法事の香典金額はいくら?回忌別・関係性別の金額を紹介します!

法事には様々な種類があり、包むご香典の金額に毎回迷ってしまうものです。施主側もご香典の総額によって負担が大きく変わるので、失礼のないように準備したいところです。今回の記事では法事の香典金額について、相場・書き方・マナーを理由も含めて細かく解説します。

目次

  1. 法事の香典金額について
  2. 香典とは
  3. 法事の香典の金額相場
  4. 法事の香典の書き方
  5. 孫も祖父母の法事で香典を包む?
  6. 法事の香典金額についてまとめ

法事の香典金額について

葬儀

法事で渡すご香典の金額について、すぐに法事ごとの目安が思い浮かぶ人はほとんどいません。
家柄や地域によって感覚の差が出てくるのも事実で、出す機会に直面したときに無難な額を探るのはどうにも気難しい部分があります。

話を聞いて合わせておくのが安全ですが、できれば世間的な扱いが現状どうなっているのかも知った上で、総合的に判断したいところです。
今回、終活ねっとでは法事の香典金額について、以下の点を記事にまとめてみました。

  • ご香典とはそもそも何なのか?
  • 法事ごとのご香典の金額相場について
  • ご香典の書き方を解説
  • 孫が祖父母の法事に参列する際はご香典を包むべきか?

ご香典には単なる弔意だけでなく、相互扶助の意味合いも含まれています。
目先の金額にとらわれずに、記事の内容も踏まえお心遣いとして考慮していただけると幸いです。

お坊さんをより安く手配されたい方はこちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

香典とは

お墓

ご香典とは、主に仏式での葬儀で死者の前にお供えする金品のことをいいます。
不意の葬儀の場において、遺族が用意する食事の負担を減らしたりするために持ち寄った供物(食べ物)が元で、金品に変化していったものです。

神式やキリスト式では「ご香典」を使うことはありませんが、解説の便宜上ご香典として説明しているところも多いです。
法律上では故人の遺した遺産ではなく、施主に対する贈与とみなされます。

法事の香典の金額相場

お金

それでは、法事の香典の金額相場を状況別にみていきましょう。

家族や親戚などの関係性によって変わる

ご香典の金額を決まる際には、故人との関係性が重要な決め手となります。
多ければそれだけ気持ちをあらわせるということではなく、互いの立場を尊重しながら出しあうのがご香典の役割のひとつとなっています。

関係性ごとの目安を表に出しておきます。

故人との関係性 金額相場
両親 3~10万円
兄弟・姉妹 3~10万円
祖父母 1~5万円
叔父・叔母 1~3万円
甥・姪 1~5万円
いとこなどのその他の親戚 3千円~3万円
友人・恩師・仕事関係者など 3千円~1万円

主に親等が近く、日常生活でも近しい親族ほど金額が高くなります
配偶者は同格とみなされますので、故人が配偶者側の親族であっても、個人で渡すなら同様の金額が目安になります(配偶者の両親なら3~10万円)
配偶者と連名で渡すなら、5割増しの金額にして渡すことが一般的です。

相場に多少の差はあるものの、「兄弟・姉妹・祖父母」と「叔父・叔母・甥・姪」はそれぞれ親等が同じグループなので、額も同じにしている方が多いです。
それより遠い親戚は一段下げ、血縁関係が全くない場合は1万円以下となるように出すことがほとんどです。

関係性が近い方より多くの金額を出すことは失礼だと捉えている方もいらっしゃるので、この序列は守って金額を決めておくのが無難です。

葬儀・告別式

ご香典の金額が特に重要になるのは葬儀・告別式のときであり、基本の指標は前述の表と同じになります。
それ以外にも、年齢と社会的立場により金額の目安は変わってきます。

故人との関係性 20代以下 30代 40代以降
両親 3~10万円 5~10万円 10万円~
兄弟・姉妹 3~5万円 5~10万円 5~10万円
祖父母 1万円 3万円 5万円
叔父・叔母 1万円 1~3万円 3万円
甥・姪 1~3万円 1~5万円 1~5万円
いとこなどのその他の親戚 3千円~1万円 5千円~2万円 5千円~3万円
友人・恩師・仕事関係者など 3~5千円 3千円~1万円 3千円~1万円

20代以下の場合、ほとんどの人の社会的立場は高くなく、経済的にも余裕はありません。
両親や兄弟といった間柄の葬儀ではできる限り出すことになりますが、実生活も慮られるので相場は低めに考えても大丈夫です。
親の保護下にある方は、保護者との連名で出すのが無難です。

30代の方はある程度の社会的立場や家庭をもっている方も多いので、20代以下の方よりは多くなるように金額を設定するのが一般的です。
懐事情も大切ですが、20代以下の方より故人との付き合いが長かったことを考慮して包みましょう。

40代以降の方は若い方々に規範を示しておきたい立場であり、大抵の場合経済的にも余裕があるとみなされています。
よほど切羽詰まった状況でない限り、相場の中でも多く出すほうになるよう考える必要があります。

ご香典の金額は故人との関係性が一番重要で、両親・兄弟・姉妹といったほぼ実生活を長く共にする間柄の場合は金額を落とせない傾向にあります。
逆に、親族であってもほとんど付き合いがなかった叔父・叔母・いとこなどになると、施主側の気遣いを考えて少なめに包むこともあります。

表はあくまで目安として、各々の実態に見合う金額を考えておきましょう。
なお、告別式までは急な悲報ですので、予期していたように捉えられる新札は使わないというマナーがあります。
旧札があればそちらを使い、なければ一旦折り目をつけてから包みましょう。

初七日から四十九日までの忌日法要

宗派によって解釈が異なりますが、ほとんどの仏教では死後7日目から故人の生前の行いに対する裁判が始まります。
これが初七日で7日ごとに裁判が行われていき、その間は関係者ができる限り徳を積んだりして、最後の四十九日で極楽浄土に行けるかの最終判断が下されます。

よって、忌日法要は本来は7日ごとに営まれるものですが、昨今の社会においては現実的でなく葬儀と初七日を合わせて行ったりしています。
実際に執り行うのは、初七日と四十九日の2つまでであることが大半でしょう。

初七日から四十九日までの忌日法要のご香典の目安としては、葬儀と初七日を合わせる場合、初七日の相場は葬儀の半額程度で考えるのが一般的です。
初七日を別で行う場合、また四十九日についての相場は以下の表となります。

故人との関係性 金額相場
両親 3~10万円
兄弟・姉妹 1~5万円
祖父母 5千円~3万円
叔父・叔母 5千円~3万円
甥・姪 5千円~3万円
いとこなどのその他の親戚 3千円~1万円
友人・恩師・仕事関係者など 3千円~1万円

年齢によっても変動しますが、初七日と四十九日をそれぞれ別できちんと行う場合は、参列者の多さから四十九日のほうを高めに、初七日を低めに設定して考えることが多いです。
昨今では滅多に見られなくなりましたが、他の忌日法要まで正式に営む場合、ご香典の相場は負担も鑑みて低めになります。

四十九日が葬儀と一緒になることはまずないので、ほとんどの場合「葬儀と初七日」と「四十九日」で香典を考えることになります。

一周忌・三回忌

省略されていきやすい年忌法要の中でも、一周忌と三回忌は行われることが多いものです。
数え方として、一周忌より後の年忌法要はプラス1の計算になるので、一周忌と三回忌は死後1年後と2年後の法要ということになります。

どの宗派でも年忌法要では故人は既に往生していますので、ご遺族や関係者にとっての精神的な節目として行われることが多いものです。
ここから法要として規模が小さくなっていきますので、身内だけで完結したり、ご香典についても具体的な相談をしつつ検討できるようになります。

故人との関係性 金額相場
両親 1~5万円
兄弟・姉妹 1~5万円
祖父母 5千円~3万円
叔父・叔母 5千円~1万円
甥・姪 5千円~1万円
いとこなどのその他の親戚 3千円~1万円
友人・恩師・仕事関係者など 3千円~1万円

一周忌は行うが三回忌は行わない、または遠慮して欠席するという場合は、相場の中から高めに包んでいくことが多いです。
また、四十九日などに参列できなかった方が相場の5割増し程度で包むことも多いです。
相互扶助の観点と、これまでとこれからの法要参加事情を考えて検討しましょう。

7回忌・13回忌・23回忌など

七回忌以降の年忌法要では親族以外が参列することがほぼなく、遺族も法要を毎回行うことは稀です。
そのためアットホームな法事となることが多く、ご香典の費用は事前に打ち合わせておき、好まれそうな供物を持ち寄って故人と共に楽しむというケースもよく見られます。

17回忌、33回忌など他にも年忌法要はありますが、時間が経つほど相場も下がるのが一般的です。

故人との関係性 金額相場
両親 1~3万円
兄弟・姉妹 1~3万円
祖父母 5千円~1万円
叔父・叔母 5千円~1万円
甥・姪 5千円~1万円
いとこなどのその他の親戚 5千円~1万円
友人・恩師・仕事関係者など 3千円~1万円

出席の都合もつけられないことが多いので、連名で相場の額を出すこともあります。
一周忌や三回忌をやむを得ず催せなかった場合はしっかりとしたものになりやすいので、規模に応じて出せるように相談しておきましょう。

法事の後に会食がある場合

法事の際には、お斎という食事が用意されることがあります。
斎場に赴いて順を追って法要を行うと結構な時間がかかるものなので、大抵宗派にしたがった精進料理を食べることとなります。

ご香典は元をたどるとこれらの負担を軽くする目的があったものなので、会食分の費用もご香典に包むのが適しているといえます。
5千円~1万円を上乗せするのが一般的で、大人分や子供分、年齢と関係性に応じて決めるといいでしょう。

数字に気をつける

弔事となる法要では、ご香典の金額の数にもマナーが存在します。
「死」と「苦」の連想を避けるために、4や9の数字が出ないように香典を包む慣習があります。

この考え方は全ての弔事に対して適応されますので、確実に覚えておきましょう。
適切に縁起を担ぐことも弔意を示す方法のひとつといえます。

法事の香典の書き方

葬儀

ご香典を包む際の書き方についても解説しておきます。
要点を抑えれば、それほど難しいことではありません。

表書き

表書きでは直接「御香典」と書くケースもありますが、基本的にはご遺族の宗教宗派に合わせて変えることとなります。

神式では御霊前・御玉串料・御榊科・御神前などの中から書きます。
神道では故人の霊魂を家に留め、守護神になってもらうという考え方がありますので、仏という語は使わず神事の言葉を扱います。

キリスト式では御霊前・御花料・献花料のどれかから書きます。
キリスト教にも霊の概念は存在するので御霊前でも大丈夫ですが、神に関わるもので金品を集めない、偶像崇拝を避けるといった観点から、日本ではお花代として渡すということになっています。

法要そのものが仏教由来のものですので、ほとんどの場合は仏式で書いて渡すことになります。
その際には以下の注意点があります。

四十九日まで

浄土の存在を認めている仏教の宗派では、四十九日まで故人は霊体であり、裁きを受けている最中と考えられています。
その場合は表書きには「御霊前」と書くのが一般的です。

裁判を受けることなく誰でもすぐに往生できると説く浄土真宗や、浄土が教義にない臨済宗・曹洞宗の場合は「御仏前」となります。
浄土真宗では御霊前を使うと失礼にあたりますが、臨済宗や曹洞宗では教えにないだけなので、そこまでマナー違反でもありません。

どちらも故人に対してするものではなく、故人を救う仏の力に寄り添って捧げるものとなる点がポイントです。

四十九日以降

四十九日が明けると、どの仏教でも故人はおおよそ仏になっていると解釈されてますので、「御仏前」を使っておけば問題ありません。

仏教ではどの宗派においてもお香が大切にされていますので、わからない場合は「御香典」でも大丈夫です。
四十九日までに差が出るものなので、そこだけ抑えておけば大きな心配はないでしょう。

名前

御香典の名称の下に名前を書けば、表書きは完了となります。
親族の場合は苗字がよく被りますので、誰が出したかわかるように基本的にフルネームで書きます。
血縁がない場合でもフルネームで書くほうが、浮くこともなく親切でしょう。

法要の種類は多く、ご香典を複数人で出すことも少なくないので、そちらの書き方も解説しておきます。

夫婦など連名の場合

夫婦や兄弟といった血縁者の連名で出す場合は、苗字が同じですので代表者を一番右にくるようにしてフルネームで書きます。
その後、故人との関係性が高い順に等間隔に、名前だけを並べて書いていきます。

血縁者であっても核家族に留まらない、親等が遠いような場合は、別々でご香典を包むのが無難です。
友人や知人の連名で出す場合は全員フルネームで、表記の都合上3名までが限度と考えておきましょう。

それ以上の人数になる場合は、下記の一つの団体として包むのがスマートでしょう。

複数人で一つの団体とする場合

サークルの友人達や、会社の部署などの複数人が団体としてご香典を包む場合もあります。
そのときは、上位となる団体名や企業名をまず右に書きます

その後、真ん中に役職名を書いて代表者のフルネームを書く(代表取締役 日本太郎など)か、「〇〇部一同」などと書きます。
施主にとってのわかりやすさが大事ですので、参列者を代表としておくとトラブルもないでしょう。

数字の表記

香典袋の裏側には包んだ金額を記載しますが、慣例として難しい漢数字を使います。
簡単な漢字による誤記入や改ざんを防ぐために使っていたものの名残です。
以下の表を参考になさってください。

数字 記載する漢字
1
2
3
5
6
7
8
10
100 佰または陌
1000 仟または阡
10000

金額の上に「金」と書いたり、数字の後に「也」を書くこともありますが、これらも中身が金銭であることや記入終わりを示すために使っていたものなので、書くかどうかは任意となります。
例を挙げると、「金参萬圓」でも「伍萬圓也」でも大丈夫ということになります。

連名で出す場合は香典返しがしやすいように、各々の名前と金額分を並べて書いておくとわかりやすいでしょう。

墨の種類

表書きは通常毛筆か筆ペンで書きますが、薄墨にするか否かもご香典を用意する際の注意点です。
使い分けの理由は昔の事情と情緒的なものが発端となっています。

薄墨を使う時期

不祝儀袋で使う薄墨には「急な訃報で用意が間に合わなかった」、「悲しんだ涙で墨が薄れてしまった」という意味がこめられています。
紙自体が貴重だった頃は書類の作成にもひと手間を要していたので、礼儀作法としての説得力も高いものだったと考えられます。

現代ではご香典の熨斗袋もすぐに調達でき、その印刷が薄墨でなくても特に問題はありません
ただ、弔意の示し方は「お通夜と葬儀の場では薄墨で記載する」というマナーとして今も残っています。

葬儀までのご香典を準備するための道具として、薄墨で書けるものを用意しておくといいでしょう。

薄墨でなくて良い時期

前述の通り、葬儀を終えた後は普通の濃い墨で書いていきましょう。
しかし、地域の風習や宗派の指針によっては薄い墨を使い続ける場合もあるようです。

親族でない場合は葬儀を境に使い分けておくだけでも大丈夫ですが、身内に熱心に信奉されている方がいる場合は確認を取っておきましょう。

孫も祖父母の法事で香典を包む?

葬儀

法事で香典を包む場合、渡す側と渡される側の組み合わせもいろんなケースが考えられます。
その中でも特に気になるのは、孫が祖父・祖母の法事に参列する場合です。

所得があれば包む方が良い

孫が成人するまでに、祖父母はほぼ60代以上になっています。
祖父母の法事に臨むときに、孫の所得に余裕のあることは珍しいです。

学生として生活していることもあり、そういった場合は親と共に家族一同として出してもかまいません。
社会人として働いているのであれば違和感の元になりますので、冠婚葬祭での振る舞いの第一歩として香典を包んでおくのが望ましいでしょう。

大切なのは金額の多さではなく、一人の人間として弔う姿勢です。

包む場合の金額相場

経済的に余裕の作りにくい立場になりやすいことは周囲も承知していますので、葬儀・告別式の表のように年齢の指標と、自己の状況を顧みて考えるといいでしょう。
少なくとも個人として包めたら丁寧な参列となりますし、怒られることもありません。

孫であっても30代以降の方は立派な大人とみなされるので、相場の中程度を考える必要がありますが、20代以下の方は心配をかけない程度に控えてもいいでしょう。

法事の香典金額についてまとめ

お墓

いかがでしたでしょうか?
今回終活ねっとがまとめた法事の香典金額の記事について、要点を整理すると以下となります。

  • 法事の香典の金額相場は、故人との関係性によって決まる。
    親等が近いほど高額になりやすく、相互扶助の観点が影響している。
  • 年齢によっても出す相場が異なる。
    経済的事情と故人との付き合いの長さを考えると、序列や配慮も妥当なものといえる。
  • 葬儀・告別式での相場がもっとも高く、四十九日や年忌法要と時間が経つにつれて規模が縮小されていく。
    関係者の事情により催せなかったり参列できなかった場合や、会食代のことも考慮して金額を決める。
  • 表書きは宗教による記載の違いと、四十九日で分けられる「御霊前」と「御仏前」に注意すること。
    名前は基本的にフルネームで、連名や団体の場合は順番を正確に記載すること。
  • 金額は旧漢字で書くのが慣例。
    4と9はなく、葬儀までは薄墨、以降は普通の濃い墨で書くのが一般的である。
  • 孫が祖父母の法事に参列する場合、所得に余裕があるなら個人でご香典を包むのが望ましい。

ご香典で包む金額は見栄ではなく、ご遺族と故人を丁重に弔うために包むものです。
準備の負担を分け合い円滑な関係を築けるよう、各々の事情に合った額を検討してみてください。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

「法事・香典・金額」に関連する記事

  • 法事の香典ってなに?表書き・名前の書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

    法事の香典ってなに?表書き・名前の書き方や金額相場について解説

    皆さんは、法事の香典の意味や金額などを知っていますか?法事の香典は、どの位の金額でどのようにして持っていくのが良いのでしょうか。香典の慣習や礼儀・作法が分からないと困りますよね。今回は法事の香典について表書き・名前の書き方や金額相場など分かりやすく解説します。

  • 初七日法要の香典はどうする?書き方や金額相場について解説しますのサムネイル画像

    初七日法要の香典はどうする?書き方や金額相場について解説します

    初七日は葬儀が終わった後に一番初めに執り行われる法要です。親族などの身内だけで集まることが多いため、香典の書き方や金額相場などの詳しい知識があまり広く知られていません。今回は初七日の香典のマナーや書き方の他、いただいた香典のお返しについても解説します。

  • 13回忌の香典の費用相場や表書きの書き方を解説!のサムネイル画像

    13回忌の香典の費用相場や表書きの書き方を解説!

    回忌法要における13回忌は最後の法事となることが多いため、13回忌法要には多くの方をお招きするのが一般的です。今回はその13回忌の香典について、書き方やマナーなどを解説していきます。香典に関するマナーについて、改めて整理しながらみていきましょう。

  • 7回忌法要の香典の金額相場は?故人との関係別に紹介します!のサムネイル画像

    7回忌法要の香典の金額相場は?故人との関係別に紹介します!

    故人が亡くなった後には7回忌などの年忌法要があり、その度に香典金額はどうしたらいいかと迷うことがあると思います。 そういった方にとって今回の記事は必見です。 今回この記事では故人との関係別での香典金額や7回忌での香典袋の書き方などを詳しく解説しています。

  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

  • 四十九日後の香典の書き方はどうする?表書きや中袋の書き方を解説のサムネイル画像

    四十九日後の香典の書き方はどうする?表書きや中袋の書き方を解説

    四十九日法要は多くの人が参加する規模の大きな法要です。年忌法要と比べて参列する機会は多いため、四十九日のマナーはしっかりと身に着けておきたいものです。中でも香典の書き方に迷う人は多いのではないでしょうか?今回は四十九日法要の香典の書き方についてまとめました。

  • 3回忌の香典の金額相場はどのくらい?故人との関係別に紹介!のサムネイル画像

    3回忌の香典の金額相場はどのくらい?故人との関係別に紹介!

    3回忌などの法事・法要に参列する際には香典を包まないといけませんよね。では、3回忌などの法事・法要に包む香典の金額相場はいくらくらいなのでしょうか?今回は、3回忌の香典の金額相場を故人との関係別にご紹介したいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

  • 四十九日の香典の金額相場をご紹介!故人との関係別にも解説します!のサムネイル画像

    四十九日の香典の金額相場をご紹介!故人との関係別にも解説します!

    忌明けの日にあたる四十九日の法要には大切な意味があります。今回は四十九日の法要について、特に香典の金額に注目してご説明します。四十九日では香典金額の相場や表書きなど知っておきたいマナーがいくつもあります。いざという時に役立つ四十九日の香典についての解説です。

  • 四十九日の香典の相場っていくら?香典のマナーから書き方まで解説!のサムネイル画像

    四十九日の香典の相場っていくら?香典のマナーから書き方まで解説!

    四十九日法要が行われる際には、香典を準備する必要がありますよね。では、四十九日法要に包む香典の金額の相場とはいくらなのでしょうか?今回は、四十九日の香典の相場についてと、香典のマナーから書き方まで解説したいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

  • 3回忌の香典についてご紹介!書き方や金額相場について解説しますのサムネイル画像

    3回忌の香典についてご紹介!書き方や金額相場について解説します

    法要における香典について、書き方や金額相場を御存じない方も多いのではないでしょうか。特に3回忌の法要では、ご家族以外にも遠い親戚などの参列者がいらっしゃいます。マナー違反にならないよう、今回の記事では3回忌の香典の書き方や金額相場について詳しく学びましょう。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 僧侶派遣サービスを一括比較!お坊さん手配なら終活ねっとのサムネイル画像

    僧侶派遣サービスを一括比較!お坊さん手配なら終活ねっと

    近年では特定の職業の方を必要に応じて派遣できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「法事・香典・金額」についてさらに知りたい方へ

法事の香典ってなに?表書き・名前の書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

法事の香典ってなに?表書き・名前の書き方や金額相場について解説

初七日法要の香典はどうする?書き方や金額相場について解説しますのサムネイル画像

初七日法要の香典はどうする?書き方や金額相場について解説します

13回忌の香典の費用相場や表書きの書き方を解説!のサムネイル画像

13回忌の香典の費用相場や表書きの書き方を解説!

7回忌法要の香典の金額相場は?故人との関係別に紹介します!のサムネイル画像

7回忌法要の香典の金額相場は?故人との関係別に紹介します!

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

四十九日後の香典の書き方はどうする?表書きや中袋の書き方を解説のサムネイル画像

四十九日後の香典の書き方はどうする?表書きや中袋の書き方を解説

3回忌の香典の金額相場はどのくらい?故人との関係別に紹介!のサムネイル画像

3回忌の香典の金額相場はどのくらい?故人との関係別に紹介!

四十九日の香典の金額相場をご紹介!故人との関係別にも解説します!のサムネイル画像

四十九日の香典の金額相場をご紹介!故人との関係別にも解説します!

四十九日の香典の相場っていくら?香典のマナーから書き方まで解説!のサムネイル画像

四十九日の香典の相場っていくら?香典のマナーから書き方まで解説!

3回忌の香典についてご紹介!書き方や金額相場について解説しますのサムネイル画像

3回忌の香典についてご紹介!書き方や金額相場について解説します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

僧侶派遣サービスを一括比較!お坊さん手配なら終活ねっとのサムネイル画像

僧侶派遣サービスを一括比較!お坊さん手配なら終活ねっと

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「法事・香典・金額」についてさらに知りたい方へ

法事の香典ってなに?表書き・名前の書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

法事の香典ってなに?表書き・名前の書き方や金額相場について解説

初七日法要の香典はどうする?書き方や金額相場について解説しますのサムネイル画像

初七日法要の香典はどうする?書き方や金額相場について解説します

13回忌の香典の費用相場や表書きの書き方を解説!のサムネイル画像

13回忌の香典の費用相場や表書きの書き方を解説!

7回忌法要の香典の金額相場は?故人との関係別に紹介します!のサムネイル画像

7回忌法要の香典の金額相場は?故人との関係別に紹介します!

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと