法事で飾る祭壇について解説します!お供え物や飾り方までご紹介

法事で飾る祭壇について解説します!お供え物や飾り方までご紹介

故人の亡くなった後の節目に行う儀式のことを法事といいますが、法事の場において欠かせないものの1つに祭壇があります。祭壇にはさまざまなお供え物や飾りをお供えしますが、一方でその種類が多岐にわたるため、一見準備する方が大変です。今回は法事の祭壇について解説します。

最終更新日: 2020年09月08日

法事の祭壇について

葬儀

私たちは故人の亡くなった後の節目に、彼らの冥福を祈ったり供養をしたりすることを目的として法事を行います。
ご家族やご親族などが参列して行う法事は、故人を偲び敬うことを通じて私たちにとって彼らが非常に大切な存在であることをあらためて感じさせる行事です。

さて、法事の際にはさまざまな準備が必要ですが、その中でも欠かせないものの1つといえるのが、祭壇(仏壇)です。
祭壇にお供えするさまざまなお供え物や飾り物は、故人に対する感謝や供養の思いの表れといって良いでしょう。

しかし、言葉で表現するのは簡単ですが、実際に法事の祭壇の用意をするとなると、お供え物や飾り物の種類が非常に多いことから苦労するものに感じられる方も多いでしょう。

そこで今回「終活ねっと」では、故人を供養するための法事における祭壇について詳しく解説していきます。

  • 法事とはどのような行事なのか?

  • 法事の祭壇にお供えする物とは?

  • 法事の祭壇にお供えする道具とは?

  • 宗派別の法事の祭壇の飾り方とは?

  • 法事の祭壇のレンタルについて

以上の点を中心に解説していきます。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

「終活ねっと」運営スタッフ

法事が近くに迫っている方や準備を担当しようとする方にとって非常にわかりやすいようにまとめまています。

時間がないという方やお急ぎの方も、知りたい情報をピックアップしてお読みいただけます。
ぜひ最後までお読みください。

お坊さんを安く手配したいという方は、「終活ねっと」のお坊さんをぜひご利用ください。

法事とは

葬儀

最初に、私たちがよく見聞きする法事がどのような内容のものであり、何のために行うのかについて見ていきましょう。

一般的に私たちが「法事」と呼んでいる行事は、正確には僧侶の方の読経の中で行われる行事だけではなく、お墓参りや会食までも含まれます。

このため、単に僧侶の方にお経をあげてもらいながら焼香をする行事である法要以上に広い意味を持ったものといって良いでしょう。

法事を行う目的は故人を偲び感謝するとともに、冥福を祈るためという点にあります。
ほとんどの仏教宗派では、亡くなった方が四十九日を過ぎた後も私たちは彼らが良い世界に生まれ変われるように供養する必要があるという教えです。

このため、故人が無事より良い世界で暮らしていけるように願うのが、法事の持つ意味といえます。

法事の祭壇のお供え物

仏壇

法事の意味や目的についてざっくり理解していただいたところで、ここでは法事の際に祭壇にお供えするお供え物(供物)について詳しく見ていきましょう。

仏飯

法事の際に祭壇にお供えする物の中ですぐに思い浮かびそうなものの1つが、「仏飯」と呼ばれる白飯で、仏教でお供えの基本とされる五供の1つ「飲食(おんじき)」で中心となるものです。

白飯は炊き立てのものをお供えするのがマナーとされています。

なお、お供えの際に使われるのが仏飯器と呼ばれる、文字通り仏飯をお供えするための器です。
仏飯器については、また後ほどあらためてご説明いたします。

ちなみに、仏飯はお膳(霊供膳)という形でお供えする場合でも主食としてお供えされるという点で代表的です。

お花もまた五供の1つに数えられるほど重要なお供え物といえます。

代表的なものとして仏花では定番とされている菊や白百合のほか、法事を行う季節に咲く種類を選ぶと良いでしょう。
特に、故人が生前好きだった種類のお花をお供えすれば、故人の霊が非常に喜びます。

ただし、お花をお供えするうえで選んではいけない種類もあるので注意が必要です。

具体的には、毒やとげを持つ種類(スイセンやバラなど)やつる植物(アサガオなど)、香りの強い種類(ハーブなど)が挙げられます。

お菓子

法事の際に最もお供えされるものの1つに数えても良いのがお菓子です。
お菓子については一番の理想としては、故人が生前好んでいたものをお供えするというのが良いでしょう。

それ以外にお菓子を選ぶ際のポイントとしては、長持ちすることや個別包装になっていること、個数が多いこと、持ち運びがしやすいことなどが挙げられます。

これらの点は、いずれもお菓子は法事が終わった後にお下げして参列者たちで分け合うことを考慮する必要があるためです。

果物

お菓子と同じようにお供え物で好まれるものとして、果物が挙げられます。
果物についても故人が生前好んでいたものを選んでお供えすることが最も理想です。

このほかの主な選び方のポイントとしては、丸い形をしていることや持ち運びしやすいもの、奇数個になっていること、日持ちがすることなどが挙げられます。

特に丸い形をしていることや奇数個が選ばれていることは、ご先祖様との縁が保たれていることにつながるため重要なポイントです。

また、季節特有の果物(夏の場合はスイカやメロンなど、秋の場合はブドウやカキなど)を選んでも良いでしょう。

法事の祭壇に供えるための道具

仏壇

法事の祭壇についてはお供え物のほかにも、さまざまな種類の飾りも用意します。
ここでは、法事の際の祭壇に飾る代表的な飾りについてご紹介していきましょう。

高坏

高坏(たかつき)は普段の私たちの生活では使われないものですが、かつては料理を盛り付ける器の一種として広く使われていました。

長めの1本の脚の上に平たい皿を載せた形をしており、現在では主に法事のお供えの時にお菓子や果物をお供えするために使われます。

この際にそのまま盛るのではなく、半紙などの紙を敷いたうえでお供えするのがポイントです。
果物を実際にお供えする時は洗ったり皮をむいたりした状態で盛るようにすることも大切といえます。
なお、基本的には高坏の数や置く位置についてはそこまで厳密な決まりはありません。

段盛

段盛(だんもり)とは、複数の段に分けてお供え物をお供えするための仏具です。
主にお菓子をお供えするために使われますが、高坏に比べると各段につき1個ずつお供えすることができるという点が特徴といえます。

段盛りを使ったお供えについても、高坏の場合と同じようにそのまま直置きにするのではなく、半紙などの紙を敷いたうえでお供えするのが作法です。

ただし、守るべき作法はそれだけで、あとはサイズの許す限りどのようなお菓子をお供えしても良いとされています。

仏具で盆とは、焼香をするための焼香盆のことを指します。
これは、焼香の際に使われる香炉を載せるためのものです。

基本的には祭壇の一番手前側に配置して、法事の際に参列者一同が焼香をしやすいようにします。

ただし、法事を自宅で行う場合などに会場となる部屋が狭い場合や参列者の中に移動が困難な方がいる場合は、香炉など一式を盆に載せた状態で一同で回し焼香に使ううえでも便利です。

供笥

一見すると読みにくい名前の仏具ですが、これは「くげ」と呼ぶものです。
供笥は高坏や段盛と同じように、お供えするための果物やお菓子を盛り付けるために使われます。

各宗派の中でも浄土真宗で使われるものですが、厳密には本願寺派(西本願寺)と大谷派(東本願寺)とでは、使う供笥の特徴が異なるという点に注意が必要です。

仏飯器

先ほどもお供え物の仏飯の項でご紹介した、仏飯を盛り付ける際に使われる仏具です。
ただし、浄土真宗の大谷派では「仏器」という呼び方が使われています。

ほとんどの宗派では1個または2個使ってお供えしますが、浄土真宗の場合は3個または4個使ってお供えするのが一般的な作法です。

宗派別の法事の祭壇の飾り方

お墓

ここまで法事の際に祭壇へお供えするお供え物や飾りについてご紹介してきました。
しかし、実際のお供え作法はそれぞれの宗派によってさまざまです。

そこでここでは、仏教の各宗派や神道の作法ごとに祭壇の飾り方・作り方について見ていきましょう。
なお、お供えする際には最初に祭壇に布などを掛けて、お供えしても恥ずかしくないようにすることが前提です。

曹洞宗

曹洞宗の場合はまず、上段の中央にご本尊であるお釈迦様の像をお飾りし、その左右に故人の位牌を安置します。

そして、お供え物をお供えするのは中段です。
五供であるお線香やお花、飲食(白飯や果物、お菓子など)、灯明(ろうそくなど)、お水をお供えします。

ただし、置く場所については真ん中にお水や白飯、その左右に果物やお菓子を盛り付けた高坏や段盛を、さらにその外側にお花を配置するのが作法です。

最後に下段には、香炉やお鈴、お経などを配置します。

臨済宗

臨済宗の場合はまず、上段の真ん中には故人の遺影を安置し、その左右に燭台とろうそくをお供えします。

中段には、真ん中に故人の位牌を安置したうえで、お水やお茶など故人がお飲みになる飲み物をお供えするのが一般的です。

下段には、真ん中に仏飯やお膳を、外側に果物やお菓子、お花をお供えします。
その手前には、焼香盆に載せた香炉やお鈴、お線香などが置かれるという配置です。

真言宗

真言宗の場合はまず、祭壇の背後の壁などにご本尊である大日如来を真ん中にして、左に不動明王、右に開祖である弘法大師空海の像の掛け軸を掛けます。

そして、祭壇の上段の真ん中には故人の位牌を、左右にお菓子をお供えした高坏などをお供えするのが一般的です。
さらに、中段には真ん中に仏飯器やお膳を、左右にお花や果物、お菓子などをお供えしていきます。

下段には、お水やお茶、ろうそくなどをお供えし、さらに手前には焼香用の香炉やお線香をお供えする配置です。

日蓮宗

日蓮宗の場合はまず、壁に曼荼羅を掛けたうえで、上段の真ん中に故人の位牌を安置し、中段に仏飯や野菜、果物、お菓子、お花をお供えします。

下段にはろうそくやお線香、香炉などをお供えしていくという配置です。

浄土宗

浄土宗の場合は、まず背後の壁にご本尊である阿弥陀如来が描かれた掛け軸を掛けます。
そして、上段の真ん中に故人の位牌を安置し、中段には仏飯器やお膳、お水やお茶をお供えし、左右にお菓子や果物を、さらに外側にはお花をお供えしていくやり方です。

そして、下段にはお線香や香炉などをお供えします。

天台宗

天台宗の場合は、まず背後の壁にご本尊である釈迦如来像の掛け軸を掛けます。

そして、祭壇へのお供え物や飾りの配置は他宗派とほぼ似たようなもので、上段の真ん中に故人の位牌を、中段の真ん中に仏飯器やお膳を、その左右に果物やお菓子を、外側にお花という配置です。

最後に下段には香炉やお線香などがお供え・配置されます。

浄土真宗

他宗派に比べると、浄土真宗の祭壇の飾り方は特徴が独特といっても良いでしょう。

背後の壁には真ん中に阿弥陀如来の掛け軸を、右には開祖である親鸞聖人が、左には中興の祖である蓮如上人が描かれた掛け軸を掛けます。

そして、上段の真ん中には香炉(焼香用ではない)を、左右にはお菓子を盛った供笥をお供えしますが、先ほども見たように供笥は本願寺派と大谷派とで微妙に異なるため注意が必要です。

中段には真ん中に仏飯器(大谷派の場合は仏器)を、その左右には果物やお菓子、お花をお供えします。
ちなみに、仏飯器への仏飯の盛り方も本願寺派の場合は丸い形に、大谷派の場合は四角い形になるように盛るのが作法です。

下段には焼香用の香炉やお線香、燭台とろうそくを配置していきます。
ただし、ろうそくは法事の種類により色が異なりますので、きちんと使い分けましょう。

このように浄土真宗においては、法事の際の祭壇の飾り方にまつわる作法が細かいため、事前にきちんと確認しつつ準備することが大切といえるでしょう。

神道の場合は?

ここまでは仏教の各宗派についてみてきましたが、神道形式(神式)の場合はどのような飾り方をすれば良いのでしょうか?

基本的には祖霊舎(故人を祀ってある神棚のこと)の下あたりに祭壇を設けますが、そのほかは仏教のほとんどの宗派と同じです。

つまり、上段には故人の霊璽や遺影を安置し、中段には米やお酒、塩、水などのお供え物をお供えします。

さらに手前側には、参列者が玉串をお供えするための台が置かれるのが一般的です。

法事の祭壇はレンタルできる?

困った人々

法事用の祭壇については、一時的にレンタルすることも可能です。

基本的にカタログや業者ホームページにて写真や画像、サイズの情報などが書かれており、借りる際に非常に簡単に選ぶことができます。

レンタル料金については1週間以内といった短期から、1ヶ月以上(月毎の追加料金という設定もあり)といった長期に及ぶまでさまざまな期間設定がされていることが多いです。

法事の祭壇についてまとめ

仏壇

今回「終活ねっと」では、法事の際にお供え物などをお供えする祭壇のことをいろいろと見てきました。

今回の内容をまとめますと、以下のようになります。

  • 法事とは、故人が亡くなった後の節目に行われる、故人の冥福を祈り供養するための行事である。

  • 法事の際の祭壇へのお供え物として代表的なものに、仏飯(白飯)やお花、お菓子、果物、灯明、お水が挙げられる。
    特にお花やお菓子、果物は故人が生前好んでいたものをお供えするのが最も望ましい。

  • 法事の際に祭壇にお供えする道具として、お菓子などをお供えするための高坏や段盛、供笥、焼香の香炉を載せるための盆、仏飯を盛り付ける仏飯器が挙げられる。

  • ほとんどの宗派では祭壇の飾り方として、上段に故人の位牌や遺影を、中段に食べ物やお花のお供え物を、下段に香炉やお線香をお供えする。
    浄土真宗や神道では少し飾り方の作法が異なってくる。

    特に浄土真宗は細かい部分まで作法があるため、事前に綿密に確認しつつ準備をした方が良い。

  • 法事用の祭壇についてはレンタルもできる。
    カタログやホームページから簡単に選ぶことができるうえ、レンタル期間についても幅広い設定がされていることが多い。

法事における祭壇にお供えするべきお供え物や飾りの配置の仕方は、基本的には宗派によってほとんど似通っていることから、おおよその傾向をつかみさえすれば準備は順調に進むでしょう。

ただし、浄土真宗や神道のように少し異なる場合もありますが、その場合も事前に綿密に確認しながら準備をすれば慣れることができます。

このほか、お供え物にまつわる作法(お花の種類やお菓子などのお供えの作法など)も事前にきちんと確認しながら準備をすれば、難なく飾ることができるようになるでしょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

「終活ねっと」では、位牌の購入・相談を承っております。
メーカー様より位牌を直接仕入れているため、スピーディーかつ手ごろな価格での販売が可能です。
位牌の購入をご検討中の方、位牌についてなにか疑問がある方は、下記のリンクからお気軽にご相談ください。

また、「終活ねっと」では香典に関する様々な記事を紹介しています。
法事の香典についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

  • 2020年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?のサムネイル画像 1
    2020年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?

    お盆の時期は正しくはいつからいつまでなのかご存知でしょうか。実は日本全国で一律なわけではなく、地域によってお盆を迎える時期に違いがあります。お盆がいつからいつまでなのか、その理由や、お盆がどのような行事なのかについても解説していますので、どうぞご覧ください。

  • 2020年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?のサムネイル画像 2
    2020年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?

    お盆というと8月の中旬というイメージが強いですが、関東の一部など7月の中旬にお盆を行う地域もあることをご存知ですか?特に東京では7月13日~16日にお盆を行うお宅が多いです。今回は東京のお盆に焦点をあて、お盆の過ごし方や穴場スポットなどもご紹介いたします。

  • 僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっとのサムネイル画像 3
    僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっと

    近年では特定の職業の方を必要に応じて派遣できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

  • 四十九日の香典の金額相場っていくら?香典のマナー・書き方も解説!のサムネイル画像 4
    四十九日の香典の金額相場っていくら?香典のマナー・書き方も解説!

    四十九日法要が行われる際には、香典を準備する必要がありますよね。では、四十九日法要に包む香典の金額の相場とはいくらなのでしょうか?今回は、四十九日の香典の相場についてと、香典のマナーから書き方まで解説したいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像 5
    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

  • 33回忌法要への香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像 6
    33回忌法要への香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像 7
    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事