お盆の由来はなに?お盆の名前の意味や歴史についても解説します!

お盆の由来はなに?お盆の名前の意味や歴史についても解説します!

お盆がやってきた時は「もうそんな時期なのか」と季節の移り変わりを実感します。しかしお盆の由来とはそもそもどんなものか、よく知らないという人もいらっしゃるのではないでしょうか。この記事では、お盆の由来などを中心に解説します。

2019-08-25

お盆の由来について

仏壇

お盆は毎年行われるものです。
お盆を迎えるために多くの人が準備を始め、その動きで「もうそんな時期なのか」と気付き、季節の移り変わりを実感します。
普段から仕事などに追われ、時間の感覚がマヒしがちな人は特に強くそう思うことでしょう。

しかし、そもそもお盆の由来とはどんなものか、あまりよく知らないという人は多いのではないでしょうか。
お盆を取り仕切る側の人、お盆に参列する側の人に関係なく、お盆の由来は知っておいた方が豆知識として役立ちます。
お盆にはどんな歴史があるのか、お盆を知らない人に説明する時はどう説明すればいいのかなど、疑問は多いことでしょう。

この記事では、お盆の由来について

  • お盆の時期となにをやるのかについて

  • お盆用の食べ物の意味

  • お盆の成り立ち

  • お盆の起源

  • 相手によって違うお盆の成り立ちの説明

  • 浄土真宗の考えるお盆

以上のことを解説していきます。
子供や外国人に伝える場合で説明の仕方が異なることについても触れていますので、ぜひ最後までご覧ください。
お坊さんを安く手配したいという方は、終活ねっとのお坊さんをぜひご利用ください。

2019年のお盆・お盆休みについて知りたい方は下記の記事をご覧ください。

お盆の基礎知識について詳しく知りたいという方は下記の記事をぜひご覧ください。

お盆とは

仏壇

お盆はご先祖様や亡くなられたご家族が、一時的にあの世からこの世へと帰ってくる仏教行事です。
ここではお盆の時期と何を行うかについてご紹介します。

お盆はいつからいつまで?

お盆を行う期間は地域によって違います。
一般的なお盆の時期は、8月13日~15日です。
東京・静岡の一部地域などでは、7月13日~15日がお盆となります。
お盆の時期が1か月ほどずれている理由は「旧のお盆」「新のお盆」の2種類があるからです。

昔のお盆の時期は8月だったのですが、明治6年から暦が切り替わったことにより、時期が7月になりました。
旧暦である8月を採用している地域の方が多い理由は「仕事に支障が出る」「新暦が地方になじまなかった」など、諸説あります。

お盆にやること

お盆にやることととしては、精霊棚(しょうりょうだな)や盆提灯を飾る、お墓参りをする、盆踊りなどがあります。
精霊棚にはきゅうりの馬となすの牛、水の子、盆花のほおずきなどを飾ります。
お供え物として精進料理も作りますが、供える際はトレンチ(トレー)に載せてください。

また、盆の入りには迎え火、盆明けには送り火を焚きます
どちらの火もご先祖様たちがあの世とこの世を行き来する際、迷ってしまうことのないようにという意味が込められています。

お盆に供える食べ物の意味

仏壇

お盆にはさまざまな食べ物を供えますが、それぞれにちゃんと理由があることをご存知でしょうか。
ここでは数多くある食べ物のうち、4つを取り上げてご紹介します。

おはぎ

赤色には魔除けの力があるという昔からの言い伝えがあります。
また、お餅には五穀豊穣の願いが込められています。
さらに甘い物が貴重だった昔は、行事などの時だけしか甘い物を出しませんでした。

そのため、赤色の小豆とお餅が使われている甘いおはぎが選ばれているのです。

団子

お供えする団子は大まかにわけて「お迎え団子」「お供え団子」「送り団子」の3種類があります。
お迎え団子は文字どおり、帰ってきたご先祖様をお迎えするため、初日にお供えする団子です。
お供え団子はご先祖様がこの世にいる間にお供えする団子、送り団子はご先祖様にお土産として最終日にお供えする団子を指しています。

送り団子は白玉団子など、色のついていないものがおすすめです。

そうめん

そうめんを供える理由として、さまざまな説が考えられます。
例えば
「平安時代の七夕で、熱病にかからないようにとそうめんが供えられていたから」「そうめんの形状から、幸せが細く長く続くようにという願いを込めて」
などが挙げられます。

きゅうりの馬となすの牛

なすときゅうりはご先祖様の行き帰りに使います。
ご先祖様に早く来てほしいというおもいから、足の速いきゅうりの馬を行きに、なるべく遅く戻ってほしい気持ちから足の遅いなすの牛を供えるのです。

福神漬けが生まれた理由

江戸時代初期の頃、お盆で使われたなすときゅうりが捨てられているのをもったいなく思った人が塩漬けして販売したそうです。
これが評判となり、さらに味の調整をして出来上がったのが福神漬けといわれています。

お盆の由来・起源とは?

仏壇

一般的にお盆と呼ばれている仏教行事ですが、正式名称は「盂蘭盆会(うらぼんえ)」といいます。
ここではお盆の由来と意味についてご紹介します。

お盆の言葉の語源

お彼岸と同様に毎年行われる盂蘭盆会(お盆)の語源をご存知でしょうか。
漢字の組み合わせに少し違和感があるのは、この言葉が元をたどると古代インド語からきているためです。
サンスクリット語に「ウラバンナ」という言葉があるのですが、これの音訳で意味は「逆さづり」です。

盂蘭盆会には「逆さづりのような苦しみを解く」という意味が込められています。
また、ペルシャ語に「ウラヴァン」という言葉があり、こちらも音訳で意味は「霊魂」です。
音訳なのでどちらの読み方も「うらぼんえ」に似ていますし、漢字については無理に日本語に直しているため、少し違和感の残る言葉となっています。

お盆の由来となった説話

仏教には「盂蘭盆経」というお経があり、それによればお盆の由来となった説話があるとされています。
お釈迦様の複数いる弟子の1人に、目連尊者(もくれんそんじゃ)という方がいました。
目連尊者はある日、すでに亡くなっている母親が地獄で逆さづりとなって苦しんでいることを神通力で知ったそうです。

母親を救いたい一心からお釈迦様にご相談したところ「7月15日に修業を終えた僧侶たちが集合するので、もてなして供養しなさい」と言われました。
さらに7月15日に多くの人を供養すれば徳を積むことができるとも言われます。
言われたことを実行して母親を救うことができたため、盂蘭盆会が生まれたとされています。

お盆の歴史

仏壇

ここではお盆の歴史についてご紹介します。
お盆の歴史についても知ることで、より深い理解を得られるでしょう。

いつからお盆は始まったの?

お盆が始まった時期は今から千年以上前までさかのぼり、西暦606年の推古天皇の時代です。
606年に推古天皇が「斎会(さいえ)」という行事を執り行ったのがはじまりとされています。
お坊さんたちを斎会に呼び出し、食事や仏事などを行いました。

平安時代になると上流階級の間でお盆の行事がよく行われるようになります。
しかし、現在のように一般庶民にまでお盆が広がるのは、江戸時代になってからです。
江戸時代にお盆が庶民へ広がっていった理由の1つは、ローソクです。

以前までは高かったローソクが大量生産により、安く手に入るようになったのです。
そのため、提灯などに使われるようになりました。

お盆と終戦記念日は関係ある?

お盆を8月15日を中心とした時期に行う地域が多いことから、終戦記念日と関係があるのか、疑問におもう人もいらっしゃることでしょう。

ポツダム宣言の受諾可否について話し合うための御前会議が開かれたのは8月9日午後2時からで、8月10日の午前2時20分まで続きました。
それ以降も御前会議は開かれ、終戦宣言をするための内容が決まったのは、14日の午前10時過ぎです。
そして翌日の15日にラジオ放送で終戦が告げられました。

このような経緯のため、お盆は特に関係ありません
しかし「お盆までに現状の問題の決着をつけたかった」という気持ちは、心のどこかにあったのではないかという推測はできます。

お盆の由来・意味を説明する場合

困った人々

日本人にとってお盆自体は馴染み深いものですが、知らない人にお盆の由来を説明するのは意外と難しいものです。
ここではお盆の由来・意味の説明の仕方を相手別にご紹介します。

子ども(保育園児)に簡単に伝える場合

お盆の由来や語源などは先述したとおりですが、まだ保育園に通っている年齢の子供に正確な説明をしても理解することは難しいです。
そのため、子供が持っている知識と理解力の範囲内での説明が必要になります。
たとえば、以下のような説明の仕方がより子供に伝わりやすいです。

「おじいちゃんやおばあちゃんにも、お父さんとお母さんがいるんだよ。
その人たちは見えないところであなたのことを守ってくれているの。
だから『いつもありがとう』『これからもよろしくね』という気持ちを伝えるための日なんだよ。


上記の説明では身近にいる家族を引き合いに出して、理解するためのとっかかりを作っています。

そして最後に明確な目的を伝えた方が、子供も納得しやすいです。

外国人に英語で伝える場合

お盆の由来を英語で伝える場合、以下の例文が的確で、分かりやすいでしょう。
「Bon is the abbreviation of Urabone.
Urabone is derived from a Sanskrit word.
It means “hanging upside down”.」

意味は「盆は盂蘭盆会を略したものです。
盂蘭盆会はサンスクリット語の単語から生じたものです。
その単語は「逆さづり」を意味します。


西洋にはお盆と似たような行事としてハロウィンがあります。
あの世から霊が帰ってくるという考え方などが同じなので、お盆を説明する時はハロウィンに似た行事だというのが、より伝わりやすいかもしれません。

浄土真宗のお盆の考え方

仏壇

仏教のお盆では、帰ってきたご先祖様の霊を供養するという考え方が一般的です。
しかし、浄土真宗におけるお盆は「歓喜会(かんぎえ)」といって、念仏の教えに感謝する行事という捉え方をされています。

もっと詳しい話を知りたいという人は、以下の記事でさらに具体的なことを解説していますのでこちらも合わせてご覧ください。

お盆の由来に関するまとめ

仏壇

いかがでしょうか。
今回の終活ねっとの記事では、お盆の由来について以下のことを解説しました。

  • お盆の時期は東京が7月、他の地域が8月、基本的には13日~16日まで
    やることはお墓参りや精霊棚などの飾り、迎え火、送り火など

  • 供える理由はおはぎが魔除けと五穀豊穣、団子がご先祖様のもてなし、きゅうりとなすはご先祖様用の乗り物
    そうめんは「熱病にかからないように」「幸せが細く長く続くように」など諸説あり

  • お盆の正式名称は盂蘭盆会、古代インド語の「ウラバンナ(逆さづり)」が語源
    由来は母親を救うために、お釈迦様の弟子が教えに従い、修業を終えた僧侶たちをもてなしたことから生まれた

  • お盆は606年に推古天皇が「斎会」を行ったのが始まり
    終戦記念日との関連は、お盆までに決着をつけたかったという説がある

  • お盆の説明は子供には簡単に、外国人には簡潔に行う
    浄土真宗のお盆は念仏の教えに感謝する機会

お盆は略称で、正確には盂蘭盆会という名前があるということがわかりました。
お盆の時期は夏なので、花火大会も盛んに行われております。
お盆休みには、ご先祖様と一緒に花火を見るというのもおすすめです。

終活ねっとでは他にもお盆について、具体的に解説している記事が多数掲載されております。
そちらの方も合わせてご覧ください。
最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

「お盆・由来」に関連する記事

この記事に関するキーワード

よく読まれている記事一覧

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事

お坊さんの手配に関する
ご相談はこちら

person

法事・法要にお坊さんを手配

お坊さん
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料