法事の案内状はどう書くの?案内状の例文やマナーについても解説!

法事の案内状はどう書くの?案内状の例文やマナーについても解説!

案内状は法事の日時や場所を参列者にお知らせするための大切な手段です。法事の案内状を書く際にはその書き方やマナーがありますが、詳しくご存知の無い方も多いのではないでしょうか。今回終活ねっとでは、法事の案内状についてのマナーや例文についてご紹介していきます。

最終更新日: 2020年09月09日

法事の案内状について

葬儀

法事の案内状について、ご自身で考えて書いた経験のある方は少ないのではないでしょうか。
法事などの葬祭事ではマナーがとても大切です。

服装やお供え物に関するマナーだけでなく、案内状を出す際にも守るべきマナーや書く場合に注意すべき事項があります。

今回「終活ねっと」では、法事の案内状について以下のポイントを中心にまとめてみました。

  • 法事とはどのようなものか

  • 法事の際の案内状の書き方について

  • 案内状を書くにあたってどのような点に注意すべきか

  • 案内状を送る際にはどのようなマナーがあるのか

法事は年に数回あるかないかの葬祭事です。
案内状一つとってもそのマナーは非常に大切であり、法事の案内状として相応しくない書き方や出し方をしてしまうと、参列者の方からマナー知らずと思われてしまいます。

今回の記事を参考に、法要時の案内状の書き方やそのマナーについて確認してみてください。
お坊さんを安く手配したいという方は、「終活ねっと」のお坊さんをぜひご利用ください。

法事とは

葬儀

法事とは、仏教において亡くなった方の冥福をお祈りするための儀式であり、四十九日法要や、亡くなった日から1年や3年など、定期的に行われる葬祭事をいいます。

一般的には、四十九日から初盆までは、親族のみならず亡くなった故人と親しかった友人・知人なども招いて盛大に行われます。

四十九日をもって忌明けとし、四十九日以降は年忌法要となります。
故人が亡くなってから1年後に行う法要を1周忌といい、その後、3年目に3回忌、7年目に7回忌と続き33年目に行われる33回忌をもって弔い上げとすることが一般的です。

法事の案内状の書き方

人々

法事の案内状はどのように記載すれば良いのでしょうか。
法事における案内状の書き方には独特の書き方や注意点があり、ご存じない方もいらっしゃるでしょう。

最低限守るべきマナーや記載方法について知らないで案内状を作成してしまうと、マナー違反と思われるだけでなく、法事に参列される予定の方を迷わせてしまうことにもなり兼ねません。

マナー違反と思われないためにも、しっかりとした案内状を作成してお送りしたいものですね。

以下では法事における案内状の書き方について、記載すべき必要な項目などにも触れつつ解説していきます。

以下の内容を確認し、しっかりとした案内状を作成できるようになりましょう。

案内状の書き方・文面

法事の案内状も、その書き方については一般的な手紙を書く時と同様の形式で記載します。

具体的には、冒頭は頭語を使って書き始め、季節にあった季語を用いて時候の挨拶をいれ、相手の安否を思いやる一文を入れて結語で結びます

以下では、頭語・結語の書き方や季節に相応しい時候の挨拶の具体例、相手の安否を思いやる一文についてそれぞれ解説していますのでみていきましょう。

頭語・結語を必ず書く

法事の案内状を書く場合も、一般的に出す手紙のように頭語と結語を使用して書くようにします。

頭語は「謹啓」、結語は「敬具」を用い、必ずセットで記載します。
また、「謹啓」以外に「拝啓」も使用することが多い頭語です。

以下に、頭語と結語の例を掲載しますので参考にしてみてください。

  • 頭語

    謹啓、拝啓、謹呈、粛敬

  • 結語

    謹白、敬白、敬具、謹言

季語を使用する(時候の挨拶)

頭語の後には時候の挨拶が続きます。
時候の挨拶は季節に合わせた季語を使用し、例えば4月であれば「桜花の候」、8月であれば「残暑の候」などが使用されます。

以下に、季語の例をまとめておきますので参考にしてみてください。

  • 1月・・・初春・新春・迎春・小寒・大寒・酷寒・極寒・寒冷・寒風・厳冬

  • 2月・・・立春・寒明・季冬・余寒・春寒・残寒・残雪・立春

  • 3月・・・早春・浅春・春暖・春雪・・水ぬるむ・山笑う・菜種梅雨

  • 4月・・・陽春・桜花・陽炎・暮春・花曇り・花冷え・春風駘蕩

  • 5月・・・新緑・薫風・惜春・暮春・立夏・余花・軽夏・若葉

  • 6月・・・初夏・向暑・梅雨・麦秋・黄梅・首夏・薄暑・梅雨寒

  • 7月・・・盛夏・猛暑・大暑・炎暑・酷暑・灼熱・猛暑

  • 8月・・・晩夏・立秋・残暑・残炎・新涼・秋暑・納涼

  • 9月・・・初秋・新秋・新涼・白露・秋冷・野分・仲秋

  • 10月・・・秋涼・秋雨・秋晴・夜長・紅葉・秋麗・初霜

  • 11月・・・晩秋・暮秋・深秋・深冷・落葉・向寒・霜寒

  • 12月・・・初冬・師走・寒冷・木枯・新雪・短日・歳晩

相手の安否を思いやる一文

時候の挨拶の後には相手の安否を思いやる一文をいれます。

具体的には、「皆様方におかれましては益々ご健勝のこととお喜び申し上げます」や「お健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます」などの文となります。

ただし、四十九日が終わるまでは「お喜び」などの表現は不謹慎とされる場合があります。
この場合は、「皆様方におかれましては益々ご健勝のことと存じ上げます」や「お健やかにお過ごしのことと拝察申し上げます」などの表現にした方が無難でしょう。

案内状に必要な項目

法事の案内状を作成する場合、「いつ」、「どこで」、「誰の」法事を、「どのように」して行うのかを明記する必要があります。

また、案内状に返信することで当日の出欠の確認をとることになりますので、出席・欠席の項目も設ける必要があります。

参列者は案内状の内容をもとに、ご自身の予定の調整や服装、持参すべきお供え物などを検討することとなります。

案内状の記載内容が不明瞭ですと参列者を迷わせることになってしまいますので、案内状を受け取った方が迷わないように配慮することが大事になってきます。

故人の名前・関係性を明記する

誰の法事なのかしっかり分かるように故人の名前は必ず記載するようにします。
また、施主とはどういった関係なのかもしっかり明記しましょう。

具体的には、「亡父 ○○」や「亡義父 ○○」などと記載することで施主と故人との関係性を明確にします

日程について明記する

法事をいつ実施するのか、日付、曜日、開始時刻を明記します。

参列者は案内状を元に、参加できるか自身の日程を調整します。
法事の日程をしっかり記載し、参列者がスケジュールをしっかり調整できるよう配慮することが必要です。

場所について明記する

法事をどこで実施するのか、法事を実施する場所を明記します。

法事によっては自宅で執り行う場合もあれば、お寺で執り行う場合やホテルなどで執り行う場合もあります。

ホテルで執り行う場合、ホテルのどの部屋で実施するのか法事を行う部屋の名前もしっかり記載しましょう。

法事を行う場所について記載する際は、法事を執り行う場所の名称のみならず住所と電話番号についてもしっかり記載し、参列者が当日迷わないようにしっかり配慮することが必要です。

法事の内容について

法事と一口にいっても四十九日法要や初盆、1回忌や3回忌など、法事の内容は様々です。
参列者も、法事の内容によっては着ていくべき服装や持参するお供え物などを考えなくてはなりません。

案内状にはどのような法事が執り行われるのか、その内容についてしっかり記載して参列者の方が迷わず準備できるように配慮することが必要です。

差出人の宛名を書く

案内状の差出人は誰なのか出欠の返信をする際にも必要となりますので、差出人の宛名もしっかり記載するようにします。

また、参列者は案内状に対する返信をもって出欠の返事をすることとなりますので、宛名を記載する際には施主の名前のみならず、電話番号や住所なども記載して連絡先が明確になるようにします。

出欠の確認

案内状の返信によって、参列者の出欠の可否を確認することとなります。

参列者が持参したお供え物に対して引き出物を準備したり、法事によってはお斎(会食)の場を用意する場合もあります。

引き出物をいくつ用意するのか、お斎(会食)の会場の手配や食事の手配においては、参列者が何名になるのかを事前にしっかり把握しておく必要があります。

案内状に出欠の確認欄を設けて、当日の参列者を把握するようにします。

法事の案内状の例文・テンプレート

法事における案内状の例文を以下に掲載しますので、案内状を作成する際の参考にしてみてください。

拝啓 ◯◯の候 皆様方におかれましては益々ご健勝のこととお喜び申し上げます
このたび下記の日程にて亡○○の○○法要を営むことになりました
つきましては ご多忙中まことに恐縮ではございますが ご参列賜りますようご案内申し上げます
敬具 
日時 平成◯◯年◯◯月◯◯日(◯曜日)午前◯時◯分より
場所 ○○寺
   住所 ○○市◯◯町 ◯−◯−◯
   電話 ◯◯◯−◯◯◯−◯◯◯◯
※なお 法要後 粗宴をご用意しております
平成◯◯年◯月
住所 ◯◯市◯◯町 ◯−◯−◯ 
電話 ◯◯◯−◯◯◯−◯◯◯◯
名前 ○○ ○○ 

※お手数ではございますが◯月◯日までに返信にてご都合をお知らせ下さいませ

案内状を書くときの注意点

困った人々

では案内状を書く時にはどのような点に注意すれば良いのでしょうか。

法事における案内状を記載する際には独特のマナーや注意点があります。
マナー知らずと思われない為にも、案内状を記載する際の注意点を確認してみてください。

文中に句読点は用いない

法事の案内状を作成するにあたっては、句読点は使用しないことに注意が必要です。

法事における案内状をお送りするお相手は十分に教養のある方であり、相手に敬意を示すという意味において、文章を読みやすくする句読点を使用しないという習慣があります。

また、文章を途中で区切る句読点を使用しないことで、法事がスムーズに終わるようにという意味が込められていることも理由の一つとなります。

二重封筒は用いない

法事の案内状をお送りする際は、案内状を封筒に入れてお送りすることとなりますが、その際には二重封筒は使用しないようにする必要があります。

不幸が重なるという意味で二重封筒を使用しないことが法事における案内状のマナーとされています。

案内状を送るときのマナー

人々

案内状を送る際にはどのようなマナーがあるのか、皆さんはご存知でしょうか。
法事の案内状を送った経験がないと迷ってしまうのではないでしょうか。

ここでは、案内状を送る際のマナーについて解説していきます。

はがきと封筒どっちで送るの?

案内状を送る場合、はがきを使用するか封筒を使用するか、いずれかで考えることが一般的でしょう。
では、法事の案内状を送る際にはどちらを使用して送ることがマナーなのでしょうか。

はがきと封筒どちらでもよい

法事の案内状を送る際は、原則として封筒にはがきを入れてお送りすることがマナーとされています。
封筒を使用する場合には、二重封筒を使用しないことに注意が必要です。

しかし、必ずしも封筒を使用せず、往復はがきで案内状をお送りしても特に問題はありません。

往復はがきの送付も増えている

最近では往復はがきで案内状を送る略式のケースも増えてきています。

往復はがきは往信用のはがきと復信用のはがきが一枚つづりとなっており、半分に折ってお送りし、返信の際は半分に切って返信します。

返信部分に、出席・欠席の記載をして返信することとなります。

切手は「仏事用」を使用すると良い

法事の案内状を出す際に使用する切手は、仏事用の切手を使用するようにしましょう。

郵便局に行けば、弔事の場に相応しい絵柄やデザインの仏事用の切手が販売されています。
法事の案内状を送る際は仏事用の切手を使用し、送った相手に場違いな印象を与えないように配慮することが必要です。

案内状はいつまでに送る?適切な時期とは

案内状は、「だれ」の法事が「いつ」、「どこで」行われるかをお知らせするとともに、参加する参列者の出・欠席を確認する役割があります。

したがって、参列者が都合を調整できるように、また、参列者の人数を把握して法事の準備をスムーズに進めるためにも、法事の日程が決まったらすぐ出すようにするのが良いでしょう。

少なくとも、法事が行われる日時の1か月前までには案内状を出すようにすると良いです。

フォントは決まっているの?

案内状を書く際のフォント・字体に関しては、特にこれといった決まりはありません。
しかし、あまり見ないフォントを使用すると読みづらく感じてしまうかもしれないので、一般的には明朝体が多く使われています。

案内状の返信の書き方

困った人々

法事の案内状をもらった際は、必ずすぐに返信する必要があります。
では、返事はいったいどのように返せばいいのでしょうか?

ここでは、返信の基本的な書き方と、電話やメールで返信してもいいのかについて解説していきたいと思います。

返信の書き方

基本的な書き方

送られてきた案内状に返信をする際、以下の通りに返信するのが基本的なマナーになります。

  • 「御出席」の「御」に二重線を引き、「出席」の文字に丸を付ける。

  • 御欠席のの文字に二重線を引く。

  • 御住所などの「御」を消す、、また「御芳名」の文字には二重線を引く。

  • 施主の氏名の「行」に二重線を引き、「様」と記入する。

なお、上記は法事に参加する場合のマナーですが、欠席の場合は欠席の文字に丸をつけ、御出席の文字に二重線を引きます。

また、欠席の返信を送る際は詫び状を同封しておくとより丁寧になるので、可能であれば詫び状も準備しておきましょう。

返信するときの注意点

案内状を返信する際には、いくつかの注意点があります。
そこで、次に注意点について解説していきたいと思います。

返信はできるだけ早めに!

案内状が届いたときは、なるべく早く返信をするようにしましょう

施主側は、出欠の連絡をもらってから、さまざまな準備を執り行うことになります。
なので返信が遅れてしまうと、施主やお寺、そして周りの方々に迷惑をかけてしまいます。
なお、返信とともに電話であいさつをしておくと、より丁寧となります。

電話やメールなどで返信しても大丈夫?

今では、法事の案内を電話やメールで送る方が増えてきています。
電話やメールで案内が送られてきた場合は、同じく電話やメールで返信しても良いのか疑問に思う方は多いのではないでしょうか。

実際のところ、電話やメールで返信しても何も問題ありません
しかし、メールの場合だと他のメールに埋もれてしまって、見逃してしまうこともこともあります
なので、電話やメールなどで案内状が送られてきた場合は、電話で返信するのが一番確実でしょう。

法事の案内状に関するまとめ

お墓

いかがだったでしょうか。
今回「終活ねっと」では、法事の案内状に関してどのような内容を書くべきか、書く際の注意点や送るときのマナーについてまとめてきました。

今回の記事のポイントは以下のとおりです。

  • 法事とは、仏教において亡くなった方の冥福をお祈りするための儀式であり、四十九日法要や、亡くなった日から1年や3年など、定期的に行われる葬祭事を言う。

  • 法事の案内状は、一般的な手紙を書く時と同様の形式で記載する。具体的には、冒頭は頭語を使って書き始め、季節にあった季語を用いて時候の挨拶をいれ、相手の安否を思いやる一文を入れて結語で結ぶ。また、法事の案内状を作成する場合、「いつ」、「どこで」、「誰の」法事を、「どのように」して行うのかを明記する。

  • 法事の案内状を記載する場合、案内状をお送りする相手は十分に教養のある方であることを踏まえて句読点は使用せずに記載する。また、不幸が重なるという意味から二重封筒は使用しないことに注意する。

  • 案内状を送る場合、はがきで送っても封筒で送っても問題はない。最近では往復はがきで送る方も増えている。案内状を送る際には、「仏事用」の切手を使用し、法事の日程が決まったらすぐに案内状を出すようにする。遅くとも、法事の1か月前までには案内状を出すようにすると良い。

今回の記事を参考に、法事の案内状の書き方や送付の仕方についてのマナーを確認してみてください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

よく、六曜の赤日は縁起の悪い日とされていますが、法事の日取りを決める際にも六曜を気にしなければいけないのか気になりませんか?
「終活ねっと」では、法事と日取りと六曜に関係はあるのかについても解説しています。
ぜひこちらもご覧ください。

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

  • 2020年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?のサムネイル画像 1
    2020年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?

    お盆の時期は正しくはいつからいつまでなのかご存知でしょうか。実は日本全国で一律なわけではなく、地域によってお盆を迎える時期に違いがあります。お盆がいつからいつまでなのか、その理由や、お盆がどのような行事なのかについても解説していますので、どうぞご覧ください。

  • 2020年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?のサムネイル画像 2
    2020年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?

    お盆というと8月の中旬というイメージが強いですが、関東の一部など7月の中旬にお盆を行う地域もあることをご存知ですか?特に東京では7月13日~16日にお盆を行うお宅が多いです。今回は東京のお盆に焦点をあて、お盆の過ごし方や穴場スポットなどもご紹介いたします。

  • 僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっとのサムネイル画像 3
    僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっと

    近年では特定の職業の方を必要に応じて派遣できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

  • 四十九日の香典の金額相場っていくら?香典のマナー・書き方も解説!のサムネイル画像 4
    四十九日の香典の金額相場っていくら?香典のマナー・書き方も解説!

    四十九日法要が行われる際には、香典を準備する必要がありますよね。では、四十九日法要に包む香典の金額の相場とはいくらなのでしょうか?今回は、四十九日の香典の相場についてと、香典のマナーから書き方まで解説したいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像 5
    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

  • 33回忌法要への香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像 6
    33回忌法要への香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像 7
    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事