル画像

葬儀で着るメンズ礼服としての喪服についてわかりやすく解説します

葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物までのサムネイル画像

葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物まで

礼服と喪服ってなに?間違えやすい服装について解説します!のサムネイル画像

礼服と喪服ってなに?間違えやすい服装について解説します!

3回忌法要の服装はどうする?男性と女性の服装について解説しますのサムネイル画像

3回忌法要の服装はどうする?男性と女性の服装について解説します

法事のときの男性の平服とは?女性や子供の服装についても解説しますのサムネイル画像

法事のときの男性の平服とは?女性や子供の服装についても解説します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

僧侶派遣サービスを一括比較!お坊さん手配なら終活ねっとのサムネイル画像

僧侶派遣サービスを一括比較!お坊さん手配なら終活ねっと

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「法事・スーツ」についてさらに知りたい方へ

マナーの多い喪服、また喪服用バックなど、喪服のマナー教えますのサムネイル画像

マナーの多い喪服、また喪服用バックなど、喪服のマナー教えます

これから買い替えるなら、おしゃれな喪服にしませんか?のサムネイル画像

これから買い替えるなら、おしゃれな喪服にしませんか?

女性の喪服にパンツスーツは大丈夫?靴やバッグの選び方は?のサムネイル画像

女性の喪服にパンツスーツは大丈夫?靴やバッグの選び方は?

完全保存版 喪服着用時に恥をかかないマナーの事のサムネイル画像

完全保存版 喪服着用時に恥をかかないマナーの事

お通夜に着ても大丈夫? 喪服とマナーのお話のサムネイル画像

お通夜に着ても大丈夫? 喪服とマナーのお話

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと