初彼岸には何をするの?法要は必要?お布施の相場や服装を解説します

初彼岸には何をするの?法要は必要?お布施の相場や服装を解説します

お彼岸という言葉を聞いたことがある方は多いと思います。では、初彼岸では何をすればよいのでしょうか。今回は、初彼岸では何をするのか、法要を行う必要があるのか、法要を行う場合のお布施の相場や服装について解説していきます。

最終更新日: 2020年09月08日

初彼岸の法要について

葬儀

お彼岸という言葉を聞いたことがある方は多いかと思いますが、初彼岸ではどのようなことをすべきなのか、初彼岸では法要を行うべきなのか、迷われる方も多いのではないでしょうか。

また、法要を行う場合、お布施の金額やお供え物はどのようなものを準備すべきなのでしょうか。

「終活ねっと」では今回、以下のポイントを中心に初彼岸における法要について解説していきます。

  • 初彼岸とはどのようなものなのか

  • 初彼岸においては法要を行うべきなのか

  • 初彼岸のお布施の金額相場はいくらくらいなのか

  • 初彼岸で法要を行う場合、どのような服装が相応しいのか

  • 初彼岸で法要をする際における初彼岸の香典のマナーについて

  • 初彼岸にはどのようなお供え物を持っていくべきか

今回の記事を参考に、初彼岸における法要やその際のマナーなどについて知識を深めてみてください。
お坊さんを安く手配したいという方は、終活ねっとのお坊さんをぜひご利用ください。

初彼岸とは?

お墓

初彼岸とは、故人が亡くなって四十九日を過ぎた後に迎えるお彼岸のことをさします。
彼岸という言葉は、煩悩に満ちた現世を離れ、修行を積むことで煩悩を断ち切り達することのできる悟りの世界を指し、この悟りの世界を彼岸と呼びます。

では、初彼岸とはいつをさすのか、また、初彼岸にはどのようなことをするのかを質問されて明確に答えられる方は少ないのではないでしょうか。

以下では、初彼岸はいつ行うのか、初彼岸にやることについてまとめていきます。

初彼岸はいつ行う?

お彼岸は春彼岸と秋彼岸があり、春分の日と秋分の日のそれぞれの前後三日間を合わせた、合計七日間をさします。

初盆と勘違いされる方も多いのですが、初彼岸は人が亡くなって四十九日を過ぎた後に迎えるお彼岸をさすため、四十九日を迎える前のお彼岸は「新盆」と呼びます。

初めて迎えるお彼岸について、初彼岸の時期を知らないと十分な準備ができない等の問題も起きてきますので、初彼岸の時期についてはしっかり把握しておくと良いでしょう。

初盆に関して気になる方は、ぜひ以下の記事もお読みください。

今年の春/秋のお彼岸がいつであるか?を知りたいという方は、こちらの記事をご覧ください。

初彼岸にやること

では、初彼岸においてはどのようなことをするのでしょうか。
彼岸という言葉を聞くと、お墓参りや彼岸会に参加するようなイメージを漠然と抱いている方も多いことでしょう。

では、具体的にどのようなことを行うのでしょうか。
お墓参りや彼岸会について以下で解説していきますので、参考にしてみてください。

お墓参り

初彼岸でお墓参りをする場合には、「中日」と呼ばれる春分の日や秋分の日に行うことが一般的です。
ただし、お墓参りに行く時期に特に決まりはありませんので、仕事の都合などで「中日」にお墓参りに行けない場合には、「彼岸入り」や「彼岸明け」に行っても問題はありません。

一般的には、お墓参りを午前中に済ませる方が多いようです。

お墓参りに行った際には、墓石やお墓の掃除や仏具の掃除なども一緒に行うようにします。

実家や親戚が遠方にありお墓参りをすることが困難な方は、仏壇に線香をあげお参りするだけでも良いでしょう。
仏壇にお参りする場合でも、お墓の掃除などは行うようにしましょう。

お墓参りのあれこれについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

彼岸会に参加する

彼岸会(ひがんえ)とは、檀家となっているお寺で行われる仏教行事をいいます。
彼岸会(ひがんえ)は故人の供養になるともいわれており、お彼岸の期間の七日間にわたって行われます。

お寺によっては、一般の方向けに数時間の法要で行う場合もありますので、檀家となっているお寺に問い合わせてみると良いでしょう。

初彼岸に法要はすべき?

困った人々

初彼岸では法要を行うべきでしょうか。
故人が亡くなり初めて迎えるお彼岸ですので、しっかりと法要を行うべきと考える方も多いのではないでしょうか。

一般的に初彼岸では、法要を行わなくても良いとされていますが、お墓参りだけですませるのではなく、しっかりと供養をしたい場合には法要を実施するのが良いでしょう。

法要を行う場合は、ご自身が檀家となっているお寺である菩提寺で実施する場合もありますし、僧侶をご自宅に呼んで読経を読んでもらう場合もあります。

どのような法要を行うか、地域や風習などを踏まえて事前に準備しておくと良いでしょう。

初彼岸のお布施の金額相場は?

お金

初彼岸で法要や彼岸会に参加する場合、僧侶やお寺に対して感謝の気持ちを込めてお布施をお渡しすることとなります。
では、初彼岸におけるお布施の相場としてはいくらくらいになるのか、初めてお彼岸を迎える方にとっては気になるところではないでしょうか。

彼岸会に参加する場合と個別に法要を行う場合によって、金額の相場は違ってきますので注意が必要です。
一般的に、彼岸会に参加する場合のお布施の相場としては、3,000円~1万円程度が相場とされています。

また、個別に法要を行う場合には、3万円~5万円程度が相場とされています。
個別で法要を行う場合、僧侶の車代も別途必要となり、3,000円~5,000円程度をお布施とは別に用意するようにします。

彼岸会の場合でも個別に法要を行う場合でも、お寺との関係などによっては1万円、5万円以上を包む場合もありますので、事前に確認しておくと良いでしょう。

お布施に関して詳しく知りたい方は、以下の記事もぜひお読みください。

法要をする際の初彼岸の服装は?

お墓

初彼岸に限らず、法要を行う際に気を付けたいマナーとして、当日着用すべき服装があります。

基本的には、法要には喪服を着ていけば良いという認識をもっている方がたくさんいらっしゃるでしょう。

しかし、きちんとした服装のマナーをご存知の方は少ないのではないでしょうか。
また、故人の親族として参加する場合と法要に招かれて参加する場合とで、気を付けるべきマナーが違ってきます。

初彼岸の法要に参加する場合、故人の親族として参加する場合には正式な喪服を着用し、参列者よりも格式の低い服装で参加することはマナーに反するとされています。

参列者として参加する場合には、一般的には施主に合わせた服装を用意するようにし、施主が正式な喪服を着用する場合は、1つ格下の準喪服を着用するようにすることがマナーとなります。

法要をする際の初彼岸の香典マナーは?

葬儀

法要のマナーにおいて、服装の次に悩むのが香典についてではないでしょうか。

いくらくらい包むのが一般的なのか、表書きはどう記載すれば良いのか、初めて参列する法要においては、服装に次いで悩まられる方の多いマナーです。

ここでは、香典を包む袋や表書き、金額相場について解説していきます。
マナー知らずと思われない為にも、法要をする際の初彼岸の香典のマナーについてしっかりと確認していきましょう。

香典を包む袋は?

初彼岸の法要で用意する香典袋については、白黒又は双銀の水引のものを用意します。
関西など一部の地域では、黄白の水引を使用する場合もありますので、どのような香典袋を用意すべきかは地域の風習や慣習などに従うのが良いでしょう。

また、コンビニエンスストアなどでは水引きが印刷された香典袋が販売されています。
水引が印刷された香典袋であっても問題はありませんので、包む金額に合った袋を用意すると良いでしょう。

香典の表書きは?

初彼岸の法要で持参する香典の表書きについては、「御香典」や「御仏前」が一般的です。

表書きは宗教や宗派によって違いが出てきますが、「御香典」はどのような宗教でも使用できますし、御仏前は仏教であればどのような宗派でも使用できます。

なお、神道やキリスト教の方でもお彼岸を行う方もいらっしゃるでしょう。
参考までに、神道やキリスト教における表書きについても紹介します。

神道の法要に香典を持参する場合、その表書きは「御玉串料」や「御榊料」と記載することが一般的です。

また、キリスト教における法要に香典を持参する場合は、御花料を記載しておけば問題ないとされています。

香典の金額相場は?

初彼岸で法要を行う場合、包むべき香典の金額相場としては5,000円~3万円程度が相場とされています。

どのくらいの金額を包むべきかは、故人と血縁関係にあるかないかによって違ってきます。

故人と血縁関係にある場合は、1万円~3万円程度を包むのが相場とされており、血縁関係が近くなるにつれ金額が高くなる傾向があり、3万円以上を包む方もいらっしゃいます。

また、血縁関係がない場合は、5,000円~1万円が相場とされており、生前における故人との関係性によって金額が異なってきます。

生前故人にお世話になった場合には、金額を多めに包むのが良いでしょう。

あくまでも一般的な金額の相場となりますので、故人との血縁関係の近さや故人との生前の関係などを考慮して、香典の金額を準備するようにします。

香典に関して詳しく知りたい方は、ぜひ以下の記事もお読みください。

初彼岸に持っていくお供え物は?

仏壇

お彼岸には、故人への贈り物としてお供え物を持参することがマナーです。
故人が生前好きだったものや、ご親族の方へ配慮したものを選べば、基本的には持参する品物に決まりはありません。

しかし、決まりがないからと言ってもどのような商品を選べば良いのか、悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

いくらくらいのお供え物を用意すべきか、どのような品物がおすすめなのか、以下で詳しくみていきましょう。

お供え物の金額相場

家や地域によっても金額相場は異なってきますが、お彼岸に持参するお供え物としては、3,000円~5,000円程度の品物が相場とされています。

一般的には3,000円程度のものを持参する方が多い傾向にあります。

あまり高額なお供え物を持参してしまうと招いた側も困ってしまい気を遣わせてしまうことになりますので、上記の相場感で用意するのが良いでしょう。

おすすめのお供え物

お彼岸のお供え物としては、日持ちするものを選ぶようにしましょう。
果物などの生ものや傷みやすいものは、お彼岸の期間を考慮するとあまり好ましくありません。

おすすめのお供え物としては、日持ちする和菓子などが好まれています。

ゼリーやおかき等、和菓子店に行くとお彼岸におすすめの商品を扱っているお店がありますのでお彼岸のお供え物としては非常におすすめです。

初彼岸の法要に関するまとめ

お墓

いかがだったでしょうか。
今回「終活ねっと」では初彼岸の法要について、お布施の金額相場やマナーについてまとめてきました。

今回の記事のポイントは以下のようになります。

  • 初彼岸とは、故人が亡くなって四十九日を過ぎた後に迎えるお彼岸のことをさし、春彼岸と秋彼岸がある。
    それぞれ春分の日と秋分の日のそれぞれの前後三日間を合わせた、合計七日間をさす。
    初彼岸には、お墓参りや彼岸会に参加することが一般的である。

  • 初彼岸では一般的に法要を行わなくても良いとされているが、法要を実施する場合もある。
    法要を行う場合は、ご自身が檀家となっているお寺である菩提寺で実施する場合もあれば、僧侶を自宅に呼んで読経を読んでもらう場合もある。
    どのような法要を行うか、地域や風習などを踏まえて事前に準備しておくと良い。

  • 初彼岸で法要や彼岸会に参加する場合、僧侶やお寺に対して感謝の気持ちを込めてお布施をお渡しする。
    お布施の一般的な相場として、彼岸会に参加する場合は3,000円~1万円程度、個別に法要を行う場合には、3万円~5万円程度が相場とされている。
    個別で法要を行う場合、僧侶の車代も別途必要となり、3,000円~5,000円程度をお布施とは別に用意する。

  • 初彼岸で持参する香典は、白黒又は双銀の水引の香典袋が一般的。地域によっては黄黒などもある。
    表書きは、「御香典」や「御仏前」が一般的。
    神道の法要に香典を持参する場合は「御玉串料」や「御榊料」、キリスト教の場合は、「御花料」を記載しておけば問題ない。
    包むべき香典の金額相場としては5,000円~3万円程度が相場とされているが、故人と血縁関係にあるかないか、生前における故人との関係性によって金額が異なってくる。

  • お彼岸には、故人が生前好きだったものや、ご親族の方へ配慮したものをお供え物として持参するのが良い。
    持参する品物に決まりはないが、生ものなどの日持ちしない品物は避けるべき。
    お供え物としては和菓子などが、親族にも配慮したものとして好まれている。

「終活ねっと」では初彼岸の他にも法事に関する様々な記事を掲載しています。
ぜひ他の記事もお読みになってみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

一周忌法要についても気になる方は、ぜひ以下の記事をお読みください。

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

  • 2020年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?のサムネイル画像 1
    2020年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?

    お盆の時期は正しくはいつからいつまでなのかご存知でしょうか。実は日本全国で一律なわけではなく、地域によってお盆を迎える時期に違いがあります。お盆がいつからいつまでなのか、その理由や、お盆がどのような行事なのかについても解説していますので、どうぞご覧ください。

  • 2020年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?のサムネイル画像 2
    2020年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?

    お盆というと8月の中旬というイメージが強いですが、関東の一部など7月の中旬にお盆を行う地域もあることをご存知ですか?特に東京では7月13日~16日にお盆を行うお宅が多いです。今回は東京のお盆に焦点をあて、お盆の過ごし方や穴場スポットなどもご紹介いたします。

  • 僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっとのサムネイル画像 3
    僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっと

    近年では特定の職業の方を必要に応じて派遣できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

  • 四十九日の香典の金額相場っていくら?香典のマナー・書き方も解説!のサムネイル画像 4
    四十九日の香典の金額相場っていくら?香典のマナー・書き方も解説!

    四十九日法要が行われる際には、香典を準備する必要がありますよね。では、四十九日法要に包む香典の金額の相場とはいくらなのでしょうか?今回は、四十九日の香典の相場についてと、香典のマナーから書き方まで解説したいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像 5
    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

  • 33回忌法要への香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像 6
    33回忌法要への香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像 7
    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事