お盆にはご先祖様が帰ってくる!お盆の由来やご先祖様の迎え方を解説

お盆にはご先祖様が帰ってくる!お盆の由来やご先祖様の迎え方を解説

お盆と聞くと多くの方は楽しい旅行や帰省、花火の季節といったイメージがあります。しかし同時にご先祖様が帰ってくるという季節であることも忘れてはいけません。今回はお盆の時期に帰ってくるご先祖様のお迎えの仕方などを見ていきましょう。

2019-08-28

お盆にはご先祖様が帰ってくるの?

お墓

夏になると本格的に暑い日々が続き体調を崩しがちですが、一方で海水浴や花火大会、夏祭りなど楽しい思い出を作るにはぴったりのイベントが多い季節でもあります。
そして、夏といえばご先祖様を供養するためのお盆の季節も忘れてはいけません。
お盆にはご先祖様があの世から帰ってきて、子孫である私たちと一緒に過ごします。

ただ、お盆にご先祖様が帰ってくるというのはわかるものの、どのようにご先祖様をお迎えすれば良いのかがわからないという方もいるのではないでしょうか?

そこで今回終活ねっとでは、お盆の時期に帰ってくるご先祖様のお迎えの仕方をご紹介します。

  • お盆とはどのような時期なのか?

    毎年迎えるお盆がそもそもどのような時期であるのかについて見ていきます。

  • お盆の時期のご先祖様の里帰りについて

    ご先祖様がお盆の時期のいつごろ帰ってくるのかや、逆にご先祖様がいつあの世へと帰っていくのかについて解説していきます。

  • お盆の時期のご先祖様のお買い物について

    地域によりお盆の時期にご先祖様がお買い物に行くと考えられていることについて、どういうことなのかをご説明します。

  • お盆の時期にご先祖様をお迎えする方法とは?

    お盆の時期に帰ってくるご先祖様をお迎えする方法や必要な準備について見ていきます。
    あわせて、お盆が終わるタイミングでご先祖様をお送りする方法もご紹介します。

  • お盆に起きるとされるスピリチュアル現象について

    お盆の時期に起こるといわれるスピリチュアル現象について解説していきます。

お盆に実家に帰省する方や初めてご先祖様をお迎えするという方にわかりやすくまとめましたので、最後まで読んだうえで参考にしていただければ幸いです。
お坊さんを安く手配したいという方は、終活ねっとのお坊さんをぜひご利用ください。

2019年のお盆・お盆休みについて知りたい方は下記の記事をご覧ください。

お盆についての詳しい知識やマナーはこちらをご覧ください。

お盆とは

お墓

最初にお盆とはどのような時期であるのかについて、簡潔に見ていきましょう。

お盆はいつからいつまで?

お盆とは毎年夏の8月13日から16日までの時期のことです。
ただし、東京など一部地域では7月13日から16日までとされています。

お盆は先祖の霊があの世から帰ってきて子孫の人々と共に過ごすとされている時期です。
このため、毎年多くの人々が地元に帰省し、家族総出でお墓参りや法要をとり行います。

また、初盆(地域により新盆)のご家庭の場合は四十九日を過ぎたばかりの故人の霊が初めてこの世に帰ってくることから、故人を供養するために盛大に法要が行われるのが一般的です。

お盆の由来とは?

お盆の由来は仏教の盂蘭盆会にありますが、盂蘭盆会自体はサンスクリット語で「逆さ吊り」を意味するウラバンナから来ています。
これは仏教の開祖であるお釈迦様の弟子の1人で、神通力に長けた目連の故事に由来するものです。

目連が神通力で亡き母親が地獄で逆さ吊りになっているのを見て、お釈迦様に相談したところ、毎年夏に他の僧侶を招いて供物を捧げるにすれば母を救われると教えられました。
目連がお釈迦様に言われたとおりにやると、母親は救われて成仏したというのがお盆の由来となった故事の内容です。

まもなく仏教が6世紀に日本に伝来するとともに、日本古来の祖先崇拝と結びつき、奈良時代(8世紀)には今日のお盆の風習が定着するに至りました。

お盆にはご先祖様が帰ってくる

仏壇

お盆は皆さんご存知のように、ご先祖様がこの世へと帰ってきて、仏壇で一緒に過ごすとされている時期です。
具体的にご先祖様はいつごろこの世に戻って来るのかについて知っておくと、ご先祖様と一緒に過ごす準備もしやすいでしょう。

ここでは、ご先祖様があの世に戻っていく日とともに、ご先祖様がこの世に戻って来る日についてご紹介します。

ご先祖様が帰ってくる日はいつ?

先ほどお盆の時期が全国の多くの地域で8月13日から16日、一部地域で7月13日から16日であると記しました。
どちらの場合も13日からお盆が始まりますが、それはご先祖様が13日に帰ってくるとされているためです。

さて、ご先祖様がこの世に帰ってくる日のことを「迎え盆」といいます。
あの世から戻って来るご先祖様をお迎えするために、午後にお墓に参って掃除と供養を行います。
そして、その際にお線香などに使った火を提灯に移して持ち帰り、ご自宅の前で迎え火を燃やすのが一般的です。

なお、迎え盆の日がやって来るまでに、ご先祖様がお盆の間に過ごすための盆棚(精霊棚)を仏壇に設けることなども重要な準備といえます。

ご先祖様があの世へ帰る日はいつ?

お盆の時期に一緒に過ごしたご先祖様も、お盆の時期の終わりとともに再びあの世へと帰っていきます。
具体的には、お盆の最終日にあたる7月または8月16日がご先祖様があの世へと帰っていくとされる日です。

この日の夕方には、ご自宅の玄関先などで送り火を焚くという形でご先祖様の帰り道を灯して送り出します。
なお、京都の五山送り火や長崎の精霊流しなどのように、送り火そのものが伝統行事として地域で行われる場合も少なくありません。

お盆にご先祖様がお買い物に行く地域もある

仏壇

日本のお盆の考え方や風習は地域によりさまざまです。
そして、地域によってはお盆の間にご先祖様があの世に持ち帰るお土産を買うために買い物をしに行くと考えるところもあります。

このため、ご先祖様が買い物をしやすいように、盆棚に飾った精霊馬(キュウリの馬・ナスの牛)に買い物に必要なお金を吊るしたり、お膳の横に封筒に包んだお金をお供えするのが習わしです。
また、別の地域ではお金をお供えする代わりに精霊馬の背にうどんかそばを少し分けて掛けたり、お茶を少し袋に入れて載せるという場合もあります。

ちなみに、ご先祖様がお買い物に行くのは7月または8月15日の午前中とされています。
そのため、ご先祖様がお盆の間に買い物に行くと考えている地域では、15日の朝は盆棚にお膳をお供えしません。

お盆のご先祖様の迎え方

仏壇

ここでは、先ほども少し触れたお盆の時期のご先祖様のお迎えの仕方についてより詳しく見ていきましょう。
特に、ご先祖様をお迎えするのが初めての方は参考にしていただければ幸いです。

迎え火・送り火を行う

お盆の時期に帰ってくるご先祖様をご自宅の中にお迎えする際に行うものとされているのが迎え火です。
迎え火はお盆の最初の日である、7月または8月13日の夕方にご自宅の玄関先や庭先で焚くものとされています。

具体的には、麻の軸の部分であるおがらを焙烙(ほうろく)と呼ばれる素焼きのお皿の中に入れたうえで火をつけて燃やすというやり方です。
つける火についても、その日の昼間のお墓参りでお線香などに使った後に持ち帰った火をそのまま使うという場合も多く見られます。

なお、初盆を迎えるご家庭の場合は、迎え火で燃やした火をそのまま白提灯に移し、軒先などに飾るのが一般的です。

お盆の最終日(7月または8月16日)の夕方には、迎え火と同じ要領で送り火を焚き、ご先祖様を送り出します。
送り火についても、場所はご自宅の玄関先や庭先など迎え火を焚いたときと同じ場所で行うのが習わしです。

ご先祖様の乗り物を飾る

お盆にご先祖様が帰ってくる前に仏壇に盆棚(精霊棚)を用意したうえで、そこにご先祖様があの世とこの世とを往復する際に使うとされる乗り物を飾ります。
それが精霊馬(キュウリの馬とナスの牛)と呼ばれる飾りで、具体的にはキュウリやナスに、手足としてつまようじや割り箸をつける形で作るというものです。

精霊馬の意味は地域によってさまざまで、キュウリの馬はご先祖様ご自身が乗るためのもの、ナスの牛はあの世に帰る際にお土産をたくさん載せるためのものとしている地域もあります。
また、別の地域で考えられているのは、キュウリの馬をご先祖様が早くこの世に帰って来れるようにするためのもの、ナスの牛をあの世へゆっくり帰るためのものというものです。

お盆にはスピリチュアル現象が起きる?

お墓

最後に、お盆の時期に良くいわれがちな、いわゆるスピリチュアルな現象についても簡単に見ていきましょう。

お盆には海に入ってはいけないの?

「お盆の時期は海に入ってはいけない」と言われたことがある方は多いのではないでしょうか?
お盆の時期は大型連休ということで海水浴を楽しみたいという方も多いのに、このように言われてしまってはしょげることでしょう。

お盆はご先祖様が帰ってきている時期であるため、海にたくさんいるお化けが水中に引きずり込むというのが理由とされています。
海のお化けが水中に引きずり込むというのはいわゆる迷信の類ですが、それを抜きにしてもお盆以降の海はクラゲが増えるなど危険要素が増えてきますので、入るのであれば注意が必要です。

お盆に見る夢にはメッセージがある?

また、お盆の間に見る夢には何らかのメッセージがあるという考え方もあります。
こちらについても、ご先祖様がお盆の間はこの世に帰ってきていることから、夢を通じて子孫である私たちに何か伝えたいことがあるというものです。

ただ、夢というのは日頃考えていることや心理が映像という形で現れるというのが実際のところです。
もし、お盆にご先祖様の夢を見るということであれば、それはお盆というご先祖様のことを意識しやすい時期だからこそといえるでしょう。

このため、お盆の時期の夢にはメッセージ性は特にはなく、こちらについてもいわゆる迷信の類といえます。

お盆の先祖供養に関するまとめ

葬儀

今回終活ねっとでは、お盆の時期に帰ってくるご先祖様をお迎えする方法について見てきました。
内容をまとめますと、以下のようになります。

  • お盆は毎年夏7月または8月13日から16日に迎える先祖供養のための時期である。
    仏教の盂蘭盆会にまつわる故事が由来となっており、日本には仏教の伝来とともに古来の祖先崇拝の考え方と結びついて定着した。

  • お盆にご先祖様がこの世に帰ってくるとされる日は、お盆の最初の日である迎え盆(7月または8月13日)である。
    一方、ご先祖様があの世へと戻っていくのは、お盆の最終日である送り盆(7月または8月16日)である。

  • 地域によっては、ご先祖様がお盆の期間の間にあの世に持ち帰るためのお土産を買いに出かけるとされているところもある。

  • お盆の時期のご先祖様のお迎えの仕方として迎え火や送り火を焚いたり、精霊馬を飾ったりするというものがある。
    迎え火と送り火は、それぞれ迎え盆と送り盆の日の夕方にご自宅の玄関先で焚く。

  • お盆の時期には海に入ってはいけないとか、お盆の夢に見る夢にはメッセージがあるといったスピリチュアルな現象があるとされるが、いずれも迷信である。

ご先祖様があの世から帰ってきて一緒に過ごすとされているお盆では、何よりもまずご先祖様を気持ちよく迎えることが大切です。
このため、お盆初日に迎え火を焚いたり、盆棚を飾ったりするなど準備が必要ですが、何よりもご先祖様に対する真心が重要といえるでしょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

「お盆・先祖」に関連する記事

この記事に関するキーワード

よく読まれている記事一覧

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事

お坊さんの手配に関する
ご相談はこちら

person

法事・法要にお坊さんを手配

お坊さん
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料