初盆(新盆)にお線香を贈る際のマナーとは?のしの書き方や渡し方も解説!

初盆(新盆)にお線香を贈る際のマナーとは?のしの書き方や渡し方も解説!

初盆とは故人にとってもご家族にとっても一度きりの大切なものです。もし初盆に招かれたら、お供えにお線香を贈ってみてはいかがでしょうか。ご仏壇に欠かせないお線香は贈り物としても大変喜ばれます。今回はそんなお線香の贈り方やマナーについて詳しく解説します。

最終更新日: 2020年09月08日

初盆(新盆)のお線香のマナーとは?

仏壇

お世話になった方の初盆に招かれたら、何をお供えしたらよいのでしょう。
感謝の気持ちがご遺族にも伝わるよう、心を込めてお供えさせていただきたいものです。

初盆の贈り物にはお線香がよいと言われています。
ご仏前に手を合わせるときも、供物としてもお線香は欠かせないものです。
気持ちよくお供えをさせていただくには、どんなことに気をつけたらよいのでしょうか。

そこで今回「終活ねっと」では初盆のお線香について解説します。

  • そもそも初盆って何?

  • 初盆にお線香をお供えするのにはどんな意味があるの?

  • お線香の上げ方や注意することは?

  • お線香を渡すときに気を付けることは?

  • お線香の代わりに現金を包むのは大丈夫?

  • 初盆のお供え物にはお返しをするべき?

お線香を贈る際ののし紙のかけ方や、線香のあげ方の手順についても触れてまいります。
参考になれば幸いです。

どうぞ最後までお付き合いください。

お坊さんを安く手配したいという方は、終活ねっとのお坊さんをぜひご利用ください。

初盆(新盆)とは

仏壇

お盆とは、亡くなった人の霊が年に一度家族のもとに帰ってきて一緒に過ごすという、古くから伝わる大切な行事のひとつです。

初盆とは正確には四十九日が過ぎて忌が明けた後の最初のお盆のことです。

一部の宗派は除きますが、一般的に仏教の世界では、亡くなった人の魂は49日経つと仏のもとへ旅立っていくと考えられています
49日間は、まだあの世とこの世の間をさまよっているのだそうです。

そのため、亡くなって49日経っていないうちに迎えたお盆は、初盆とは言いません。
ご遺族にとっては、その翌年が初盆ということになります。

地域によっては、新盆(あらぼん・にいぼん)と呼ぶこともあります。

初盆の時期はいつ?

お盆の時期は地域によって異なりますが、8月の中旬に行うところが多いようです。
8月の13日に霊をお迎えして、16日に送るのが一般的です。

ただし7月の中旬にお盆を行う地域もあります。
東京や神奈川の一部の地域などでは、7月の13日がお迎えの日となります

お世話になった方の初盆に贈り物をしたいとお考えの場合は、お盆の時期を間違えないよう、事前に確認しておいたほうがよいでしょう。

初盆と通常のお盆の違いとは?

お盆の過ごし方は、地域の慣習や宗派によって様々です。
ご家族だけで過ごすお宅もあれば、人を呼んで毎年賑やかに行う地域もあります。

お盆は毎年訪れるものですが、初盆は故人にとってもご遺族にとっても一度きりの特別なものです。
通常のお盆より盛大に、念入りに供養を行います。

ご親戚だけでなく友人知人、ご近所の方々をお招きして食事をふるまったり、故人との思い出話に花を咲かせながら時を過ごすお宅が多いようです。

初盆(新盆)にお線香をお供えする意味

お墓

では次に、初盆にお線香をお供えする意味について解説します。

初盆に限らず、ご供養にお線香は欠かせないものです。
仏壇やお墓参りの際、お線香にはどんな意味があるのでしょうか。

お参りする人の身を清める

仏壇への基本的なお供え物は花,灯,香の3つと言われています。
これに水,食べ物を加えて、五供と呼ぶこともあります。
この中のがお線香にあたります。

お線香は仏様へのお供えであると同時に、お参りする人の身を清める意味もあるそうです。
お線香を焚くことで、身も心も浄化されると言われています。

お線香はお参りする人のためのものでもあるのです。

悪霊を遠ざける

お線香の香りは、亡くなった人の食べ物であるとも言われています。
特に亡くなってから49日間、あの世とこの世の間をさまよっている間は、故人の魂はお線香の香りを食べているのだそうです。

仏教では、善い行いをしてきた死者はよい香りを食べると言われています。
悪い行いを重ねてきた死者は悪臭しか食べないのだそうです。
こうしたことから、お線香をあげることで悪霊を遠ざけることができるとも考えられています。

初盆(新盆)のお線香のあげ方のマナー

仏壇

自宅に仏壇のない方は、お線香の上げ方がわからず戸惑ってしまうことも多いと思います。
基本的には、心を込めてお参りすればよいのです。
しかし、できれば手順を理解してきちんとお参りさせていただきたいものです。

では、初盆に招かれたときのお線香の上げ方のマナーについて詳しく見ていきましょう。

お線香の上げ方は、地域の習慣や宗派によって多少違いがあります。
ここでは、一般的なお線香の上げ方について解説します。

線香の上げ方の手順

まず、ご遺族にご挨拶をします。
親しい間柄でも、勝手にお線香をあげてはいけません。
お線香をあげさせていただきたい、と一言断ってから仏壇に向かいましょう。

仏壇の前でまず、小さく一礼します。

次に、ろうそくに火をつけます。
ろうそくに火が灯ったら、線香を手に持ちましょう。

線香をやや横に持ってろうそくの火にそっと近づけ、火を移します。
線香に直接火をつけてはいけませんので気をつけてください。

線香に火がついたら、火が上になるように線香を垂直にします。
そうするとだんだん火が小さくなって、煙が上がるようになります。

このとき、火に息を吹きかけたり、線香を左右に激しくゆすったりしてはいけません。
仏教では、人の息はけがれたものとされています。
仏壇で息を吹きかけることはマナー違反ですので注意が必要です。
火を小さくするには、線香を立てた状態で小さく上下に動かすのがおすすめです。

火の勢いがおさまった線香を、1本ずつ香炉に立てます。
宗派によっては、線香を横に寝かせることもあります。

線香をあげることができたら、仏壇に手を合わせます。
最後に小さく一礼して仏壇の前を離れ、ご遺族にも一礼しましょう。

宗派ごとのお線香の本数は何本?

お線香の基本的なあげ方は上記の通りです。
では、お線香は何本手に取ったらよいのでしょうか。

お線香の本数は一般的には1~2本ですが、宗派によって異なります。

曹洞宗・臨済宗・日蓮宗・浄土宗では、お線香の本数は1本とされています。
天台宗・真言宗では3本に火をつけ、香炉に立てるときは奥に2本、手前に1本と三角形になるようにします。

浄土真宗ではお線香の本数は1本ですが、香炉に立てずに寝かせてお供えします。
そのため、香炉の幅に合わせた短いお線香をお使いのお宅が多いです。
長いお線香の場合は、香炉の幅に合わせて折ってお供えします。
煙が出ている方を左側にしてお供えするのがポイントです。

初盆(新盆)のお線香の渡し方

お墓

次に、初盆にお線香を贈るときのマナーや注意点について解説します。

熨斗(のし)をかける

初盆にお線香を贈る際は、必ずのし紙をかけましょう
お供え物にはのし紙をかけ、贈り主の名前をきちんと記しておくことが大切です。

では、どのようなのしを用意すればよいか、詳しく見ていきましょう。

のしの書き方

初盆にお線香を贈る際ののし紙は、薄墨ではなく濃い墨で書きます。
わざわざ薄い墨を用意する必要はありません。

文字は縦書きで、毛筆か筆ペンで書きます
なければ太めのサインペンでもよいでしょう。

表書きの書き方

初盆のお供えののし紙の表書きは「御供」「御供物」が一般的です。
「御仏前」や「新盆御見舞」でもよいとされています。

書く位置は、水引の結び目の上です。

名前の書き方

結び目の下には、贈り主の名前を書きます。
お盆のお供えの場合、皆さん苗字が同じという可能性もありますので、フルネームで記すのがよいでしょう。
そのほうがどちらから贈られた品物なのか、ご遺族にわかりやすいです。

会社や友人など数名で贈る場合は、○○一同と記します
ご夫婦の場合は、通常であればご主人のお名前を記せばよいとされています。
しかし、奥様も故人と親しかったのであれば、ご夫婦連名で記すとよいでしょう。

水引の選び方

水引の選び方は、地域の習慣によって異なります。

関東では黒白や双銀の水引を選ぶお宅が多いようです。
一方、関西では黄白の水引のものがよく使われています。

結び目は結び切りのものが一般的です。

一言挨拶を書いた手紙を渡す

初盆のお供えとしてお線香を贈る際には、一言挨拶を添えてお渡ししましょう
短い文章でも言葉が添えてあると、ご遺族に喜ばれます。
メッセージカードを用意してくれるショップも多いので、確認してみるとよいでしょう。

以下に一般的な文例を挙げます。
参考になれば幸いです。

例文
初盆を迎えられるにあたり、改めてご冥福をお祈り申し上げます。
心ばかりのものでございますが同封のお線香をお供えいただければ幸いと存じます。
例文
ご生前の面影を偲び謹んでご冥福をお祈りいたします。
お線香を送らせていただきます。ご仏前にお供えいただければ幸いと存じます。
猛暑がつづきますがお体を大切にお過ごしください。

お線香を郵送してもいいの?

もし、仕事やご家族の都合などで初盆に伺うことができない場合は、お供え物を郵送しても問題ありません
お線香を郵送する場合の注意点などについて以下に記します。

送る時期に気をつける

地域によってお盆の時期が異なることについては既に触れました。
全国的には、8月にお盆を行う地域が多いですが、7月に行うところもあります

お供え物を郵送する際は、事前に先方のお盆の時期を確認しておきましょう。

お礼状を添える

お線香を郵送する際、必ずメッセージを添えて送るようにしましょう。
以下は例文となります。
参考になさってください。

例文
拝啓 立秋を迎えたとはいえ猛暑が続いております。いかがお過ごしでしょうか。
〇〇様の初盆を迎えるにあたり改めてご冥福をお祈り申し上げます。
本来ならお伺いすべきところですがどうしても都合がつかず、心ばかりのものでございますがお線香を同封させていただきました。
ご仏前にお供えいただければ幸いです。
暑さはまだまだ続くようです。皆様どうぞご自愛ください。敬具

お線香の代わりに現金を包んでもいい?

お墓

お供え物としてお線香を贈る人が多いと、多すぎて余ってしまう可能性もあります。
初盆に欠かせないお線香ですが、たくさんあっても困るものです。
そのため最近では品物の代わりに、お線香代として現金を包むことも多くなっています。

金額相場はいくら?

お線香を贈る代わりに現金を包む場合の金額相場は、3千円~5千円となっています。
故人との関係が深い場合や目上の立場の場合は、1万円ほど包むこともあります。

金額相場は地域によっても異なります
ご親戚同士で相談して決めたほうがよいでしょう。

表書きの書き方

双銀・黒白、黄銀・黄白の結び切りの水引の袋を用意します。
表書きは「御供物料」が一般的です。
仏式であれば「御仏前」でもよいとされています。

仏式ではなく神式の場合は「御玉串料」「御神前」がよいでしょう。

初盆(新盆)のお供え物のお返しは必要?

お墓

最後に、初盆にお線香をいただいたときのお返しについて解説します。
初盆に足を運んでくださった方々から、お線香などお供えをいただいた場合、きちんとお返しをするのがマナーです。

お帰りの際に引き出物として品物をお渡しするのが一般的です。
いただいたお供え物の半分~3分の1ほどの品物を用意するとよいでしょう。

「終活ねっと」では,初盆のお供えのお返しについて以下の記事で詳しく解説しています。
こちらもぜひ参考になさってください。

初盆(新盆)のお線香に関するまとめ

お墓

いかがでしたでしょうか。
今回「終活ねっと」では、初盆の際のお線香について解説いたしました。

  • 初盆とは四十九日過ぎて最初に迎えるお盆のこと。故人にとっても遺族にとっても特別なお盆として、盛大に行うお宅が多い。

  • お線香の香りは亡くなった人の食べ物でもあり、お参りする人の心身を清めるものでもある。

  • お線香をあげるときは、まずろうそくに火を灯してから。お線香に直接火をつけないこと。

  • 宗派によってお線香の本数が異なる。香炉に線香を立てずに寝かす宗派もある。

  • お線香を贈るときはのしをかける。表書きは「御供」がよい。

  • 初盆に伺えないときは、お線香を郵送してもよい。必ずメッセージを添えること。

  • お線香の代わりに現金を包むことも多い。3千円~5千円が目安。

初盆はご遺族にとって特別なものであるに違いありません。
そんな初盆にお供えするお線香も、特別なものです。

ご遺族にとって安らかな初盆となるよう、マナーを守ってお参りさせていただきたいものです。

「終活ねっと」では初盆の法要に参列する際のマナーについて、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、あわせてご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事