法事で渡すお土産(引き出物)に適した品物とは?予算やのしも解説!

法事の時には参列してくださった方へのお礼の品としてお土産を渡すのが習わしとなっているところが多いです。ではお土産とはどのようなものを指すのでしょう?そこで法事で渡すお土産のおすすめ品や予算について解説しますので、ぜひ参考にしてください。

目次

  1. 法事で渡すお土産について
  2. 法事で渡すお土産の正式な名前と呼び方
  3. 法事で渡す手土産の値段・予算金額
  4. 法事で渡すおすすめな手土産をご紹介
  5. 法事で渡すお土産につけるのし
  6. 法事でお土産を渡すタイミング
  7. 法事に参列した際に渡すお供え物をご紹介
  8. 法事で渡すお土産のまとめ

法事で渡すお土産について

仏壇

身近な方が亡くなられると、四十九日や一周忌・三回忌・七回忌などの法要を行うことが多いです。
法要には親族や故人と親しかった方を招くこともあります。

わざわざ故人の供養のために足を運んでくださった方々へのお礼として、施主はお土産を用意するのがマナーとなっています。
せっかく用意するお土産ですので受け取った方が喜んでくれるものを選びたいものです。

そこで今回終活ねっとでは、法事の時のお土産について解説します。

この記事では以下のようなことを解説しています。

  • 法事で渡すお土産の正式な呼び方

    法事で渡すお土産の正式な名前と呼び方を解説します。

  • 法事で渡すお土産の予算

    法事で渡すお土産の予算相場をご紹介します。

  • 法事で渡すお土産のおすすめは?

    法事で渡すお土産のおすすめ品をご紹介します。

  • 法事で渡すお土産に掛けるのしについて

    法事で渡すお土産に掛けるのしのマナーについて解説します。

  • お土産を渡すタイミング

    お土産を渡すタイミングについて解説します。

  • 法事のお供えものについて

    法事の時のお供え物はどの様なものがふさわしいかご紹介します。

法事は何度も行いますので、そのたびにお土産のことを考えなければいけません。
いつも同じものばかりではなく、違ったものを用意してみてもいいのではないでしょうか?

法事のやり方はそれぞれの家や風習で違います。
正解というものはありませんが、恥をかかないように一般的なマナーは覚えておいて損はありません。

ぜひ最後までお読みください。
お坊さんを安く手配したいという方は、終活ねっとのお坊さんをぜひご利用ください。

こちらも読まれています

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

法事で渡すお土産の正式な名前と呼び方

仏壇

お土産というと旅行に行った時や人の家を訪問した時に持参する品物というイメージがありますよね。

お土産は感謝を込めて渡す品物という意味もありますので、法事の際に渡す品物をお土産と呼ぶのは決して間違っているわけではありません。

法事の場合は正式には「引き出物」と呼びます。
引き出物は結婚式などで渡される品物のことを指す場合が多く、弔事にはふさわしくないように感じる方もいるかもしれません。

しかし冠婚葬祭全般で感謝の気持ちを込めて渡す品物のことを「引き出物」ということから、弔事である法事の時に渡す品物のことも正式には「引き出物」と呼びます。

法事で渡す手土産の値段・予算金額

お金

法事の時に渡す手土産の相場は、一般的にはいただいたお供えの2分の1~3分の1ぐらいと言われています。

しかし法事の時はその場でお供えを開ける訳にもいきません。
しかも当日に手土産を渡すことになりますので、一律で3千円~5千円ぐらいの品物を用意するのがよいでしょう。
法事は会食することも多いので食事代が手土産の一部という考え方もありますので、それほど高額な品物を用意する必要はないでしょう。

親しい親戚などが高額なお供えを包んでくれていた場合は、故人やご遺族様を想って用意してくれていますので無理に半返しする必要はありません。

しかし、気になるという方は法事後にお礼として別に何かお返しの品を用意するか、覚えておいてその親族に何かがあった時に同額のお金を包むようにしてもいいでしょう。

法事で渡すおすすめな手土産をご紹介

仏壇

ここでは法事で渡すのにおすすめの手土産をご紹介します。
法事の手土産は、一人につき一つではなく一家族につき一つという風に用意するところが多いです。
なるべく参列者全員に同じものを用意するようにしましょう。

いただくお供えの額は人によって違うかもしれませんが、当日のお土産に差をつけるようなことは避けましょう。
人によって中身を変える場合は目立たないように気を付けましょう。

お土産を選ぶポイント

お土産を選ぶ際は以下のようなことを考えて選ぶのが良いでしょう。

  • かさばらないもの

    お土産は重たいものやかさばるものは避けた方が無難です。
    遠くから来ている方が持って帰るのに邪魔にならないようなものが良いでしょう。

  • 分配できるもの

    お菓子などは個別に包装されているものなら、持ち帰った後、人にあげたりすることができます。
    またちょっとずつ食べるのにも適しています。

  • 日持ちのするもの

    賞味期限の長い食べ物や、いくつあっても困らない生活雑貨などがおすすめです。

持って帰りやすいように箱の大きさに見合った紙袋もちゃんと用意しましょう。

関係別でおすすめな品物

法事に参列する方の年齢や関係によってお土産の品物を変えてもいいでしょう。
法事の時のお土産は、感謝の気持ちを表したものですので受け取った人が喜んでくれるようなものを選びたいものです。

法事の際に渡すお土産の品物には明確な決まりはありません
しかし一般的には不幸をあとに残さないという意味で、食べ物や消耗品など無くなるものを選ぶことが多いです。

不幸を洗い流すとして洗剤や石鹸などがお土産の定番ではありますが、最近では肌に合わないなどの理由で避けることも多いです。
食べ物も家族の人数によってはもらっても困るということも考えられます。

なるべく渡す相手のことを考えてお土産の品物を選ぶようにしましょう。

友達へのお土産

友達や若い世代の方へのお土産は、カタログギフトがおすすめです。
持ち帰りも楽ですし、受け取った方が自分の好きなものを選べるので、自由度が高く喜んでくれることでしょう。
贈る方も金額を決めるだけなので品物選びに悩まずに済みます。

また法事のお返しとしては適さない生モノやアクセサリーなども選ぶことができるのがメリットです。
若い友達世代なら商品券などの金券も喜ばれます。
図書カードやスーパーなどの商品券でも大丈夫な時もあります。

親戚へのお土産

普段からお付き合いのある親戚へのお土産は、その家に合ったものを選びましょう。
小さな子供や孫がいる家ではオシャレなお菓子などが喜ばれます。

干しシイタケや海苔など日持ちがして役に立つものもおすすめです。
洗剤など生活雑貨も喜ばれます。

親戚だからこそ使いやすい商品券でもいいという考え方もありますが、年配の方には金額がはっきりわかる金券は嫌がることがありますので注意してください

職場の方へのお土産

職場の方へのお土産は、会社のみんなで分けることができるものがおすすめです。
個別に包装されたお菓子などがいいでしょう。
大体の人数がわかっているのなら、何個入りの箱かということも考えて選ぶといいかもしれません。

会社の人が法事に参列していなくても、葬儀の際には会社を休んだり香典をいただいたりとお世話になることもあります。
無事法事が行われたことの報告を兼ねて職場の方へお土産を渡してもいいでしょう。

日持ちがして食べやすいクッキーやおまんじゅうなどがおすすめです。

法事別でおすすめな品物

毎回の法事で同じお土産でもいいのですが、法事ごとに変化を付けてもいいでしょう。
ここでは法事別でおすすめの品物をご紹介します。

一周忌の場合

一周忌は四十九日の次に大切の法事です。
なるべく多くの人に集まってもらって故人の供養をしたいものです。

手土産はやはり日持ちのするお菓子などが定番です。
お饅頭や羊羹、最中、クッキーなどがおすすめです。

三回忌の場合

三回忌は一周忌の一年後に行います。
やはり大切な法事ではありますが、一周忌に比べて規模を小さくなることが多いです。
故人から近い親せきや知人だけを招いて行ったり、身内だけで法要を行うこともあります。

手土産はお菓子も良いですが、遠慮がない親族・身内ならカタログギフトもおすすめです。
いくつあっても困らないタオルや洗剤など生活雑貨もおすすめです。

法事で渡すお土産につけるのし

困った人々

のしとは贈り物に敬意を払うために掛けるものです。
法事で渡すお土産ものしを掛けるのがマナーとなっています。

ここでは法事のお土産に掛けるのしについて解説しますので、ぜひ参考にしてください。

のしの選び方

のしは水引が四十九日前までは黒白のものを、四十九日後は黒白・双銀・白青で結び切りのものを使います。

西日本方面では白黄の結び切りの水引が印刷されているのし紙を使うところもあります。
どちらも間違っているわけではありませんので、地域の風習に従うようにしましょう。

のしの表書き

表書きは「志」や「粗供養」と書きます。
神道の場合は「偲草」と書く場合もあります。
西日本方面では四十九日のみ「満中陰志」という言葉を使う場合もあります。

表書きの下には名前を書きます。
名字のみか施主のフルネーム、あるいは「○○家」と書くのが一般的です。

法事でお土産を渡すタイミング

人々

法事の時のお土産はどのタイミングで渡せば良いのでしょう?

一般的には年忌法要の際には会食の席を設けることが多いです。
お土産を渡すタイミングは、会食が終わる頃に施主が出席いただいたことへのお礼を述べながら一人一人に手渡すのが良いでしょう。

ご夫婦で出席されている方へはどちらに渡してもいいのですが、奥さんの方に手土産を渡して旦那さんへはお礼の言葉を述べるようにすることが多いです。

出席人数が多い場合は、会場のスタッフに頼んで初めから席にセッティングしておくという方法もあります。
その際には施主が締めの挨拶で、「一人ひとりに挨拶出来ず申し訳ありませんが、どうぞ引き出物をお持ち帰りください」という内容を入れるようにしましょう。

会食がない場合や自宅での会食の時は、参列者がお帰りになる際にお見送りをしながらお土産を手渡すのが良いでしょう。

法事に参列した際に渡すお供え物をご紹介

仏壇

法事に参列する場合には、お供え物を持参することが多いです。
お供え物は必ず持参しなければいけないということではなく、最近では御供物料として現金を包むことも多いです。

また地域によってはそれぞれが持参したお供え物を分けて参列者全員に配るというところもあります。
その為、お菓子などは分けやすい個別に包装されているものを持って行くというところもあります。
クッキーやお饅頭、ゼリーなどがおすすめです。

その他、供花やビールなどの飲み物、お線香というところもあります。

お供え物はきちんとのし紙をかけるのがマナーです。
現金の場合も水引の付いたのし袋に入れるようにしましょう。

一周忌で持参するお供え物の選び方やマナーについては下記の記事が詳しく解説しています。
あわせてご覧いただき、ぜひ参考にしてください。

こちらも読まれています

一周忌のお供え物の選び方とは?のしの表書きや渡し方のマナーを解説

一周忌は節目となる特に大切な年忌法要です。今回は一周忌での正しいマナーについて、お供え物の選び方に注目して解説いたします。お供え物につけるのし紙の書き方やお供え物の渡し方についてなど、一周忌の法要に関する知っておきたいマナーの情報です。

法事で渡すお土産のまとめ

お墓

いかがでしたでしょうか?
法事で渡すお土産について解説しましたが参考になりましたでしょうか?

この記事では以下のようなことを解説しています。

  • 法事で渡すお土産の正式な呼び方は引き出物と言います。
    引き出物とは冠婚葬祭の時のお礼の品のことを指しますので、法事でのお土産も引き出物ということになります。
  • 法事で渡すお土産を選ぶ時は、かさばらないもの・分配できるもの・日持ちするものという点に注意しましょう。
    お土産を渡す相手の関係によって品物を変えてもいいでしょう。
    友達なら品物を自由に選べるカタログギフトや商品券でもOKです。
    親戚なら美味しいお菓子や洗剤などの生活雑貨がおすすめです。
    職場へは全員が食べられるように個別包装されたお菓子がいいかもしれません。
  • 法事のお土産には、黒白・双銀・青白・白黄などの結び切りの水引が印刷されたのし紙をかけるのがマナーです。
    表書きは「志」か「粗供養」と書くようにして下には施主の苗字を入れるようにしましょう。
  • お土産を渡すタイミングは、会食の最後の方で喪主が一人ひとりに参列していただいたことのお礼を述べながら渡すのが良いでしょう。
    出席人数が多い場合は、最初から席にセッティングしておいても大丈夫です。
    その際には締めの挨拶でお土産を用意していることを言うようにしましょう。
    会食がない場合や家での法要の際は、お客様が帰るタイミングでお見送りをする時に渡すようにするのが良いでしょう。
  • 法事に参列する際に持参するお供え物は、個別包装されていて日持ちのするお菓子やお花、飲み物、お線香などがおすすめです。
    お供えとして現金を包む場合もあります。

法事は自分の家で行うことも参列することもあまりあることではありません。
マナー違反でもとがめられることはありませんが、一般的な常識がないと家族や故人の恥となってしまいます。
これを機会に法事についてをよく学んでおくことをおすすめします。

終活ねっとでは、お葬式や法事の時のマナーなど参考になる記事を多数掲載しています。
他の記事もあわせてご覧いただき、お役に立てていただくとうれしく思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらも読まれています

法事における香典袋について解説!表書きや選び方も紹介します

皆さんは、法事の際に持参する香典のマナーについて詳しく知っていますか?法事に関するマナーを知らないと、ご遺族や故人に対して失礼にあたることもあります。そこで今回の記事では、香典袋の表書きの書き方や香典袋の選び方など、法事の香典袋のマナーについて解説します。

シェアする

「法事・お土産」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 2019年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?のサムネイル画像

    2019年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?

    お盆の時期は正しくはいつからいつまでなのかご存知でしょうか。実は日本全国で一律なわけではなく、地域によってお盆を迎える時期に違いがあります。お盆がいつからいつまでなのか、その理由や、お盆がどのような行事なのかについても解説していますので、どうぞご覧ください。

    1
  • 2019年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?のサムネイル画像

    2019年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?

    お盆というと8月の中旬というイメージが強いですが、関東の一部など7月の中旬にお盆を行う地域もあることをご存知ですか?特に東京では7月13日~16日にお盆を行うお宅が多いです。今回は東京のお盆に焦点をあて、お盆の過ごし方や穴場スポットなどもご紹介いたします。

    2
  • 僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっとのサムネイル画像

    僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっと

    近年では特定の職業の方を必要に応じて派遣できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    3
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    4
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    5
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    6
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    7

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「法事・お土産」についてさらに知りたい方へ

法事のお返しについて解説!人気の品物からお礼状の書き方までご紹介のサムネイル画像

法事のお返しについて解説!人気の品物からお礼状の書き方までご紹介

法事が始まるのは何時から?法事の流れや所要時間も解説します!のサムネイル画像

法事が始まるのは何時から?法事の流れや所要時間も解説します!

法事で手渡す引き出物はどんな品物が人気?品物の選び方を解説しますのサムネイル画像

法事で手渡す引き出物はどんな品物が人気?品物の選び方を解説します

人気の法事の引き出物ランキング!費用相場や書き方も解説します!のサムネイル画像

人気の法事の引き出物ランキング!費用相場や書き方も解説します!

法事のお供え物はどんなものを渡したらいいの?相場やマナーをご紹介のサムネイル画像

法事のお供え物はどんなものを渡したらいいの?相場やマナーをご紹介

法事に手土産は持って行くべき?オススメの品物やマナーを紹介!のサムネイル画像

法事に手土産は持って行くべき?オススメの品物やマナーを紹介!

法事のお返しにぴったりのお菓子って?人気の商品をご紹介します!のサムネイル画像

法事のお返しにぴったりのお菓子って?人気の商品をご紹介します!

法事をお寺でする場合について解説!お供え物や表書きについても紹介のサムネイル画像

法事をお寺でする場合について解説!お供え物や表書きについても紹介

人気の法事のお返しランキング!お返しのマナーについても解説しますのサムネイル画像

人気の法事のお返しランキング!お返しのマナーについても解説します

法事後の会食の料理は何を出すべき?金額相場やマナーを解説します!のサムネイル画像

法事後の会食の料理は何を出すべき?金額相場やマナーを解説します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

2019年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?のサムネイル画像

2019年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?

1
2019年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?のサムネイル画像

2019年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?

2
僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっとのサムネイル画像

僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっと

3
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

4
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

5
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

6
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

7

関連する記事

「法事・お土産」についてさらに知りたい方へ

法事のお返しについて解説!人気の品物からお礼状の書き方までご紹介のサムネイル画像

法事のお返しについて解説!人気の品物からお礼状の書き方までご紹介

法事が始まるのは何時から?法事の流れや所要時間も解説します!のサムネイル画像

法事が始まるのは何時から?法事の流れや所要時間も解説します!

法事で手渡す引き出物はどんな品物が人気?品物の選び方を解説しますのサムネイル画像

法事で手渡す引き出物はどんな品物が人気?品物の選び方を解説します

人気の法事の引き出物ランキング!費用相場や書き方も解説します!のサムネイル画像

人気の法事の引き出物ランキング!費用相場や書き方も解説します!

法事のお供え物はどんなものを渡したらいいの?相場やマナーをご紹介のサムネイル画像

法事のお供え物はどんなものを渡したらいいの?相場やマナーをご紹介

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと